「ゆるキャン△ SEASON2(TVアニメ動画)」

総合得点
79.8
感想・評価
357
棚に入れた
1282
ランキング
402
★★★★☆ 4.0 (357)
物語
3.9
作画
4.1
声優
4.1
音楽
4.0
キャラ
4.1
ネタバレ

鰺鱒 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

相も変わらず。

原作知らず。1期視聴済み。

ゆったりまったりな雰囲気に浸るには、この上ない良作だと思います。
女の子達がキャンプしてるだけなんですけどね。あと、うまそうに何か食ってる。何が良いのか、、でも良いんです。

物語:
{netabare}1期は、リンとなでしこの出会いから、絶妙な距離感の関係性の構築(含む、他のメンバー)が物語としての中心になっていた。

今期は、1期で構築された関係性の上に、さらに「離れても友人」な関係、旅先の出会いとrandom act of kindness、家族の優しさを盛り込んできた。人間関係という点では大きな変化はないが、心地よい人間関係に、さらに心地よい面々が加わった感じだろうか。正直なところ、物語としては1期よりもトーンダウンした感じがする。

第一話、初めてのデイキャンプに付き添ったリンのお父さんの優しさ・お節介が妙に心に響いてしまった。娘のことをよくわかってる、ってことなんだろうな。
{/netabare}

作画:
{netabare}
静止画として最上級。相も変わらず背景画のクオリティが高い。
動画としては上、というところか。この作品には、これで十二分だと思う。
第1話からいきなり「寒い中で熱い汁物をすすった直後のぱはぁ~(言語化サボった)」の描写が素晴らしかった。
{/netabare}

声優:
{netabare}ド安定。非の打ち所なし。演技も1期との間に違和感なし。新キャストとしては、リンのお父さんが登場したが、違和感なく入り込めた。
{/netabare}

キャラ:
{netabare}何も言うことはないかな。一人だけ気になったのが、酒店経営の飯田さん。ずいぶんと「でんだらりん」の遠州弁のように聞こえたけど、伊豆・伊東ではあまり聴いたことがない気がします。ま、観光地以外足を運んだことありませんし、実際はそうなのかも。
{/netabare}

音楽:
{netabare}OP・EDとも1期と同じArtist(で、いいんですよね?)。OPは1期のJackson Fiveからは離れた、ノリのよい曲。悪くない。
EDはこれまた叙情的で情緒溢れるよい曲。この方の声には、言葉にしづらい魅力を感じます。

劇伴それ自体は、相も変わらず良い雰囲気でした。この作品、特に1期で僕が好きだったのが、劇伴の盛り上がりと画面の盛り上がり、それにお話の盛り上がりをきっちりと合わせてくることです。1期で言えば、1話の月に照らされた富士山や最終話の日の出のシーンなどです。今期も、こういうシーンがあるにはありましたが(2話とか)、1期と比べると数が少なく、また、印象深さという点で物足りなかったのが残念です。1期は、お話の積み上げ、風景の変化、曲の変化が全部マッチするシーンが多かったんですが、今期は上3つのいずれかが不足していたように思います。2話も、お話の積み上げという点では不足な感じがしました。
{/netabare}

思うこと:
{netabare}
リンが年末年始にキャンプした磐田~浜名湖の土地は、だいたい行ったことがあります。親があのあたりの出身で、親戚もちらほらいる、個人的にはなじみの深い土地でした。アニメで描かれると、なんか不思議な気持ちになりますね。うっかりパルパルでも出してくれないかと思ってましたが、さすがにキャンプ関係ないですねw。年始の浜名湖って、強風吹き荒ぶ印象しかありませんが、、、これは僕の日頃の行いてきなさむしんぐでしょうかね。

あー。ところで。OP映像に出てくる地図(というか地域)がどこなのかよくわからなくて悶々してます。長野っぽくもあり、伊豆の一部のようでもあり(道路的に)。どこなんでしょうか。形だけふんわりとると、うっかり岩手にもみえる・・・・

正直に言うと、フィナーレは少々残念でした。1期のフィナーレが良すぎただけに、、、ね。
{/netabare}

[2021/04/03 v.1]

投稿 : 2021/04/03
閲覧 : 113
サンキュー:

25

ゆるキャン△ SEASON2のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ゆるキャン△ SEASON2のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

鰺鱒が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ