「ウマ娘 プリティーダービー Season 2(TVアニメ動画)」

総合得点
86.1
感想・評価
344
棚に入れた
914
ランキング
171
★★★★★ 4.3 (344)
物語
4.4
作画
4.2
声優
4.3
音楽
4.2
キャラ
4.4
ネタバレ

まさとん さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ウマ娘達は努力する

「ウマ娘プリティーダービー」の2期です。2021年1月から1クール。
第1期はスペシャルウィークとサイレンススズカの物語でしたが
第2期はトウカイテイオーとメジロマックイーンの物語になります。

競走馬というのは「走るためだけに育てられた存在」であるわけで、
デビューから引退までの数年間、ひたすら走ることを義務付けられる
わけです。それを擬人化して、自分の意思を持たせることで、その
レース生活をよりドラマチックにする意図で制作されているのですが、
第1期は少しキャラクターそのものの描写にチカラを入れ過ぎて、
終盤ややペースが落ちてしまったと感じていました(実話では予後不良
という哀しい結末になっていたこともあるかと思います)。

しかし第2期は、度重なる負傷を乗り越えて復活を遂げるテイオー
と、高スペック・高資産(実際当時名門のメジロ牧場の馬でした)
ながらも不治の病(それで死ぬわけではないそうですが)を患い
引退を余儀なくされたメジロマックイーンとの対比が描かれます。
彼女達を取り巻く、ミホノブルボンのサブストーリーなども挟みながら
最終回のテイオーの復活がラストになります。
トウカイテイオーは当時名前くらいしか知らなかったのですが、
実際は茨の道だったようですね。

ソシャゲアニメで出てくるのは女の子(ウマ娘)ばかりですが、
第1期よりさらにスポ根度を深めています。
言ってみればジャンプアニメの方向性に近いのではないでしょうか。
努力・友情・勝利、が続きます。
それにレースという史実を当てはめていきますので、制作側は
気を使ったかもしれません。史実を曲げるとガチ競馬勢から顰蹙を
買いますし、いわゆる上級国民が多い馬主たちを敵に回してしまうと
肝心のソシャゲの展開に響いてしまいますので。かといってあまり
史実にこだわるとアニメの面白さが失われますので、バランスを取る
のが難しかったかと思います。

第1期主役だったスペシャルウイークは出演はしますが完全にモブ
とコメディリリーフです。サイレンススズカに至ってはアメリカ遠征中
ということで数回ディスプレイ越しに出る程度です。史実では前回の
天皇賞で予後不良ですので、走らせるわけにはいかないんですよね。

他のサブキャラではゴールドシップのべらんめえお姉キャラが
際立ってましたね。やんちゃな雰囲気をうまく再現していました。
実際扱いづらかったらしいです。

本放送中に延期に延期を重ねていた本体のゲームがようやく配信開始
されました。そして初月度の売上は149億円だそうで、日本産のゲーム
では1位だったそうです。
プロジェクトはやっと成功した、というところでしょうか。

さて、最終回でキタサンブラックとサトノダイアモンドが新入生と
して入学してきます。もし第3期があるとしたら彼女達が主役に
なるのでしょうか。ライブ曲は北島三郎オーナーの歌になったりしてw。

投稿 : 2021/04/11
閲覧 : 84
サンキュー:

32

ウマ娘 プリティーダービー Season 2のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ウマ娘 プリティーダービー Season 2のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

まさとんが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ