「ウマ娘 プリティーダービー Season 2(TVアニメ動画)」

総合得点
86.1
感想・評価
344
棚に入れた
914
ランキング
171
★★★★★ 4.3 (344)
物語
4.4
作画
4.2
声優
4.3
音楽
4.2
キャラ
4.4
ネタバレ

haiga さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

感無量

今観終わりました~~~あ~~ティッシュ泥棒ですわ。めちゃくちゃ泣けました


いや~だから言ったんですよ。泣いちゃうから最後まで観れないって(自己責任)

いや、主役がトウカイテイオーって時点で当時を知る競馬ファンには反則なんですよ。
観た人はみんな思いましたよね?アニメめっちゃ良かったし、ドラマチックだったじゃないですか


でもね、これってほぼ史実ですからね!!


競馬ってブラッドスポーツって言われます。連綿と受け継がれる名馬達の血筋。現代のサラブレッドは遡ればダーレーアラビアン、バイアリーターク、ゴドルフィンアラビアンのたった三頭の馬に全てが遡ります。

かつて日本に最強の馬がいました。赤銅色の雄大な馬体に額に輝く三日月の星。セントライト、シンザン、ミスターシービーも無し得なかった無敗のクラシック三冠を成し遂げ勝ち取ったG1の数は7つ。その馬の名は無敵の皇帝シンボリルドルフ。G1レースで単勝1倍になってしまうほどの最強の馬でした。

時は流れ引退し種牡馬となったシンボリルドルフに一頭の子供が生まれます。ルドルフを彷彿とさせる額から流れる一筋の流星、ルドルフよりも黒みがかった、しかし同じ鹿毛の美しく雄大な馬体。
父親にちなんで名付けられたその名もトウカイテイオー。そして父親と同じく無敗でダービーまで制してしまいます。そりゃ競馬ファンのみならず日本中で大注目になりますよ。

そして三度の骨折を経ての一年ぶりの有馬記念制覇。
数年前オグリキャップの有馬記念での奇跡の復活を経験していたファンのさらに度肝を抜く快走に、アニメのように本当にテイオーコールが中山競馬場で起こったんです。
(ちなみに私もこの時の馬連を500円ですが取りました‥思い出馬券のつもりでした。ごめんよテイオー)

というわけで前置きが長くなりましたが私にとってもとても思い入れの深いトウカイテイオーの物語を作っていただいて大感謝以外の言葉はありませんね。
スタジオKAI及びサイゲームス&PAワークスにありがとうとお礼を言いたいです。


ってアニメ本編の事を全く書いていませんね。

アニメではトウカイテイオーとマックイーンの二人の主人公を中心に、ライスシャワーやミホノブルボン、ナイスネイチャーやツインターボとのドラマも描いてくれました。まさか十話のツインターボ回で号泣させられるとはおもいませんでした。

ぶっちゃけレース中の作画とかチープさが目立作りで、ソシャゲのウマ娘プリティダービーの方が遥かに作画の出来は良いのですが、どこかコミカルで勢いのある描写はとても好感が持てます。贅沢を言うならば一期のサイレンススズカのようにライスシャワーの宝塚記念も描いてほしかったかなとも思いました。
でもドラマの順番的に厳しいか。OVAや劇場版って手もありますよサイゲさん!!
あと実際のトウカイテイオーはジャパンカップも勝っているんですよ。ここはあえて端折ったんでしょうね

とはいえ丁寧なストーリーの描き方と構成についてはとても素晴らしかったです。元々史実自体がドラマチックなのですが、演出と脚本の勝利ですね。

さて、1期も2期も面白かったですし、ソシャゲの方もセルラン1位バクシン中で勢いも絶好調のウマ娘ですが、三期のアニメはあるのでしょうか?

正直トウカイテイオーに匹敵するのはオグリキャップしかいないと思いますし、オグリキャップはコミカライズされてますもんね。間を開けずに連発するのも飽きられてしまうかもしれませんね。

ここは視点を変えて海外の馬とかをスピンオフのようにとりあげてみるのはどうでしょう?
私的には54戦54勝、無敵のキンツェムと親友の猫との牧歌的な旅とマッチレースの物語とか観たいですね。
リボーやエクリプスなどの無敗のドラマチックなウマ達もいますし、海外の馬にも目を向けて色々な題材にウマ娘が広がって行けば良いなと思います。
今後に期待ですね

投稿 : 2021/04/19
閲覧 : 105
サンキュー:

45

ウマ娘 プリティーダービー Season 2のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ウマ娘 プリティーダービー Season 2のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

haigaが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ