「千夜一夜物語(アニメ映画)」

総合得点
64.2
感想・評価
10
棚に入れた
46
ランキング
3139
★★★★☆ 3.6 (10)
物語
3.3
作画
3.9
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
3.4
ネタバレ

まさとん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

虫プロの大人向けアニメ映画

アラビアに伝わる有名なおとぎ話を抜粋してアニメ映画にした
虫プロ製作の作品です。虫プロですが手塚治虫先生は前面には出てきておらず、
監督他のスタッフは別の方です。キャラクターデザインはやなせたかしさん
です。1969年制作公開。
10年後くらいにテレビで放送したのと、少し前にDVDで出ていたのをレンタルで
見ました。今は廉価版のDVDも出ているようです。

アラビアンナイトの話は1950-60年代にはいろいろな媒体で映像化が
行われていて、ハリウッド実写からアニメまで、さまざまなアプローチが
されています。もっともこれの為にアラビアの古典的イメージが欧米や
日本を中心とするアジア系に染みついてしまい、「誤った」アラビアのイメージ
が植え付けられてしまった感は強いです。

主人公アルディンが出会ったミリアムを失い、やがてシンドバッドと名乗りのし
上がり王位を手に入れた後に彼らの娘であるジャリスをハレムに迎えてしまい、
それがもとで危機を迎えますが首都バグダッドの崩壊に伴い脱出、もとの
アルディラとなり再び流浪の旅人に戻ります。

ストーリーとしてはアラビアン・ナイトのいろいろな話を自由自在につなげた
感で、これは元々が独立した小エピソードなので、自由度の高さに目をつけた
ものだったと思います。
またアルディンが男の欲望(カネ、権力、暴力、女)を露骨に具現化した
キャラクターなので、彼を感情移入できるかで好みが分かれるかと思います。

基本は80年代の少しまだ物語に凝っていた時代のアダルトアニメのノリを
もっと予算と時間をかけて制作したものと考えておおまか間違いはありません。
それくらいエロシーンにチカラを入れています。ていうかちょっとエロ分
多すぎかもw。

主題歌はヘルプフル・ソウルというニューロック系バンドによるもの
です。ヴォーカルはチャーリー・コーセイさん(のちのルパン三世Part1の人)。

虫プロ製作でこの時代に他に「クレオパトラ」「哀しみのベラドンナ」があり、
「アニメラマ」という名称で大人向けの作品を公開していましたが、文字通り
大人向け作品群だったようです(クレオパトラは視聴済み。ベラドンナは未視聴)。

また今の感覚で見るとインモラルな場面も出てくるので、もう地上波での
放送は多分無理でしょうし、家族と一緒に見るものではないでしょう。
おひとりの時にこっそりとご覧になってみてください。

投稿 : 2021/05/05
閲覧 : 6
サンキュー:

2

千夜一夜物語のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
千夜一夜物語のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

まさとんが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ