「うたわれるもの(OVA)」

総合得点
64.5
感想・評価
186
棚に入れた
935
ランキング
3207
★★★★☆ 3.8 (186)
物語
3.7
作画
3.6
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

まさとん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

サブストーリー

PCゲーム「うたわれるもの」のTVアニメ版の番外編ともいうべきOVAです。

アニメ本編はどちらかというと戦国時代(ただし地球の遠未来)の血なま
ぐさい容赦のない戦闘シーンが多めの作品ですが、このOVAは序盤から中盤の、
「とある日常」を描いた作品です。バトル部分はありません。血も飛びません。
それぞれ、物語の本筋には直接関係はせず、うたわれるもののキャラクターを
使ったサブストーリーが展開されます。

「望楼の子守唄」「秘恋の処方箋」「深山の鍔鳴」の各30分ほどの
エピソードです。

望楼の子守唄:ウルトリィの母性(?)が見られます。お風呂場面などで
女性キャラが全裸になります(意味不明の湯気や謎の光で隠すことはして
いません)。

秘恋の処方箋:城内からエルルゥが誘拐(?)されます。そしてその先で
若返りの薬の調合を依頼されます。そこからの騒動です。
しかし本編でもありましたが、ハクオロの仕事量半端なさすぎでしょう。
実際に官僚の整備されていない政府での君主の決裁文書数というのは
とんでもまい分量だったそうですが(歴代中国王朝や古代ローマなども
そんな感じだったようです)。

深山の鍔鳴:山に釣りに出たハクオロとトウカ。ハクオロの冗談を真に
受けたトウカが山のヌシなる巨大魚を釣り上げたのですが、さらに巨大な
モンスターが襲ってきて・・・。TV本編では完全に脇役の脇役にまわって
いたドリィとグラァのセリフが少々多めです。

キャラクターデザインがTVアニメとは少々異なり、全体に幼い感じに
なっています。この辺、好き嫌いがあるかもしれません。

投稿 : 2021/06/12
閲覧 : 49
サンキュー:

2

うたわれるもののレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
うたわれるもののレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

まさとんが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ