「86-エイティシックス-(TVアニメ動画)」

総合得点
73.5
感想・評価
246
棚に入れた
822
ランキング
834
★★★★☆ 3.8 (246)
物語
3.6
作画
4.0
声優
3.8
音楽
3.8
キャラ
3.6

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

少女は"涙"と共に。少年は"死"と共に。

この作品の原作は未読ですが、とある事をきっかけに気になっていた作品です。
それは、伏見つかさ先生が執筆されている「エロマンガ先生」の登場する主人公「正宗先生」と、その妹である「紗霧ちゃん」のどちらも大好きな作品だったから…

友人からエロマンガ先生のOVAに、この作品が登場すると聞いたので早速再視聴してみると、第2話「和泉紗霧のファーストキス」の一幕にしっかり登場しているではありませんか!
OVAが2019年の1月に発売されたので、今から約2年半前…

一方、本作品は2017年の2月から連載が開始されて約4年半で既刊10巻…
エロマンガ先生では、2018年の10月に発売された第5巻が最新刊として描かれていたので、時系列もバッチリ合っていると共に、本作品の執筆の方もペースだけ見たら順調のように見えます。

本作品とエロマンガ先生とでは作品の方向性がまるで違いますが、それぞれの作品への愛あればこそのコラボだと思うんですよね。
こういう嬉しいサプライズは全然ウェルカムです^^


ギアーデ帝国が開発した
完全自律無人戦闘機械<レギオン>の侵攻に対応すべく、
その隣国であるサンマグノリア共和国が開発した無人戦闘機械<ジャガーノート>。

だが、無人機とは名ばかりであり、そこには"人"として認められていない者たち――
エイティシックス――が搭乗し、道具のように扱われていたのである。

エイティシックスで編成された部隊<スピアヘッド>の隊長である少年・シンは、
ただ死を待つような絶望的な戦場の中で、ある目的のために戦いを続けていた。

そこに新たな指揮管制官<ハンドラー>として、
共和国軍人のエリート・レーナが着任する。

彼女はエイティシックスたちの犠牲の元に成り立つ共和国の体制を嫌悪しており、
"人型の豚"として蔑まれていた彼らに人間として接しようとしていた。

死と隣り合わせに最前線に立ち続けるエイティシックスの少年と、
将来を嘱望されるエリートの才女。

決して交わることがなかったはずのふたりが、
激しい戦いの中で未来を見る――。


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

砂霧ちゃんが大好き…と言う点から若干の補正は生じた可能性は否定しませんが、それを差し引いても、今期の作品の中で評価の高い作品になりました。

まず、ヴラディレーナ・ミリーゼを演じた長谷川育美さんの演技が抜群で秀逸…
ググってみると、2018年の声優養成所の預かり所属昇格を起点に色んな作品に出演されており、初ヒロインが「弱キャラ友崎くん」の七海みなみ(愛称:みみみ)で、本作のレーナが2作目のヒロインになる訳ですが、これまでの積み重ねが功を奏したのでしょう。
私の中ではみみみとレーナ…どちらも愛着を感じることのできるキャラだったと思います。

物語を視聴する上で、私の視線は完全にレーナ目線でした。
物事の最前線は常に現場にあるのは百も承知しています。
だから、実態を把握するには現場に関わり続けなければなりません。

でも、大切なのは同じ現場でも、誰もが同じように関わることができないこと…
例えば、建設現場を例にすると、職長さんと職人さんは常に一体となって動きますが必ず同じ仕事をしている訳ではありません。
ゼネコンの監督さんだって、現場に常駐していますが、職人さんとは違う形で現場に接しています。
この様に、現場には持ち場立場を踏まえた関わり方が存在するんです。

そして、関わり方が違えば、汗のかき方も当然変わってきます。
駆使するのが頭脳か、体力かでも変わりますしね…

だからレーナとスピアヘッドの戦隊とでは関わり方に違いがあるのは仕方の無いことなんです。
レーナは必死でしたし、自分のできることと役割に対し、真摯で一生懸命だったと思います。
いくら才女とは言え人間なんですから、迷ったり間違えたり…感情が言うことを聞いてくれないことだって一度や二度じゃありませんでした。
彼女の唯一無二は、どんなに憎まれ口を叩かれようと、どんな酷い言葉で罵られたとしても彼らと向き合い続けること…
だからレーナは立派だったと思いますよ。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、ヒトリエさんによる「3分29秒」
エンディングテーマは、SawanoHiroyuki[nZk]:mizukiさんによる「Avid」
どちらも作風のイメージ通りの格好良い楽曲だったと思います。

1クール全11話の物語でした。
これまではきっと「序章」だったのだと思います。
後半クールでレーナの進むべき道…目指すべき道を私もしっかり見届けさせて頂きたいと思います。

投稿 : 2021/07/12
閲覧 : 243
サンキュー:

25

86-エイティシックス-のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
86-エイティシックス-のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Ka-ZZ(★)が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ