「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 3(TVアニメ動画)」

総合得点
66.7
感想・評価
21
棚に入れた
63
ランキング
2239
★★★★☆ 3.5 (21)
物語
3.6
作画
3.4
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.6

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

台湾の伝統ある人形劇・布袋劇と、脚本家・虚淵玄がタッグを組んだ作品

この作品はコミカライズ化されていますが、オリジナルだったみたいですね。
人形劇なので、あにこれの棚には入らないものとばかり思っていましたが、そんなことはなかったんですね。
今作で第3期になりますが、あにこれの棚に入ったのは今回が初めてのようです。


鏡の奥で妖花が微笑む

魔脊山の谷間に転落した婁震戒と七殺天凌の行方を捜して、谷底を捜索する殤不患たち。

だがそこで彼らが迷い込んだのは、奇怪な植物の生い茂る広大な洞窟だった。

かつて魔神復活の野望を阻まれた妖女・刑亥が、西幽の邪教宗門『神蝗盟』と手を結び、
いま再び周到なる罠を張り巡らせて凜雪鴉と殤不患の前に立ちはだかる!


公式HPのあらすじを引用させて頂きました。

この人形演劇である「布袋劇(ホテイゲキ)」は、台湾で「知らない人間はいない」と言われるほど、子供から大人まで楽しまれているんだそうです。

この「布袋劇」を虚淵玄さんが「Fate/Zero」のサイン会で台湾を訪れた際、
霹靂布袋劇の展覧イベントへ案内されたのがきっかけだったようです。

私は、第1期の作品を視聴するまで「布袋劇」の存在を知りませんでしたが、最初に視聴した際、迫力に圧倒されたのを鮮明に覚えています。

人形劇といえば、手足を動かす棒が付いていて後ろで黒子が動かすという
イメージしかありませんでしたが、この霹靂布袋劇はこれまで私が抱いていた人形劇の常識を根底から覆すモノだったんです。

人形劇なのに動かす棒は見当たりませんし、身体の色んなところが滑らかに動くんです。
しかもアニメ的に表現すると、ぬるぬると動くという表現がしっくりくるんです。
多分、視聴したらきっとびっくりすると思いますよ^^

一方、これがこのシリーズ初のレビューになるので、公式サイトやwikiなどを見るのも初めてになります。
私はてっきり、諏訪部さん演じる殤不患(ショウフカン)が主人公とばかり思っていましたが、鳥海浩輔さん演じる凜雪鴉(リンセツア)とダブル主人公という設定だったみたいです。

人形劇自体も見応え十分ですが、演じている声優さんも凄い面子が揃っています。
中原麻衣さん、小山力也さん、鈴村健一さん、大原さやかさん、奈央ぼう、碧ちゃんにくぎゅなど…
これが視聴に気合が入らない訳がありません。

また、今回wikiをチラ見して知ったのが、宝塚歌劇団の星組で舞台化されたそうなんです。
実は恥ずかしながら宝塚歌劇団のことは殆ど知らず、「シェークスピア」や「ベルサイユのばら」などを演じているんだろうと勝手に想像していましたが、こういう作品も演目になるんですね。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、西川貴教さんの「Judgement」
第1期からずっと西川さんが担当されています。

1クール全13話の物語でした。
本作は第2期の最終回で制作決定の告知がありました。
第4期の告知は未だありませんが、物語としては途中で終わっているので、きっと続編が制作されることでしょう。
期待して吉報を待ちたいと思います。

投稿 : 2021/08/15
閲覧 : 43
サンキュー:

4

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 3のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 3のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Ka-ZZ(★)が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ