「リーマンズクラブ(TVアニメ動画)」

総合得点
66.2
感想・評価
76
棚に入れた
175
ランキング
2612
★★★★☆ 3.4 (76)
物語
3.3
作画
3.6
声優
3.5
音楽
3.3
キャラ
3.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

メンズ社会人バドミントンの「先輩がうざい後輩の話」

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
天才的な観察眼で、バドミントン選手として活躍していた白鳥尊。 しかし、インターハイでのトラウマが原因で、思うようなプレーができずにいた。社会人選手として所属していた強豪チーム・ミツホシ銀行をクビになった尊。 選手としての再起をかけて、サンライトビバレッジに入社した彼を待ち受けていたのは、慣れない会社員としての仕事に、結果の出せていない弱小バドミントン部...。おまけに、ガサツで、声がでかくて、やたらと距離の近いおっさん...宮澄建。 元・天才の新人社会人と、豪快おっさん“バドリーマン”。何もかもが正反対のコンビが生まれたとき、諦めかけていた夢が、ふたたび幕を開ける。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:Team RMC
監督:山内愛弥
シリーズ構成:内海照子、山内愛弥
キャラクター原案:ヤスダスズヒト
キャラクターデザイン:まじろ
美術設定:佐藤正浩(ヘッドワークス)
美術監督:甲斐政俊
美術背景:スタジオKAIMU
色彩設計:小野寺笑子
2Dワークス:渡部岳、中島俊 / 旭プロダクション デザイン部
3Dワークス:FelixFilm
撮影監督:長谷川奈穂
撮影:旭プロダクション
編集:長谷川舞(editz)
音楽:fox capture plan
音響監督:本山 哲
音響制作:グロービジョン
アニメーション制作:ライデンフィルム
製作:サンライトビバレッジ広報部
主題歌 OP:「The Warrior」Novelbright
ED:「二千五百万分の一」まふまふ
{/netabare}
キャスト{netabare}
白鳥 尊:榎木淳弥
宮澄 建:三木眞一郎
佐伯蒼汰:石川界人
佐伯橙也:逢坂良太
竹田浩輝:柿原徹也
霧島隼人:福山潤
荻野目大樹:小野友樹
美空綾斗:村瀬歩
八神純:石谷春貴
夏木陵:野津山幸宏
宇津木雅彦:浪川大輔
立花梓馬:八代拓
外崎士龍:濱野大輝
間柴勇歩:土岐隼一
猿橋佑慧:岡本信彦
郷倉虎徹:杉田智和
松下幸治:伊丸岡篤
霧島琢磨:内田雄馬
出雲尚弘:古川慎
伊吹泉太郎:置鮎龍太郎
仲邑周平:堀江瞬
瀧本千空:白井悠介
政時 元:浜田賢二
大野安臣:黒田崇矢
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


#01 アサイン
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
バドミントン選手・白鳥尊は、強豪実業団チーム「ミツホシ銀行」をクビになってしまう。再起をかけて「サンライトビバレッジ」に入社するも、彼を待ち受けていたのは、慣れない会社員としての仕事に、弱小チーム。おまけに、ガサツでやたらと距離の近い先輩・宮澄建とダブルスを組まされることに…!?
{/netabare}
感想
{netabare}
天才的な観察眼で、バドミントン選手として活躍していた尊クンが
入社した社会人バドミントン強豪のミツホシ銀行で活躍できずクビになり
サンライトビバレッジにひろわれた。。

それで、シングルス希望だったのに
うざい先輩との勝負に負けて、ダブルスを組むことに、ってゆうおはなし。。



先輩はうざいけどいい人そうで、実は後輩の方がうざい、とか
仕事も、仕事の後もペアってゆうのが
「先輩がうざい後輩の話」とかぶってるかも。。男どうしだけど^^


ときどき回想シーンがちらっと映るくらいで、よく分からなかったけど
尊クンはインターハイのダブルスで
相棒をケガさせたか何かでイップスになってて
ココってゆうところで羽を打ち返せなくなってるみたい。。


尊クンはイップスで結果が出せないのに
変にプライドが高いところが、先輩よりうざいみたい。。


はじめての日、会社の近くの公園で酔っぱらって寝てた人を助けたら
ネクタイを変な結び方にされちゃった。。
ってゆうギャグが、天丼になってておかしかったw


パターンは、スポーツものによくある
プライドの高い選手がチームに入って、仲間に助けられて成長していく
ってゆう感じでテンプレだけどコメディもあって、つかみは良かった☆

制作のライデンフィルムは「はねバド!」を作ったところで
動いてばっかりじゃないけど、バドミントンの動きも良かった◎

イントロダクションを読むと
バドミントンだけじゃなく、お仕事アニメでもあるみたい。。

声優さんも有名な人ばっかりで、ちょっと期待できるかも☆彡
{/netabare}
{/netabare}
#02 シナジー
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
勝負に負けて建とダブルスを組むことになった尊。しかし正反対な2人は仕事も練習もなかなかかみ合わない。そんな中、サンライトビバレッジは強豪チーム「ユニシックス」との練習試合に臨む。尊と建は、男子ダブルス世界ランキング2位の霧島隼人・荻野目大樹ペアと対戦。格上相手に厳しい戦いを強いられるが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、営業で外回り中の建と尊が、お得意様回りをしてた時
あるお店で尊が万引犯を見つけて、2人で捕まえて
尊が先読みの能力がすごいってゆうのが分かった。。

でも、ダブルスの練習では、よくぶつかったりして
ユニシックスとの練習試合は、ぜんぜん期待されてなかった。。

そして試合当日。。
そんな2人の対戦相手は世界ランキング2位の霧島隼人&荻野目大樹ペアで
尊の先読み能力もうまく生かせなくって、1セット目はぼろ負け。。

でも、尊が取れない羽を取ってくれる建が、自分をたよれって言ってくれて
尊は相手の羽の方向をしぼり込んで、どっちかに動いて
予想をはずした羽は、建にまかせる作戦を立てた。。

それで2セット目は取ったけど、本気を出した霧荻ペアに負けちゃった。。


その帰り道、建が尊に、飛べなくなった理由を聞いたところでED。。


あと、Cパートで、尊がダブルスに戻ってきたことを知った元仲間(?)から
元仲間(?)にメールが送られてきたところで終わり。。



バドミントンって、そんなにメジャーなスポーツでもないし
尊クンは俺様すぎて、営業って大変そう。。

そういえば、アイデアコンテストの話があったけど、何かの伏線?

バドミントンの方は、まだまだこれからみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
#03 ブレスト
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
社内の新商品企画コンペで、尊が思い付きで提出した「ネギジンジャーエール」のアイデアが候補に残った。慣れない尊をフォローすべく、バド部メンバーで合宿に行くことに。皆で議論をしながら企画書を仕上げていく。そして尊は建に、実力不振の原因となった高校時代のトラウマについて告白する。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
企画書を書くことになった尊クンをサポートするために
バド部のみんなと合宿に行くことになった。。


前半は、ホテルで企画書の書き方講座。。

にゃんは会社で働いたことがないから、アニメで何となく知ってるくらいで
「白い砂のアクアトープ」のくくるが企画書か何か書いてて
あんな感じかな、って思ってたけど、アイデアの出し方とか分かって
バドはあんまりなかったけど、おもしろかった^^


後半はお風呂で建さんに、学生の時のダブルスで相方をケガさせたトラウマで
後ろにジャンプできなくなったことを話し
後ろには俺がいるから、ジャンプしなくてもいいって言われて
何だかホッとしたみたい^^

そのあと部屋に戻ったら、尊クンの20歳の誕生祝がはじまって
はじめてのビールから飲み過ぎて酔っぱらって。。ってゆうコメディ^^;

次の日は、仕事にならなかったけど、夕方には復活してて
次の対戦表の発表に、みんながやる気を出したところでオシマイ。。


やっと尊クンのトラウマがはっきりして
建さんや、チームのみんなとの距離が近くなってよかったけど
大会が近いのに、バドをするシーンが少ないのは気になるかも。。

試合で強くなるってゆうパターンなのかな^^
{/netabare}
{/netabare}
#04 コンフリクト
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「ネギジンジャーエール」開発に苦戦する尊たち。突破口を探るため、ネギ農家に話を聞くことに。そんな中、全日本実業団バドミントン選手権大会が開幕。順調に勝ちあがるサンライトビバレッジだったが、次なる相手は強豪「トマリ運輸」。その中に、高校時代の元ペア・立花梓馬の姿を見つけ、尊は激しく動揺する…。
{/netabare}
感想
{netabare}
選手権大会の合間に、尊×健がネギジンジャーエール開発のため
ネギ農家に取材に行くおはなしと、対トマリ運輸戦のおはなしで
トラウマになった事件のパートナーと当たって、尊が立ちつくすだけ。。



ネギ農家に行くおはなしは、おいしそうなネギ料理が見れたのはよかったけど
バドミントンの対戦に絡んでこなくって、浮いてる感じかも。。

あと、尊クンのトラウマだけじゃなく浩輝さんまでトラウマで負け。。
シングルの蒼汰クンは勝ったけど、熱くなれない人、って
スッキリしない展開。。

これでサンビが負けたら、いつおもしろくなるの?ってゆう感じ。。


そういえば、リンゴとネギのサラダは試してみたいかも^^
{/netabare}
{/netabare}
#05 フィードバック
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
インターハイで梓馬に怪我をさせてしまったトラウマから、外崎士龍・立花梓馬ペア相手に全く実力が出せない尊。そんな尊に梓馬は正面から思いをぶつける。建のフォローもあり、徐々に調子を取り戻す尊・建ペア。試合は激闘の様相を呈していく。尊は見失っていたものを取り戻すことができるのか…?
{/netabare}
感想
{netabare}
尊ははじめ、羽根を見送るだけで点差がどんどん開いて
1セット目は負け。。

そのプレイを見ながら立花クンは
尊クンに追いつこうとしてがんばってた、昔の頃のことを思い出して
不甲斐ない尊クンに、イライラしてた。。

2セット目のとちゅうで、建さんが「いい加減に。。」って言いかけた時
その言葉を取るように立花クンが
「なに手を抜いてんだ!こんなので勝ったってうれしくない!」って叫んで
尊クンはハッとした。。

それから健さんは、尊に頭突きで喝を入れた後
声出しで位置確認をする作戦にして点を取り戻しはじめて
それを見た立花クンは、うれしいときのクセが出るくらいになって
2セット目は尊クンたちの勝ち♪

3セット目はもっと調子が出てきたけど、相手も本気を出して接戦。。

さいごに、ここで!ってゆう時に
またジャンプできなさそうな雰囲気だったけど
建さんの「飛べ!」ってゆう声で、高く飛んだ尊クンは
スマッシュを決めて、ゲームを取った。。

そのあと建さんは、部長に言われて応援に来たってゆう
碓山さんに話しかけて、入部を推したけどあっさり断られてた。。


試合が終わって、サンビとトマリの合同打ち上げ会で
久しぶりに会ったのに話もしない2人を見た先輩に
話すことの大事さを説かれた立花クンが
尊とちゃんと話そうって席にもどったら、尊は酔ってた^^

酔った尊は、泣きながら立花クンに感謝の言葉と謝罪をはじめて
寝ちゃったw

尊クンの仲間から
「後で覚えてないけど言ってることはぜんぶ本音」って聞かされた立花クンは
それでもうれしそうだった。。ってゆうおはなし。。


Cパートで、建さんが
尊少年が必死で羽根を追いかけてケガをして
その手当をした時のことを思い出してたけど

「そんなにムキになってひろうことないだろ。。」ってゆう健さんに
「でも、取れたよ!落としたら負けなんでしょ?」って答える尊少年。。

そんな当たり前の言葉に、建さんは大事なことを発見したみたく
「ありがとう^^」って。。


そして今にもどって、酔って寝ちゃった尊を背負いながら建さんが
「最後にお前と組めてよかったよ。。」って言ったところでオシマイ。。



ふつうによかったけど、ちょっとトラウマを引っぱり過ぎたみたいだし
おはなしも、試合の流れもテンプレで、あんまり感動はしなかったかな。。

それより打ち上げで話した、尊の本音が良かった^^
酔っぱらってなかったら、もっと良かったw


建さんは、体の不調とかで引退しちゃうのかな?
その代わりに入るのが碓山さんだったりして?
{/netabare}
{/netabare}
#06 プレゼン
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「ネギジンジャーエール」の試作品が完成し、いよいよ試飲会&役員プレゼンの日を迎える。しかし直前で「ネギジンジャーエール」の試作品にトラブルが発生、試飲会に出せなくなるピンチに。なんとか間に合わせようと、尊やチームメイト、同僚たちが一丸となって奔走する。そんな中、尊の前に現れたのは意外な人物だった!
{/netabare}
感想
{netabare}
「ネギジンジャーエール」の試飲会&役員プレゼンで
続いてハプニングが起きたけど、仲間たちの協力で無事商品化が決まった
ってゆうおはなし。。



尊クンが作ってたプレゼン用の資料が消えちゃった。。ってゆうのは
にゃんも、うとうとしながら感想書いてて
投稿したつもりがされてないのに気がつかなくって、そのままPCを消して
せっかく書いた感想が消えちゃったことが、何度かあったから分かるw

それで今回のメインは、その失敗が問題になるおはなし?って思ったら
尊クンとは関係ないところで、ジンジャーエールが出荷停止になってたり
企画会議でいきなり企画自体にダメ出しされちゃったりしたけど
竹田クンと碓山さんのフォローであっさり解決して、ちょっと、ん?って。。

でも、会社ってこんな感じなのかな?ってゆうのは伝わってきたから
わりと楽しく見れたかも。。

ただ、もっとうまくバドミントンとからんでたら
もうちょっとおもしろくなりそうなんだけど☆彡
{/netabare}
{/netabare}
#07 オルタナティブ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
全日本実業団バドミントン選手権大会・準々決勝。相手は練習試合で敗北を喫した強豪・ユニシックス。借りを返そうと意気込むサンビメンバー。尊と建は、霧島・荻野目ペアとの再戦に臨む。試合は一進一退の激しい攻防が続いていく。そんな彼らを、品質保証部の碓山が客席から見守っていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
強豪・ユニシックスとの再戦。。

尊クンと建さんは、霧島・荻野目ペアに勝ったけど
蒼汰さんは、17歳の天才プレイヤー・美空クンに負けて
橙也・浩輝ペアは浩輝さんが上がり症を克服して、がんばったけど
八神・夏木ペアの実力には、ちょっと追いつけなかったみたい。。

それでサンビは負けたけど、5か月後のSJリーグ目指してがんばることに。。

そんなサンビのみんなを、家族といっしょに応援に来てた碓山さんは
自分が、うらやましい思いで見てることに気がついた。。

愛する奥さんと大学卒業間際にできちゃった結婚してから
小説家を目指す奥さんと子どもを支えるのに、好きだったバドもやめて
一生けんめい働いてきたけど、バドへの思いは消せなかったみたい。。

そんな碓山さんだったけど、奥さんの小説がコンクールで受賞して
家族に背中を押されて、もう1度バドをはじめることに。。


そうやってサンビのバド部が盛り上がってるころ
イジワル部長が部をつぶそうと考えはじめてて。。
ってゆうところでオシマイ。。



碓山さんのエピソードとか、ふつうによかったけど
がんばれない蒼汰さんの気もちとか
一つひとつのエピソードがアッサリしすぎてて
あんまり共感しにくい感じかも。。


尊・健ペアが勝てたのはよかったけど、建さんの足は限界に近いみたい。。
やっぱり建さんの後は、碓山さんになるのかな。。

そして部長が。。ってゆうのは、学園部活物とかでよくある展開だけど
会社の部活ってキホン、好きな人が集まってやってるだけじゃないのかな?

みんな仕事を掛け持ちしてがんばってるのに、誰かがクビになるパターン?
{/netabare}
{/netabare}
#08 ブレイクスルー
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
新戦力加入に伴いチーム内でペア替えが発生、シングルス選手だった佐伯蒼汰は弟・橙也とダブルスを組むことに。兄とのダブルスに意気込む橙也だったが、蒼汰は複雑な感情を抱えており、兄弟喧嘩からダブルス解消の危機に陥る。そんな中、橙也は仕事の方でもピンチを迎えてしまい…。
{/netabare}
感想
{netabare}
碓山さんが入って、シングルをすることになり、竹田さんはコーチ。。
蒼汰さんは、弟の橙也クンと組むことになったんだけど
とつぜん部をやめるって。。

橙也クンには、自分は必要ないからやめるんだって言ってケンカになって
それから橙也クンは家出して、尊クンのへやにいそうろう^^

碓山さんが、蒼汰さんに聞いたら
本当の原因は、弟の期待にこたえるの疲れたからだって。。


そんな時、橙也クンは
担当したネギジンジャエールのデザインを蒼汰さんにダメ出しされて
デザインを変えることになった。。

徹夜してさがしたんだけど、引き受けてくれるデザイナーを見つけられず
期限が近づいて橙也クンがあきらめかけてたら、蒼汰さんが来て
知り合いの人を紹介してくれた☆

それで、橙也クンに感謝された蒼汰さんは
弟に期待されるのも悪くないかも、って思ったみたいで
部活に復帰することになった♪


そして尊×健ペアでは最近、建さんが早く帰ることが多くなったり
練習でも守りが多くなって
今まで部活であきらめてた昇格試験を受けることになったりして
社内では、結婚するんじゃないか、ってゆうウワサが出たり。。

そんなある日、建さんが尊クンに、何にも言わずに出張に行くことになってて
出社して気がついた尊クンは、いそいで駅まで追いかけてワケを聞いたら
俺とのダブルスを解消してほしい、って言われたところでオシマイ。。



佐伯兄弟のおはなしは、ちょっといい終わり方だったけど
あんまり深くなくって、蒼汰さんの思いって、その程度だったの!?
ってゆう感じ、ちょっとザンネンかも。。


健さんの様子がおかしいのは、足の故障で病院に行ったりしてるからかな?

もし、バドをやめるんだったら、わざわざ隠すことはないと思うから
やめるつもりはないんじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#09 プライオリティ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
建から突然ペア解消を言い渡され、混乱する尊。そのまま出張に向かった建は、京都で元ペア・出雲尚弘と会っていた。一方、偶然にも建の事情を知った尊は、世界ランク1位のミツホシ銀行シングルス選手・伊吹泉太郎と邂逅し、本心を見抜かれ思い悩む。尊と建、2人がそれぞれ出した結論とは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、ダブルス解消を言い出された尊クンは
建さんがひざの故障を隠してたことを知って
自分に相談なしなことで怒ってた。。

そのころ建さんは、元相方でミツホシに行った出雲選手に会って
尊クンとのダブルスを続けたいけど。。みたいな相談をして
「オレにあきらめろって言ってほしいのか?」って言われて
1話で尊クンと出会った公園に行って悩んでた。。


そのころ、実家に荷物を取りに戻ろうとした尊クンは
元チームメートで、世界ランク1位の伊吹選手に偶然会って
シングルにもどるかも?ってゆう話をしたら
ちょっとシングルで1ゲームしてみることになったんだけどボロ負け。。

それでシングルになろうとしても
自分は健さんに頼ってることに気づいたの。。

そのあと実家に帰って、なにげに昔の日記を開いたら
昔、今の会社の近く住んでたころ、近所の公園で
バドリーマンの“お兄さん”にバドミントンを習ってたことが書いてあって
それが建さんだって気が付いて、あの公園に向かって走り出してた。。


そのころ建さんはあの公園で
入社したばかりの10年前のことを思い出してた。。

新入社員として部で成績を出せないで腐ってた建さんは
あの公園で尊少年に会って、バドをはじめて
落としたら負けってゆう自分の言葉を、真っすぐに守ろうとする尊に
目を覚まさせられて、またがんばりはじめた。。

そしたら、尊クンがミツホシでバドをやってたけど
クビになったことを知って
監督に、自分が責任を持つからってお願いして、サンビに誘ってもらった。。

そして、あの公園で会った2人は、またダブルスを組むことに。。


それから建さんは、尊を
足が不自由だけどバドの選手を続けてる人のところに連れてって
その人に、ムリのない動きを教わってることを伝えた。。


そしてSJリーグがはじまった。。んだけど
そのころ会社では、あのイジワル専務が部をつぶそうとか企んでる。。
ってゆうところでオシマイ。。



尊クンがたまたま伊吹選手に出会って
たまたま実家で、たまたま昔の日記を開いて
たまたま向かった先に建さんがいた。。って

ちょっとご都合主義多めだったけど
尊クンと建さんが、おたがいがいたからバドを続けてる
ってゆうおはなしで、うるうるしちゃった。。


あと、ちょっとイケズな感じの伊吹選手が実はいい人で、かっこよかった^^

ただ、ふだんダブルスの練習ばっかりしてる人が
急にシングルスをやっても、カンが狂って
1ゲームくらいうまくいかなくてふつうじゃないのかな。。

とくに相手が、シングルス世界ランキング1位の人だし
ボロ負けして当たり前だと思う。。

伊吹選手はたぶん、そんなこと分かってるはずだから
尊クンに、建さんとのダブルスを続けさせようとして
ちょっとしたトリックを仕掛けたのかも。。やっぱりイケズw
{/netabare}
{/netabare}
#10 トレードオフ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
いよいよ実業団チームの頂上決戦「S/Jリーグ」が開幕。Top4に残ったサンライトビバレッジだったが、準決勝の会場になぜか建が現れない。バド部を快く思わない専務の謀略により、建は役員会議に呼ばれクビの危機を迎えていた。必死に抵抗する建。一方、蒼汰と橙也はユニシックスの霧島・荻野目ペアと激闘を繰り広げていた…。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、専務が取引先の副社長にケガさせたことにして
建さんをクビにしようとして。。ってゆうのが茶番すぎで
それでいいなら、副社長が矢田さんにセクハラしかけたから訴える
っておどかしたり、何でもありな気がする。。

あと、蒼汰と橙也ペアが勝ったのも
ネットインがほとんど決まるようになったせいだし
そんな魔球みたいなことができるんだったら
やっぱり何でもありな気がする。。


建さんを迎えに行った尊クンが矢田さんの証言を伝えて
会議をひっくり返したり
建さんと尊クンが着いたときには、サンビの勝利でおわってたってゆう
展開は良かったんだけど、ちょっと無理やりだったみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
 
#11 コンペティター
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ついにS/Jリーグ決勝戦。相手は王者・ミツホシ銀行。碓山は、世界ランク1位の絶対的エース・伊吹泉太郎に挑む。かつて“東の碓山、西の伊吹”と呼ばれ、ライバルだった2人の対決は予想外の展開を見せる。尊と建は、因縁の相手、霧島琢磨・出雲尚弘ペアとの大一番に臨む。圧倒的実力を持つ琢磨の前に尊たちは翻弄され…。
{/netabare}
感想
{netabare}
1試合目は、佐伯兄弟の勝ち。。

魔球は強かった!って言いたかったけど、試合も見せずにおわるって
やっぱり魔球を出し過ぎると、ウソっぽくなっちゃうからかも^^


2試合目は碓山さん対伊吹さんの因縁の戦いで
1セット目は、このままじゃ勝てないって思った碓山さんが積極的に攻撃し
様子を見てた伊吹さんに勝ったけど
2セット目は本気を出した伊吹さんにあっさり負け。。

でも、家族の応援で火がついて、ギリギリまで粘ったけど負けちゃった。。

家族の応援で火がつくのもテンプレだし
第3セットの尊クンたちにつなぐために負けるのも思った通り。。

でも伊吹さんが、復活した碓山さんを認めて
がっちり握手したところは良かった☆


第3試合は尊クンたちの試合だったけど
相方はジャマにならなければいいって思ってて
アオってくる態度の悪さは好きじゃないかな。。

けっきょく1セット目は取られたけど、それ以上心配なのは
汗で足を取られて転んだ尊クンのケガかも。。

{/netabare}
{/netabare}
#12 青天井
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
目を負傷してしまった尊。棄権しようとする建に対し、尊は無理やり試合を続行しようとする。格上相手に、2人は圧倒的ハンデを背負いながら、それでも諦めず食らいついていく。尊、建、琢磨、出雲――それぞれの因縁が交錯するS/Jリーグ決勝戦。サンライトビバレッジ対ミツホシ銀行、ついに決着!
{/netabare}
感想
{netabare}
決勝戦、勝ったのはサンビで、常務との賭けにも勝ったし
ネギジンジャエールもヒットして、ハッピーエンドだったけど
尊がケガをしてみたり、建がディスられたら急に強くなったり
サンビがギリで勝つように動かされてる感じでちょっと微妙だったかも。。


それでも、おはなしの流れ自体はよかったから、まあまあおもしろかった☆
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


社会人バドミントンのスポーツアニメで
会社の部活だから、お仕事パートもあって
両方楽しめる代わりに、その分薄味になっちゃったみたい。。

悪くはなかったけど
とくにおススメポイントはなかったかも。。




.

投稿 : 2022/05/23
閲覧 : 336
サンキュー:

22

リーマンズクラブのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
リーマンズクラブのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

にゃん^^が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ