「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です(TVアニメ動画)」

総合得点
68.1
感想・評価
209
棚に入れた
631
ランキング
1937
★★★★☆ 3.3 (209)
物語
3.4
作画
2.8
声優
3.5
音楽
3.3
キャラ
3.5

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

くまごろう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

一味違う転生もの

視聴完了
全12話

一言感想
一味だけ違う転生ものだけどその一味が大きかった。

あらすじ
ゲス系の主人公が、プレイしていた乙女ゲームのモブに転生。知識をもとに無双する話。
どこかだけ聞くとよくある転生ものだが、特徴的な点が2点。1点目として主人公は乙女ゲーをやらされていただけであり、かけらも愛着などなく、むしろクソゲーと評していた(実際バランスの悪い戦略シュミレーションゲームがなぜか実装されており、手っ取り早くクリアするには課金が必須とのこと)。
2点目としてモブとして転生した主人公とは接点なし情報なしのもう1人の転生者がおりそちらはゲームのファンであり、ヒロインを目指して動いているということ。

主人公は攻略した知識をもとに課金アイテムを課金せず取得。それを運用して地方男爵として身分相応の幸せを得るために学校へ。
一方もう1人の転生者マリアはヒロインとなるべく、ゲームの知識を使いヒロインとしての行動をとる。
結果本来のヒロインであるオリヴィアはヒロインの座を追われ主人公と仲良しに。また、オリヴィアのライバルとなるべき悪役令嬢アンジェリカも、マリアがライバルとなったことによりオリヴィアとは仲良しに。
となかなか珍しい形が出来上がる。
その後ゲーム中では悪役令嬢が裁きを受けるはずのイベントで、チート主人公が助力し、本来のゲームの攻略対象(以下5馬鹿)がラブコメから脱落、ネタ要因となり、その後はモブ・元ヒロイン・元悪役令嬢のラブコメが展開。

結末はとある時間を解決して、主人公が叙爵。
悪役令嬢が家族に主人公を紹介すると連れて行きおしまい。

感想
原作では報われないモブと、悪役令嬢を、ヒロインを巻き込むことでまとめて救い、攻略キャラと新ヒロインを排除した設定は面白かった。
5馬鹿がなかなかいいキャラをしていてコメディ担当としてバラバラと出てくるのも面白かった。

一つ残念なのはヒロインと悪役令嬢どちらも期待させるような話し方をしながら確定はさせないで終わってしまったこと。
また、そもそも主人公の目的が、のんびり平和な生活を送ること(ゲームの中では戦争ルートなど平和が破壊される可能性があり、願いとしては全然おかしくはない)なので今後も行き当たりばったり的な事件はあるだろうが大きな流れはないだろう。

制作お疲れ様でした。

投稿 : 2022/06/30
閲覧 : 84
サンキュー:

9

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界ですのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
乙女ゲー世界はモブに厳しい世界ですのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

くまごろうが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ