「RPG不動産(TVアニメ動画)」

総合得点
63.3
感想・評価
132
棚に入れた
373
ランキング
3952
★★★★☆ 3.1 (132)
物語
2.9
作画
3.0
声優
3.3
音楽
3.1
キャラ
3.2

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

ローズ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

世界平和の後始末

魔王が倒されて世界が平和になった。
学校を卒業してRPG不動産に就職した風色琴音。
RPG不動産に所属している4人の奮闘記。

RPGと聞いて、ロール・プレイング・ゲーム、という言葉を連想する人が多いでしょう。
しかし、本作品のPRGは、Rent(賃貸)・Plan(計画)・Guide(案内)の頭文字を取った意味。
作中の世界観が中世ヨーロッパを彷彿させるので、ゲームの世界と類似。
しかも、魔王を討伐していたりドラゴンが出現したりなど、ゲーム世界に親しみが持てますね。

きらら作品という事もあるのか、内容はユルユル。
終盤のシリアス展開を除けば、ファンタジー日常系といった感じです。
癒しを求めて、きらら作品を選んだ人もいるかもしれませんが、癒しというより弛緩かなぁ。
期待が大きいと外れた時の脱力感も大。
緩い雰囲気を感じる程度が、丁度いいように思われます。

RPG不動産の4人娘。
戦士や魔術師などの適正もあるので、個性的。
ただし、服装は制服やスーツで統一したほうが良い気がします。
各キャラが童顔という事もあるのですが、全然成人女性には見えず、子供要素が大きいです。
しかも、露出の高い服装はなぁ……
ファンタジー世界なので仕方が無いのかもしれませんが、防御力弱めの装備は目のやり場に困ります。

住む場所に困った人がRPG不動産に物件を探しに来る事が多いです。
しかも、その依頼者の条件のクセの強い事。
例えば、私達の世界でもペット可の物件は限られていますが、作中のペットは大型動物。
普通の不動産会社では扱わない案件なのかなぁ。
でも、RPG不動産の4人は依頼者を邪険にする事はありません。
親身になって色々と考えてくれる優良会社。
依頼者の最後の砦なのかもしれません。

アニメをどのように楽しむのかは人それぞれなのですが、終盤のシリアス展開は必要だったのかは疑問です。
ファーの夢遊病設定からの出来事なのでしょうが、11~12話はまとめとして必然だったのかどうか。
1クールで区切るのであれば丁度いいのかもしれませんが、少し盛り過ぎですね。
個人的にはユルユル設定を忠実に守り、最後まで貫き通した方が、きらら作品らしいと思います。

無理難題を吹っ掛けてくる依頼者。
その案件を真面目に解決しようとするRPG不動産会社の4人。
作中で一番難しい案件は、大賢者のルナ(CV井上喜久子)と琴音(CV井上ほの花)の逆転した年齢差かもw
肩肘張らずに緩い気分で視聴する事をオススメします。

投稿 : 2022/07/02
閲覧 : 50
サンキュー:

16

RPG不動産のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
RPG不動産のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ローズが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ