「進撃の巨人 The Final Season Part 2(TVアニメ動画)」

総合得点
76.4
感想・評価
262
棚に入れた
1017
ランキング
658
★★★★☆ 4.0 (262)
物語
4.0
作画
4.0
声優
4.0
音楽
3.9
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえず簡単な感想

 原作に関して、本作部分は未読。
 前作が序盤においてパラディ島勢によるマーレ奇襲で始まったの対して、本作ではマーレ勢に
よるパラディ島への攻撃で幕を開ける対照的な出だし。
 この辺は狙ってなのか、たまたまなのか。

 本シリーズの主役はエレン・イェーガーであるが、本作においてはエレンの真意が一種の
ミステリー要素として話の肝になっているため、本作でのエレンはラスボス的描かれ方。
 以前はエレンに次いで主役的動きを見せていたミカサ・アッカーマン、アルミン・アルレルト、
リヴァイ・アッカーマンらも事態に翻弄される状態ということで、結果的に主役不在の群像劇と
いった感じ。

 そんな中ストーリーを能動的に動かしていた感があったのはフロック・フォルスター。
 反対派は粛清するなど悪役然とした描かれ方だが、その行動の方向性が正しかったのか
どうかは別にして、本気でパラディ島のエルディア人を思っての行動のようで、そういう点では
一種のダーティーヒーロー的な感はある。

 ガビ・ブラウンと、サシャ・ブラウスの家族との描写で、人はちゃんと向かいあえば
分かりあえるということを描きながら、同じ作品内でかっては仲間だった者同士が主義主張の
違いで殺し合う展開を描くなど、それも人間らしさなら、これも人間らしさという感じで、人と
いうものをよく描いている。

 終盤において、ついに地鳴らしが発動してしまったが、パラディ島を出る際にその巨体の
イメージから海底を歩くのかと思っていたら、泳いでいたのは驚いたと同時にちょっと
おかしかった。

2022/07/21

投稿 : 2022/07/21
閲覧 : 66
サンキュー:

4

進撃の巨人 The Final Season Part 2のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
進撃の巨人 The Final Season Part 2のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

STONEが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ