「夏へのトンネル、さよならの出口(アニメ映画)」

総合得点
70.1
感想・評価
27
棚に入れた
121
ランキング
1463
★★★★☆ 3.7 (27)
物語
3.7
作画
4.2
声優
3.3
音楽
3.6
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ガタリリス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

アニメ版「インターステラー」

久々にアニメを観たので感想を書いてみる。

本作の特徴は「ウラシマトンネル」と呼ばれるトンネルに入り、自分の失った物を手に入れる。その代償は「時間」であり、トンネル内では時間の進み方が極端に遅くなるという設定が特徴の作品。
この設定自体は「インターステラー」というSF映画を参考にしたものらしいです。

映画館では後日談を描いた20ページ程の小説を貰いました。
その小説の中では相対性理論の話とかも出て来たので、一応本作もSFのジャンルに入るのだろうか?

相対性理論というのは「光速度不変の法則」を拡張解釈した理論ですね。
「光速度不変の法則」というのは「どの相対速度から見ても光の速度は一定」という法則です。
ここから物体の速度が速くなると時間の進み方が遅くなって行く、という理論が導かれたらしいです。

この理論を使った思考実験に「ウラシマ効果」というのがあります。
双子の片方を光速に近い宇宙ロケットで飛ばし(ロケットの中の視点で)数年経つと、ロケットに乗った方の双子は年をあまり取っておらず、地球に残った双子の方は年を取ってお爺さんになっていた、という思考実験です。
要するにタイムトラベルですね。

タイムトラベルというとSFの中だけで起きてそうな感じがしますが、実はそうでもなく、例えば新幹線に乗ると1億分の1秒時間が縮むそうです。
さらにもっと身近な例で言うとGPSがありますね。
宇宙空間では人工衛星が時速数万kmで移動します。
このレベルになると時間の遅れが目に見えて現れて来るため、GPSの方で時間を調整して情報を送っているのだそうです。
こういった事をウラシマ効果というのですが、本作に出て来るウラシマトンネルも、この思考実験から名称を取ったものと思われます。

さてさて、内容の方の感想に移りたいと思います。

正直な感想を言うと、あまり内容が印象に残らないアニメでした(汗汗・・・。
設定は独特ですが、内容自体はありきたりな感じで意外性がないからだと思います。
ヒロインの”花城あんず”の最初の印象は、心を閉ざした棘のある女の子という印象でした。
この娘の心の闇を探っていく内容なのかな?と思っていたのですが、真の心の闇を抱えていたのは主人公の”塔野カオル”の方だった!
この点だけが意外でしたね。

塔野カオルの父親は典型的な毒親で、酒を飲んで暴言を吐く、パワハラをする、束縛するなどなど。
娘のカレンを失った事を息子に転嫁したりしてますが、この点は塔野カオル自身も責任を感じていて、このカレンを取り戻すことが物語の主軸となります。

一方の花城あんずの方は、最初こそトゲトゲしていたが、主人公とトンネルを探索する内に次第に心を開き、最後は恋愛感情を抱くようになって来る。
なんだ、ただのツンデレじゃんw
トンネルに行く理由も「漫画を描くための特別な力を得るため」と言うの物で、俗物的かつ短絡的な発想である。
なので塔野カオルほどの決意はない(と思われる)。

そして来たる8月2日。
塔野カオルは単独でトンネルを探索。
その後(花城あんずの視点で)13年の月日が流れた。
携帯はガラケーからスマホになり、長い年月が経ったことを象徴している。
その間、花城あんずは一人前の漫画家になり、そして主人公である塔野カオルを思い続けた。

この点は個人的に少し疑問を持っている展開ですね。
ヒロインの花城あんずさんは、なかなかの美人なのですが、この間恋人とかは出来なかったのでしょうか?
「女の恋は上書き保存」って2ちゃんねらーが言ってたが、一人の人をずっと思い続けれる程人間って一途なのだろうか?
しかも、転校して数か月しか会ってない男の子に対してである。
まあ、私には女心は分からないので何とも言えんがなw

そして、最後は花城あんずは塔野カオルをトンネルから連れ出して、物語は終了。
ハッピーエンドだと思うが、塔野カオル君はこの後どうやって生活するのだろうか?
ヒロインのヒモにでもなるのかな?w

正直な感想を言うと、物語の展開にヒネリがなく、安直な印象を持ちましたね。
「ウラシマトンネル」をもっと活用して、意外性のある展開を期待してましたが、そういうのは特になかった。
どうせなら、1000年ぐらい先の未来に行っても良かったと思うけどね。
物語の展開にもう一捻り欲しい所でした。

以上、拙い感想でした(・ω・)ノ

投稿 : 2022/09/20
閲覧 : 71
サンキュー:

9

夏へのトンネル、さよならの出口のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
夏へのトンネル、さよならの出口のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ガタリリスが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ