「君を愛したひとりの僕へ(アニメ映画)」

総合得点
計測不能
感想・評価
9
棚に入れた
44
ランキング
7272
★★★★☆ 3.6 (9)
物語
3.9
作画
3.8
声優
3.1
音楽
3.5
キャラ
3.9

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

でこぽん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

愛する女性を救うための研究に一生を捧げた若者(老人)の物語

この物語「君を愛したひとりの僕へ」は、これはこれで完結しているのですが、同時上映の「僕が愛したすべての君へ」をその後に見ると、大いに感動します。
二つを続けてみることをお勧めします。

この物語ではパラレルワールドでの行き来が頻繁に発生します。
主人公は日高暦(ひだか こよみ)または高崎暦(たかさき こよみ)。
名前が二つあるのは、両親が離婚してどちらの親に引き取られた世界で暮らしているかで苗字が違うためです。

中学生の頃の暦には栞(しおり)という大変仲の良い女性がいました。
でも、ある出来事がきっかけで、彼女は不幸な状況になってしまいます。

栞が不幸な状況になったのは自分のせいだと責任を感じた暦は、彼女を救うために猛勉強をし、虚質科学研究所で研究に明け暮れます。

彼は自分の生涯を、栞を救うための研究に没頭するのです。
暦が年老いて命がつきかける頃に、ようやく栞を救う方法を見つけます。
そして…

栞がとても純情で可愛く描かれており、私も彼女を救いたい気持ちがいっぱいでした。
ラストは、それなりに良かったのではと思いますが、その後で「僕が愛したすべての君へ」を見ることをお勧めします。

不満は音楽です。騒がしすぎます。
もっと静かで落ち着く音楽、もしくは勇気を奮い起こすことができる音楽にしてほしかった。

投稿 : 2022/11/13
閲覧 : 141
サンキュー:

10

君を愛したひとりの僕へのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
君を愛したひとりの僕へのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

でこぽんが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ