「映画 ゆるキャン△(アニメ映画)」

総合得点
77.3
感想・評価
136
棚に入れた
529
ランキング
590
★★★★★ 4.1 (136)
物語
3.9
作画
4.2
声優
4.1
音楽
4.0
キャラ
4.2

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

RFC さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

それぞれの道 時の流れと距離感最高

ゆるキャン△Loveな私としては、視聴は義務でした(笑

【作品概要】
 Season1、2はともに高校時代の話でした。
 この劇場版は5人が社会人になってからの小話。

【作品に対する感想】
 私、時の流れを感じられる作品が好きな傾向があります。
 これはアニメだけでなくゲームなんかでもそうですね。
 古いですけど、ドラクエ4や5はストーリー上時間の流れがあり
 同じ町の同じ人が子供から大人になってたり、
 すでに亡くなられていたり…。

 変わったもの、変わらないものを目にして
 懐かしさや寂寥感を感じるのがたまらないのです。

 つまりはこの作品は私にとってまさに
 約束された勝利の剣!全て遠き理想郷!なわけです。 

 物語としては尺の都合上か、「簡単に運んだな」
 という印象はあるんですけど、そんな些事よりも5人の
 成長した姿に十分満足した2時間でした。

 3期が決まったようです。
 この劇場版に至るまでの彼女たちの物語を
 もう少し堪能できる機会が出来たことが嬉しいですね。

1)物語
 時の流れの良い所は上記の通りなので、
 ちょっと気になったところを。(割と重箱のスミです) 
 {netabare}
 ➀彼女らの財源は?
  皆さん一人暮らしのようですが…。
  タクシー代で10万払っちゃえる千明。
  簡単にユンボ借りてこれちゃうなでしこ。
  週一で名古屋―山梨を往復できちゃうリン。
  
  山梨県の事業?であれば、費用は請求出来てるのかな?

 ➁こんなところに人来ないって評したところにキャンプ場
  キャンプ場って属性がどういったものか分かりかねますが、
  人が来ないって言ったところにどういう設備作っても
  人来ないんじゃないのかな…?

 ➂みんなに意見聞いたら全方位キャンプ場
  まあ、趣味趣向が違う人たちの意見を聞いたら
  あっちゃこっちゃに発散しちゃうのは
  分かり切った話なんですけど…。
  これだと限られたスペースと予算では
  どっちつかずな設備になっちゃいそうです…。
  意見を聞くって大事なんですけど、
  そればっかりだといつまでたっても方向性が決まらない。

 ➃正体不明のリスクに対し、無防備で現場急行
  リスクがあるからぺ…ジンジャーくんで偵察したのに
  対策なしで現場急行って「をい!」って思いました。
  狸で助かりましたが、熊だったら死んでましたね。

 ➄プレゼン資料が「よくあれで説得できたな」(^^;
  土器とキャンプ場って組み合わせは、
  OnlyOneで面白いと思います。
  ただ、プレゼンの内容があまりにも自分たちの都合に
  寄りすぎていて、関係ない人に魅力を訴える内容に
  なっていないと感じました。
 {/netabare}
2)作画
 背景の美しさは相変わらず凄いです。
 アスファルトの経年まで伝わってきますね。


5)キャラ
 Season1、2ともに「キャラの距離感が絶妙」と
 評する方が多かったです。

 そして今作も社会人になった際の距離感がまた絶妙と思います。
 地元にいる人、地元を出た人、地元を出て戻った人…。
 みんなそれぞれなんですよね。
 学生時代の友人といえど、少しずつ離れていってしまう。
 それはスマホというコミュニケーションツールがあっても
 やっぱり変わらないんでしょうね。

 仕事は目の前のことを捌いていかないといけない。
 家庭を持てば守らないといけない。
 時間のかけ方、お金のかけ方、意識の向け方…
 優先順位は変わっていきます。
 全部を満たすことはできません。

 高卒で直社会人になったのか、
 大学や短大を経て社会人になったのかは分かりませんが、
 たたずまいや言動から
 TV版から数年以上は経過していることがうかがえます。

 成長して変わったもの、変わっていないもの。
 たくさん見せていただき、感無量でした。
 

 リンはあれだけ人見知りだったのが、
 人当たりはずいぶん自然になりました。

 なでしこはわりとぐいぐい距離を詰める天然娘だったのが
 相手の心情に合わせて距離と言動を調整できてました。

 千明はあれだけしっちゃかめっちゃかだったのが、
 ちゃんと筋を通して行動できるようになりました。

 いぬこはあれだけほら吹き、ツッコミ娘だったのが、
 もはや安心感さえ感じられる包容力を身につけてました。

6)好きなシーン
 {netabare}
 ➀とっぱちの松竹⇒ゆるキャン△
  こんなところまで仕込んでくるあたり、
  つかみは十分でした!

 ➁できないことだらけ
  社会人になる…経済的には学生より強くなります。
  し・か・し、出来ることが増える一方・・・
  お金、権限、時間…いろんなものがリアルに目の前に
  横たわることで、出来ないことがはっきりしてきます。
  
  こういう事はっきり描いてるところは好感触です。
  夢見る少女じゃいられない♪

 {/netabare}

投稿 : 2022/11/20
閲覧 : 72
サンキュー:

17

映画 ゆるキャン△のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
映画 ゆるキャン△のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

RFCが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ