「継母の連れ子が元カノだった(TVアニメ動画)」

総合得点
66.8
感想・評価
160
棚に入れた
469
ランキング
2437
★★★★☆ 3.3 (160)
物語
3.1
作画
3.5
声優
3.5
音楽
3.3
キャラ
3.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえず簡単な感想

 原作は未読。
 ジャンルとしてはラブコメになるのだろうが、コメの部分、要するにコメディ要素は
それほどでもなく、割とシリアスな恋愛ものの印象。
 恋愛ものの多くは出会いから告白、そして付き合ってからの日々、そして作品によっては
プロポーズやら、別れがあったりするが、別れた後での再会から始まる作品は大人の恋愛ものは
ともかく、主軸キャラが10代だとかなり珍しいような。
 更に再会後に再び恋愛感情に火が付くのではなく、互いに未練が残っていたようで、この
後悔の感情が赤裸々に語られるのが結構生々しい。
 「親の再婚相手の連子が昔付き合っていた人だった」という本作の特徴である設定は、未練の
残っていた者を再会させるきっかけでありつつ、そう簡単によりを戻せないという状況作りに
上手いこと作用していたように思える。

 脇キャラに関してはストーリー上の駒としても、個としての魅力もいまいちなまま終わって
しまった感じ。
 ストーリー上の役割に関してはまだ伊理戸 水斗と結女の二人のやり取り中心のまま
終わってしまったので、今後脇キャラが二人にもっと絡んでいくと、印象度は
変わっていくのかもしれないけど。

 作品舞台が京都だが、いかにも京都らしい場所選びや事象・イベントはなく、そういう
意味ではあまり京都らしさを感じられなかった。
 逆に言えば、地域色を押し出した観光プロモビデオ的作品ではなく、自然体な作品で
あったのだが。
 京都らしさと言えば、キャラに京都弁を喋らせるのが手っ取り早かったりするが、本作に
限らず特定の地域を舞台にした作品の場合、地域色を感じさせる方言を使わせるか、
分かりやすさ優先で標準語を使わせるかは作品の方針によるからなあ。

2022/11/21
2023/01/23 脱字修正

投稿 : 2023/01/23
閲覧 : 182
サンキュー:

4

継母の連れ子が元カノだったのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
継母の連れ子が元カノだったのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

STONEが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ