「機動警察パトレイバー(TVアニメ動画)」

総合得点
73.8
感想・評価
248
棚に入れた
1509
ランキング
623
★★★★☆ 3.8 (248)
物語
4.0
作画
3.6
声優
3.9
音楽
3.7
キャラ
4.1

Tuna560

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

『機動警察パトレイバー TV版』作品紹介と総評

ゆうきまさみや押井守が参加した「ヘッドギア」原作のメディアミックス作品。

私が物心がついて、覚えてる限りでは初めてのめり込んだ作品で、何度も観直した作品の一つです。この作品が、自分の好きなジャンルを確立した「基準的作品」であるとも言えます。

(あらすじ)
ロボットテクノロジーの発達によって登場した汎用多足歩行型作業機械「レイバー」は急速に発展・普及し、軍事・民生を問わずあらゆる分野で使用されるようになった。同時に、レイバーによる犯罪も多発し、社会問題となった。
この「レイバー犯罪」に対処するため、警視庁は警備部内の特機部隊にレイバーを導入し、その任にあたらせた。1998年、警視庁は警備部内に専門部署として新たに「特科車両二課中隊」、通称「特車二課」を設けた。これがパトロールレイバー、通称「パトレイバー」の誕生である。(wikipedia参照)

物語は、若いパトレイバー隊員たちが葛藤しながら成長する青春群像であるほか、産業ドラマであり、陰謀ドラマでもある。これらが並行して展開されるストーリーとなっている。
また、アニメ版と漫画版が存在し、どの作品も基本設定は同じでキャラや登場メカなどはほとんど共有しているが、それぞれの作品が持つ雰囲気は大きく異なる仕上がりとなっているのが特徴である。

TVシリーズの特徴としては、劇場版で描かれたシリアスなサスペンスドラマに比べ、登場人物の成長物語やレイバー同士のバトルといった「少年漫画的要素」が多く含まれています。
また、シリアス展開を含む回と待機時に起きた珍騒動を描いた回の緩急の差が絶妙で、観る者を飽きさせないストーリー展開も素晴らしいの一言。

登場キャラもどれも個性的で、主要キャラからメカニックなどのサブキャラまで多種多様です。第29話の『特車二課壊滅す!』はこの点を如実に表してる名エピソードでしょう。
また、作画に関しては古い作品でもありますので回によって差はあるものの、全体的に観ればかなり整っています。特に、ファントム戦、グリフォン戦の作画はOVA並みの作画で仕上がっています。

ただ、TVシリーズ、OVA、劇場版と多様なメディア展開のため、初見の方にとっては手が伸ばしにくいところはあると思います。かつて、再放送された際の「セレクション(テレビアニメおよび新OVAの再放送セレクト版)」の全24話で観てみるのもありだと思います。

個人としては、最もリメイクしてほしい作品ですね。映像化されていない漫画版のストーリーを、攻殻SAC並みのクオリティーで観てみたい!

投稿 : 2013/02/05
閲覧 : 222
サンキュー:

14

機動警察パトレイバーのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
機動警察パトレイバーのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Tuna560が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ