「氷菓(TVアニメ動画)」

総合得点
90.4
感想・評価
8018
棚に入れた
33563
ランキング
36
★★★★★ 4.1 (8018)
物語
4.1
作画
4.4
声優
4.1
音楽
3.9
キャラ
4.1

◎TARGET さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

和製シャーロック・ホームズ

❏総評

 原作は米澤穂信の推理小説〈古典部〉シリーズ

 ジャンルは推理・謎解き系

 学園内で起こる様々な事件や謎を、主人公の折木奉太郎が
 まるでシャーロック・ホームズかの如くに解決していくお話。


 ネタバレしない程度にあらすじ(導入部のみ)

 舞台は有名な進学校の神山高校。
 部活動が大変活発で、多くの生徒は日々部活動に励んでいた。

 しかし4月の新学期、「古典部」はその長い歴史に幕を
 閉じようとしていた。去年卒業した部員が辞めて
 部員が1人も居なくなり廃部の危機を迎えていたのである。

 主人公の1年E組 折木奉太郎は
 「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」
 をモットーとする省エネ主義者。

 そんな彼が部活動などに興味を持つはずもなく、学園生活を無難に
 やり過ごせればいいと考えていた。しかし、元古典部だった姉から
 存続を頼まれ古典部に入部するハメに。

 古典部の部室へ向かうと、誰も居ないはずの部屋には黒髪お嬢様が。
 地元の名家「千反田家」の一人娘、千反田えるだった。

 彼女が古典部に入部した理由とは?

 折木の親友の福部里志と、里志を追って入部した伊原摩耶花を合わせた
 男女4人が、古典部に隠された謎に踏み込んでゆくのだった…


❏シャーロック・ホームズのオマージュ作品

 4人の登場人物はそれぞれ
 シャーロック・ホームズの世界では以下の人物に相当。

 折木奉太郎 → ホームズ
 千反田える → 依頼人
 福部里志  → ワトソン
 伊原摩耶花 → レストレード


❏1話目だけ見てやめないように

 私が1話目を見終わった時点では、
 キャラも濃いしなんかこのアニメ苦手かもって印象だったが
 2話、3話とみたら、すっかり氷菓にハマってしまっていた。

 最初ホームズのオマージュ作品だと知らないで見たので
 折木奉太郎と福部里志の非現実的なレベルの屁理屈コンビや、
 千反田えるの天然お嬢様ぶりを見て、痛いなぁと思って
 最初ちょっと引いてしまったのだが、
 見終わる頃にはすっかり癖になる不思議。


❏最後に

 推理小説が好きな人は絶対好きだと思う。

投稿 : 2013/08/03
閲覧 : 142
サンキュー:

14

氷菓のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
氷菓のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

◎TARGETが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ