『伝説の企画』… ♬ ソ・ラ・ソ・ラ・ソ・ラ・ミッ♬アンドロイド・アナ MAICO 2010(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「アンドロイド・アナ MAICO 2010」

よみがな:あんどろいどあな まいこ にせんじゅう

放送時期:1998年春アニメ(1998年4月~1999年9月)

★★★★☆ 3.3
物語:3.2 作画:3.0 声優:3.6 音楽:3.3 キャラ:3.5
総合得点 61.1
感想・評価 15
棚に入れた人 70
ランキング 3048
『MAICO2010』(まいこ にーまるいちまる)はニッポン放送が中心となって行ったメディアミックスプロジェクトで、ラジオドラマ、アニメ、コミックのタイトル。 1997年当時、アニメ番組に力を入れていた時代のラジオドラマとして放送。その後「ヤングキング」でコミック化。また、1998年から半年間WOWOWのアニメコンプレックス枠において『アンドロイド・アナ MAICO 2010』としてアニメ化。本作は、近未来の日本において、業界初のアンドロイドラジオアナウンサーとしてニッポン放送に採用されたMAICOの成長を描く。(TVアニメ動画『アンドロイド・アナ MAICO 2010』のwikipedia・公式サイト等参照)

ビスケット1号さんの感想・評価

2014.01.10 01:36 ビスケット1号の評価 | 観終わった| 144が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: アンドロイド・アナ MAICO 2010(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

『伝説の企画』… ♬ ソ・ラ・ソ・ラ・ソ・ラ・ミッ♬

「かみちゅ!」が面白くって、その監督の舛成孝二サンと脚本の倉田英之サンの作品を調べてたら、若き日にふたりが一緒にやってた…のがわかって観てみた…というアニメです。
1997年にニッポン放送でラジオドラマが作られて、そこからコミックになり、それからWOWOWでアニメになった…んだけど、元のラジオドラマとは内容がゼーンゼン違ってて、まだ若かった倉田英之サンと黒田洋介サンがやりたい放題に書いた脚本をさらに若かった舛成孝二サンが勢いにまかせて演出した…っつーよーな「伝説の企画アニメ(笑)」。
…スミマセンm(_ _)m。 ワタシは、観るまで存在すら知りませんでしたww。

でもでもでも…!!!!
…いやー…、「笑いのツボ」というのは、そりゃぁもーヒトによって千差万別…なんでしょうから、ヒトサマにオススメしていいものかどーか私にはわからにゃいのですが、少なくとも私にとっては、これは「掘り出し物」でした。
笑いましたっ^^!!

そーとーにバカバカしい笑いが、ラジオ局が舞台…というマスコミ独特の軽~~い感じで進んで行きまして、あまりの軽さに終盤では強引に妙なしんみりシリアスさにまで突入しちゃう…なんてところまで含めて、なんというかワッハッハな感じで…。
まー、1話15分なのでまずは1話目を観てみてくださいナ。それでハマれば、全24話一気に観れます。

聴取率がずーっと1%を超えない…っていうラジオ番組を作り続けるスタッフ&アンドロイド=マイコの物語でして、なんだかWOWOWアニメを作ってたこの作品のスタッフ達の、「どーせ誰も観てないんだしぃwww」的好き放題感覚(失礼!)とゆーか、
「それでもこれが俺らの仕事や!やったるで~!」心意気というか、そんなものまでダブって感じてしまうデスよ。

三谷幸喜サンの「ラジヲの時間」に雰囲気が似てます。
まー、影響を受けてようが、ひょっとして”パクリ”呼ばわりされようが、どうでもイイです。
なんであれ、ワタシはこのアニメを支持します。


♬ ソ・ラ・ソ・ラ・ソ・ラ・ミッ♬ …というのは、OP歌の歌詞でして、”歌詞=音名” という画期的な歌詞なんですが、実は実際の音名とは合ってない…なんて適当さも、ある意味このアニメの内容にピッタシかも…です^^。

 サンキュー(13)

このレビューは参考になりましたか?
『この人をキャッチ』を押すと、この人が新たにレビューを書いた時に、アナタのマイページに通知され、見逃す心配がなくなります。 アニメの趣味が合いそう、他のレビューも読みたいと思ったら、とりあえずキャッチしてみましょう。

これらの口コミはユーザーの主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
口コミの内容に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。