「Mr.インクレディブル(アニメ映画)」

総合得点
66.0
感想・評価
44
棚に入れた
381
ランキング
2117
★★★★☆ 3.8 (44)
物語
3.9
作画
4.0
声優
3.7
音楽
3.6
キャラ
3.8
ネタバレ

無毒蠍 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

物語や動きにスピード感のある疾走型アニメ。人間社会の不条理さから家族愛まで描き切った手腕に脱帽。

かつてヒーローと呼ばれ称賛されてた者たちが気がつけば非難されるようになり
端っこに追いやられるようになった時代の物語。

Mr.インクレディブルというヒーローだったボブは、
ヒーローの消え去った社会で目立たないように保険会社の職員として働いていますが
昔の栄光が忘れられず家族に内緒でヒーロー活動を行ってる困った人。
彼の正義感は立派だと思うけどそのせいで家族は何回も引っ越してるみたいだし
家族の気持ちを考えると大変迷惑な人のイメージ。
スーパーパワーは怪力?文字通りパワータイプ。
ヒーローやめてからは結構太ってるけど復帰してからは痩せましたね。

Mr.インクレディブルはヒーロー仲間のイラスティガール(ヘレン)と結婚し、
ヴァイオレット、ダッシュ、ジャックという三人の子供にも恵まれてます。
ヘレンの能力は柔軟?体を伸縮させたり膨張させたり変幻自在です。
能力は遺伝するらしくヴァイオレットは透明になったりシールドを使えます。
ダッシュはその名の通りダッシュ!めちゃめちゃ速くて彼が疾走するシーンは
観ていて本当に気もちいいです、ただ攻撃力は皆無w
敵に幾度となくパンチを当てても倒せない蚊みたいな攻撃です。
ジャックは赤ん坊で特別な力は持っていないということですが…

この作品はヒーローとして活躍していた時代から
時代に追いやられて普通の人として生活している様子まで
丁寧に描写されており物語に感情移入しやすいつくりになってました。
洋画でもこういった内容の作品は数多くあるけど
CGアニメーションだからこそ可能な動きだったり表現があるので
また別の凄さや面白みがあります。

ヒーローとしての自分を抑圧しないといけないと理解していながらも
人助けをやめることのできないボブですが
彼は何のためにヒーローでいたかったんだろうね…
困ってる人を助けたいという気持ちもあったんだろうけど
何よりヒーローとしての自分を忘れたくなかったのかもしれない。
事件が起こって喜んでる彼を見てそんなことを考えました…

そんな生活を続けてるうちにボブに謎の人物から仕事の依頼がきます。
ボブの正体がMr.インクレディブルだと知っての依頼で二つ返事でOKしてましたが
話を聞いたときは茫然自失というような顔をしてたね。
彼にとってヒーローとして活躍できる場が再びやってくるなんて
茫然自失になるくらい夢のような話だったんでしょう。
会社も解雇されてヘレンともギクシャクしてすべてを忘れたかったのかもしれません。
そして過去の自分を取り戻したかったのかな…
不思議なものでヒーロー活動をするようになってからは
家庭円満になっていくんですよね(笑)
やっぱストレスが発散されると心にゆとりができ、
家庭内のトラブルも発生しにくいんだね、妙にリアルな展開に感じましたw

しかし案の定その依頼は罠でMr.インクレディブルは敵の策略にハマり捕まってしまいます。
彼のピンチにヘレン、ヴァイオレット、ダッシュの三人が駆けつけてくるのですが
王道展開とわかっていても熱いですよね!
三者三様の能力を駆使し敵を撹乱していくのですが
その描写が細かくてこだわりを感じました。
単に能力を使うと言っても大雑把な感じではなく、
使うシチュエーションに用途なども面白くて実に見応えがありました。

終盤でMr.インクレディブルが自分は弱い人間だと認めるシーンがあるんですが、
今回の一件で彼にも成長が見えました。
彼が成長することでまた家族の絆が深まり、
どんな能力よりも強いスーパーパワーになるんでしょうね。

毎回思うけどディズニー作品の声優さんはタレントなんだけど
皆さんお上手でびっくりします。
正直、同様に有名人を起用する他の作品と比べてみてもレベルが違う仕上がりなんですよね。
この作品は三浦友和さん、黒木瞳さん、綾瀬はるかさん、宮迫博之さん等々、
錚々たるメンツが声を演じてますがどの方もとてもお上手に感じました。
皆さんそれぞれ演じるキャラの質をちゃんと理解して演じられてたように感じます。
宮迫博之さんは良いキャラしてましたね、龍が如く3の神田もすごく良かったし、
ここだけの話、俳優よりも声だけのお芝居のほうが向いてると思う…
意外だったのが小倉智昭さん(笑)
ボブの上司役だったんですが凄く上手でした、
失礼な話ですが小倉さんにアフレコうまいイメージがまったくなくて意外も意外でした。
ぶっちゃけめちゃくちゃうまいです、
キャラクターの大きな動きに負けない大きな芝居で対応してる様は
中堅声優からベテラン声優並の風格を感じます。

スピード感のある展開で観ていて飽きませんでした。
敵も味方も本当に個性的で終盤で氷使いのフロンゾまで加わり
大立ち回りを演じてくれて楽しかったです。

全体的に面白かったのですが気になったのはミラージュの立ち位置。
彼女はMr. インクレディブルに依頼してきたシンドロームの秘書ですが
終盤ではシンドロームを裏切りMr. インクレディブルたちに協力してくれました。
私は何か狙いがあってシンドロームの部下になってるんだとばかり思ってたんですが
そうじゃなかったです、ちゃんとしたシンドロームの部下だったんですよね。
かと思ったらシンドロームを裏切ります。
まぁ真のヒーローの姿を知ったからだとは思うのですが
いささか心変りが急でミラージュって結局何がしたかったんだろう?となりました。

観終わった後に続編がつくりやすそうな話だなぁ、と思ったら
もう続編が決定してるんですね!楽しみです。
ただ10年も前の作品なので声優さんがどうなるか…
間違いなくダッシュの声優さんは変更になりそう。
舞台が10年後とかなら別だけど。
あと主要キャラクターを変更するとか?
でもそれだとMr. インクレディブルじゃないですしね。
どういう方向性になるかわかりませんが楽しみにしたいと思います!

【A80点】

投稿 : 2014/04/23
閲覧 : 276
サンキュー:

2

Mr.インクレディブルのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
Mr.インクレディブルのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

無毒蠍が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ