「ルパン三世 カリオストロの城(アニメ映画)」

総合得点
88.1
感想・評価
1151
棚に入れた
7497
ランキング
104
★★★★★ 4.2 (1151)
物語
4.3
作画
4.0
声優
4.2
音楽
4.0
キャラ
4.3
ネタバレ

田中タイキック さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:----

なんと気持ちの良い映画だろう

1979年12月15日公開 上映時間100分
ルパン三世の劇場映画第2作目 宮崎駿の映画初監督作品。

ニコ生でやっていたので視聴。実は最初から最後までちゃんと観たのは初めて。

改めて見ると導入部の気合の入れようがやばい。
おなじみの軽妙洒脱なBGMとアクションとのリンク。
ゴート札をばら撒く大袈裟な描写からのOP曲。一仕事終えた男のシブい背中。
OPが終わりすぐに有名なカーチェイスシーン。
息をつかせぬ連続アクション。ここでかかる「ルパン三世のテーマ'80」が一番ジャズ色強いアレンジで好きです。
ここまでで約8分。テンポ、緩急の付け方、作画そのものの素晴らしさ。
こんな濃度で引き込まれないわけないじゃん。この冒頭だけで映画としては8割方成功。
名作認定してもいいくらいなんだけど、せっかくちゃんと観たのでもうちっとだけ語ります。

グダグダと雑感
{netabare}
冷静に見ると結構シナリオの粗の多さを感じました。
何故、ルパンはカリオストロ公国に向かったのか。何故、ルパンはゴート札に固執したのか
悪役である伯爵の目的。おそらくは
・ゴート札による世界経済の支配
・公国の隠された財宝
・クラリスとの結婚
この3つを同時並行で狙ってたんだろうけど。・・・欲張りかっ!!
そのため、こいつは一体なんのために必死になってるんだという動機が不明瞭な部分は感じました。

あとクラリスはステレオタイプのお姫様すぎて自分にはイマイチ魅力的に映らず。
一度捕らえられた後は基本的に助けを待つ箱入りお嬢様に徹していた彼女は
冒頭で車をぶっ飛ばしていた子と本当に同一人物なのだろうかとすら思ってしまいました。
加えてクラリスのヒロイン性を高めるために峰不二子の妖艶でミステリアスな魅力はどこかへ行き
体育会系で気立ての良いお姉さんにしかなっていなかったのも残念な部分。

これはマイナス点ではないけど、節々で妙に日本ナイズされた描写が目立っていたのも気になる点。
とっつぁんが埼玉ナンバーのパトカーで乗りつけてきたのをはじめ
カップ麺をすするキャラ達。石のすり減った100円ライターを使うルパン。
カリオストロへの2度目の侵入の際に提灯を下げ妖怪に扮するルパン。花火が上がる場面。
ヨーロピアンで牧歌的な世界観に一見してそぐわない描写がオールドファンの言う「ルパンらしくない」に繋がっているのかも
日本ナイズ、もう少し分かりやすく言うと「庶民的なおっさん感」を至るところで感じたのが気になった点でした。


そんな部分を差し引いたってやっぱり面白い。
改造された謎エンジンを積んだフィアットの躍動感は機械なのに生き物のような生命力を感じるし
オートジャイロのようなレトロなオーバーテクノロジーの機械描写が魅力的。
そして本編の半分以上を占めるアクションシーン。
走って、泳いで、空を飛ぶのは当たり前。
おなじみのルパン七つ道具と舞台の特性を最大限活かして縦横無尽に動き回る様は
宮﨑駿の描くアニメーション本来の楽しさが凝縮されています。
特に好きなのは時計塔内部でのルパンと伯爵の場面。
からくり仕掛けのギミックを利用した戦闘シーンが楽しいです。
というか歯車が無数に回っているあのスチームパンク感が好きなだけですが(笑)

最後、時計塔の崩壊から古代ローマの都市が表出する一連のスペクタクルが個人的に一番印象深いシーン。
水が張り巡ったローマの都市をルパンとクラリスが歩く場面は非常に短いシーンだけど
後の名作「天空の城ラピュタ」でラピュタの城下を歩くパズーとシータを思い出しました。
{/netabare}

【総評】
チャプター毎の流動的な繋がりの薄さを感じつつも
細けえことはいいんだよ!と作劇の圧倒的なパワーで有無を言わさぬドラマは痛快の一言。
「ヒーロー気取りのロリコン義賊」という不満の声が上がるのはすごく分かるけど
「庶民的でロマンチストなジェントル」だっていいもんだ。
宮﨑流ロマンチシズムとオタクなこだわりが目一杯詰まった冒険活劇。傑作です。

投稿 : 2015/08/27
閲覧 : 234
サンキュー:

34

ルパン三世 カリオストロの城のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ルパン三世 カリオストロの城のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

田中タイキックが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ