いけたけしおすすめアニメランキング 3

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメのいけたけし成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年08月05日の時点で一番のいけたけしおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

計測不能 1 いけたけしアニメランキング1位
十二戦支 爆烈エトレンジャー(TVアニメ動画)

1995年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (7)
43人が棚に入れました
物語の舞台は、ムーゲンというさまざまな動物の精霊達(第一話では「妖精」と呼称)が平和に暮らす異次元の国。人間が作った様々な物語の世界「ノベルワールド(昔話・おとぎ話)」で構成された果てしなく天空に続くノベルポールを存在の柱とする国である。ところがムーゲンの真下、深海の闇の中にある邪霊城に潜む邪霊王・ニャンマーが、ノベルワールドの破壊を企み、邪霊モンスター達を次々と送り込んで来た。このままではノベルワールドが破壊され、ムーゲンは崩壊してしまう。オーラ姫は、ムーゲンの守護神・「エトレンジャー」を招集、「エトレンジャー」は時空間転移マシーン・キリンダーに乗ってノベルワールドに向かう。邪霊モンスターは侵入したノベルワールドの人物になりすまし、その世界観を狂わせ物語の進行を妨害することによって破壊しようとする。エトレンジャーが一つのノベルワールドにいられるのは2日間。その間に邪霊モンスターを見つけ出し「浄化」しなくてはならない。狂ったノベルワールドでエトレンジャーを待ち受けるものは何であろうか。

声優・キャラクター
坂本千夏、森川智之、星野充昭、氷上恭子、山野井仁、納谷六朗、長嶝高士、宮村優子、亀井芳子、川村万梨阿、沢海陽子

ビアンキ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

軽く幻と化した「シャフト史上最高傑作」

未視聴、「観たい」作品です。
ただ、しばらくの間は視聴は叶いそうにないので、ちょっと書かせていただく。
評価の星は付けようがないので放置。



1995年、NHK-BSで放送されたテレビアニメ

主人公:バク丸と、その他十二支をモチーフにした仲間達(エトレンジャー)が、
悪に改変され、おかしくなった童話の世界「ノベルワールド」に飛び立ち、
ノベルワールドを修正し、元の童話に戻すため奮闘する。
という大筋らしい。

1つのノベルワールドに飛べるのは、エトレンジャーのうち
3体か4体だけという設定が特徴的。

(ただし全話中、1回か2回エトレンジャー全員がノベルワールドに飛んだことがある模様)


後の「人造昆虫カブトボーグV×V 」に通じるようなネタ的な面白さがあるらしい。


アニメーション制作会社「シャフト」の初制作作品であり、
初制作作品でありながら、「シャフト史上最高傑作」の呼び声も高い一作。



1995年と言えば、
「新世紀エヴァンゲリオン」
「新機動戦記ガンダムW」
「爆走兄弟レッツ&ゴー」
「ロミオの青い空」
「神秘の世界エルハザード(OVA)」
「スレイヤーズ」
「飛べ!イサミ」
「ナースエンジェルりりかSOS」
といった名作、傑作、人気作が多数放送開始した年である。

その中でもこの「エトレンジャー」は
NHK-BSのみの放送という
非常に視聴者が限られた放送形態だったにも関わらず、
上記の作品群に肩を並べるほどの高い評価を受けている。

私自身見たことがないが、傑作なのは間違いない だろう。
是非一度見てみたい。


しかし本作、 2002・3年頃にAT-Xで放送されて以降、
著作権上の関係で、再放送やDVD化が不可能となっているらしい。



一説、あくまで一説だが、噂に聞くところによると
「シャフト内で誰が著作権を持っているのか分からない」
という理由らしい。

ほんとかよ…
てかそんなことあるの?
私自身はっきりとした確証は持てないので、あくまで噂として聞いていただきたい。


AT-Xで放送といえば、
つい最近まで著作権上の関係で再放送やDVD化が不可能だとされていた
「サイボーグクロちゃん」が、著作権上の問題が解決したのか、今現在AT-Xで放送されている。

このような例があるので 私はまだ
「十二戦支爆烈エトレンジャー」本作の視聴を諦めてはいない。

いつか再放送、あるいはソフト化される時を願って。


下手くそな文章お読み頂き、ありがとうございます。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 2

計測不能 2 いけたけしアニメランキング2位
ちいさなおばけ アッチ コッチ ソッチ(TVアニメ動画)

1991年春アニメ
★★★★☆ 3.9 (3)
31人が棚に入れました
角野栄子・作、佐々木洋子・絵の大ロングセラー「小さなおばけ」シリーズ(ポプラ社)のTVアニメ化。レストラン「ミドリ」の屋根裏部屋に住むコックのアッチ。理髪店「バーバリー・チョッキリ」の鏡の裏に住むオシャレなコッチ。飴屋で暮らし、学校にも通う女の子のソッチ。彼らは人間界で暮らす、とても可愛い3人のおばけだ。アッチは小学一年生の少女・エッちゃん、コッチは店のマスター・チョッキリさん、ソッチは飴屋のおばあさんや小学校での級友、そんな人々をそれぞれ中心に、町の人々や動物と深い心のつながりを結ぶ。制作は、スタジオぴえろ(現・ぴえろ)。総監督は『(旧)ルパン三世』『ど根性ガエル』の名アニメーター・小林治が担当。3人の主人公はもちろん同じ世界観の話だが、作風の個性を出すため文芸陣を3チームに分けるなど独特の工夫も図られている。

声優・キャラクター
鉄炮塚葉子、矢島晶子、川田妙子、高乃麗、小桜エツコ、坂本千夏、上田敏也、納谷六朗、野沢雅子

AKIRA さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

おばけのホーリー と被るなぁ

放送時期が近かったためかおばけのホーリーと被りますね
(どっちもおばけだからかも…)

アッチ、コッチ、ソッチそれぞれのキャラ個性がきっちり分かれているのとおばけがモチーフなのに怖くなくかわいく描かれていたのも良かったと思います

投稿 : 2020/08/01
♥ : 0

62.3 3 いけたけしアニメランキング3位
超獣機神ダンクーガ(TVアニメ動画)

1985年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (35)
170人が棚に入れました
20世紀末、侵略者ムゲ・ゾルバドス軍の攻撃により、地球は壊滅的な打撃を受けた。だが、ロス・イゴール長官と葉月博士が密かにイーグルファイターら4体の「獣戦機」を完成、藤原忍ら4人を招集し「獣戦機隊」を編成。これに対抗する。

声優・キャラクター
矢尾一樹、山本百合子、塩沢兼人、中原茂、池田勝、石丸博也、若本規夫、仲村秀生、屋良有作、二又一成、佐藤正治、藤原理恵
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

やってやるぜ!! いろいろ言われてるけどノリが好き

「やってやるぜ!」というセリフが印象的なアニメですね。
前半は正直若干退屈してしまいますね普通の機体→獣型→人型→ダンクーガ!となるまでかなり時間をかけて丁寧に
「今進化させるためにがんばってますよー!」
感を出してるのはいいんだけど・・・
やっぱり人によってはダンクーガ登場までが遅すぎる!
と思ってしまう人がいるのも事実ですね。
実際僕の友達にもそのせいで途中で切った人がいたようですし、
ちょっと残念でした。

キャラクターは最初の頃は微妙かなぁ?と思っていたけれど
突っ走るタイプの忍や結構忠告とかを聞かずに作戦を失敗させてたりした
デスガイヤーとかを殺したりしなかったなど仲間に対しては結構思いやりがあるムゲ帝王や{netabare}自分の命を犠牲にし大切なものを守った{/netabare}イゴール親子など
最終的には結構好きになっていました。

後半のエピソードよかったです!
特に{netabare}イゴール将軍と忍が対立し始めたあたりからが{/netabare}よかったと思います!

OP曲は前期後期ともにがっかり・・・
OP曲だけなら黒歴史と言われているノヴァのほうがいいかなー。
でも逆に最初のED曲だった「バーニング・ラヴ」
がかっこよくて素敵な曲でした!

設定だけ見ると宇宙から敵が攻めてくる~というような
よくある設定だったけど結構面白かったと思います。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 0

Dkn さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

忘却の彼方シリーズ[1]

愛よファラウェイのギャップは強く覚えている。


シャピロの声って今聞くと違和感あるな。

作画かっこよかったイメージあるんだけど、なんか評判悪いんだよな。
もしかして後半めっちゃ崩れるのかな。忘れた。




獣を超え、神になる!!それが超獣機神・・ダンクーガ!!!


・・大体、像(ビッグモス)じゃねーか!!

投稿 : 2020/08/01
♥ : 1

kakizaki さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

男の野心か・・・・

80年代に良くある宇宙人に侵略されるパターンだが、

力押し、裏工作など相手が攻め方を変えてくるところはスーパーロボットアニメのお手本といえる。

途中で打ち切られたのでOVAに続きます

投稿 : 2020/08/01
♥ : 3
ページの先頭へ