さとうあいおすすめアニメランキング 17

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメのさとうあい成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年11月12日の時点で一番のさとうあいおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

58.0 1 さとうあいアニメランキング1位
無敵王トライゼノン(TVアニメ動画)

2000年秋アニメ
★★★★☆ 3.2 (10)
87人が棚に入れました
遠き過去。とある惑星にて文明を築きし「ゼノ・パレス」は、その文明の発展ゆえに自らの母なる惑星を壊し、自分たちの生き残る道を宇宙へと求めた。彼らは自分たちの遺伝情報を移民戦艦に封印。一部の選ばれた民が船を動かすために動き、他の民は彼らに希望を託して永い眠りにつく。

選ばれた民である移民船の乗組員たちの目的はただ一つ。宇宙のどこかにあるという、彼らを受け入れし「約束の星・テーラ」を探し出すこと。そしてテーラへの移民だった。

そして、ついにテーラは見つかる。しかしそこには独自の進化を遂げた初期段階文明の人間たちがいた。この事実に「ゼノ・パレス」は真っ二つに分かれる。一つは初期文明の人間を抹殺もしくは支配して移民をすぐさま完成させようとする強硬派。もう一方は長い年月をかけた話し合いによって現地文明と歩み寄り解決を見出そうとする穏健派だった。

二者の争いは戦争にまで発展。しかし争いに長ける事の無い穏健派は全く逆の強硬派に押されていく。

声優・キャラクター
福山潤、根谷美智子、渋谷茂、林原めぐみ、チョー、真田アサミ、さとうあい
ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★☆☆ 2.7

昨日より弱くてーでも今日より強くて~

22話という半端な話数ですが視聴完了しました。
よく酷いとか聞くアニメだったけど
そんなに悪くなかったかなぁってのが全体的な印象ですねー。

最初こそキャラが騒がしすぎるしギャグ面白くないしって感じたけど
見ていくうちにいいキャラしてるじゃんって思える部分も多々あって
見てる分に苦はなかったですね。
(ギャグ面もキャラの魅力がだんだん出てきたことで
途中からはよくなってました。

アキラ、アイ、カナ、ドウムあたりのキャラが特によかったですね!
ストーリー的には多少重いんはずなんだけど
それを感じさせない明るさというか騒がしさがあるので
暗いのが苦手って人でも見れそうな所が最大の長所かなぁ?

悪い所は
{netabare}①結局出てるだけで終わった母親{/netabare}
②作画があんまりいいとは言えないです。
それゆえに戦闘シーンに迫力が全くないですねー。
技名が適当で毎回変わるとかはちょっと面白いだけに残念ですね。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 1

計測不能 2 さとうあいアニメランキング2位
Little ROBOTS リトルロボット(TVアニメ動画)

2012年春アニメ
★★★☆☆ 3.0 (1)
12人が棚に入れました
本国イギリスで、コアターゲットの4~6歳児の視聴シェアが平均60%という大ヒット教育番組が日本上陸! 子供たちの集中力に合わせてテンポよく作られ、想像性や独創性を刺激する。 スクラップの山の中に捨てられた、壊れたおもちゃのロボットたち。それぞれに得意なことがあり、あふれんばかりの想像力とエネルギーを持っているロボットたちは、ガラクタをかき集めて“メタルドーム"を完成させる。リーダー的存在のタイニィを中心に、カラフルで、楽しくて、個性派ぞろいのキャラクターたちが大活躍! 毎回さまざまなハプニングがロボットたちを襲うものの、彼らは協力し、「やればできるさ、なんとかなるさ」の精神で問題を解決していく。“みんなでがんばる"ことのすばらしさを教えてくれる、ハートフルストーリーだ。

63.8 3 さとうあいアニメランキング3位
がくえんゆーとぴあ まなびストレート!(TVアニメ動画)

2007年冬アニメ
★★★★☆ 3.7 (264)
1392人が棚に入れました
価値観の多様化がさらに進んだ2035年、高校へ行くことがあたりまえでなくなった時代・・・。 少子化が進み、生徒数の減少から廃校の危機に立たされる学校も多くなっていた。そんな活気を無くした学校のひとつ「私立聖桜学園」に、一人の転校生が現れる。転校生の名は天宮学美(通称:まなび)。元気少女のまなびは、転校初日で聖桜学園の生徒会長に立候補する。稲森光香、上原むつき、衛藤芽生、小鳥桃葉たちクラスメイトを巻き込んでどんな「まなび旋風」を巻き起こすのか!?\n

声優・キャラクター
堀江由衣、野中藍、井上麻里奈、平野綾、藤田咲、さとうあい、うすいたかやす、立花慎之介、黒河奈美

お茶

★★★★★ 4.1

ナチュラルハイ<改稿>

[がくえんゆーとぴあ まなびストレート!]

学校を立て直すサクセスストーリーです。初見は日常系なのかな~なんて勘違いしていましたが1、2話あたりは突然転校してくる【まなび】の特徴が分かるように笑い要素が多かった印象。まなびは決め台詞「まっすぐGO!」を絵に書いたようなキャラクターで思った事を曲げない子。学校の活気の無さに突如ハイテンションな子が転校してきてハルヒみたいな(あくまでもみたいな)感じで色々と変えてゆく。生徒会長になっちゃうんだけど最初はその勢いに引き気味だった生徒を巻き込んでいきます。本作のテーマでもある学校に通う事が当たり前じゃないのに何となく通ってる生徒。そこに価値を見出していくのですが、まあそんな重くなく青春って事なんですけど、この青春具合がストレートに熱く演出されているなと。

生徒会は二人から徐々に増えるのですが、ここら辺のシナリオ運びが感心しちゃう。まなびが徐々に活躍し始めてもしっかり挫折を味あわせてるし、挫折と成功を上手く混じ合わせてる。伏線と感じたのは主に生徒会メンバー。序盤から籍は置いてない人が生徒会にちょくちょく手伝いに来るんですが、そこに理由があってなる程と言うかこの作風でこうしてくるかと思ったものです。そもそもまなびは転校生なのにいきなり生徒会長になって変わった子だな~なんて見ていたのですが、彼女は転校を繰り返していて友達は出来るのだけれどすぐ離れてしまっていて、そんなエピがあったり、芽生って子も小学生時代、学級委員だった頃がありその頃がトラウマになっていて生徒会所属に協力的では無かったのですが、ここも理由があって回収される。とか見ていたら5人全員がそんなこんなで回収されてゆくのでこれは~良いと思ったり、OP映像までも伏線だったのかと感心しましたね。

文化祭や署名、学校統合の際、デモのような学生運動みたいにヘルメット被って抗議するのですが、クリスマスにはイブがあったり、文化祭には前夜祭があるもんで、当日よりも盛り上がったりする時もありますよね。学生運動なんて全然世代じゃないから分からないし、デモ活動も同じなんですけど、憧れがあるんです。権力に対しての反骨みたいな。文化祭準備もそうですが夜通しが続くとナチュラルハイみたいなテンションになってくる。そこら辺が伝わってくるし、文化祭等々だけでは無く全体通してひたすら夜通しして作業する姿は、憧れだったり、懐かしさだったり、なんだか自分までナチュラルハイなテンションで祭りやオール明けの朝みたいなものに身を投じてみたい気分にさせられた作品でした。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 25

ワタ

★★★★★ 4.1

ufotableが送るオリジナル学園青春ストーリー

少子化の影響などにより、高校に進学する子供が減少しつつある近未来のお話。
とある女子高に転校してきた本作の主人公まなび。活気を失った学園を復興すべく
生徒会長となり、生徒会の仲間達と共に奮闘する学園青春物語。全12話。

学園祭を成功させるという目標に向かって、一丸となる生徒会メンバー。
その過程で育まれる友情や、それぞれのキャラの成長が見所となっています。

また、ノスタルジーを感じさせる場面が非常に多い。
たとえば、テスト勉強をサボって夜通し街を遊び歩くところなど。
校舎をスプレーで落書きするOP映像も印象的でしたね(一晩ですぐ消える特殊スプレーです)
モラトリアム期間である学生時代だからこそ許される、この学生特有のバカ騒ぎ感がたまらない。
それを共有できる仲間ってのも本当に得難い存在だと思うし、なんだか妙に感傷的になってしまう。

ところで、OP映像に関して、悪影響を及ぼすのでは、という苦情が殺到して
途中から映像が差し替えられたという経緯があります。これを見て子供が真似するとか何とか。
深夜放送なので視聴者は子供じゃないんだし、配慮する必要はなかったと思いますがねー。

細かいところまでよく動く作画、近未来の電子機器デザイン、
小気味良いBGM、次回予告のセンス、独特の演出など見所は随所にあります。
高校生キャラなのにキャラデザがロリ過ぎるところがネックですが、
作り手の情熱をひしひしと感じられる本作品、是非見てもらいたいです。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 42

とってなむ

★★★★☆ 4.0

まっすぐGO~♪

これは隠れた名作!なのかも
物語のテンポは早いですが、
急ぎすぎというわけでもなく、毎話楽しく観れました


~あらすじ的なもの~
時は2035年(けっこうハイテクになってます)
高校に進学せずに働くことがイケてるとされる時代に
生徒数が激減し廃校の危機に立つ高校の1つ、
聖桜学園が本作の主な舞台です

その聖桜学園に転校してきた天宮学美(通称まなび)が
転校初日に生徒会長になって活気の失った学園を盛り上げようと、
仲間たちと共に奮闘する青春ストーリーです


彼女たちの頑張る姿は観てて微笑ましいものでした
この作品のテーマは『友情』『仲間』『努力』ですかね


本作の魅力は↑のテーマに沿った物語の展開ですが、
それと同時にもう1つの魅力があります

それはなんといってもキャラの可愛さ
キャラデザは可愛らしく、それでいてみんなとてもいい子たちです
お互いの仲の良さ、信頼度がこちらまで伝わってくるようで観てて気持ちよかったですね

ちなみにお気に入りなのは、放送部&報道部のももちゃん
みなみけの内田みたいな娘でした(見た目やポジ的に)
彼女の行動はいちいち面白くて可愛かった…
一番の『萌え』を提供してくれましたね


OP「A Happy Life」 歌ー林原めぐみ
ED「Lucky & Happy」 歌ー林原めぐみ

OP曲はこの作品を観る前から大好きでしたが、
映像付きで観てもっと好きになりました
すごく良い曲なので、曲単体でもおすすめです

それと、挿入歌で「桜舞うこの約束の地で」という曲があるのですが、
これもまた良い曲でお気に入りです
歌っているのは安心安定の茅原実里さん
この曲が流れた場面はかなり良かったなぁ…
この曲を聴くと嫌でも気分が晴れます
良かったらOPとセットで聴いてみてください



観終わってまず思うのは、
もっと評価されてもいいのでは。ということです

登場人物たちの何事にも諦めずにトライする様は心に響くものがありました
ちょっと感動してみたり、涙してみたりしちゃいましたね
萌え要素も強いので、普通の日常系アニメとして観ても楽しめると思います

個人的に大当たりの作品でした


ちなみに。
たまに見かけるDVD/BDの売上値の基準である
『まなびライン』というワードはこの作品から生まれたものです
(理由は長くなるので、気になった方は調べてみてくだし)
全巻平均で約2300枚がこのラインだそうです

意味のある基準なのかは微妙なところですが、
売れそうで売れなかったアニメ作品と考えるのが一番いいのかもしれません
ライン名の由来なのでもちろんですが、残念ながら本作も。。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 35

60.2 4 さとうあいアニメランキング4位
オバケのQ太郎(新)[1985年版](TVアニメ動画)

1985年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (16)
135人が棚に入れました
藤子不二雄(藤子・F・不二雄)のホームギャグ漫画3度めのTVアニメ化。「ドラえもん」などと同様に本作も製作はシンエイ動画が行っており、物語も最初のQ太郎と正太の出会いから描かれた。不思議なタマゴから生まれたオバケのQ太郎を見つけた大原家の次男・正太。だが長男の伸一がネコを飼おうと言い出し、ネコかQちゃんかで大原家の一同は悩むことに。が、結局ネコは本当の飼い主がいるとわかり、Qちゃんが大原家に迎えられることとなった。

ダビデ

★★★☆☆ 3.0

アニメの記憶

ふと、アニメのことを考えてみたら、一番古く、ちゃんと特定できる記憶はお化けのQ太郎なような気がして、レビューを書いてみたいと思いました。

私の年齢からして、パーマン、忍者ハットリくん、ドラえもん、サザエさん等々、色々観ていたのだけれども、きちんとした記憶として残っているのはお化けのQ太郎な気がします。
私の人生でクリスマスプレゼントを親に買ってもらったのは一度きりで,その唯一の記憶では,母にクリスマスに好きなおもちゃを買ってもらえるということで,その時に好きだったオバケのQ太郎のおもちゃを買ってもらいました。
その直後に母が入院したことにより印象に残って、時期と共に記憶に定着したのだと思います。
キャプテンやアラレちやん、北斗の拳、クリーミーマミなどを観ていた記憶はありますが、時期まで特定できるエピソード記憶としては残ってないのです。
年齢からして、はじめて観ていたのはそこら辺のアニメのはずなのですがね。

皆さんの一番古い記憶は、何の作品で、どのような記憶しょうか?(年齢がばれちゃいますかね(笑))

ちなみに、母は、生きています(笑)。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 5

63.1 5 さとうあいアニメランキング5位
勇者エクスカイザー(TVアニメ動画)

1990年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (11)
101人が棚に入れました
時は西暦2001年。無数の星々を荒らし回った「宇宙海賊ガイスター」は、新たな「宝」を狙い地球へと侵入した。彼らを追い、地球へとやって来たのは「宇宙警察カイザーズ」のリーダー、「エクスカイザー」。偶然彼と出合った少年「星川コウタ」はカイザーズの秘密を共有する友人となる。エクスカイザーと仲間たちは地球の乗り物と融合し巨大ロボへと変化、ガイスターの野望に立ち向かっていく。

声優・キャラクター
渡辺久美子、神代知衣、西村知道、さとうあい、横山智佐、森田樹優、山寺宏一、速水奨、菊池正美、草尾毅、中村大樹、星野充昭、塩屋浩三、飯塚昭三、小杉十郎太、郷里大輔、安西正弘、巻島直樹、二又一成

Tuna560

★★★★☆ 3.9

『勇者エクスカイザー』作品紹介と総評

90年代ロボットアニメの代名詞的シリーズである『勇者シリーズ』の第1作。
本シリーズは、リアルロボット作品主流だった当時としては珍しく”純粋な子供向け番組”を目指して制作され、単純明快な展開を基本とした作品作りをしていたそうです。

(あらすじ)
時は西暦2001年。無数の星々を荒らし回った”宇宙海賊ガイスター”は、新たな「宝」を狙い地球へと侵入した。彼らを追い、地球へとやって来たのは”宇宙警察カイザーズ”のリーダー「エクスカイザー」。
偶然彼と出合った少年「星川コウタ」はカイザーズの秘密を共有する友人となる。エクスカイザーと仲間たちは地球の乗り物と融合し巨大ロボへと変化、ガイスターの野望に立ち向かっていく。(wikipedia参照)

前シリーズである『トランスフォーマーシリーズ』の「地球外からの宇宙人が地球の乗り物に姿を変える」という要素を受け継ぎつつも、本シリーズの重要なテーマである「主人公と勇者ロボが対等な友人関係である」という要素も色濃く出されています。

また本作品では「宝物探し」という、単純明快なテーマが扱われており、”失いかけて初めて分かる大切なもの”を視聴者に訴える作りとなっています。

これらの概念は、後の歴代の勇者達も最重要視する基本的な概念となり、以降のシリーズに受け継がれています(第3作『伝説の勇者ダガーン』まで)。
この時点で、「勇者シリーズ」のある程度の基礎を固めた作品だと思えます。

一方で、敵方の「ガイスター」一味が世界征服・宇宙支配という思想を持ってなかったり、容姿が「カイザーズ」同様なロボットであったり、シリーズにおける特異点もみられます。

元々は単発の作品であり、次回作についての構想は無かったみたいですね。
しかし、この作品がヒットしたからこそ、長年に渡ってシリーズ化されたのだと言えます。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 6

計測不能 6 さとうあいアニメランキング6位
ムカムカパラダイス(TVアニメ動画)

1993年夏アニメ
★★★★☆ 3.1 (7)
69人が棚に入れました
可愛いけれど無愛想で、「ムカムカ」と鳴く謎の恐竜の子供ムカムカと、ペットショップの一人娘、鹿谷初葉(ウイバ)が、商店街とジュラ紀を舞台にして繰り広げるドタバタコメディ。キャラクターの中には、小学生なのにワンレンボディコン、ジュリアナ東京さながらに扇子をもって踊るキャラなどもおり、バブル景気のなごりもうかがえる。また、この時期は映画『REX 恐竜物語』の影響で恐竜ブームが起きていた。漫画は、小学館の『ちゃお』で芝風美子の原作によりいがらしゆみこが1993年~1994年まで連載していた。

声優・キャラクター
坂本千夏、渡辺久美子、喜多川拓郎、中友子、緒方賢一、松本梨香、優希比呂、原えりこ、大山高男、菊池正美、神奈延年、西村知道、さとうあい、郷里大輔、堀内賢雄、岡本麻弥、浦和めぐみ、小野健一

Prism_Ace

★★★☆☆ 3.0

ムカムカはかわいいけれど

謎の恐竜・ムカムカとペット屋の小学生・初葉ちゃんの絆が描かれる東映不思議コメディ的作品。
12話までは高ヶ谷商店街を舞台とした異種間交流モノとして文句なく楽しめるのですが
13話~最終話まで続く恐竜島のドタバタ感は全然馴染めませんでした…。(途中いい話はあるんですけどね)

どこが馴染めなかったというと恐竜島に来てからのキャラクター描写が雑に見えること。
悪いことをしたのに反省しない・成長してないように見える描写はちょっと…。
ムカムカと初葉ちゃんの絆描写はよかっただけにちょっと厳しい一本です。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 1
ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★★☆ 3.2

タイトルなし

タマゴから生まれた小さな恐竜ムカムカと商店街の人々のどたばたな日常を描くアニメ。
ちょっと過ぎてからはタイムスリップが起こり、
舞台は商店街から恐竜たちや、恐竜の他にも
しゃべる岩とか雪だるまがいる過去の時代に移り
元の時代に戻る方法を考えつつも、恐竜さんたちと
近所づきあいして楽しく過ごしてる みたいなアニメです。

恐竜ムカムカははちゃめちゃだけど主人公の初葉想いで、ちょっとかわいいキャラでした。
ムカムカと初葉はわりと序盤から絆が深かったような気がします。

{netabare}後半のムカムカは山猫の回では窓ガラスを割って苦手な海を泳いで
初葉の元に戻ろうとしたところは少し感動します。
この回の他にも初葉と蘭華が少しだけ仲良くなる回とか
半漁人初登場回など良回はところどころにありました。{/netabare}

キャラクターはかなり多くあんまり印象に残らないのもいますね。
数が多い割には覚えられたほうかもしれないですが。

{netabare}残念な点はまず蘭華です。
初葉と少し仲良くなる回があり、最終回で現実に戻った後
いつのまにか仲良くなったの?とか言われてたけど
終盤までまるでそんなイベントがなかったかのように性格が悪く
初葉を転ばせて物を奪う、土地を占拠して食物を壊滅させるとかやりたい放題で
全然成長してないように見えてどーも好きになれないキャラでした。

でもそれ以上にひどいと思うのが蘭華の取り巻きの2人。
蘭華のどこがそんなにいいんだか・・・
この2人のせいで余計に蘭華が調子のっちゃうんですよね。
しかも現実世界に戻ってきても蘭華さんには内緒って感じで言ってて
結局取り巻きから自立してないって・・・。

話自体は悪くなかった回だけど大人と恐竜が
大喧嘩するエピソードをかなり終盤に持ってきてたりと
そうゆう所でも絆ほんとに強まってたんだよね?と思わなくもないです。{/netabare}
評価は「普通」って感じです。良くも悪くないかなー。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 1

計測不能 7 さとうあいアニメランキング7位
アイドル伝説えり子(TVアニメ動画)

1989年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (9)
52人が棚に入れました
幸せに暮らしていた中学3年生の少女・田村えり子は、両親の突然の事故で過酷な運命の渦に巻き込まれる。心ならずもアイドルとしての道を進む事になる彼女だったが、やがて歌を通して自らの人生を切り開いていく。

声優・キャラクター
矢島晶子、松井菜桜子、飯塚昭三、土師孝也、松本保典、西村知道、本多知恵子、鷹森淑乃、柴本浩行、滝沢久美子

計測不能 8 さとうあいアニメランキング8位
ハッピー フィート(アニメ映画)

2007年3月17日
★★★★☆ 4.0 (7)
32人が棚に入れました
南極に暮らす皇帝ペンギンたちの世界を歌と踊りで綴るファンタジー・ミュージカル・アニメーション。誰もが自分だけの“心の歌"を持っているペンギンたちの中にあって、音痴なうえにペンギンらしくないステップでダンスを踊る青年ペンギンが、周囲のイジメや無理解を乗り越え自分の生き方を貫き通す姿を、数々のヒット・ナンバーと共に描く。主人公の声にイライジャ・ウッド。その他、ヒュー・ジャックマン、ニコール・キッドマン、ロビン・ウィリアムズ、ブリタニー・マーフィら豪華スターが声優を務め、みごとな歌声を披露。監督は「マッドマックス」「ベイブ/都会へ行く」のジョージ・ミラー。2006年度のアカデミー賞では、ディズニーの「カーズ」を抑えてみごと長編アニメ賞を受賞。 そこは皇帝ペンギンの国、エンペラー帝国。彼らにとって何より大事なことは、自分だけの“心の歌"を見つけること。歌でハートを伝えられなければ、大人になった時に最愛の人に巡り逢うことは出来ないのだった。ところが、ノーマ・ジーンとメンフィスの間に生まれたマンブルは筋金入りの音痴。しかも、ハートを伝えようとすると、歌の代わりに誰にもマネの出来ない華麗でハッピーなステップを踏んでしまうのだ。ほどなくペンギン失格の烙印を押され、仲間はずれにされてしまったマンブル。そんな彼は、ひょんなことからアデリー・ペンギンのノリノリ5人組“アミーゴス"と出会い、自慢のステップを褒められ自信を取り戻すのだったが…。

シェリングフォード

★★★★☆ 3.1

「ビーチ・ボーイズはかつて、ビートルズと同じくらい優れたバンドだったんだ。」

あるとき、You Tubeでビーチ・ボーイズの「Papa Oom Mow Mow」を検索してみたら、色々とカバーされている中に、
この『ハッピーフィート』でもカバーされているのを見つけました。へー!と思い、そこでは聴かずに実際にどういうふうに
使われているのか気になって観てみました。同じ理由で『死ぬまでにしたい10のこと』も観たこともあります。内容は
あんまし良くなかったけどw 作中で主人公が「God Only Knows」を口ずさむんです。まあどうでもいいかw

主人公はマンブルというペンギン。歌を歌えることが最も高いステータスである皇帝ペンギンの中で、彼はまったく
歌が歌えませんでした。周りから変な目で見られるし、父親にも受け入れてもらえない。足でリズムをとるのが好きな
彼がタップを踊ってみるけれどそれもまったく評価されず、さらにそれは彼をますます孤独にしていきました。
大人になっても彼の居場所はどこにもありませでした。
しかしマンブルは、ひたすら自らが刻むそのタップのリズムを信じ、「自分の居場所」を探し続ける、そんなお話。

ミュージカル映画のようにたくさんの懐メロ、と言っては失礼な名曲を、ペンギンたちが歌います。
ビーチ・ボーイズ、クイーン、スティービー・ワンダー、フランク・シナトラ、プリンス、エルヴィス・プレスリー、などなど。
とは言っても僕は’93年生まれなので聞いたことはあるかなあ、くらいでほとんど知りません。
唯一、ビーチ・ボーイズは最近あるきっかけから聴くようになりました。これがほんとに良いんです!大好きです!!!
結局「Papa Oom Mow Mow」は『2』の方で、この作品では聴けなかったのですが(ドジだなあw)、
代わりにというのもおかしいんだけど「In My Room」という別の曲を聴くことができました。いやあ、嬉しかったw

映画の内容はというと、どんどんと孤独になっていく主人公をかなりのところまで追い詰めていくのは良いのだけれど、
最終的にどうなったの?っていうところを丸投げです。とりあえず歌って、踊ろうぜ!な感じで幕を引きます。
おいおい、そんなでいいのかと言いたくなるのだけれども、『2』があるのを見ると、結構好評だったようですね。
なよなよとした細部より、かわいいペンギンが歌って踊っている方が観ている人たちにとっては重要なようです。
まあそう言われてしまったら、そうなのかと相槌を打つ以外何もできませんが。
『2』の方はもっと酷いです。たいしてやることがないなら作るな!と言いたくなるような話。『1』でぶん投げたところも
つながっているためによくわかりません。ただこっちでは子ペンギンたちがかわいい。良いところと言えばそれくらい。

あんまりお勧めはできないけれど、暇つぶしくらいにはなるかなあといったところです。
ビーチ・ボーイズはほんとにおすすめなんだけど。興味があれば「Pet Sounds」というアルバムを聴いてみて下さい。
1966年の7月にこのアルバムが出されてから今に至るまで、とてもとても多くの人に聴かれ続けています。
世界が変わりますよ。いや、ほんとに。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 9

Dkn

★★★★☆ 3.9

子供向け?うそだ~。 あと、題材に相まってデザインが怖いw

コウテイペンギンの世界は
歌で求婚する。

“心の歌”を歌えなければ落ちこぼれ。

そこに生まれた『歌えないペンギン』

それが“マンブル”。
本作の主人公である、

綿毛のペンギン。

ペンギンは卵から孵る時
くちばしで殻を破り出てくるが、
彼は足から出てきた。

歌は歌えない・・

でも、生まれた時から
踊ることが大好きだった

南極の過酷な環境で
生きる一羽のペンギンの物語。


《ネタバレ無し感想》

ホントのコウテイペンギンは
心の歌で求婚するなんてこと無いです。

ストーリーとしては明るく楽しいミュージカル調なものを扱っていますが、本質は陰鬱な題材である本作。
アメリカのヒエラルキーやスクールカーストを表すスラングでナード・ギーク・ジョックなどの分類があります。
映画や小説ではたびたびこの題材が扱われ、これらの単語も学生が主役の映画でよく聞くことがありますね。
実力社会であり、髪の色、目の色、肌の色、生まれ、身体的特徴、身体能力、学力、精神的な弱さなど・・。
差別の蔓延する国アメリカでは、子供の時からランクが決定づけられ、迫害の対象になることが根強い問題です。

本作の主人公は生まれた時に幼なじみの女の子“グローリア”にマンブル(モゴモゴ君)と名前を付けられます。
彼女からすると子供の素直な表現をしたにすぎないのですが、常に差別的な空気を纏うこの作品では、
モゴモゴ君という、ある種差別にも聞こえる単語が“しこり”として、観ていた私の中で残ってしまいました。
他にも人間社会におけるアンチテーゼのような場面が多々あり、それに関して多少なりとも論争があるようです。

本来の意図は、差別を受け、認められない境遇からの脱却。閉鎖的な世界をぶち壊すための伏線に過ぎません。

それでも…暗い題材だなぁと思ってしまう。

大人が自分たちや社会が抱える問題に対して重ねあわせ、娯楽作への思考を複雑にしているだけなのかもしれない。
“感動”は薄れてくるんだと歳を重ねる度に思う…なんて聞いた事があります。ですがそれは感動へのバイパスを
通してしまい、感動へ辿りつけない、もしくは辿り着く前に疲れてしまっている。たまにそう思うことがあります。
物事を楽しもうとする事は、養われていくと同時に最適化され、否定的な先入観を生んでしまうのでしょうか。

観ている自分自身が、そんな考えしかできないのか?と少し落ち込んで来てしまうような気さえしますね。
(どう考えても作り手側が問題提起し、作品の中であからさまな表現を使ってくるのでこっちは悪くないけど)

楽しむ力について考えてしまう大人。(私)
でも、ハッピーフィートには一応の解決方法が。

“吹き替え版”だと軽減されます。

お堅い翻訳をやめ、手越祐也の声を聞くのです
手越くん、いい声してるのね(笑)


ちなみに、関係なくラストはひどくない?w

投稿 : 2019/11/09
♥ : 8

計測不能 9 さとうあいアニメランキング9位
凧になったお母さん(TVアニメ動画)

2003年夏アニメ
★★★★☆ 3.5 (2)
25人が棚に入れました
野坂昭如原作による「戦争童話集」をアニメ化したシリーズ作品。

神戸の街に暮らすカッちゃんは5歳の男の子。父は兵隊に取られて南方で戦っており、母と二人暮らしだ。
食べたい盛りの年頃に戦時下の食糧不足は厳しかったが、母はそんな息子のために福井の農家にまで遠出して野菜を仕入れに行く。
その留守中、神戸の街に空襲警報が鳴ったがカッちゃんは防空壕には避難していなかった。帰宅後に青ざめた母が家を探すと、そこには…?

計測不能 10 さとうあいアニメランキング10位
聖少女艦隊バージンフリート(OVA)

1998年4月25日
★★★☆☆ 2.7 (9)
19人が棚に入れました
『サクラ大戦』『機動新撰組 萌えよ剣』などの近代日本をモチーフとした作品で知られる広井王子が原作・総指揮を担当したアニメ作品。『新機動武闘伝Gガンダム』『ジャイアント・ロボ THE ANIMATION』などで知られる今川泰宏が原作・構成・シナリオを担当した意欲作でもある。 大艦巨砲時代の日本をモチーフとした「我が国」を舞台に、超能力を持つ少女を集めた海軍特殊部隊「バージンフリート」候補生たちの奮闘を描く。ごく普通の女学生・海野潮風はある時、超能力「バージンパワー」の高さを見込まれ、新生バージンフリート隊の候補生となる。だが、お嫁さんに憧れる潮風は未婚を強いられるバージンフリートへの参加に思い悩むのだった。

rocknlol

★★★☆☆ 2.1

3話分のプロローグ

サクラ大戦の広井王子の作品だけあって、少しダサいOP曲からして同類の匂いが漂う。

サクラ大戦でもそうだったが、この広井王子なる人物からは乙女に対するただならぬ執着を感じる。もちろん私も乙女は好きだが、この作品の問題は「乙女が好き。ただそれだけ」という点にある。
ヴァージンなどとご大層な単語を用いている割には、その手のエロ描写はまったくなく、パンツはおろか水着まで一切出ない。入浴シーンさえも。
そうだ。ただ「美しい乙女を愛でるだけ」の作品なのだ。パンツはもちろん、ポロリさえも珍しくなくなった昨今の作品と比べるといまいち刺激にかける。まぁ、これは変態な私の感想なので一般人の方々はさほど気にならないだろう。

では、一般人の方々にも楽しんでいただけるようストーリが興味津々なのかというと、いや、全然そんなことはない。
サービスシーン好きな私なのだが、私がアニメを見る第一の理由はエロではない。その方面には18禁アニメの方がずっと役に(何の?w)立つ。私を含めみんな、基本的にアニメには面白さと感動を求めているのだ。
しかしこの作品はそのどれも備えていない。

始終盛り上がりに欠ける展開:淡々というより延々と続いていると言った方
が正しいくらいの日常パート。健全というより常識的過ぎてあくびしまくりのギャグパート。フリートなのに艦隊戦などは全くなく空中戦一色の戦闘パート。とにかくつまらないの一言に限る。
戦争の冷たい現実を突きつけられる2話のラストにはさすがに興味が沸いたが、結局はめでたしめでたしで片付けてしまうむなしさ。
極めつけは「我々の物語はこれからだよ!」と言わんばかりのしまりのないラスト。

わけの分からない設定:ヴァージンエネルギーという未知の力がこの作品の核心のようだが、それが最後まで未知の力である。ざっと念動力+都合のいい万能の力なのだが、これは未知と言うよりわけの分からないと言った方が正しいかも。しかも処女ではなくなると使えなくなるという何と面倒くさい設定までついている。さすがにこれには何も期待できまい。また「36歌仙12官女」という言葉が始終聞けるが、これに対する説明も無いに等しい。これはもはや不親切ではなく安普請だろう。


そして、ウィキペディアで検索してみてようやく納得した。
そうだ!そもそも期待していた私が間違っていたのだ。これは後に発売されたゲーム版の販促用デモだったから。
アニメ版でファンを集めてゲーム版で一儲けするするつもりだったんだろうけど、アニメ版がこれじゃ逆効果だったに違いない。

一般的にアニメに対して「必見の価値あり」、「見ない方をオススメします」、「まあまあかな」などの評価があるが、この作品に対しては「見なくても(大いに)結構」です。うむ、ぴったりだ。



最後に一つ。作品性とは別に関係ないかもしれないが、主人公は16歳なのに声が老けていて聞くたびに少々イタかった。どう見てもあれは精精30後半だろう。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 3
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.3

初の美少女+軍艦アニメらしいが…不発

dアニメストアで視聴。90分のOVA。なぜかこういうカルトなOVAを置いている。

バージンエネルギーという処女だけが持つ力を持つ少女たちが戦争に駆り出される話。
初の美少女+軍艦アニメらしいのだが内容はプロローグだけで、女子が軍艦に乗るシーンはOPに少ししかない。

第二次大戦前の日本に似たような世界で不思議な力を持つ少女を兵器として利用するという設定は、ストライクウィッチーズを彷彿とさせる。というか{netabare}最初の選抜試験はブレイブウィッチーズ1話でまんま使ったような。オマージュ?{/netabare}

{netabare} 「私たちが処女を守るのはお国のため!」「子供は国の宝物」「結婚しません、勝つまでは!」 {/netabare}といったパワーワードには苦笑してしまう。
敵が明らかに旧ソ連だけど冷戦時代直後のアニメという背景があるんだろう。

絵柄はもちろん古いが作画自体は良く、声優は島本須美・雪乃五月・西村ちなみ・小山茉美・若本規夫といった豪華な顔ぶれなのでもったいない気はする。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 4

計測不能 11 さとうあいアニメランキング11位
映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!(アニメ映画)

2015年12月19日
★★★★☆ 3.5 (3)
18人が棚に入れました
妖怪ウォッチの映画第2弾。

声優・キャラクター
戸松遥、悠木碧、関智一、小桜エツコ、遠藤綾、重本ことり、梶裕貴、木村良平、長澤まさみ、堀ちえみ、博多華丸、博多大吉、武田鉄矢

けみかけ

★★★★★ 4.6

前作の課題を全て克服したといえるLEVEL5史上最高の1作!笑って泣いて笑って泣いてを繰り返し続ける94分!Ladies&Gentleman~エンマ!ダイオウ!

『妖怪ウォッチ』シリーズの映画第2作品目
主要スタッフは前作と同じですが今作は5本の短編で構成され、各々の本編の前には『世にも奇妙な物語』のタモリに扮したウィスパーがストーリーテラーとなってあらすじを語ります
テレビシリーズに親しんだファン向けの映画になっているので何の馴染みも無い人がいきなり観るのはキツいかもしれません


1.妖怪になったケータ
妖怪デーモンオクレによって死亡させられてしまった天野ケータ
死んだ人間は妖怪市役所に行き妖怪化させられるという
妖怪「フウ2(ふうつー)」となったケータは自分とは真逆に頭脳明晰、スポーツ万能、容姿端麗な完璧少年、有馬ユウトに憑りつく
フウ2の力で「普通」になってしまったユウト君だが、彼には普通になってしまったこと以上に人には言えない‟ある悩み”があった・・・


2.ジバニャンの華麗なる作戦
突然2015年から2023年にタイムスリップさせられてしまったジバニャン、ブシニャン、ロボニャンF型
未来の世界で出会ったのは、生前のジバニャンの飼い主であったエミちゃん
洋服デザイナーになるという夢を叶えデザイン会社で働く大人のエミちゃんだが現実は厳しく、先輩からの不条理な叱咤に耐える日々を過ごしていた
ジバニャン達3匹はエミちゃんを助けたい一心で彼女の仕事を手伝おうとするのですが・・・


3.コマさん 家に帰る
コマさんとコマじろうの元に母ちゃんからの手紙が届く
手紙の内容は「元気がない」という旨で、心配になった2匹は妖魔界の実家へ里帰りした
しかし実際の母ちゃんはとても元気で、嬉しさのあまり2匹に嘘をついたのだと言う
その実は2匹の弟となる「コマさぶろう」が出来たということだったのだが、コマさぶろうはどう見ても普通の人間の赤ちゃんだった
2匹はコマさぶろうを本当の母親の元に帰すことを決意する・・・


4.USAピョンのメリークリスマス
クリスマスの朝、雪に包まれたさくら町にはしゃぐ未空イナホちゃん
しかし相棒USAピョンは乗り気でなかった
実は妖怪には当番制でサンタに扮し子供たちへプレゼントを配る仕事があるのだという
その当番に決まっていたUSAピョンは、生前サンタからプレゼントを貰えなかったことを根に持っていたためサンタを嫌っていた
サンタになれるとテンションの高まったイナホちゃんの助力もあり、渋々仕事をこなすUSAピョン
しかしプレゼントリストの中で唯一、「プレゼントはいらない」と書かれていた少年タカユキに疑問を持ったイナホちゃん
実はタカユキがプレゼントを拒否するのには辛い理由があった・・・


5.妖怪ワールドへ行こう
突然別れを告げ妖魔界へ帰ろうとするジバニャン達
妖魔界のボスであるエンマ大王が人間にインフルエンザを移されてしまい(笑)妖魔界ナンバー2であるぬらりひょんがあらゆる妖怪と人間の接触を禁じる御触れを出したのです
疑問を抱きながらも御触れには従うしかない、と言うジバニャン達を、ケータは必死に繋ぎ止める
ケータ、ジバニャン、ウィスパー、ヒキコウモリは共に妖魔界に乗り込んで直接エンマ大王と交渉するべく、妖怪達に招集をかけるが相手があまりに大物なので妖怪たちが怖気づいたかに思えつつも、コマさん、イナホちゃん、USAピョン、そしてフユニャンは集まった
だがぬらりひょんは人間と妖怪がお互いの姿を視認出来なくなる様、強硬手段に出る
妖怪ウォッチでも見えなくなってしまった妖怪達は、ケータとイナホなしで妖魔界ワイハーリゾートに乗り込む
そこで待ち受けるぬらりひょんの真意とは?


まず前作はバトルに主軸が置かれていたり、動きのあるギャグが中心となっていたり、明らさまに‟ガキ向け”になっていましたね
普通のアニメ映画ならソレでいいんでしょうが、あくまで『妖怪ウォッチ』の魅力ってのは子供には分からないネタを仕込んでそれをキッカケに親子間に会話のタネを作る、ってのが本髄のわけですよ
それにコマさんのような人気サブキャラの出番が少なかった上に、散々引っ張ったクライマックスでのダークニャンとブチニャンの活躍も今一つだったのがダメでした


それらが今作では全部改善されていました!
そもそも普段は短くまとめた2~3本の短篇を繰り返す構成の『妖怪ウォッチ』
長篇には向ていないのは明らかだったわけです
それが短篇4本+本筋1本という構成で【いつも通り】の『妖怪ウォッチ』が出来てるわけですね


まず妖怪フウ2の命名の理由が「普通」だからフウ2、なのではなくもっと酷い理由だったのが笑ったし、妖怪市役所の職員がことごとく水木しげる調なのがツボw
未来のエミちゃんに出会うエピソードではジバニャンを食う人気があるとも言われるロボニャン(F型)とブシニャンがたっぷり活躍してた
遂に映画で主要エピソードを持つこととなった名実ともにナンバー1キャラのコマさん(とコマじろう)の見せ場もgoodです
オイラが一番楽しみだったのは映画初登場となるアニメセカンドシーズンで2人目の主人公と呼ばれるイナホちゃん
相も変わらずCV悠木碧は大暴走してたwこれはもう彼女の持ち味がしっかり出てるいいキャラですb


4本のエピソードはどれも笑いどころを挟みつつも落としどころがホント泣けました
1本1本が短いのに笑ったなぁって思ったらすぐ泣かせにきやがる;;
思わず4回とも泣いてしまった、上手いです
ただテレビシリーズ(ジバニャンの生い立ち)を知る人にとってエミちゃんが登場するということは凄く特別なことなのにエミちゃんの声が長澤まさみだったことには意味を感じませんでした・・・残念


4本全ての話が最終的に5本目のエピソードに絡んでいきます
各エピソードで散々笑いと感動をブチかましたので5本目は純粋にアツいバトル展開
話にのめり込める作りは前作と大違いですね
かつてない強敵、ぬらりひょんは当然一筋縄では行かず、引っ張りに引っ張ってからのダークニャン、ブチニャンの登場は手に汗握る
特にUSAピョンがベイダーモードになった辺りからは思わず拳を握りしめてましたわ
そしてクライマックスでケータが繰り出す切り札メダル・・・召喚されるのは・・・エンマ大王?
この召喚演出はホント滾りましたね!
ウォッチが溶け出すところとか両隣の子供たちが震えていたのが伝わってきました
そして映画館に響き渡る「♪~Ladies&Gentleman~エンマ!ダイオウ!」「エンマ!エンマ!やっぱそうなのねエンマ!」「エンマーーー♪エンマーーー♪エン~マーーー♪」の唄
これもう最高過ぎたwエンマ大王カッコ良すぎたw必殺シュートとか打ちそうだったw


お話は大満足
作画は芝居、エフェクト、アクションと全編に渡ってハイクオリティ
CGもところどころ効果的に用いられて前作のウバウネのような露骨な感じでは無かったのが好感的
あとはなぁ~博多華丸大吉がなぁ~、、、本人たちも言ってますが素人がアニメ声優なんてやるもんじゃない;
レギュラーメンツが豪華なだけにプロと素人の差が開きすぎてて違和感たっぷりでした;
この、素人のゲスト出演ってのが唯一今作の汚点でしたわ;
ラストはテレビシリーズ第98話のオチに連動する形で閉幕しました

投稿 : 2019/11/09
♥ : 5

計測不能 12 さとうあいアニメランキング12位
戦争童話 ふたつの胡桃(OVA)

2007年8月15日
★★★☆☆ 3.0 (1)
9人が棚に入れました
中西彩花はごく普通の小学生。飼い犬ライアンとの散歩の最中に、
東京大空襲の3日前の世界にタイムスリップしてしまいます。
行き場のない彩花とライアンを助けたのは同い年の少女、友子でした。
早く元の世界に戻れるようにと、対になった胡桃の鈴を一つ彩花にくれる友子。
それは、戦死したお父さんが作ってくれたものでした。
しかし、その願いも叶わぬまま、彩花は運命の昭和20年3月10日を迎えるのです……。

計測不能 13 さとうあいアニメランキング13位
戦争童話 キクちゃんとオオカミ(アニメ映画)

2008年8月15日
★★★☆☆ 3.0 (1)
9人が棚に入れました
ほんの少しだけ遠い昔、戦争がありました・・・忘れてはイケナイ物語り。元気になって、また歌を聴かせておくれ。死ぬんじゃないよ。
 昭和20年、満州。敗戦とともに日本人たちの退却が始まりました。日本へ帰る道のりで、幼いキクちゃんは病に侵されてしまいます。家族に置き去りにされ、弱りきっていたキクちゃんを救ったのは、一匹のオオカミでした。オオカミの看病のおかげで元気になったキクちゃん。しかし、次第に食糧はなくなっていきます。オオカミは危険を承知で、人間の町へ連れていくことにしたのですが……。

計測不能 14 さとうあいアニメランキング14位
焼跡の、お菓子の木(TVアニメ動画)

2006年夏アニメ
★★★☆☆ 3.0 (2)
8人が棚に入れました
野坂昭如原作による「戦争童話集」をアニメ化したシリーズ作品。

太平洋戦争終盤、日本は深刻な食糧不足に陥っていました。
空襲で家をなくした太一は毎日お腹を減らしていましたが、笑顔を絶やさずに暮らしていました。
ある日、太一は体の弱い友人 春男から1冊の本をもらいます。
その本には、1本あればみんながお腹いっぱいになる「パンの木」が紹介されていました。
「もしかしたら、お菓子の木もあるかもしれない」と夢を見る太一たち。
しかし、空襲はますますひどくなり、ついに春男の家にも火の手が迫ります。
はたして「お菓子の木」は夢でしかなかったのでしょうか・・・。

声優・キャラクター
頓宮恭子、日髙のり子、近藤玲子、鈴木晶子、松本さち、大前茜、さとうあい、堀絢子、松井菜桜子、真山亜子、後藤史彦

計測不能 15 さとうあいアニメランキング15位
月光のピアス ユメミと銀のバラ騎士団(アニメ映画)

1991年12月14日
★★★☆☆ 3.0 (1)
7人が棚に入れました
 少女小説作家・藤本ひとみのファンタジー「ユメミと銀のバラ騎士団」シリーズ第1巻『月光のピアス』を原作とした約70分の長編アニメ映画。 ある日突然、17歳の少女・佐藤夢美(ユメミ)の耳に貼りついてしまったピアス。それは「月光のピアス」と呼ばれるものであった。この呪いを解くために、ユメミの幼なじみの高天宏や、18才にして名門ミカエリス家の家主かつ「銀のバラ騎士団」の総帥・聖樹・レオンハルト・ローゼンハイム・ミカエリス・鈴影、ユメミの後輩・光坂亜樹、そして鈴影の幼なじみである才女・冷泉寺貴緒らは冒険の旅路に出発。学園からドイツへと向かい、さらには時空を超えて中世の魔女裁判の時代へ……。 本作の実制作はスタジオぴえろが担当。監督はもりたけしが手がけたほか、原画のスタッフも今掛勇、本田雄、黒田和也、鶴巻和哉、斉藤明英、増尾昭一、前田真宏ら錚々たる面々がそろっている。

計測不能 16 さとうあいアニメランキング16位
キッスは瞳にして(OVA)

1993年8月27日
★★★☆☆ 3.0 (1)
5人が棚に入れました
「マーガレット」誌に好評連載された、上田倫子のラブストーリー漫画のOVA化。素敵な彼氏の出現を待つ高校二年生・森里いぶき。彼女は夢の中で、カッコイイ男子とのキスを経験した。だが夢の彼氏=蛭子(えびす)直人が、現実のクラスに転入生として登場。しかも彼は、いぶきの父の親友の息子で、家の事情から森里家に同居することになった。いぶきが体験したキス。それは挨拶に家を訪れた直人に対し、いぶきの方から行なってしまった行為だった。直人からキス魔呼ばわりされたいぶきは、相手に反発。だがそんな彼女は、校内アメフト部の設立に懸命に励む直人の意外な過去に触れてしまう……。女子向きOVA路線として集英社とマッドハウスが制作・発売した「マーガレット・ビデオシリーズ」の一本。監督は、『フルメタル・パニック? ふもっふ』や『黒執事』の各話演出などに参加の演出家・大久保富彦。

計測不能 17 さとうあいアニメランキング17位
ハローキティのみんなの森をまもれ!(アニメ映画)

1996年1月13日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
夏休みをおじいさんの別荘で過ごすキティは、ある日、森の緑が枯れている一角を発見する。実は都会の公害の影響によって、悪い魔女が甦り、森を辛そうとしていたのだった。キティは森の仲間たちとトモに、魔女を退治しようとするが……。サンリオの劇場用プログラム「サンリオアニメ・フェスティバル」にて公開された、40分の中編。エコロジカルなテーマを扱った本作は、『機動戦士ガンダム』『無敵鋼人ダイターン3』他のベテラン・星山博之が脚本を担当。『けろけろけろっぴのびっくり!おばけやしき』などのサンリオ作品を手がけた波多正美が監督を務めている。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ