キョンシーで田丸篤志なおすすめアニメランキング 1

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメのキョンシーで田丸篤志な成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年04月08日の時点で一番のキョンシーで田丸篤志なおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

56.6 1 キョンシーで田丸篤志なアニメランキング1位
一人之下 the outcast(TVアニメ動画)

2016年夏アニメ
★★★☆☆ 3.0 (83)
407人が棚に入れました
『一人之下 the outcast』(ひとりのした ジ・アウトキャスト)は、中国のWeb漫画およびそれを原作とした日本のテレビアニメ。主人公・張楚嵐(チョウソラン)はある日墓場でゾンビに襲われた!絶体絶命のピンチ−…!その時、包丁を持った見知らぬ少女が現れ敵をなぎ倒し始める。命拾いしたと安堵したのもつかの間、「この困難に自分で立ち向かえ」という言葉と共に立ち去る少女。後日、大学に登校した張楚嵐の前に、あの墓場で出会った不思議な少女が現れて…

声優・キャラクター
田丸篤志、飯田友子、早見沙織、野島健児、立花慎之介、朝井彩加、山本兼平、宮澤正、日笠陽子、三宅麻理恵、原由実、鳥海浩輔

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

原作は「3億PV越え超人気中国原作WEBマンガ」だそうです。

この作品の原作は未読ですが、はやみんが出演される事を知りニコニコアニメスペシャルで視聴しました。

ここのところ、中国原作の作品が増えているように思います。これまで中国原作の作品を日本のアニメ制作会社がアニメ化する、というパターンが殆どでしたが、この作品は日中合作で両国のスタッフが加わって制作したそうです。

この作品の主人公は大学生の張楚嵐(チョウソラン)…彼はとある日に墓場でいきなりゾンビに襲われるのですが、一人の少女が彼のピンチを救ってくれたのです。
少女の名前は、はやみん演じる馮宝宝(フウホウホウ)…

彼女はチョウソランに「この困難に自分で立ち向かえ」と言い去っていったのですが、祖父から「普通」に生きる事を命じられた彼の人生の歯車は、この時既に大きく変わり始めていたのです。
そして様々な思惑が蠢く争いに巻き込まれ…物語が動いていきます。

普通の一般市民が実は非凡な才能を隠し持っているのですが、その非凡な才能を手中に収めようと様々な組織の恰好の的になってしまいます。
ですが、本人が自らの奥底に秘めた力に目覚めて特別な存在となり、向かってくる敵をバッサバッサ薙ぎ倒していく…

隠し持った人とは異なる力や秘めた力…誰もが一度は憧れ、その殆どは自分にはそんな力など持たないただのモブである事を自覚する事になるのですが、この様なヒーローものは中国の作品では割と王道なのでしょう…
霊嶮山もこんな感じでしたし…

個人的にはフウホウホウの役どころとはやみんの声質がベストマッチである事に最初は困惑しましたが、慣れてきたらはやみんの魅力をバリバリ感じながら視聴する事ができたのは良かったです。

フウホウホウは不思議な女の娘ですが、彼女の全容は未だ不明です。
この作品を見て感じたのは、フウホウホウは滅茶苦茶強いという事と、どんな時も約束を忘れない娘…だという事です。

彼女の生い立ちやチョウソランとの関係がどうなっていくのか、今後が楽しみな作品です。
でも、この作品の続編は政策されるのでしょうか…?
霊嶮山や、直近ではアニメではありませんが、原案・脚本を虚淵玄さんが手掛けれた人形劇「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」でも最終話で続編の制作が発表されたので、続編の制作が決まったら早々に発表されるとばかり思っていましたけれど…

1クール全12話の作品でした。でもテレビで放送されるのがTOKYO MXの1局しか無いのは正直少なすぎだと思います。はやみんが大好きんで彼女の活躍を見たいと思っているのは決して私だけでは無いと思います。
せっかくの声優さんたちが熱演を繰り広げてくれているんです…もう少し幅広く発信されても良かった作品だと思いました。

投稿 : 2020/04/04
♥ : 8
ネタバレ

にゃんちゅ(・ω・` さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2

観たことある設定アニメ

しいて言うなら、中国原作アニメってところで
あとは本当に観たことあるアニメでした。

設定もキャラもほんとどっかで観たことあるって感じ。

わざわざ観る必要あったのかと思うレベルでw

まずOPが酷いw
そして、中国って事でまぁ覚悟はしていたけど名前が覚えずらい。
(名前に関しては、個人的に作品に興味が湧けば覚えられたかもしれませんが)

異能バトルアニメで、
相変わらず設定への説明が少ない!!!

{netabare}ド田舎で墓が掘り返され、チョウ・シャクリン遺体が盗まれた!?
ここで張家の謎。
チョウ家は恨まれているのか?

チョウ・シャクリンの孫チョウ・ソランが墓参りに行くと
待っていたのは謎の女、フウ・ホウホウ。

そしてゾンビに襲われるソラン。
突然包丁一本で闘い始めるホウホウ。

幼いころから洗礼を受けていたソランは普通に生活したかったが、
おじいちゃんの死の謎を解き明かすために、
最初は嫌々ではあったが、ホウホウについていき
異能者が集る「速達」へ入ることに。

異能者の派閥みたいなのに巻き込まれながらも、
祖父の謎を解き明かし~・・・って

明かさず終了かい!!!!!!!!!!

ホウホウの謎も曖昧にしやがって!
とてつもなく戦闘力の高いホウホウですが、
なぜ70年もの間、姿が変わらないんや!不死身なのか?!

また、派閥で敵っぽいのが出てくるのはいいけど
何がしたかったんだろう・・・

ソランを誘拐したり、シャクリンの魂探ったりしてたけど・・・{/netabare}


ってか、最初に出てきたからゾンビアニメなのかと思ったけど
全然違ったし、

異能の名称が難しくて、名前も覚えられなければ
効力も覚えられなかったな。

作画もブレブレでしたし
敵や味方関係なく疑問だらけやないか!

終盤に至っては、主人公のはずのソランの出番はほぼなく、
ホウホウの過去を見せる描写に「次回へ続く」的なラストシーン。

主人公変わっちまったのかと思ったぞ。

2期あっても私はもういいかな。

投稿 : 2020/04/04
♥ : 5

北山アキ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

どストレートな中二異能バトルになりそう

原作未読(中国本土のweb漫画らしい)

1話目を観て
OPとEDからすると、どうやら異能バトルものらしい。
主人公の超小市民的なキャラ付けは少し笑えた。

キャラの名前以外は中国を意識しなくてよさそうだ。
むしろ、政治臭を消さなきゃいけない国だから、そうなるのが必然なのかもしれない。
(これは表で流通する中国コンテンツの弱みかもしれない。
裏で流通してるものにはもっと刺激的なものがありそうだけど)

中国コンテンツの現在形という部分に興味が無ければ即切りする水準の作品。

→2話で降りることにした。
 日本のマンガ・アニメのミームをストレートに持って行った感は出てる。
 ただ、それだけで面白くなるわけではない。
 (日本製でも良作は限られるわけだし)
 中国的ミーム(水滸伝とかジャッキーとか)を進化させるほうが、
 日本の視聴者にもアピールするんじゃないだろうか。
 マーケットの大きさに甘えないでコンテンツを磨いて欲しいが、
 制作環境が萎縮しやすい制度下にあるからね…
 
 

投稿 : 2020/04/04
♥ : 2
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ