グループ・タックで友情なおすすめアニメランキング 3

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメのグループ・タックで友情な成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月10日の時点で一番のグループ・タックで友情なおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

68.1 1 グループ・タックで友情なアニメランキング1位
学園アリス(TVアニメ動画)

2004年秋アニメ
★★★★☆ 3.7 (278)
1727人が棚に入れました
小さな田舎町で育った蜜柑と蛍は大の親友。なのに蛍は突然、アリス学園に転校することになってしまった。蛍が転校したのは、潰れそうだった田舎の学校に学園からもらったお金を寄付して救い、蜜柑を悲しませないため。さらに、生徒たちの噂では、アリス学園は一度入ったら卒業するまで出られないという。それを知った蜜柑は、転校していった蛍を追いかけ単身東京へ。向かった蜜柑が辿り着いたのは、天賦の才能=アリスを持つ者のみが通える究極の一芸入学の学校、アリス学園であった。

声優・キャラクター
植田佳奈、釘宮理恵、朴璐美、安田美和、緒乃冬華、斎藤千和、石田彰、成瀬誠、鈴村健一、櫻井孝宏、野中藍、神田理江、松元惠、井上麻里奈、三木眞一郎、松本大、宮野真守、山田美穂

とってなむ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

アリス科学園の劣等生

泣けるとかじゃないですが感動しちゃいました
友達の存在のありがたみを感じれる作品でしたね
友情っていいなぁ


ジャンルは学園/異能/ファンタジー
『アリス』という特別な力を持つ者のみが通うアリス学園が主な舞台
この『アリス』、人それぞれ違う能力なのですが、
種類が豊富で楽しいです
例 『ダジャレで相手を必ず笑わせるアリス』
よくスベるから、ちと欲しいw


アリス学園には何か大人の事情がある様子
ここに入学したら最後、学園外には出られないのです
親との面会も禁止、手紙でのみの連絡
小さな生徒たちには辛いですね。。

このルールは物語の重要な部分を占めており、
設定としてもなかなか面白いなと思いました


見所はなんと言っても、
主人公(劣等生?)である蜜柑とその親友の蛍(優等生)の絶妙な駆け引き
蜜柑は蛍が大好きでいつも蛍~蛍~って感じですが、
蛍は蜜柑を鬱陶しく思っている?のか、見事な毒舌で対応
面白かったです。笑いました

ちなみに蛍は『発明のアリス』持ちで、
彼女の発明品には奇っ怪なものばかり
この発明品にも注目ですね

それと、この作品はただの日常系ではないです
まぁ異能が出てくる時点で日常からはかけ離れてますが。
ストーリー性がしっかりしているので、
話に起伏が生まれ、毎話退屈せずに楽しく観れました


OP「ピカピカの太陽」 歌ー佐倉蜜柑(植田佳奈)
ED「幸せの虹」 歌ー佐倉蜜柑(植田佳奈)/今井蛍(釘宮理恵)

蛍って釘宮さんだったのぉぉ
観てるとき、全く気付きませんでした

それとOPのダンス、何だあれは!
あんなのやられたら草不可避じゃないか


てなわけで、笑いアリ感動アリの素敵な作品です

アリス学園という鳥かごのなかで彼女たちはどう過ごしているのか。
はたまた、彼女たちは楽しく羽ばたいているのか。
彼女たちとの面会は禁止されてますが、
画面を通してその様子を確認するのなら問題ないはず!
友情ものの作品が観たいときにおすすめです

投稿 : 2019/12/07
♥ : 27
ネタバレ

ピピン林檎 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

学園&魔法ものですが、可もなく不可もなく(どちらかというと退屈系?)

◆個人的にキャラの魅力がほぼゼロだった学園&魔法もの有名作

正直いって、コレを見るくらいなら、PEACH-PIT原作の長編アニメ『しゅごキャラ!』の最初の方をもう一周した方がだいぶマシだと思いました。

本アニメに関しては、全31巻に及ぶ長編となった人気原作マンガのうち、最初の5巻までの内容+オリジナル・シナリオで、初等部編を何とか完結させた体裁となっていて、もしかしたら原作マンガの方は中等部編→高等部編へと進むにつれて尻上がりに面白くなっていくのかも?知れませんが、アニメに描かれた分だけでは何とも。

本作は一応、学園&魔法ものジャンルの有名作品なので、ここは勉強と思って一度は我慢して見ておくべきか?

個人的には人には余りお薦めしません。


◆制作情報
{netabare}
原作マンガ      樋口橘(『花とゆめ』2002年19号-2013年14号連載)
監督         大森貴弘
シリーズ構成     横山雅志
脚本         横山雅志、島田満、花田十輝、大森貴弘
キャラクターデザイン 樋口橘(原案)、伊藤良明
音楽         吉森信
アニメーション制作  グループ・タック{/netabare}


◆各話タイトル&評価

★が多いほど個人的に高評価した回(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた回
×は脚本に余り納得できなかった疑問回

================== 学園アリス (2004年10月-2005年5月) =================
{netabare}
第1話 学校がなくなっちゃう☆ ☆ 親友・今井蛍の突然の転校、佐倉蜜柑単身東京へ、アリス学園校門前の出遭い(鳴海先生&日向棗)
第2話 ようこそ☆アリス学園へ ☆ 脱走常習犯・棗&親友・乃木ルカ、蛍との再会、初等部B組一時参入
第3話 アリスなんかに負けてたまるか☆ ☆ 続き、蜜柑の転入試験 ※男子の描写がダメ過ぎる×
第4話 これがウチのアリス☆ ☆ 続き(北の森の災難、委員長・飛田裕の幻覚アリス、ルカの動物フェロモン、棗の怒り、アリス無効化能力、蜜柑合格) ※同上×
第5話 星階級はシビアやなぁ☆ ☆ 学園の厳しい規則、蜜柑の星なし評価
第6話 うちはみそっかす系☆? ☆ アリス解説、中等部生との絡み(翼先輩との出遭い)、蜜柑歓迎パーティ
第7話 負けへん☆アリスドッジ ☆ ドッジボール対決、棗の不機嫌
第8話 じーちゃんに会いたい☆ じーちゃんに届かない手紙、学園脱出失敗、鳴海先生との約束
第9話 大好き☆蛍様 ☆ 蛍の発明ロボ・甘夏、ロボット対決 ※脚本安直×
第10話 うきうき☆セントラルタウン ☆ 初めての外出、マッチ売りの少女寸劇、蜜柑の旧友たちへの感謝の気持ち
第11話 ただいまアリス☆特訓中 ☆ 野田先生の時間遡行アリス、謎の母子
第12話 学園祭がやってくる☆ ☆ 学園祭参加への悩み、前夜祭当日、棗倒れる
第13話 トップ☆スターを追いかけろ ☆ 学園OB毛利レオの棗誘拐 ※挿入歌「LAZY LOVE GUILTY LOVE」
第14話 棗を取り戻せ☆ 正田スミレ&蜜柑の協力、闇の特殊部隊、棗の過去と現状(黒猫)
第15話 学園へ帰ろう☆ ☆ 囚われた3人、脱出作戦の顛末、蜜柑のシングル昇格 ※シナリオ粗雑×
第16話 迷路で勝負☆魔法のランプ ☆ アリス祭開幕
第17話 蛍のひみつ☆ ☆ 続き、蛍の発明アリスとトラブル発生、蛍の兄との対面(高等部幹部生・今井昴)、蛍の本心吐露
第18話 暗闇で☆ふたりきり ☆ ※蜜柑&棗閉じ込められ回
第19話 開演☆眠れる森の白雪姫 ☆ ※アリス祭のクラス寸劇回
第20話 ラストダンスは誰と☆ ☆ 学園祭最終日、蛍の新人賞&クラスの特別賞受賞、じーちゃんからの手紙、蜜柑のダンス相手(棗・ルカではなく蛍)
第21話 目指せ☆優等生賞 ☆ 期末テスト、ペルソナ来校
第22話 ベアと王子様☆ ☆ 人形作りアリス持ち(中等部生・園生要)との出遭い、命を削るアリス{/netabare}

 - - - ここまで原作マンガ1~5巻分、ラスト4話はアニメ・オリジナル回 - - -
{netabare}
第23話 サーカス☆がやって来た ☆ レオ再来校と目的
第24話 鳴海先生の嘘つき☆ ☆ 蜜柑のもたらした騒動(教室封鎖、授業ボイコット)、動物たちの暴走
第25話 学園を取り戻せ☆ 操られたルカ、ルカの暴走阻止(棗)、鳴海とレオの因縁、レオの暴走阻止 ※シナリオ粗雑× ※挿入歌「Venus」
第26話 友情は☆エンドレス ☆ 春の進級試験、蛍との別れ?{/netabare}
--------------------------------------------------------------------
★★★(神回)0、★★(優秀回)0、★(良回)0、☆(並回)26、×(疑問回)0 ※個人評価 × 3.4

OP 「ピカピカの太陽」
ED 「幸せの虹」

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

とある学園のアリス目録~うちがその幻想をぶち壊すんや!~

プロデューサーがAniplex岩上敦宏、キャラクターデザインが伊藤良明、制作協力がSHAFT(元請けではない)というひだまりスケッチや魔法少女まどか☆マギカのスタッフの作品なので視聴。

関西弁の女子小学生が、能力者だけの学園都市で活躍する話。
禁書・超電磁砲やダンガンロンパやシャーロットやサクラダリセットみたいな異能力系学園物の黎明期の作品と言える。
特に{netabare}主人公の能力が相手の能力無効化・学園都市が舞台・5段階の能力階級がある・瞬間移動するツインテの子がいる・主人公のコピーキャラが出てくる、といったように{/netabare}設定に共通点が多いとあるシリーズはこの作品をまんまパクr…リスペクトオマージュインスパイアしているのではないかと思う。

逆にこの作品が既存作品の設定を拝借しているようなところもある。{netabare}生徒の学園都市外への脱出が禁じられていてその中だけで使える独自通貨があったり、優等生賞を取ると外出が許されるという設定はカイジの地下帝国にそっくりだし、能力を~系と分類しているのはハンターハンターに似ている。ハリーポッターっぽい所もあって、神野先生はスネイプに似ている。{/netabare}
また同じ少女漫画のCCさくらとキャラクターが似ていて、{netabare}蜜柑=桜、蛍=知世、棗=小狼、鳴海=雪兎に置き換えられる。男女逆の役で演劇をやる展開も似ている。{/netabare}

このように多くのヒット作の設定がてんこ盛りなので、当然のように面白い作品に仕上がっていると言える。

この作品の最大の特徴は主人公の蜜柑のキャラクターだろう。大阪弁の元気っ子で、JSなのに漂う大阪のおばちゃん感から生じる母性「バブみ」を堪能できる高度な萌えアニメになっている。←そう感じるのはお前みたいなキモオタ男だけや!
その蜜柑に惚れる男子が複数出てきて蜜柑がそれに気付かない鈍感主人公っぷりを発揮したりするのは、少女漫画ゆえの逆ハーレム展開と言えるだろう。でもアニメは原作のまだ序盤で終わっているようで、{netabare}アニメは蛍との百合ENDで終わる。{/netabare}

それと幼女向けの少女漫画のはずなのに、{netabare}能力格差や差別がテーマだったり、拳銃をぶっ放す闇の組織の悪人も出て来たりする。棗は「屈辱の沼に頭を押さえつけられるような毎日」「お前は闇に関わるな」といったハードボイルドな中二セリフも吐く。{/netabare}

欠点は主人公の蜜柑があまり活躍しない所だろうか。{netabare}禁書の場合は上条が無効化の右手で大活躍できるような話を無理矢理作っているが、この作品はそれをしてないので、蜜柑が無効化で活躍することがあまりない。はっきり役立ったのは11話くらいだろうか。その打ち消した能力がじんじんの電撃というのも奇遇に感じますわ美琴お姉さま~。{/netabare}

それと作画が悪い。2004年の作品だがキャラデザはそれほど古さは感じず、さすが後のシャフトのキャラデザの基礎を作った伊藤さんと思ったが、作画はかなり酷い所が見受けられる。特に19話や24話は許容範囲を超えていた。

声優陣は遠坂凛・ルイズ・エド兄さん・ロイマスタング・カヲル・忍野メメ・ほむら・佐倉杏子・アルミン・オカリン・エルフェンリートのルーシーといった魔術や異能力が使えそうな人たちが勢ぞろいしている。
植田佳奈さんは大阪育ちだそうで関西弁はバッチリなのだろう。俺は関東人だからわからんが。
あと石田彰キャラは2クールにわたってかなり存在感があるのでファンは必見。
それと宮野真守キャラが{netabare}時間能力者なのはシュタインズゲートの選択か?{/netabare}

各話感想
{netabare}1話
廃校阻止…ラブライブ!
ほむ…蛍ちゃんそういうキャラなのw
漫才コンビ結成のノリだね。
蛍ちゃんが発明少女というの最初に説明しろよw
妻発言とか結構ガチレズやなあ。
アリスと蔵六の元ネタなんだろうか。
カヲル君だ。やっぱ今の石田さんの声はカヲル君感無いよな。
蜜柑は無効化系能力者?原作は禁書より先だな。
モブに小野Dとか豪華やなあ。

2話
君のような勘のいいガキは嫌いだよ、ってエド側にいるけど。
すっごーい!ってアレやん。
エドなのに鋼じゃなくて焔の錬金術師やな。
まるで底辺校やん…。
これ未来ガジェットの元ネタなんかな。
言う通り学級崩壊しとる。

3話
異能力者にいじめられるってきついものがあるよな。
3話で既に重い展開やなあ。
琴浦さんもいるね。
こんな格差の話を少女漫画で幼女に聞かせるなよw喋ってるのほむらちゃんか。
作画が悪くなってきたなあ伊藤さん。
どんだけ意志が強いJSなんだよwこれだけで十分アリスやな。
カイジの地下帝国のペリカと同じシステムじゃんw
委員長のアリスは何なの。

4話
BGMがロッキーでアウト。
★のバッジがランクか。
棗は一方通行みたいやな。
クール顔に戻るのわろたw
委員長の能力は幻覚術か。
BLで薔薇の花はアカンやろ。
蜜柑の能力は上条当麻とはちょっと違うんだな。
攻撃を防ぐという設定だとフェロモンを防いで浮かせられるのを防げなかったのはおかしくね?

5話
蜜柑が黒子みたいだよなあ…とあるはこの作品パクりすぎやろ。
山手線沿線の都内なのに広大な敷地…。
学園都市…やはりとある…。
レベル0w
無効化の能力者はそげぶ上条みたいに警戒されとんのか。
差別やろwとあるでこうだったら佐天さん発狂するな。
御飯1杯じゃだめなのか。
花田先生回だったか。

6話
これ虐待に近いな。
小学生でエジプト史。ツタンカーメンの次はアイとホルエムヘブ。
分類するのはハンターハンターっぽい。
高速移動は体質系じゃなくて潜在能力系じゃねえの?
声がエドなのにマスタングの声の人におっかけられてて炎の能力を使うとかわけがわからないよ。
これだけ強力な能力者なのに星無しか。
井上麻里奈まだ演技下手やなw
野田先生は宮野真守か。リーディングシュタイナー能力者とは…。

7話
蛍ちゃんが嫉妬してる。
棗がめっちゃ乗り気。
無効化ボールになるんじゃね?
野乃子はあいぽんか。
頭に当たったからセーフじゃね。
うんでかいと不利だね。
蜜柑がその幻想をぶち壊す!
るかぴょんが篭絡されてる。
逆ハーレム感あるな。

8話
食べ物の格差。必要な栄養素が取れてないのはアカン。
まだ一週間ちょっとかよ。
このひねくれが!とか蜜柑もたいがいだわ。
なんで小学生同士の会話なのにこうもハードボイルドなのか(BGM込み)。
るかぴょんが篭絡されてる。
この音楽は違う気がするw
銃撃戦とかもみ消しとかこのアニメ殺伐としすぎw
でもじいちゃんが体調悪化してるのはどうすんねん。

9話
小学生の会話とは思えんw
それは別にあまなつで十分なのでは?
あまなつ邪魔だからお役御免かw
花田先生回。

10話
ラビットってまんまペリカだよなあ。
なぜかにみそ。
神野先生ってまどかにも先生役で出てたのか。
だから無効化能力なんで発動しねえんだよ。

11話
オカリンのタイムリープ能力が強力すぎる。
サイコキネシス使う奴って見た目地味だけど出番多いよな。
この時代だからビデオテープやな。
劣等生とかラノベみたいなこと言っちゃだめ。
伏線。
寿命が減るタイプとか魔法少女サイトみたいやな。
いや攻撃してくる能力しか打ち消せないんじゃなかったのか。
学園祭という初出ワードをスルー。
上条さんみたいに安定して打ち消せればなあ。
クズ教師やなあ。
無効化って本当はすげー強い能力のはずだよな。その幻想をぶち殺す!
それにしても打ち消すのがよりによって電撃とは。美琴お姉さま~

12話
少女漫画とは思えねーシーンw
動物が金持ってるのかよ。
蜜柑は無効化だからいてつくはどう?
腐女子かよ。
そんなピンポイントなアリス卑怯だろw
ぼちぼちラブコメのフラグ立ち始めたか。

13話
翼先輩の能力よくわからんな。
翼先輩の中の人って東京喰種:reの宇井郡かw
スパイ道具、スマホがあれば要らんようなのが多い。
メタ発言禁止。
心読み君って最初嫌な奴じゃなかったっけ?
さすがほむらちゃんは冷静やな。

14話
後半だけどOPED同じか。
瞬間移動使える奴多いなw
ねこほむ。
蛍グッズを最初から使えよ的な。
作画悪いなあ。
スミレがほむらちゃんみたいなことを言っとるわ。
相変らず少女漫画とは思えんw
無効化能力役立たないなあ上条さん。

15話
やっぱりほむらちゃんみたいな声になってきたなw
「屈辱の沼に頭を押さえつけられるような毎日」って少女漫画のセリフじゃねえw
ここは関西弁が効くなあ。
やはりスネイプ…じゃなくてジンジンはツンデレやな。

16話
翼先輩のロリコン感。
雑草魂と言えば鈴木啓示。
だんだん逆ハーレムになってきた。
フェロモンは万能というその幻想をぶち壊す!無効化最強!
トイレまでちょっととおいんれ~は無理ある。
後半のコンテや演出がシャフトっぽい。
逆ハーレムすぎる。
やはり無効化は強いよな上条さん。
汚いよ棗さん!

17話
いや大怪我やろ普通。
居たか治癒系能力者。
兄ちゃんそんな嫌な奴じゃないやろ。

18話
梅ノ宮アンナって名前いいの?
鈍感主人公ー。
あっ三角関係になってる。この鈍感主人公が!
よくある閉じ込められ展開。
るかぴょんもノンケになっちまうとはな。

19話
石田さんの声が裏返ってる。
作画悪いなあ。
百合能力社でゆり様とか。
この観客の作画は流石に酷すぎる。
ここまでキャストが変わるんじゃ2時間遅らせるほうがええやろ。
つーか王子は蛍がやったほうがええやろ。
学祭の割に先生が関与しすぎだな。
三角ラブコメの波動が。
おい腐女子勢。
アクションシーンだけ作画に力いれとる。
観客席の作画これTVで放送していいレベルじゃない。

20話
じじいに会いに行った話やっとか。
中等部でそのかっこだとちょっと悪趣味やな。
棗は譲ったらアカンやろ。
百合エンドかw

21話
だから小学生のレベルじゃねえぞw
大化の改新は今は645年じゃないんだよな。
この鮫の被り物がなんなのかずっと気になっている。

22話
蜜柑が無効化できる範囲がよくわからんよな。
寿命削ってぬいぐるみ作ってやるとかありえんだろ。
いつもこの回くらい作画が良ければなあ。
病院に連れて行けばとか言っちゃいかんの。
やっぱ花田先生じゃない回は雰囲気かわるな。

23話
発明ナンバー久々だな。督促ってw
委員長も影が薄くなったな…初期は蜜柑の唯一の味方だったが。
これサーカス批判回か。
観客の作画問題はボカすことで解決したか…。
蜜柑が周囲のアリス完全封じできればええのにな。
じんじんは蜜柑に電撃封じられたくせに…。
なるほど23話からアニオリと言うだけに急に流れ変わった感じしたわ。

24話
作画やべえw
いやレオ様は人身売買しようとしてたやろw
渉外担当って幼女わからんやろw
作画何とかしろ。
残った子たちは何w

25話
蜜柑の無効化が本当に役にたったのは対じんじんだけだよな。
敵が動物だしほんと無効化役に立たねえな…。
おーやっと役に立ったw
それにあんたも!ってひどいw
棗の言ってることは最初の言動と矛盾するよな。
最後はBLかw

26話
最終話でOP入れるか。
音無さんの声小学生じゃねえよな。
スミレが一般人を見下してる件は放置でいいのか。
じんじんはツンデレだなあ。
追試は?{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

70.2 2 グループ・タックで友情なアニメランキング2位
ふたつのスピカ(TVアニメ動画)

2003年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (204)
1235人が棚に入れました
『ふたつのスピカ』は、柳沼行による漫画作品と、それを原作とする望月智充監督のTVアニメ作品、およびノベライズ作品
【ストーリー】有人宇宙探査ロケット「獅子号」が市街地に墜落、その事故に巻き込まれて母を亡くした少女・鴨川アスミ。
葬儀の日、彼女はライオンのかぶりものをした1人の青年と出会う。彼は「獅子号」のパイロットの幽霊で、かなえられなかった宇宙への夢をアスミに託し、アスミもまた、それに応えるように宇宙飛行士への夢を膨らませていく。

声優・キャラクター
矢島晶子、木村亜希子、豊永利行、緒乃冬華、甲斐田ゆき、堀内賢雄、水野理紗、子安武人

らめええええええええ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

リメイクを期待する作品筆頭

監督:望月智充 原作:柳沼行
全20話、原作は16巻で完結

ふたつのスピカは原作漫画も知名度が低いですが
アニメ化の後、ドラマ化もされております。
人生の漫画ベスト10を選ぶとしたら外せない作品です。
このキャラデザインで敬遠するのは勿体無い・・・
この作品の見所は、「夢」を目指す少年少女たちの姿にあります。

「小さい頃から私、空を見てたの。ずっとずっと近づきたいと思ってた。これだけなの私の夢。これしかないの」6話より主人公アスミの台詞

本当に有り触れていて陳腐な表現にも思えます。
少年少女の成長劇を描いた作品は星の数ほどあります。
しかし、主人公アスミが夢を語るまでの出自や成長が丁寧に描かれているため、この言葉に真実味があり心に響きます。
宇宙飛行士という夢は極めて実現が難しいでしょう。
同時期に放送された「プラネテス」と共に宇宙飛行士を目指す人間の姿が
印象深く表現されています。背負うもの、苦労についての描写は「プラテネス」よりこちらが上でしょう。他の子供たちと一切馴染めず、黙々とひとり努力を重ねるアスミ。歳相応の遊びや楽しい体験がほぼありません。
あるのは宇宙への夢だけです。
これほど丁寧に、主人公が夢をもつように理由の言及や夢の実現への過程を克明に描いた作品は他になく、もっと高い評価を受けてよい作品であると思います。

あらすじ
アスミの父が技師として関わった宇宙ロケット獅子号が墜落するところからストーリーは始まります。大惨事となり、多くの人間の人生を変えていきます。獅子号の事故で亡くなり幽霊となったパイロット「ライオンさん」と少女アスミが出会い、宇宙のことを聞くにつれて、主人公のアスミは幼いころから「ロケットの運転手」になることを夢みるようになります。自分の大切な人を乗せるロケットの運転手になる夢・・・
その輝かしい瞳が周囲を惹き付けてやまないのです。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

とまときんぎょ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

その後が気になる

原作 柳沼行
監督 望月智充
脚本 望月智充、中瀬理香
キャラクターデザイン 後藤真砂子(監督の奥さんだそうで)


ほっぺたがハイジみたいな、主人公あすみちゃん。

幼いあすみちゃんの回想で、亡くなったお母さんと三途の川でさまよい出会う辺りは、じわじわときてしまいました。私も母を亡くしたのはあすみちゃんと同じくらいの時だったので。そんな観方は気持ち悪いよなぁ、よくないよなーと思いつつ。
もっとも、あすみちゃんのように聡明な良い子じゃぁ〜なかったのは重々承知なので、アレですが。
そして、あすみちゃんのお母さんは身体は生きているとはいえ、何年も家族と思い出を育むことができなかった。
そんなあすみちゃんが、悲しみの先に目指そうと見つけたのは輝く星スピカだった。えらいこじゃ。


「下手こいた〜」って口ぐせのこまっしゃくれた幼なじみの幼少期がおかしかったです。もっと観たかった。
この幼なじみ、素直じゃなくて面白いですね。
知人のだんなさんが地震の時にすぐ電話がかけてきて、心配してくれたのかなーと思ったら「玄関の水槽の生き物、大丈夫かっ?!」って言ったんだ…て話を思い出しました。きっとそんなタイプ…


ライオンさんは幽霊みたいなのに掃除ができたりハーモニカの音色を伝えられたりして、操作性がなんとも不思議でした。


作画は…大らかですね。
12話で出てきたシンプルなネコは、あまりにも生きているように見えず戸惑いました。「それ知ってる!『あずまんが』で榊さんをカブッと噛むやつだろ?…いかんいかん、シリアスなお話なのに」と思ってしまいました。


過去のロケットの事故でいろいろなものを失った人達のお話が、各話でクローズアップされます。
失った思い出を振り返りたくない体質の人には、辛気臭い物語と映るかもしれません。でも、地味だけどいい話ですよ。
行き止まり感のある大人達に対して、少年少女が力を合わせるカタルシス部分が展開されるのかな?と思っていたのですが、そういうやっつける感じではありませんでした。どこまでも地味にひたむきに癒そうとする力が働いていました。
宇宙を目指すサクセスフルなお話でもなく、失ったところから取り戻そうとする人達の底力を信頼して見守る物語でした。

「ポルフィの長い旅」からこの監督作品を選んで観てみてます。原作があるとはいえ、この監督さんの追求したい人生のうらさびしさの路線、少しわかってきた気がします。

まりかちゃんの事情、先生たちのその後、そしてもちろん子供たちのその後など、もっと見ていきたかったですね。原作読もうかな〜

投稿 : 2019/12/07
♥ : 33
ネタバレ

にゃんにゃ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

Pay It Forward

鴨川アスミの場合
{netabare}
わたしのお母さんは、わたしが小さい頃に亡くなりました。
もっといっぱい話したいことがあったのに。
もっといっぱいそばにいたかったのに。
お母さんはどんな匂いがするのかなあ。お母さんはどんなお花が好きなの?

先生が「お母さんはお星さまになったんだよ」って教えてくれました。
だから、わたし決めたんです。大きくなったらロケットの運転手さんになってお母さんに会いに行くって。

おおきくなった今、お母さんにどうしても伝えたいことがあります。
だからお母さん、もう少し待っててね。わたしがロケットの運転手さんになる、その日まで。。 {/netabare}
{/netabare}

鈴木秋の場合
{netabare}
宇宙って神秘的だと思わないかい?
今あの空に輝く星たちも、ホントはそこにはないかもしれない。
僕たちが見ているのは幻なのかもしれない。

それを確かめるには、自分で見に行くしかないよね。
僕は自分の目で確かめたいんだ。

誰よりもあの星に近づいて、そしてそれが目の前にあることを感じたいんだよ。
僕は人の言うことなんて信じないからね。 {/netabare}


府中野新之介の場合
{netabare}
だってさぁ。あいつ危なっかしいんだよ。俺がついててやらないと、何しでかすかわかんないじゃん?
でさ、あいつが宇宙に行きたいっていうからさ、しょーがないじゃん。ついてってやるしかないだろ?
え?別に好きとかじゃねーよ。俺がいないとホント危ないんだって。 {/netabare}


宇喜多万里香の場合
{netabare}
私はもう、だれにも頼らない。ひとりで生きていくって決めたの。友達ごっこなんて興味はないわ。

部屋から一歩も出ることを許されなかった、幼き日々。何も変わらない毎日。
その中で、窓から見える星空だけは、日々刻々と変わっていた。

そして気づいたの。私を救ってくれるのは、あの星空だけだって。
私を知る者が誰一人としていないあの宇宙に、私は恋焦がれているの。
ただそれだけ。
でも、あの子の事が頭から離れないのは、何故なの?
{/netabare}


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


宇宙開発に力を注ぎ、夢と希望に目を輝かせていた日本を襲った悲劇。宇宙探査ロケット墜落事故。
すべてはここから始まった。
この事故で失われた数多くの命。
その悲しき命が残し託した想いは、複雑に絡み合いそして伝達される。

この作品の中で、被害者たちは必ずしも事故を悲観的には捉えていない。
彼らの温かい前向きな心は、残された者たちに伝わり、やがて深い絆となる。


それぞれの想いを抱え、宇宙という無限の世界を求めた若者たちは、
鴨川アスミという深い絆に抱かれた恒星に導かれ、やがてお互いを認め合い歩みを共にし始める。まるでスピカのように。



この作品で、主人公並みに際立っていたのが宇喜多万里香の存在。
彼女の存在には、深いテーマとメッセージ性を感じた。
今となっては使い古し感の否めないテーマではあったが、放送当時には真新しい話だったのかもしれない。
しかし残念なことに、そのテーマはまとまることなくエンディングを迎えている。
興味深い話だっただけに、中途半端になってしまったのが残念でならない。
原作漫画が完結している今、是非とも続編と、本当の意味での完結を期待したい。

とはいっても、NHKおはこの、道徳・成長といったテーマに関しては、完成度は高い。
是非、子供にみせたい作品ではあるが、
大人の私が見ても、考えさせられることが多く、自分を見つめなおす事が出来る良作ではなかったかと思う。


とにかく、纏めると、
中途半端なくせに満足出来ちゃうという、NHKらしい作品に仕上げっている。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ライオンさんの場合
{netabare}
君はひとりじゃないだろ?
だから安心して、自分の思った道を進めばいいさ。

迷った時は、自分の心に聞いてみればいいよ。
君の選択を僕が、そしてみんなが全力で支えるから。
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 9

64.0 3 グループ・タックで友情なアニメランキング3位
あらしのよるに(アニメ映画)

2005年12月10日
★★★★☆ 3.6 (119)
693人が棚に入れました
ある嵐の夜、1匹のヤギ(メイ)が、山小屋に避難してきた。同様に1匹のオオカミ(ガブ)も同じ山小屋に避難してきた。真っ暗な闇の中、かぜ気味で鼻の利かない2匹は、互いの正体を知らない(勘違いした)まま夜通し語り合い、意気投合する。そして「あらしのよるに」を合い言葉に、翌日再び会う約束をする。

翌日、2匹は互いの意外な正体を知ることになるが、喰う者(オオカミ)と喰われる者(ヤギ)の関係を超えて、2匹は「ひみつのともだち」となる。しかしそれは、互いの種族にとって、決して許すことのできない禁断の友情であった。ある時、ガブと逢う約束をしたメイに、友だちのヤギ・タプが心配だからと一緒についてくる。ガブにとってはメイは友だちだが、メイの友だちは美味しそうなエサである。結局、メイの友だちを脅かして逃がし、その場は事なきを得る。

しかしやがて、2匹の関係は、ヤギとオオカミのお互いの集団にバレてしまう。

声優・キャラクター
中村獅童、成宮寛貴、林家正蔵、山寺宏一、KABA.ちゃん、小林麻耶
ネタバレ

renton000 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

子供向けと言い切れない面白さ

 初見でした。110分ほどの作品です。(ちょっとだけ追記)
 子供向けの作品ですが、その割にやや長いのが難点かもしれません。ペースも少しゆっくりとした感じです。小学校低学年くらいなら大丈夫かもしれませんが、園児だと110分は集中力が持たないかもしれませんね。ターゲットである幼い子への配慮は少し足りないように思えました。内容に文句はありませんけどね。

 普遍的なテーマで、かつ選んでいる言葉もシンプルなので、大人が見ると余計なことまで考えてしまうと思います。もちろんそこも魅力の一つになっています。ゆっくりとした作品や子供向け作品に抵抗がなければ、大人でも十分楽しめる作品になっていますので、幅広い年代の方に見てもらいたいですね。


ストーリー(ネタバレなし):{netabare}
 オオカミの男の子のガブと、ヒツジの男の子のメイ。二人は嵐から避難した小屋の中で、互いの正体を知らずに友達になってしまいます。後日の待ち合わせでビックリ! 捕食者と被捕食者の奇妙な友人関係が始まります。

 オオカミ仲間はガブに「メイを使ってヒツジをスパイして来い」と言い、ヒツジ仲間はメイに「ガブを使ってオオカミをスパイして来い」と言います。そんな社会に嫌気がさしたガブとメイは、二人が楽しく過ごせる新天地を目指して旅に出ることにしました。
 節々で「メイを食べたい」と思ってしまうガブ。メイに気遣って肉食をやめ、痩せ衰えていくガブ。ガブの葛藤の日々が始まります。

 新天地を目指した最後の難関、雪山越えが始まりました。猛吹雪に襲われ、二人は絶体絶命の大ピンチに陥ります。二人の行く末を悟ったメイはガブにこんな提案します。「私を食べて、私の分まで生きて」
 そして、ガブは…。
{/netabare}

 泣ける作品に仕上がっていますが、泣ければ良いというわけでもないので、少しだけ気付いたところを挙げておきます。

ざっくり:{netabare}
 絵本を意識しているのか、キャラクターは少し淡い感じで描かれています。光と影はしっかり描かれていますから、見辛いということはないはずです。

 背景は、原っぱなどののどかなシーンでは淡い線で、雪山などの緊迫したところでは強い線で描かれていたように感じました。このメリハリのある描き方には好感が持てました。
 最近の作品は、リアルな背景への追及が強すぎるような気がしています。どのシーンを見ても「同じ綺麗」ばかりが並んでいるように見えるのです。綺麗なこと自体は批判の対象ではありませんが、単一的な描き方だと表現からは乖離していくように思えます。好みの問題かもしれませんけど。

 ゆっくりした話のせいもありますが、テンポがちょっと悪く感じました。ただ、ここをあまり批判したくはないんですよね。ストーリーからも分かる通り、子供向けの割にテーマがちょっと重いんです。意図的に考える時間が取られているのかもしれません。個人的には助かる部分もありました。子供には必要な時間なのかもしれません。途中で飽きちゃうかもしれませんけど。
{/netabare}

ガブとメイ:{netabare}
 オオカミのガブの方が明らかに負担が大きいです。ただ、こればっかりはしょうがないですね。
 捕食者というのはどうしても悪者に見えてしまいます。ですから、それを打ち消すためにはより多くの負担を与え、より多くの努力をさせる必要があったのでしょう。

 で、ガブの努力というのは、その本質は「ジャンプ」にあります。
 ガブは岩から岩へのジャンプが上手くできず、オオカミ仲間からは笑われてしまうんです。一方で、後半のガブががんばるシーンでは、しっかりとジャンプをしているんですよ。ガブがジャンプをする姿には「がんばれ~!」と思わずにはいられませんでした。
 あまり露骨な伏線ではありませんが、ガブのジャンプにはじんわりしてしまいました。
{/netabare}

夜と洞窟:{netabare}
 タイトルの通り、夜は重要なシーンが目白押しでした。ただ、回数自体は多くはありませんでしたので、使うタイミングに関しては徹底していたのだと思います。
 エンディングは洞窟と絡めて非常に良いものになっていました。「夜空の満月」が「洞窟内から見た外の光」のように演出されています。
{/netabare}

 大人の視点で見ると、この先一体どうなるの?と考えてしまうところもあるかと思います。ただ、あれこれと理屈をつけるのではなく、素直な子供視点で見て欲しいかな、と個人的には思います。シンプルながらも深みのある作品でした。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 4

ちゃるか さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

○ 感動

物語:
見始めたあたりでは、よくある子供向けなかんじかな、と思いましたが。
非常によくできてる!たとえるとすると、感動する長編日本昔ばなし、かな。
最後まで素直に見て良かった。

作画:
好き嫌いは別として、ほんと今風の日本昔ばなしw

声優:
きっとあなたも一度はTVで見たことがあるはずの、あの人が。という。
予備知識全くなしで見たので、えええ?これって、あの人?!
とか思うのが楽しかったです。

音楽:
違和感なし。

キャラ:
天然最強。カワイイも不器用もいいね。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
私見:
チラ見して、あー、話読めたわw
と思わずに最後まで見てみるのも吉かな、と思います。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0
ネタバレ

Baal さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

一匹のオオカミと一匹のヤギの不思議な友情物語。

同名の絵本が元となった作品である。

NHKのてれび絵本という番組で知り、映画に

なっていることも知ったので視聴しました。

オオカミとヤギ、本来は食う食われるの関係で

あるはずの二匹があらしのよるに出会い、

お互いの本当の姿を知らぬまま仲良くなってしまう。

そしてお互いの正体を知ってしまうものの

秘密の友達として友情関係を結ぶ。

そうこれは種族という垣根を超えた作品であると

思います。絶対に分かり合えないことはけっしてない

通常はどんな関係を持っているのかはどうであっても

友情の力は{netabare}そんなこと全てを覆し超えて{/netabare}いく。

とってもハートフルな物語だと思います。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 14
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ