スーパーヒーローでアメコミなおすすめアニメランキング 4

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメのスーパーヒーローでアメコミな成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年11月15日の時点で一番のスーパーヒーローでアメコミなおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

78.2 1 スーパーヒーローでアメコミなアニメランキング1位
スパイダーマン:スパイダーバース(アニメ映画)

2019年3月8日
★★★★★ 4.3 (33)
172人が棚に入れました
ニューヨーク、ブルックリン。マイルス・モラレスは、頭脳明晰で名門私立校に通う中学生。彼はスパイダーマンだ。
しかし、その力を未だ上手くコントロール出来ずにいた。そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起こる。
その天地を揺るがす激しい衝撃により、歪められた時空から集められたのは、
全く異なる次元=ユニバースで活躍する様々なスパイダーマンたちだった――。

声優・キャラクター
【日本語吹替版】小野賢章、宮野真守、悠木碧、大塚明夫、吉野裕行、高橋李依、玄田哲章

ワドルディ隊員

★★★★★ 4.2

スパイダーマンファンは必見のCGアニメ映画

この作品は、マーベル・コミックの中でも知名度が高いヒーローもの
スパイダーマンを原作としたCGアニメ映画である。スパイダーマン
の映画としては初となるアニメ作品であり、主人公が従来の
ピーター・パーカーではなく黒人のマイルス・モラレスと
なっているのが大きな特徴だ。また、複数のスパイダーマンが
登場するという設定も付与されている。

全体を通した感想だが、沢山の受賞・ノミネートを獲得するのも
納得の出来だった。特にアニメーションの出来が凄く、スタッフ
からスパイダーマン愛を心の芯から深く感じられた。誠に感服した。
但し、全てが良いとも言い切れなかったように感じたので、
それも踏まえたうえで書いていきたいと思う。

主人公にきちんと焦点を当てており、変にだれることはなかった
ように思う。従来のスパイダーマンと同じような展開では
あるものの、必要な要素の一つだと確信していたため
私はそこまで気にならなかった。

また、比較的テンポもいいので、途中で眠くなるようなことは
起きなかった。映像も目を見張るものがある。色だけに留まらず、
演出や音といった部分まで徹底されているのは素晴らしい。

個人的なお気に入りは、夜の街並みをスパイダーウェブ
で操作しながら、駆け巡るシーンだ。臨場感に溢れた光景を
劇場で見られて本当に良かったと思っている。

今作も、他のマーベル作品と同じようにスタン・リーがゲスト
として登場する。細かい部分は省略するが、違和感を感じること
なくうまい事登場させる場面は毎度毎度感心させられる。

ちなみに、キャプテンマーベルだとオープニングロゴが全部
スタン・リーVerに刺し変わっているため、そういう意味でも
違った楽しみ方ができるかと思う。

主人公である、マイルス・モラレスやピーター・パーカーには
きちんと焦点を当てられているが、彼ら以外のスパイダーマン
への掘り下げは足りなかったように思う。ただ、
スパイダーウーマンに関してはマイルスとのやりとりが事前
にあったのでまだ納得できるが。

問題は残りの3人。戦闘シーンや紹介以外でのピックアップは
全くと言っていいほどされてない。モブキャラと化
してしまっているのだ。まあ、マイルスの引き立て役として
作品に大いに貢献したと考えれば、問題はないか。

敵キャラに魅力を感じられなかったのは致命的だ。プラウラー
を登場させたことに異論はないが、なぜ悪の道に進んだのか
という動機が不十分だった。キーパーソンとして重要なキャラ
であったのは明確に書かれていたので、彼についてもっと
掘り下げるべきだった。非常に勿体ない。

勘がいい人なら物の数分で正体に気づいてしまう恐れが
あるが、そこは伏線回収に繋がるという理由で自らを
納得させることにした。

キングピンに関しては言わずもがな。ぶっちゃけ、只の
でくの坊と化している。動機の説明はされているのが
唯一の救い。もういっそのこと、ドクター・
オクトパスでいいんじゃないかなと思ったのは私だけではないはずだ。

書いていて思ったのだが、アベンジャーズを意識した作り
にしたかったのではないかと考えるようになった。

なんせ、今年の4月末にはアベンジャーズ:エンドゲーム
が公開されるのだ。詳細は省くが、アベンジャーズの
4作目という位置付けになっている作品だ。

前作の戦いから、ヒーローたちが再集結し、サノスに
再度戦いを挑むというシナリオになっている。心の底から
待ちわびているといっても過言ではない程
私が楽しみにしている映画だ。恐らく、劇場での視聴になるだろう。
どのような出来になるか気になって仕方ない。

また、夏にはスパイダーマン:ファー・フロム・ホームの
公開も予定されている。但し、これに関しても言い出すとキリが
ないので、wikiを参照してもらいたい。(許して)

スパイダーマン好きの人向けに制作されているのも相まって、
スパイダーマン入門作品としては適さないのは間違いない。
スパイダーマンシリーズが好きな方、あるいはマーベル作品が
好きな方ならば見る価値はある。
個人的には間違いなく良作だと思う。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 12

このままじゃダメだ

★★★★★ 4.5

こだわり過ぎなんじゃない?

アカデミー賞ノミネートされていたり
アニー賞とったり
ゴールデン・グローブ賞をとったり

まあ、わかりましたよ。
pv見たとき、動きカクついてるなーと思ったけど、それはこだわり。
チカチカして疲れるなーと思ったけど、それもやっぱりこだわり。
緩いアニメに見慣れてしまった私には刺激が強すぎましたね。

戦闘が熱くなる山場の記憶が無い。

ストーリー、絵作り、どちらも客観的に見て面白かったです。
特にファンにはたまらないでしょう。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 9
ネタバレ

根越 詠汰

★★★★★ 4.5

まったく新しいスパイダーマン

 字幕版、吹替版を見たです。吹替版の時折出た漫画のようなふきだしが印象的だったです。今回は、吹替版のほうが馴染みやすかったです。

 実写映画のスパイダーマンは知っているけど、今作や漫画は知らなかったです。かなり昔幼いころ、実写に巨大ロボットに乗るのもいた記憶があるです。スパイダーマンも色々だなぁと思う今作だったです。ピーター・パーカーなんてこれを見るまで、よくわからなかったです。

 スパイダーマンが、5人と一匹、考えたことも見たこともなかったです。コスチュームも違うし、スパイダーマンに似つかないロボットに乗る少女だとか、豚がスパイダーマンと呼べるのか?疑問に思ったです。CGと若干そうでないのの融合なアニメだったです。

 今作の主人公は、アフリカ系の少年マイルス。両親、叔父さんに愛される少年が、スパイダーマンとして成長するお話です。

 能力を認識し始めたマイルスが、悪い奴と戦っていたスパイダーマン(ピーター・パーカー)に使命を託されたです。その後、別の次元から来たピーター・B・パーカーと出会い、協力?していく先で、スパイダーマンが増える展開です。目的は、元の世界に帰ること、次に託された使命を果たすことという感じです。

{netabare} マイルスが、アーロンおじさんから教わったショルダータッチ「ヘ~イ」。これが、後半で大きな役割を果たすことになるです。{/netabare}


 敵のアジトに潜入するシーン、バトルシーン、スパイダーマン達との別れ、使命の達成、演出が良かったです。

 マイルスの成長、スパイダーマン達との団結、子を思う親の姿の詰まった見ごたえのあるアニメだったです。

 

投稿 : 2019/11/09
♥ : 5

60.3 2 スーパーヒーローでアメコミなアニメランキング2位
強殖装甲ガイバー(TVアニメ動画)

2005年夏アニメ
★★★★☆ 3.4 (23)
112人が棚に入れました
遥かな昔、謎の異星人「降臨者」が地球に残した3つの「ユニット」と呼ばれる物体。高校生の深町晶は偶然その一つを手に入れ、殖装体「ガイバー」となってしまい、降臨者の遺したデータを悪用し世界征服を目論む秘密結社「クロノス」に追われることとなる。
「調製」と呼ばれる遺伝子操作により強大な力を持った怪人「獣化兵(ゾアノイド)」達との激闘。 クロノス幹部の殖装体「ガイバーII」の襲撃。そして獣化兵を遥かに凌ぐ力を持つ「超獣化兵(ハイパーゾアノイド)」。 晶は苦戦しつつもガイバーの能力でこれらの強敵を撃退する。

きゃのぴ~

★★★★☆ 3.8

不遇な名作

原作は掲載誌が2度に渡り廃刊になり、連載がストップした不遇な漫画のアニメです。
その影響なのかアニメ版も原作のストーリー(コミック第10巻くらい)のストーリーで完結してます。

強殖装甲ガイバーなんてタイトルを見れば、良くあるヒーロー物で低年齢層しか楽しめないような物なんだろう?って思われると思いますが少年誌に渇載されていたとは思えないようなストーリー展開を見せます。
日本ではほとんど知名度が無い作品ですが海外では結構評価の高い作品です、2度も作品が生き返ったのは伊達じゃありませんよ。

アニメ版はストーリー展開(進み具合)が割りとグダる傾向にあり、作画(作者の画力)も良いとは言えませんが、それを考慮に入れても十分楽しめると思います。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 2

計測不能 3 スーパーヒーローでアメコミなアニメランキング3位
マーベル フューチャー・アベンジャーズ(TVアニメ動画)

2017年夏アニメ
★★★☆☆ 2.5 (5)
22人が棚に入れました
いくぜ!未来をかけた最強バトル!! 悪の組織ヒドラの遺伝子操作によって創られた少年戦士たちを救ったアベンジャーズ。超人的能力を持っているが未熟な少年たちを“フューチャー・アベンジャーズ”として弟子入りさせ、鍛えることに。少年たちと、最強のスーパーヒーロー・チーム、アベンジャーズがタッグを組み地球存亡をかけて悪に立ち向かう!少年たちが真のヒーローとなるその日まで・・・。

声優・キャラクター
花輪英司、中谷一博、加瀬康之、松田健一郎、水橋かおり、金田アキ、田丸篤志、木村珠莉

たわし(ガガ)

★★★☆☆ 3.0

スーパーヒーローとは「這い上がる」勇気

女性のスーパーヒーロー映画「キャプテンマーベル」を見て、

最近はスーパーヒーロー映画が非常に人気で、出せば当たるというくらいポピュラーになりましたが、今回のMCUの「キャプテンマーベル」はアメコミヒーローの中でも非常にマイナーな部類に位置するキャラクターで、能力や設定にさほど特徴がないので、案の定、アメリカの観客もちょっと食傷気味に感じてるみたいですが、

ひとつだけ素晴らしいことがあり、主人公キャロル・ダンバースの生い立ちにおいて、非常に周囲から「女性だから」と馬鹿にされてきて、うまくいかなかった人生でも、いつでも「立ち上がり」「前を向いて」戦ってきたんだという描写が、世の中の女性に対して多大な影響を与えていることに間違いはないだろうと思いました。

これはキャプテンマーベル役のブリーラーソンの演技から染み出てくる非常に真っ直ぐで正しいことのためには身を張って戦う姿に、ワンダーウーマンと同じく「正しい女性のあり方」を示しているように思えます。

女性の社会進出と同時に生まれたアメリカの女性スーパーヒーローは、非常に健康活かつパワフルで、曲がらない真っ直ぐな心を持った「強い女性」なのが好感度が上がっている理由の一つかもしれません。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 5

計測不能 4 スーパーヒーローでアメコミなアニメランキング4位
X-MEN(TVアニメ動画)

1994年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (3)
13人が棚に入れました
北米マーヴル・コミック社の看板作品のひとつであるSFアクションコミックのTVアニメシリーズ。人類の中にその存在が確認され始めた新人類ミュータント。彼らは善悪に関わらず、常人と違う能力を有するというだけで差別や偏見の目にさらされる傾向にあった。自らも優れたミュータントであり、人類とミュータントの平和共存を図る科学者エグゼビア教授。彼のもとには年齢を問わず、社会の中に居場所を失ったミュータントが集結。世界の平和とミュータントの人権を悲願とする彼らは正義の有志グループ「X-メン」を自称。超能力の悪用を図る一部のミュータントや、ミュータント弾圧の悪質な策謀を企む者たちと戦うのだ。ストーリーは原作の要素を再構成した、TVオリジナルの新作を用意。第1シリーズ(初期13話)は本国アメリカで放映された際には、50%近くのテレビ占有率を記録した。なお1994~1995年の初放送時は第3シーズンの終盤近くまで放送。後に残りのエピソードを含めた分が新規吹き替えでCSにて放映された。

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.8

誰もが持つ「コンプレックス」に焦点を当てている

アメコミのスーパーヒーローがウケるのは、「地に足のついたリアルな設定」にある。アメリカ社会をいつも映し出す鏡であり、日常でもあるからだ。人間的な悩みを抱えるスーパーヒーローたちは一部を除いて非常にシリアスな設定であり、「アベンジャーズ インフィニティーウォー」や「エンドゲーム」なんかも見てわかるように決して明るく楽しいだけでなく、物語やテーマにもかなり力を入れている。

MARVELの良いところは所属のスーパーヒーローがほとんど社会的マイノリティであり、大ヒットした「ブラックパンサー」も然り、この「X-men」もまたユダヤ人、ロシア人、アイルランド人、アジア人、アフリカ人などの社会的に差別されてきた人たちが活躍するところにある。ミュータントもまたアメリカ社会から隔離され、その超越的な能力から差別されている。なにもアメリカだけに限らず日本においても、太っている痩せている、背が低いとか、障害があるとか日常的に色々と差別があるわけでそういった意味では誰もが共感できる「コンプレックス」を逆に主題に置いている。
日本の漫画にはそういった社会問題をテーマに据えることは非常に稀で、「聲の形」がほぼ初めてというのだから多様なように思えて案外底が浅いのかもしれない。(昔話ではありますけどね。)

本当に好きなシリーズです。

投稿 : 2019/11/09
♥ : 6
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ