おすすめチャールズ・グロスヴェノー人気アニメランキング 7

あにこれの全ユーザーが人気アニメのチャールズ・グロスヴェノー成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年08月18日の時点で一番のチャールズ・グロスヴェノーアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

計測不能 1 ピンク・パンサー(TVアニメ動画)

1994年秋アニメ
★★★★☆ 3.1 (3)
35人が棚に入れました
ひょろっとした細身のピンクの豹でおなじみのキャラクター。実写のコメディー映画『ピンクの豹(原題:THE PINK PANTHER)』のオープニングアニメへの登場をきっかけに、劇場用短編シリーズが制作された。デビュー間もなく雑誌『TIME』の表紙になり、1965年にはアカデミー賞を受賞。世界のアニメ史を語る上で欠かせない作品として、今もなお世界で愛され続けている。オリジナル版は20世紀FOXが発売している『ザ・ベスト・アニメーション(計2枚)』で楽しむ事ができる。TV東京版はオリジナル版を元にして作成されているが、原作のパンサーはほとんど無言でストーリーが展開して笑いを誘うのと違い、喋りも込みのストーリー展開となっている。クールなパンサーがシュールな世界で笑いを取る。子供から大人まで大爆笑のおしゃれでユーモアたっぷりのドタバタコメディだ。

計測不能 2 リトルフット7/ちびっこダイナソーと魔法の石(OVA)

2000年1月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
1988年にアメリカで制作されたアニメ映画。スティーヴン・スピルバーグとジョージ・ルーカスが制作総指揮を務め、その後も続編が制作。主人公のアパルトサウルスの子供「リトルフット」と恐竜の子供たちが「みどりの谷」で繰り広げる冒険を描いたアニメ作品。 ある晩、流星が地上に落ちる様子を目撃した、リトルフット。その流星に不思議な何かを感じたと大人たちに話すも、誰も信じてくれない。しかし、流星を手に入れることができれば、部族の長になれると信じたプテラノは、リトルフットたちをだまして流星の元へ飛んでいってしまう。そんなプテラノの後を追い、リトルフットと仲間は流星を探す旅に出かけるが……。

計測不能 3 リトルフット6(OVA)

1998年1月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
ハリウッド映画界の巨匠・スティーブン・スピルバーグ&ジョージ・ルーカス制作総指揮したファミリー向けの人気アニメシリーズの第6弾。本作は、みどりの谷にすむ恐竜リトルフットとその仲間たちの活躍が描かれている。 ある日、おじいさんから伝説の「はぐれ恐竜」の話を聞いたリトルフットは、「はぐれ恐竜」に憧れを抱くようになる。そんなとき、みどりの谷に流れ者の恐竜ドクがやってきた。そしてそんなドクのことを「はぐれ恐竜」だと信じるようになる。しかしドクが来てからのみどりの谷では、良くないことが続き……。

計測不能 4 リトルフット ムーサウルスを救え!(OVA)

2005年1月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
ブロントザウルスの子のリトルフットを主人公にしたキッズアニメの11作目。甘い花をつける木を大切にして、ごちそうの日を楽しみにしている谷の恐竜たち。しかし、リトルフットはうっかり花を落としてしまった。大騒ぎのなか、リトルフットはムーサウルスの群れが落としたとウソをついてしまう。それが元で谷を揺るがす騒動が発生してしまい、リトルフットとその仲間たちは渦中のまっただ中へ落とされてしまうのだった……。ごちそうの日はどうなるのか?

計測不能 5 リトルフット 海への大冒険(OVA)

2002年1月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
1988年にアメリカで制作され、スティーヴン・スピルバーグとジョージ・ルーカスが制作総指揮を務めたことで知られるアニメ映画の続編。本作は、シリーズ開始から15周年を記念して制作された、特別記念バージョンとなっている。 主人公・リトルフットはみどりの谷に暮らすブロントサウルスの子供。トリケラトプスのセラ、パラサウロロフスのダッキー、プテロダクティルスのビートリー、ステゴサウルスのスパイクらと、谷の外の不思議な世界へと今日も冒険に出かける。そんなある日、彼らが暮らす村に雨季がやってきた。やがて雨があがると、村には大きな湖ができて、リトルフットたちは大喜びで遊びに出かけるが……。

計測不能 6 リトルフット アイス・フリーズ(OVA)

2001年1月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
スピルバーグ&ルーカス制作総指揮の下に制作された「リトルフットの大冒険/謎の恐竜大陸」に始まる、可愛い恐竜リトルフットとその仲間たちが繰り広げる冒険を描く人気アニメシリーズ第8弾。寒冷期を迎え、厳しさを増す生活環境の中で、リトルフットたちの新たな冒険が始まる。 リトルフットは緑ゆたかな谷で、仲間のダッキーやセラ、ピートリー、そしてスパイクたちと楽しく暮らしていた。ある日、この谷に初めての雪が降った。はじめはこれまで一度も見たことのない光景に大興奮のリトルフットたちだったが、雪がどんどん降り積もってくるにしたがい喜んでばかりもいられなくなってきた。寒さは厳しさを増し、日々とれる食料もどんどん少なくなっていく。そんなある日、彼らの谷をステゴザウルスの群れが横切っていく。それを見たスパイクは、彼らに付いて南へ向かうと言いだし、リトルフットたちは困惑するが…。

計測不能 7 リトルフット ベスト・オブ・フレンズ(OVA)

2003年1月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
スティーヴン・スピルバーグとジョージ・ルーカスの制作総指揮による、恐竜アドベンチャーアニメ映画の続編OVA。恐竜(アパトサウルス)の子供リトルフットは、優しい祖父母や仲良しの友だちと平和なみどりの谷で暮らしていた。だがある夜、夢の啓示を受けた祖父母は、夢の中に出ていたはるか遠い場所に向かう決意をする。訳もわからないまま、祖父母の本能を信じてともに旅に出るリトルフット。だが彼と離れるのがいやな友だちの恐竜仲間は、その後を必死に追いかける。やがてリトルフットが出会った相手。それはずっと昔に生き別れた父ブロンだった! 1988年に公開の第1作に続いて制作された続編連作アニメのひとつで、監督は本連作シリーズのメインといえるチャールズ・グロスヴェノー(第1作の監督はドン・ブルース)。原語版では、父ブロンの声を『24 -TWENTY FOUR-』の主人公ジャック・バウアー役の人気俳優キーファー・サザーランドが演じている。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ