ナンセンスギャグおすすめアニメランキング 10

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメのナンセンスギャグ成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月06日の時点で一番のナンセンスギャグおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

65.2 1 ナンセンスギャグアニメランキング1位
魁!!クロマティ高校(TVアニメ動画)

2003年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (114)
666人が棚に入れました
東京都立クロマティ高校、そこは選りすぐりの不良達が揃う、「ワルのメジャーリーグ」とも言われるほど恐れられている高校である。
主人公・神山高志は優等生ながらも、中学時代に助けてもらった親友と同じ高校に行くため引き算ができれば入学できる(しかも面接がない)というクロマティ高校を受験したのであったが、なんとその親友は不合格となってしまったため、結局神山1人が入学してしまう。それでも挫けず通っている内に、究極のバカ・林田慎二郎や影の薄い前田彰、茶筒型のロボット番長メカ沢新一や、高校生どころか日本人にすら見えないフレディ、それどころか明らかに本物のゴリラであるゴリラ(豪ヒロミ)、喧嘩は強いが乗り物に弱い竹之内豊、大財閥の息子・北斗武士と名前を名乗ろうにも必ず妨害が入るため名前を名乗れない子分など、クセの強い友人や仲間が増えてゆき、この異常な学校にも馴染んでいくのだった…。

声優・キャラクター
櫻井孝宏、鈴木琢磨、稲田徹、若本規夫、内藤玲、風間勇刀、黒田崇矢、森訓久、陶山章央
ネタバレ

文葉 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

シュールな上級者向けアニメ。クロマティ高校

選りすぐりの不良達が揃う、クロマティ高校は
「ワルのメジャーリーグ」又は
「毎日がワルのオリンピック」状態だった・・。
優等生の主人公神山高志が入学し{netabare}(第一話の鉛筆回から神山が一番のワルだって判明(笑)){/netabare}
沢山のワル達と出会い、生活していく上で学校での立場も向上し
奇抜な高校生活を満喫する・・みたいな話

上級者向けアニメ探してたら
このアニメが見つかったけれど、
勇気が(色んな意味で)出なかったので今まで疎遠でした(震え声)

原作未読なのでアニメ見る前に一応Wikipediaで調べて、
単行本第1巻に載っている「クロマティ高校沿革」をみて
特に1930年:初代総番長が「喧嘩相手が止まって見えた」との名言残した。
1987年:学校ごと入学式の日にち間違える。新入生大混乱。
そして何度も校舎が破壊される・・
等の部分などにカオスを感じて視聴決定しました。

あにこれのクロマティ高校のサムネがいかにも
QUEENのBohemian Rhapsodyっぽくてシュールですw
(実際にニコ動でBohemianのMADがあったので私と同じことを考えている人がいることに安心感を感じました)

高校生なのか日本語が通じるのかわからない
某シンガー↑にそっくりなフレディ初登場回や
ゴリラそっくりな(明らかに本物のゴリラ)の
豪ヒロミ(←絶対郷ひろみ本人に怒られるw)の登場回に爆笑しましたw

メカ沢くんがロボットなのに機械が苦手で
義理人情に厚く男らしい硬派キャラだから
作中の人気キャラクターの一人なのに作者から
否定され嫌われているのが謎・・(笑)

2005年に実写{netabare}
「魁!! クロマティ高校THE★MOVIE」が
原作ファンに人気なので(実写化で成功なのも珍しい)
アニメ視聴後に見たら、ほんとアニメそのままでシュールだった・・
第一話の鉛筆もろ食べてたし・・役者魂を感じた・・スゴイ!
特撮組が多くて女性一人も出なくて、まさにクロマティだった。{/netabare}

投稿 : 2019/11/30
♥ : 33

たわし(ガガ) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

権力や固定概念に捕らわれているバカバカしさを笑え

絵を描く人間は必ず何かしらを描くための「キャンバス」が必要であり、それがないと何もできないのと、あるいはなにかしら「形」を想像しないと描けないのと同様に、人間はいつも「固定概念」によって常日頃囚われている。

世の中はこういうものだとか、「家族」や「恋人」、「友達」が一番大事であるとか。。。それを失った瞬間にいとも簡単に日常は崩れ去り、精神的などん底に突き落とされてしまう。

それは世界を形作る「形式」や「権力」も同じであり、「不良」「ヤンキー」という一種の日本特有の文化が権力者的な第三者目線から見るとあまりにもバカバカしくみえるのだが、実はクロマティ高校の連中は馬鹿でも「ヤンキー」的な「筋」は通す非常に真面目な高校生の話でもあるのである。

「固定概念」というバカバカしさを吹き飛ばし、一種の狂気と男気で乗り切る安定感のコメディとして暖かく見守ってやりましょう。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 14

こたろう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

前略、視聴者の皆様。このアニメに出てくる奴は不良です

なんというか・・ともかく、よくこの漫画をアニメにしたな!って感心します。
いや、原作は大好きなんですがクセが有り過ぎでしょw
んで、このアニメですが、良くも悪くもかなり原作どうりに作ってあります。


原作の面白さは、一見バリバリのヤンキー漫画っぽいのに、内容は真面目な顔しながらアホな事ばかり語ってるっていうギャップが笑えるんですが、アニメでもその傾向が強いです。
だから、モノローグで語りがいっぱい入る話では無茶苦茶おもしろいけど、一方で動きが多いときは淡白でイマイチな印象になってます。
個性的すぎるキャラ(ゴリラ、フレディ、メカ沢)は原作同様に笑えますが連続するとやや飽きます。
アニメって難しいですね。


ちなみに、OPを歌うのは大物歌手です。
よくこんなアホなアニメのを引き受けたなぁ。好きだけどw

投稿 : 2019/11/30
♥ : 6

61.8 2 ナンセンスギャグアニメランキング2位
天才バカボン(TVアニメ動画)

1971年秋アニメ
★★★★☆ 3.3 (29)
158人が棚に入れました
植木職人バカボンのパパの家は、近く産まれる新生児を待ちわびていた。やがて産まれた赤ん坊ハジメちゃんは天才児とわかる。善人だが頭のネジのゆるいパパ、のんびり屋の長男バカボンは、優しくてしっかり者のママと共に新たな家族の誕生を喜んだ。今日も町にバカボン一家の笑い声がこだまする。

声優・キャラクター
山本圭子、雨森雅司、増山江威子、貴家堂子、田の中勇、槐柳二、北村弘一

天神 羅愚羅 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

これで~いいのだ~(いいのだ~)

ナンセンスギャグの極致、マンガ界に燦然と輝く金字塔ですね(゜∀゜)
 
「元祖天才バカボン」と記憶が混在してしまっているので、内容についてのコメントは控えます(^_^;)

ま、説明は不要ですね(´ω`)
日本一子供に理解のあるお父さんです(´ω`)

投稿 : 2019/11/30
♥ : 6

みのるし さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

OPのイントロが全てを物語る

ワウペダルを買ったらまず最初に家で弾くのが天才バカボンのイントロ。
これは古今東西老若男かわりません。(と思います。)

それぐらいインパクトのあるOPイントロのギタープレイ。
アツイ!アツすぎる!

放送が終わって軽く40年ぐらいたってる思いますが、いまだに各話脳裏に刻み込まれています。

今ではバカボンパパのほうがボクよりずっと年下ですが、いまだにボクは彼を超えることはできません。

ジミヘンドリクスのことを『永遠に超えられない年下』と評した野村ヨッチャンの心境とほぼ同じなんではないかと思う今日この頃です。

将来ボクもミラーマンになりたいです。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 5

kuroko85 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

奇想天外な事ばかり

言わずもがな、、、、
赤塚不二夫氏の代表作ですね。
とにかく、奇想天外な事ばかりなので
記憶に残っています。
まず、主題歌、、、子供の頃の私は
この歌で、【太陽は西から昇らない、だから東から】と
覚えたくらいです。
さらにタイトルにある【バカボン】の
影が薄い(というより他の登場人物が強烈過ぎ)
子供の頃、いつも思っていたのが、、、
どうして、バカボンママはパパと結婚したのか?

そして、無闇に発砲する御巡りさんの目!
目玉焼きを見るたびにいつも思い出します。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 2

58.0 3 ナンセンスギャグアニメランキング3位
あいまいみー ~妄想カタストロフ~(TVアニメ動画)

2014年夏アニメ
★★★★☆ 3.3 (200)
948人が棚に入れました
ちょぼらうにょぽみ原作の4コマ漫画をアニメ化したハイテンションギャグコメディ第2期。
漫画研究部に所属する女の子、愛、麻衣、ミイが、地球に迫る邪悪な侵略者と戦ったり、ライバルとトーナメントで闘ったり、漫画を描いたりはしないかもしれません。

声優・キャラクター
大坪由佳、内田彩、内田真礼、茅野愛衣、向清太朗

ローズ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

理解不能……それが、あいまいみー

漫画研究部のメンバー、愛・麻衣・ミイが中心となったコメディ作品の2期目。

とにかく作品内容が意味不明・不条理など言葉では言い表せないぐらいハチャメチャです。
本作品を理解しようとしないで下さい。
考えても理解する事は不可能です。
原作者のちょぼらうにょぽみさんの頭の中を覗いて見たいぐらい不思議な作品です。

本作品を見たらすぐに分かりますが、漫画研究会とは関係ありません。
たしかそんな設定もあったなぁと思い出すぐらいです。

ゲスト(?)として、しばいぬ子さんと ちとせげっちゅ の ちとせが出演。
竹書房のショート作品繋がりです。
これは意外な展開だったので楽しめました。

1期に引き続いて主題歌のギターは元メガデスのマーティー・フリードマンが演奏しています。
一体、どういう繋がりか分かりませんが、マーティーに対する印象が変わってしまいましたw

とにかく発想が突飛でカオスな内容。
クセになる面白さ。
一度ハマると抜け出せません。
万人受けしませんが、ハチャメチャでマニアックな人に向いている内容の作品でした。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 28

ninin さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6

妄想が加速しすぎていてよく分かりませんw

原作未読 0話を入れて全13話 アニメ3分ちょっと 実写1分のショート作品

漫画研究部の蛯原 愛(えびはら あい)、麻衣(まい)、ミイを中心に色々な事が起こるカオス的な作品です。

漫画研究ことなどほとんど関係なくお話は進行します。

1期よりますますカオス的な内容で話に全くついていけませんw

この作品は「考えるより感じる」ってことなんですかね~

実写は、この作品の中の方で大坪由佳さん、内田彩さん、内田真礼さんにお笑いの天津向さんが出演しテーマを決めて、4コマ漫画をバラバラに起承転結を書くというコーナーで、こちらの方がよっぽど漫画研究してましたw

最後に、あいまみー的どうでもいい一言「ラーメンは豚骨」

投稿 : 2019/11/30
♥ : 21

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

「ちょぼらうにょぽみ劇場にようこそ・・・^^;」 ぱ〜と2

この作品は、「あいまいみー」の2期に相当する作品です。
私は、この作品が2014年夏アニメで放送されると知って1期を視聴したのですが・・・
一言で言うと「とてもカオスな作品」でした^^;

こうして2期の視聴を始めたのですが・・・
確か3人は漫画研究部に所属しているのですが、その設定が殆ど活かされていません・・・
8割位は漫画以外の話で、残り2割程度の漫画の話が出てくると逆に違和感を感じてしまったり・・・^^;

物語に一貫性が無いので良く分かりませんでしたが、分からないなりに視聴することに慣れてきたのが正直なところです^^
何かあるとすぐに出血・・・しかも大量吹き出し系^^;
作画が特別に素晴らしいわけではありません・・・
音楽は耳に残る電波的な感じで嫌いじゃありませんが、それ以上でもない・・・
と、全てにおいて普通の作品です。作品の視聴数がどんどん増加している昨今において切っても良かったのかもしれませんが、結局切れずに完走してしまいました^^

どうしても視聴してしまうこの作品の魅力って・・・?
人それぞれかと思いますが、私は振り返ってみると要因はキャストにあったようです。
アイちゃん・・・大坪由佳さん
マイちゃん・・・内田彩さん
ミイちゃん・・・内田真礼さん
ぽのか先輩・・・茅野愛衣さん

どうみても声優陣が豪華過ぎます^^
なので、たまにぽのか先輩が登場するとそれだけで嬉しくなったり、声優さん達の布陣を踏まえながら視聴すると、時々視聴済の作品の1シーンが脳裏浮かんで妙な懐かしさを感じたり・・・^^
もちろんブッ飛んだ内容に思わず笑ったりと、私は結構楽しみながら視聴していたようです^^

オープニングテーマは、アイ・マイ・ミーの3人が歌う「全力炸裂あいまいみー!!」
wikiを見ると、「ギター演奏:マーティ・フリードマン」となっています。
これまで個別の奏者をピックアップした曲をあまり見たことが無かったのでググってみたらアメリカのギタリストで・・・タモリ倶楽部の空耳アワードに出演されていたという方でした。
日本のアニメとの接点ってどこにあったんだろう・・・と思って調べてみると、KOTOKOさんやLinked Horizonさんとの繋がりがあったようです。

1クール12話ですが、円盤購入者は特典としてTV未放送の第13話「処女厨」が視聴できるようです^^
第3期を放送する・・・となったらきっと視聴すると思います^^

投稿 : 2019/11/30
♥ : 20

54.0 4 ナンセンスギャグアニメランキング4位
ストレンジ・プラス(TVアニメ動画)

2014年冬アニメ
★★★☆☆ 3.0 (173)
847人が棚に入れました
家出して行方不明となっている兄・巧美を探してある街にやってきた恒。兄を探すのは困難かと思われ、捜し当てるまで帰らないと決意する恒だったが、あっさり見つけてしまう。しかし再会した巧美は美国探偵事務所の所長となっていた。巧美は、実家に帰る気配は全くない。恒は、兄が帰らないならばと、美国探偵事務所に居座ることを決意する…。

声優・キャラクター
関智一、福山潤、置鮎龍太郎、ゆきのさつき、森川智之、川田妙子、小西克幸、羽多野渉、斎賀みつき、寺﨑彩乃、長弘翔子

Baal さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

完全に騙されました。

美川べるのによる漫画を原作とする作品です。

ジャンルはギャグ、全12話、原作未読。


美国探偵事務所の面々がそのほかの怪盗やら悪党らと

繰り広げるギャグ+パロディです。


二期は3分半程度のギャグアニメだというのは知っていた

のですが、一期も同じく3分半のギャグアニメだったとは。

完全に騙されました。(いや騙されたというより勝手に

勘違いをしていただけだと思う)


3分半の間にしっかりと笑わせてもらいました。

パロディネタもあからさまにというかストレートに

来るのですぐに分かって(普通なら全然気づかないのですが)

楽しめた作品でした。


約3分半×12話つまり約42分とかなり短いので

気軽に笑える作品だと思います。

(※あくまで個人的に楽しかったとのことですが)

投稿 : 2019/11/30
♥ : 30

ローズ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

1話観る時間でカップ麺の出来上がり

正味3分半のショート作品で内容は探偵物。

探偵物だとシリアスな展開を想像しそうですが、中身はコメディータッチ。
難しい内容ではありません。

深夜アニメのショート作品という事で予算が無い事は承知済み。
作画が厳しいのは我慢して下さい。
こういうショート作品で有名なのは竹書房だと思うのですが、本作品の原作は一迅社。
最近、ショート作品を使う手法が一般化しているのでしょうか。

全12話を視聴しても、約40分しかかりません。
箸休めみたいな作品と言えばいいのかな。
あまり期待しないで気軽に観る事をおススメします。


視聴しても頭に残らなかったのは歳のせいなのか作品のせいなのか分かりません^^;

投稿 : 2019/11/30
♥ : 18

ninin さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7

なんちゃって探偵(酷評注意)

原作未読 全13話(0話含む) 1話3分作品

美国探偵事務所に所属している男女4人の探偵が、依頼されて色々なことに巻き込まれるギャク作品です。

探偵とは言ってますが、いつも依頼主は変で訳の分からないギャク?展開になるしまともに探偵してませんw

好きな方はすみません、全然笑えないしどこがツボなのか最後までわかりませんでした。
オススメできませんね。

OP カッコいい曲です。内容とのギャップが感じられますw

投稿 : 2019/11/30
♥ : 18

68.3 5 ナンセンスギャグアニメランキング5位
映画 クレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん(アニメ映画)

2014年4月19日
★★★★☆ 4.0 (143)
784人が棚に入れました
原作:臼井儀人(らくだ社)/「月刊まんがタウン」(双葉社)連載、監督:髙橋渉、脚本:中島かずき、矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみ、、、

声優・キャラクター
矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治、こおろぎさとみ

ninfami さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

映画館で泣いてしまいました。

ここ10年、クレヨンしんちゃんはパッとする作品がありませんでした(3分ポッキリ以降)。その10年の中で一番面白い作品と言えば私の中では花嫁だったのですが、今作でそれは塗り替えられました。これは長い目で見ても、オトナや戦国に劣らない名作です。脚本はグレンラガンで有名な中島かずきさんということで、元より期待をしていたのですが、見事その期待に応えてくれた作品です。

最近のクレしん映画は「子どもしか楽しめない」作品が多かったのですが、これは昔のクレしんらしく「大人も子どもも楽しめる」作品に仕上がっています。とにかく作りが巧かったですね。ロボットという要素で子どもたちは楽しめるし、ストーリーは結構大人向けになっているので、物語で大人も楽しめるし、尚且つ久しぶりに「クレヨンしんちゃんらしい」映画を見た気がします。そうです、クレヨンしんちゃんはやっぱり大人が見ても笑えるギャグアニメじゃないと。今作はひろしがロボットということで、非常にギャグがシュールに仕上がっており、結構レベルが高いです。

名探偵コナンを見ている人なら分かると思いますが、今作のひろしはコナンでいうところの「水平線上の陰謀のおっちゃん」です。つまり、ひろしがとてもカッコいいです。クレしんの中ではひろしが好きだという人は、きっとのめり込むことの出来る作品です。私はひろしが主人公の映画が見たいなーと思っていたので、この作品はまさにそういう人のために造られた作品だと思います。

ラストは大体予想はついていましたが、分かっていても涙をこらえられませんでした。中島さんならではのラストシーンだったと思います。余韻がもう半端じゃない・・・・。今作については、クレヨンしんちゃんに興味が無くても、見に行く価値は十分にある作品です。グレンラガンが好きな人や、「男の生き様」を見たいという人に特におすすめしたい作品です。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 4

understand さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

ひろしの映画

僕はひろしというキャラが大好きなのでこの映画は
迷わず観に行った。
普段のクレヨンしんちゃんもひろしが出る話は
出ない話より全然面白いと思う。

というのはさておき内容はとても良かったと思う。
笑いあり涙ありという感じで楽しめた。
ちょっと話は無理やりというか適当というか
グダグダな感じはあるけどそれも含めて
クレヨンしんちゃんだと思うのであまり気にならなかった。

ただコロッケのくだりはいらなかったかなと思う。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 3

nf918 TELL さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

父親…

 とても感動しました。そしてその中にいつも通りのクレヨンしんちゃんらしい笑いがしっかり含まれていました。
 今回は題名からも分かるように野原家の父親である野原ヒロシが主役の物語です。自分がロボットであろうと生身の人間であろうと自分を二の次に家族の為に動ける彼の姿にはいつも感銘を受けます。
 どこにでもいそうでいない父親を是非見てください!

投稿 : 2019/11/30
♥ : 2

59.1 6 ナンセンスギャグアニメランキング6位
What's Michael? (TVアニメ動画)

1988年春アニメ
★★★★☆ 3.1 (11)
64人が棚に入れました
『1・2の三四郎』などの漫画家・小林まことによる動物ホームコメディをアニメ化。1回4エピソードを基準に放送された。先行するOVA版のスタッフに代わり、本TV版を製作したDICは『スターカム』などの海外向けアニメを中心に作っていた会社。猫招市で暮らす小林家のマイケルは幸せを満喫しているトラジマ猫。だがその大柄の身体ゆえか、歩くだけでも大きな事件に発展してしまう。天敵のニャジラことメス猫のカトリーヌからマイケルは逃れることができるか。

60.7 7 ナンセンスギャグアニメランキング7位
うる星やつら ヤギさんとチーズ(OVA)

1989年12月21日
★★★★☆ 3.3 (12)
61人が棚に入れました
絶大な支持を受けたTVシリーズのOVA版第6弾。先行して、制作会社主催のファンクラブ大会で上映もされている。面堂家の丘に飾られたヤギの像は曰く付きのもので、そこで像と一緒に写真を撮るとヤギの霊が映りこみ、その祟りで死んでしまうらしい。面堂父の悪ふざけにより、像と共に写真を撮られてしまったあたるたちはなんとか祟りを回避しようとあがくが、敵もさるもの軍隊を繰り出してもまるで手応えがない? TVアニメ化されなかった原作エピソードからチョイスされた一編。元の話よりド派手にスケールアップした内容は必見だ。主題歌は懐かしの「ラムのラブソング」と「宇宙は大ヘンだ!」が採用された。

62.8 8 ナンセンスギャグアニメランキング8位
アドベンチャー・タイム(TVアニメ動画)

2012年春アニメ
★★★★☆ 3.9 (15)
50人が棚に入れました
フィンとジェイクの2人組が、ウー大陸で繰り広げる冒険を描いたアニメ。

このアニメは文明が崩壊した後の時代を舞台にしているが、魔法を使うキャラクターもいる。

作者のペンデルトン・ウォードによると、この番組の舞台は核爆弾が爆発した後、魔法が復活した世界となっている。

声優・キャラクター
朴璐美、斎藤志郎、田中理恵、洪英姫

54.0 9 ナンセンスギャグアニメランキング9位
おしりかじり虫(TVアニメ動画)

2012年秋アニメ
★★★★☆ 3.1 (10)
50人が棚に入れました
おしりかじりむし18世(10歳)は、底抜けに明るく元気で、歌と踊りの大好き。
猫背の人や落ち込んでいる人、自信のない人たちのお尻をかじって元気にしていくストーリー。
子供たちの好きなユーモアたっぷりのギャグを取り入れながらも、作品には地域社会の大切さや家族愛というメッセージも込められています。

声優・キャラクター
金田朋子、徳山靖彦、斉藤貴美子、潘めぐみ、伊瀬茉莉也、鈴木琢磨、浜添伸也、内田直哉、佐久間レイ、戸田めぐみ

nk225 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5

第2シリーズは2013年9月から放送予定。

放送期間:2012年10月~2013年2月

『アニメ おしりかじり虫』のタイトルで、2012年10月よりNHK BSプレミアムにて放送された。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 3

62.9 10 ナンセンスギャグアニメランキング10位
RobiHachi(TVアニメ動画)

2019年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (88)
282人が棚に入れました
G.C.0051。
ファーストコンタクトから半世紀。
超光速航行技術を手にした人類は、 いくつかの種族(宇宙人)と惑星連邦を結成していた。

NEO TOKYO 八百八町———。

ロビーは、顔は悪くないが残念なアラサー。
自称フリーのルポライターだが、仕事上の失敗から契約を切られ、彼女には振られ、 交通事故で死にかけるなど、人生で思うにまかせぬ不運が続き、 ついには借金取りに追われる身に。
ある日、ひったくりに鞄を奪われたロビーは、一人の青年に助けられる。
犯人を捕まえて鞄を取り戻してくれたそのフリーターの青年は、ハッチと名乗った。
お礼にと飯を奢るロビー。

「曲がった事は大嫌い」と言うハッチ。「楽して暮らせればそれでいい」と言うロビー。
「きっと何か面白いことがあるはず」と言うハッチ。
「世の中いいことなんて何もないさ」というロビー。二人はまるで正反対。
「バイトがんばれよ」「おじさんもね」と言って別れた翌日、 やって来た借金取りはハッチだった。

「お前、なんでここに?」
「バイトなんだ」

ハッチのバイトとは、ロビーが借金をした高利貸しのヤンのバイトだったのだ。

「曲がった事は嫌いだって…」
「だから借りたお金は返そうよ」

追いつ追われつのドタバタのさなか、しびれを切らしたヤンが、 部下のアロとグラを引き連れて姿を現す。
絶体絶命!

しかし間一髪、ロビーはピンチを切り抜けると宇宙船で大空へと飛び立った。
ヤンたちを振り切ったロビーは、 このまま宇宙へ出て「イセカンダル」に厄落としの旅に出ることを思いつく。
「イセカンダル」とは、銀河の彼方にある行けば幸せになるという伝説の惑星だ。

が、その時、ハッチがひょっこり顔を出す。
一人で飛び立ったと思っていたロビーだが、ハッチを乗せたままだったのだ。

「決めた!俺も行く!」
「そんな勝手な!」

こうして旅立った二人は、恒星間ワープを駆使して、 一路「イセカンダル」を目指してギャラクシー街道を突き進むのだった。



声優・キャラクター
中井和哉、河本啓佑、阪口大助、杉田智和、木村昴、徳留慎乃佑
ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

チェンジ ゲッター!!

高松信司監督作品、制作スタジオコメット。

ベタなギャグ満載のSFコメディ。
これが意外にも嫌味がない。
銀魂の精神がどこか宿っていますね。

お金もない、仕事もない、彼女もいない、
それでも底抜けに前向きに生きる主人公ロビー。
疲れた日常を癒すには、
これぐらいお気楽なコメディもありでしょう。
しかし初回でお勧めするには勇気がいるなあ。

舞台は人類が宇宙旅行を楽しめる時代。
SF版「弥次喜多道中」でしょう。
他の惑星に漂着しては、
きっと奇天烈な物語が待っているのだ。

最後に全部持って行ったのはまさかのあれ。
{netabare}合体だと!?{/netabare}、そう来たかー!!

後悔しても知らないよー。

6話視聴緊急追記。
僕のあにこれの盟友たちが、
続々と断念かと!?
雲行きが怪しいですが(笑)
愛すべき80年代的おバカ(アニメ)ですね。
しかし特別続きも気にならないよ。

最終話視聴追記。
終わっとったんかいっ!!
どうりで誰も語らないわけだ(笑)
僕も途中、見ていませんが完走です(おいっ)

うーん、ライディーンできたか。
レトロな演出は好きですよ。

あちこちぶつかって成長する。
想定外を楽しむ。やはり奇天烈な冒険でしたね。
人生の外側へ。
意外にも終幕はこれでいいのだと肯きました。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 34

scandalsho さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

これってコメディ!?

う~ん。ベタベタなギャグ満載のコメディなんだけど、あまり笑えない作品。
だけど、見れないのかというと、そこまで酷くない。
いわゆる「ながら見」するにはちょうどいいレベルの作品かな?

宇宙を舞台にした珍道中の物語。

私も、物語のラストと、EDの不思議なダンス見たさに、普通に完走できたしね。

投稿 : 2019/11/30
♥ : 17

ninin さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

やじきた宇宙

全12話 オリジナルアニメ

銀魂や最近ではぐらんぶる、美男高校地球防衛部などの作品を手掛けた高松 信司監督作品です。

1話でこの監督作品と分かりましたw

銀魂は未視聴なので、この監督との出会いはイクシオン サーガ DTからですが、独特な世界観を持っている監督です。

この作品も他の作品と雰囲気が似てますね〜

何をやってもついていない主人公ロビーとあることで知り合ったハッチは、途中色々な惑星によりながら、幸運のご利益がある惑星イセカンダル目指して旅をするコメディ作品です。

知っていたり知らなかったりとオマージュがたくさん出てきますね。

この作品は好き嫌い分かれそうです。上記の作品のノリが好きな方にはオススメです。私はシリアスな作品を観た後の箸休めに観ていました。

OPは主人公の2人ロビーとハッチが歌っています。EDは主人公2人を追いかける宿敵?の3人が歌っています。

最後に、主人公2人とともにするのは毒舌ロボットイック。こういう作品には毒舌なキャラがいないと締まりませんねw

投稿 : 2019/11/30
♥ : 14
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ