2018年度のピー音おすすめアニメランキング 1

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの2018年度のピー音成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月11日の時点で一番の2018年度のピー音おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

68.0 1 2018年度のピー音アニメランキング1位
Back Street Girls -ゴクドルズ-(TVアニメ動画)

2018年夏アニメ
★★★★☆ 3.5 (202)
722人が棚に入れました
極道渡世に身も心も捧げた生粋の極道3人が、性転換&全身整形してアイドルデビューすることに!
仁義なきアイドル渡世コメディ!

かわゆいアイドルに姿かたちは変われども、身にしみついた極道の生き方が行く先々で嵐を巻き起こす!?

「ヤングマガジン」(講談社)連載の『Back Street Girls -ゴクドルズ-』(ジャスミン・ギュ著)がまさかのアニメ化!

声優・キャラクター
小野大輔、日野聡、興津和幸、貫井柚佳、前田佳織里、赤尾ひかる、藤原啓治
ネタバレ

魂がBITCH♡ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

昭和の香りが漂う経済ヤクザを揶揄した異色ギャグw

作品概要
●原作:週刊ヤングマガジン(講談社)

●原作者:ジャスミン・ギュ

●アニメーション制作
J.C.STAFF
{netabare}

監督:今千秋
【代表作品】
・監督
ひぐらしのなく頃にシリーズ
純情ロマンチカシリーズ
のだめカンタービレシリーズ
他多数

シリーズ構成:山川進
・脚本
探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕

キャラクターデザイン:クレジットなし

キャスト
山本アイリ / 山本健太郎: 貫井柚佳 / 小野大輔
立花マリ / 立花リョウ:前田佳織里 / 日野聡
杉原チカ / 杉原 和彦: 赤尾ひかる / 興津和幸
犬金鬼万次郎:藤原啓治
以下略
{/netabare}

原作一部既読

エピローグ
たまに、本作が掲載されている『ヤングマガジン』を、食堂や喫茶でしか読んだことがない程度の原作認識だが、いやいや、まさかこれがアニメ化されるとは思わなかったw
暴対法施行以前、ヤクザが肩で風を切っていた時代を知っている、アラフォー以上の世代にはネタ的にツボかもしれない。
芸能興行とヤクザ、以前は密接な関係があったことを踏まえると笑えない話しでもあるな。
それにして、極道をネタにしたギャグなんて、あまりにもコア過ぎるし、ファン層も限られると思うのだが、『ひぐらし』の今監督、流石巧く料理した。これは、お見事というしかない!
私、メッセージ性やストーリー性の強い作品の考察レビューは得意なんだが、ギャグの評価は苦手分野。
しかし、2018アニメはギャグの名作が多く、そうも言ってられんからレビューする罠。

ツボをついたギャグなら物語で高評価する。

原作に合わせてワザと劣化させた作画演出もさすがJCスッタフ!これも見事だ。
全体的に低クオリティに見えるのは、昭和チックな演出を意図してのことだろう
下手な者が描いて下手になるのは当たり前だが、上手な者が下手に描くのは【技】なんだよ。
あと、2018夏季のアニメは『あそびあそばせ』や『ぐらんぶる』のように【顔芸】がトレンドになったね。
本作も、ゴクドルズ三人の可愛い女の子の表情と、ゴツイヤクザのオカマの表情を切り替える作画演出が見事だった。

今季、奇しくも『ひぐらし』を制作した「ディーン」が正統派アイドルアニメを制作し、今監督が別会社でギャグアイドルアニメの監督をやったシンクロニシティ的な偶然も面白いね。

しかし、世が世なら本作関係者はコンクリート詰めにされて、どこかの湾に沈められてたかもよ(笑)

本作、Netflixが配信をしているが、製作に出資、関与しているのかな。
まぁ外資も善し悪しだが、反社会団体にスポットを当てた、この手の作品をアニメ化するのは国内企業なら引くな。

☆極道、サムライ
これ、現役や元現役が現役を呼称する単語。
☆ヤクザ
社会的な表現。
☆暴力団
法律、マスコミの公的用語。
まぁ、どれも同じこと。

☆任侠、仁義
ヤクザが守るべき道徳律。

【笑いのツボ】
{netabare}
本作は、なんたって「オトシマエ」が性転換で、「アイドル」にさせられた元極道が繰り広げる笑いと涙の物語がツボに嵌まるか嵌まるにある。
エロ、下品満載の本作だが、1970代に流行した大橋巨泉や前田武彦らのナンセンスギャグの系譜だね。
そういや、ゲバゲバ90分。今あんなの放送できないだろうな。
即BPOに放り込まれる。
極道だった、引退して立花マリの親父(実父)がまさか自分と同じように、オカマになっていたとか、これモロ、ナンセンスギャグなんだよ。
極道の本分は「漢」(おとこ)であるところ、女にさせられた上に、アイドルまでやらせられた三人の悲惨な心情は見ているだけでも面白い!(爆)
それにしても「犬金」の作詞能力やマネジメント能力は実社会でも通用するな。
ただし、パワハラはいかんw
この三人が男だと知らずに、マネジメントさせられている「マンダリン木下」の道化役もツボだった。

更に、組長「犬金」の鬼畜ぶりも合わせて【他人の不幸は蜜の味】という皆が持っている実に下衆な心理を擽り、ここを徹底して突いた演出が本作の特色であろう。
鬼畜「犬金」が恐妻家だった回は笑ったな。
奥さんの大物演歌歌手「田中なつ子」のキャラデザ・・黒柳徹子まんまだったが、おいおい叱られるぞ(笑)

いやいや、マジ正気のサタデナイト!w

本作では「オトシマエ」を意味する「旅客機が海外へ飛び立つ」この暗喩だが『パタリロ』でも表現は違うが、よく用いられていた暗喩手法で個人的には懐かしく、そしてウケタ。

また、インパクトのあるOP曲とOPで一瞬「キャンディーズ」を彷彿差せる古臭いアイドルダンスの影絵作画で、本作がただモノではないオーラーを放つ演出となりGJだ。
しかも、今監督がOP画のモデルになるってあの人何考えてんだかね?w
そういや、今監督は「花」に相当なこだわりがあるそうだ。
OPも花が散りばめられている、監督の趣味なんだな。
{/netabare}
基本、一話完結のギャグアニメだから内容によっては好き嫌いは出てくるし、アイドル役三人のキャラ設定にもう一捻り工夫が欲しかったかな?

更に春アニメ『ヒナまつり』はインテリヤクザ「新田」の描写不足で消化不良感があったが、本作でスッキリしたという、意図せず偶然に作品同士が連携したことも本作の評価を上げた点かもしれない。

【蛇足な雑感】(ここ読まなくても全然構いません。)
{netabare}
ヤクザは本当に社会にとって不要なのか?
ヤクザは一般市民にとっては確かに怖ろしい存在であり、多くの方々はそりゃ絶対反対だろうが、社会を成立させるには「必要悪」の存在も是認しなければならないときもある。
どんな社会でもドロップアウトをする者がいるが、その一つの受け皿がヤクザであった事実を忘れてはいけない。

我が国でヤクザが長らく許容されていたのは、上記の他に、アウトローの秩序でアウトローの暴走を防ぐことと、彼らを可視化させることで、警察当局のコントロール下に置く意図があった。
地下に潜られると取り締まりが困難になることは、かつての共産党(日共)退治を通して当局が体験的に得ていた知恵でもあった。
因みに、共産党退治とは「治安維持法」で日共の壊滅を目指し、徹底的に取り締まったが、結局、地下に潜られてしまった苦い経験のことだ。

ヤクザも当局の方針を理解していたことから、抗争が生じても当局の勧告で寸止めでやめたり、捜査情報を流したりなど、持ちつ持たれつの関係を築き上げていた。
また、ヤクザ同士の抗争の場合、殺人を犯しても異常に量刑が軽かったのも、こういう方針の一貫だ。
しかし、それに待ったをかけたのは国内世論ではなく、あまり知られてはいないが、アメリカ様なんだよ。

■日米構造協議■
聞いた事がある方も多いと思うが、バブル期、我が国の経済力の台頭に業を煮やしたアメリカが、我が国の経済システムを根こそぎ改造しようとしてはじめたのが、円高誘導のプラザ合意とこれだ。
で、これとヤクザとどういう関係があるかというと、アメリカは表のマネー以外に巨額のアングラマネーも問題視していた。
この、アングラマネーを握っていたのがヤクザであり、アメリカは我が国政府に対策を要求してきた。

時にバブル期、経済ヤクザの台頭で暴力団の民事介入が問題視されはじめた。
当時は「民暴」ともいったが、ぼったくりバー、総会屋、地上げ、闇金、手形のパクリ、示談屋、不良債権回収、不動産転売屋など民事におよそ非合法手段で介入し稼ぐ手口だが、世論の批判とアメリカの要求に抗しれなくなった政府は、ついにヤクザの民事介入を本格的に取り締まる「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴対法)」を成立、施行した経緯がある。

ここでは、ヤクザ非合法化は「外圧」であったことを強く述べておきたいことと
、臭いモノに蓋をした結果、当局が危惧したとおり裏社会の統率が乱れ、マフィア化した「半グレ」や「中国系マフィア」がのさばってきた現実を考えると、我が国の裏社会を統制してきたヤクザを必要以上に追い詰めることは、得策ではないのだろうと思う。

アメリカがシナふっかけた貿易戦争も、かつての日米構造協議同様、オンリー1は絶対譲らないアメリカの強い意志なのだろうな。

そういや、自宅の周辺に六代目系の事務所があるな・・・

おっと、この辺で筆を止めて置こうw
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 29
ネタバレ

ガタリリス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

『性転換アイドル』という新ジャンルの発明

まず、設定がぶっ飛んでるアニメでしたね。
『ヤクザが性転換してアイドルになる』という今までにないクリエイティブな発想!
これは色んな意味で先駆者になるアニメのような気がしますw

あと、キャラがすごく良かった。
出て来る人物がみんな個性的で面白かったです。
私が一番好きなキャラはボスですね。
さすがヤクザの親玉だけあって、いろんなネジが飛んでらっしゃるw
冷酷無比な一面と情熱的な一面を併せ持つ、チョイ(極)悪風なオジサン。
そして、いつの間にかアイドル経営にハマって、部下を次々に性転換させる。
『オレも鬼じゃねえからよ~』が口癖ですが、鬼のような人格の持ち主でもありますw

それと、劇画風のタッチも良かった。
ゴクドルズが時々劇画風に変わって『そういえば、こいつらオッサンだったな』と視聴者を現実に引き戻してくれる効果があります。
『幼女戦記』のターニャ・デグレチャフも中身オッサンですが、こっちは観てたらそのこと忘れちゃうしねw

ただ、”ストーリー”という観点で言うと難アリかな。
短編ストーリーを繋げたような内容なので、私のように長編ストーリーを好むようなタイプの人には少し合わないかも。
ただ、本作の場合、ギャグが痛烈に面白いので、それを補って余りある感じですかね。

個人的にはかなり楽しめたアニメでした。
すべてのエピソードが怒涛のような展開で、出て来るキャラが全員ぶっ飛んでましたw
ゴクドルズは見た目は可愛いですが、中身はヤクザのオッサンなので、なんというか……。
シュールでしたねw
そういうのを考えながらゴクトルズを見てると、何とも言えない奇妙な感覚に襲われました。
メチャクチャ可愛い男の娘を見た時の”あの感覚”ですねw
そういうゲシュタルト崩壊的なものを感じれるのも本作の魅力のような気がします。

以上、拙い感想でした(・ω・)ノ

***

重大なヘマをやらかした下っ端ヤクザ3人組。
そのヘマの落とし前を付ける為に親分から命じられた内容は……。
『タイ行って性転換してアイドルになれゴラァァ!』
という訳で元ヤクザの3人が性転換してアイドルとして働くというアニメですw
このアニメを最初に観た時に思った。
『日本人、頭大丈夫か?(´・ω・`)』
という訳で以下、感想を書いて行きます。

EP1{netabare}
元ヤクザがアイドルに成るまでの説明が前半。
後半はマネージャーが付いて、本格的な指導を受ける。
劇画タッチの作画が視聴者の笑いを誘う。
見た目の可愛さと中身のDQNな部分のギャップが良いですねw
昔の敵をファンがぶちのめした所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP2{netabare}
親父『常連さんでねー。若手のヤクザだったんだけどしばらく来てねーな。
   どこで何やってんだろうね?』
アイリ『秋葉でアイドルやってます』
↑クソワロタwww
アイドルが板に付いて来た所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP3{netabare}
マリが父親に性転換したことを告げようと実家に行くが……。
父親も女装してて、上に上が居たでござるw
今回も面白いエピソードは沢山あったが、一番面白かったのはこのシーンかな。
ボスがアートディレクターをぶちのめした所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP4{netabare}
一家崩壊させたり、店潰したり、罪なグループですなゴクドルズは。
メンバーの過去のエピソードが時折回想されてて、それも面白いですね。
シュール過ぎる内容に抱腹絶倒な所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP5{netabare}
ゴクドルズのメンバーがただのメス豚みたいになっててワロタw
あと、海外から一人マフィアが来て、その男も性転換されてゴクドルズに入るw
名前はリナで、アメリカの貧民街出身らしいw
親分が性転換した人はこれで何人目だ?
ゴクドルズ被害者の会にも新たなメンバーが入った所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP6{netabare}
ボスの嫁がヤバイw
殺気が常に漂ってますねw
その嫁がゴクドルズ被害者の会の門を叩く。
ボスが予知夢を見た所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP7{netabare}
いや~毎回毎回面白いなw
ギャグが私好みでツボにハマったのかも。
元ヤクザ&マフィアがアイドルやってる時点で抱腹絶倒なのだが、劇画風のキャラ描写がさらに笑いを増幅させる。
新キャラ・ユイがメンバーに加わった所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP8{netabare}
ヤバイなこのアニメwww
色んなネタをマシンガンのようにぶち込んでくるw
序盤はゴクトルズのTVの仕事で昔よく飲みに行った居酒屋の特集。
本気で励ましたのにネットではヤラセ疑惑を持たれて潰れる。。。

後半は『ゴクトルズ被害者の会』の内容。
ボスの嫁がゴクトルズを潰そうと画策するが、他のメンバーがポンコツで空回りしてる感じ。

そして、ラストはマリの痔の話。
今回はこれが一番面白かったなw

ネタ満載な所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP9{netabare}
個人的には結構好きなアニメなんだけど、世間的にはどうなんだろうね?
それにしても『ハッピーシュガーライフ』といい本作といい、今期は独創的なアニメが多いなw
日本アニメが始まりそうな所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP10{netabare} ~
という訳で最終回。
最後のドッキリの回、自分も普通に騙されたよw

全体を通して見ると面白かったと思う。
一番良かったのはやはり『元ヤクザがアイドルになる』という設定かな。
次点でキャラの個性。
自分が一番好きなキャラはボスかなw
さすがはヤクザの親玉だけあって、色々とネジが飛んでる所が笑えましたw
という訳で視聴完了(・ω・)ノ
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 15
ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

極道、ダメ、絶対(笑)

[文量→中盛り・内容→雑談系]

【総括】
初めてタイトルを見た時は、「極道の娘達が正体を隠しながらアイドル活動をする話」かと思いましたが、全く違いましたね(笑)

極道が性転換し(女性)アイドルになるというナンセンスギャグアニメ。映像は意図的な紙芝居というか、漫画を意識したものになっています。そのため、あにこれ的には作画の評価が落ちるのだろうけど、一風変わった作画のアニメとして、というか、ヒデェ下ネタアニメとして、なかなかに楽しめる作品でしたよw

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
完全に、設定重視の出オチ系のギャグアニメかと思わせておいて、実際に序盤~中盤までは退屈な回も多かったけど、終盤(7~10話)はキワイドイネタが多く、かなり笑えました。まあ、クソみたいな下ネタばかりでしたが(笑)

とりあえず、犬のセッ○ス1週間と肛門爆弾爆発と虹色の立ちションは酷かったです(笑)

全部をヒデェ話にするのではなく、たまに(その回の最後のエピソードを)良い話っぽくしているのが、物語に厚みを与えていましたが、、、良い話になりきれてないのが、なんとも(笑)

あと、OP、楽しくて好きなんだけど、どこかで聴いたことあるな~、なんだったかな~と思っていたけど、ついに気が付きました。「ゴットタン」という番組で、バナナマンの日村さんが演じる、「ヒム子」のマジ歌っぽいんですよね(笑)

それから、OPのシルエットは3人とも、カツラをかぶった今千秋監督自身が躍った映像を加工したものだそうです。普通、監督がやるか?(笑) もういい年でしょうし(失礼)w でも、それを知ってからOPを観ると、なんか不思議な(イケナイものを観ている)気分になりますw まあ、本作は「可愛いアイドルに見えて実はオッサン」が売りですから、「可愛いく見えて実は監督」ってのは、狙ったのだとしたら、かなり面白いジョークだなと(失礼)
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目
極道の娘のアイドルユニットかと思ったら、極道の性転換とは(笑) まあ素手なら、どんなヤクザも一人では、オタク30人には勝てないわな(笑)

2話目
顔パンツ(笑) 陰毛に白髪(笑) 最後、ちょっと良い話(笑)

3話目
演技、上手い(笑) 人生リセット(笑) 最後、良い話?(笑)

4話目
サバイバル(笑) 被害者の会、二人(笑)

5話目
チカ、人気あるな(笑) 研究生(笑) アンジャッシュ(笑) 良い話?(笑)

6話目
人間の発想じゃない(笑) これまででは一番笑ったwだから、アンジャッシュ(笑)

7話目
OP、どうした(笑) メンタル改造(笑) シマ、でこんな素敵な歌を作るなや(笑) 親分、格好良すぎだろ(笑) 流石、今千秋って(笑)

8話目
ドッキリの連鎖(笑) 悩み重いわ(笑) 肛門疾患グランドスラム(笑) 新たな扉開けるなや(笑) 爆弾爆発(笑)

9話目○
うんこ座り、見せるなや(笑) 立ちション、ひでぇ(笑) 良い話だ(笑) 弾道ミサイル級って(笑) 現実的過ぎる解決案(笑) 花グッズ(笑)

10話目
ヒデェファンばかり(笑) このイベント、ダメだろ(笑) ファザー、ヒデェよ(笑) オチ、キレイに決まりましたね。テッテレ~(笑)
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 23
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ