人気おすすめフレーズアニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめフレーズ人気アニメランキング

あにこれの全ユーザーが人気アニメのフレーズ成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年01月22日の時点で
一番のフレーズアニメは何なのでしょうか?早速見ていきましょう!

フレーズ』の関連成分

検索結果:12件
アニメを並び替え:
総合得点 71.1 感想・評価 474 棚に入れた人 2791
★★★★☆ 4.1   物語 : 3.9  作画 : 4.2  声優 : 4.1  音楽 : 4.3  キャラ : 4.2

芸能事務所765プロに所属する13人の少女たちが、アリーナライブに向け切磋琢磨する様子を描く。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

この作品の魅力を、ひとことで語るのは結構難しいです。
ただ、一点だけ指摘しておきたいのは、鑑賞した回数によって、この作品の見え方が微妙に変わってくるのではないか、ということです。

まず1回目は、誰だってこの作品のストーリーを追いかけます。
鑑賞し終えての感想は、大方は「幾らか波乱はあ... ▼もっと読む

総合得点 53.3 感想・評価 104 棚に入れた人 518
★★★☆☆ 3.0   物語 : 2.8  作画 : 3.1  声優 : 3.0  音楽 : 3.1  キャラ : 3.1

舞台は、異ノ國・日本、少女たちが繰り広げる妖怪討伐バトルコメディ!
魑魅魍魎が跋扈する異ノ國・日本。「神喰い」と呼ばれる、地の底より生まれし魔物が、
万物の指導者である神に牙をむき人々に恐怖を与えていたが、三つの大結界に封印することで、
長きに渉る死闘に幕を閉じることが出来た。それから時は流れ、何者かによって大結界の一つが破られた。
再びの世界の危機に、少女たちが立ち上がった! !
静御前・義経・茨木童子・かぐや・あまてらすたちが神喰い・サタン討伐を目指す! ?
…各話5分で! !

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

こんなアニメばっかやな…。
ただ、この世界がゲームであることをネタにして笑わすというメタフィクションギャグな構成になっているといった特徴はある。
ショートアニメは2分だの30秒だのあるし、最近は3分でも短いと感じなくなってきた…。

2話
おいなんでお菓子のうんちく話になってるんだよ... ▼もっと読む

総合得点 64.3 感想・評価 80 棚に入れた人 436
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.7  作画 : 4.2  声優 : 3.8  音楽 : 4.0  キャラ : 3.8

スペースコロニーや戦艦の残骸が大量に舞う暗礁宙域・通称“サンダーボルト宙域”を舞台に、新たなる一年戦争を描く。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

全6話だと思ったら、4話で終わりな様でw
どうやら追加映像加えて劇場版みたいな形で上映もするみたいですが。
配信版の全4話だとスゲェ締まりのない終わり方ですんで、チョットお勧めはし難いすね。

4話視聴
 くしくもMSとが内包されたオルフェンズとサンダーボルトが同時期に放送された訳で... ▼もっと読む

総合得点 63.2 感想・評価 42 棚に入れた人 292
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.5  作画 : 3.2  声優 : 3.4  音楽 : 3.3  キャラ : 3.6

童話に登場するキャラクターや動物が住人として暮らしている「ふしぎの村」という騒がしい村を舞台に、花屋の一人娘アリス、その花屋に居候している探偵江戸川写六、そして彼の助手イナバの3名を中心にストーリーが展開され、この3名が多発する怪事件を解決に導いていく。怪事件といっても殺人や流血シーン、シリアスな描写は一切なく、窃盗や傷害事件などたわいもない事件ばかりである。犯人のほとんども簡単な注意等ですまされ、刑に服した様子もなく事件後も普通に社会生活を送っている。
最後は写六の「さて、テレビの前のみんなはもうわかったかな、……ずばり推理してくれたまえ」という台詞で締められ、次回放送の冒頭でイナバが種明かしをしながら事件の真相を事件簿ノート(絵日記)に記すという形になっている。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

「天才てれびくん」内で放送されていた推理ギャグアニメ。
(※同枠次番組の"アリスSOS"とは全く関係ない。)

童話・昔話等をモチーフにした登場人物たちが引き起こす事件を、アリスとイナバくんが解決する。ギャグテイストなので、傷害事件なども大事に至らずな... ▼もっと読む

総合得点 55.4 感想・評価 39 棚に入れた人 193
★★★☆☆ 3.2   物語 : 3.2  作画 : 3.1  声優 : 3.3  音楽 : 3.1  キャラ : 3.2

ビズゲームに参加する3人の若者。彼らは各々の理由で金が必要だった。それに、ただの遊びだと思っていた。金のため、それだけの理由で参加したゲームだったが、ゲームの実情を知り始め、命を惜しいと思うようになった……。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

3話しかありません。
作画も良いとは言えませんし、話も微妙。
でも大変記憶に残っている作品です。


予算のせいか、作品全体から漂うチープ感。
そのチープ感を飛躍的に向上させるのがOPでした。
(良い意味で)

「チュッチュルッチュー… チュッチュルッチュー…」
イントロで... ▼もっと読む

総合得点 55.2 感想・評価 29 棚に入れた人 129
★★★☆☆ 3.3   物語 : 3.1  作画 : 3.1  声優 : 3.6  音楽 : 3.4  キャラ : 3.2

音声合成ソフト「ヴァーチャルディーバ」シリーズの蒼井ルリと春音ウイ。
まだ無名で誰にも曲を作ってもらえない2人が、大先輩・葉山シェリーのような人気絶頂の歌姫になるべく“自作自演”を決意!
「何かヒット曲があれば有名になれるはず!」と自分たちで代表曲を作って発表することに。
毎回、専用アプリでフリーの楽曲を製作し、テーマ、タイトル、詩を自分たちで相談しながら考案!エンディングでは出来上がったばかりの曲を生歌唱して披露!
見習いヴァーチャルディーバ2人のサクセス(?)ストーリーです。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

正直このアニメを語る資格は僕には無いと思います。
なにせ放送中のアニメは録画して見る人間なので、それではこのアニメを十分に理解したとも楽しんだとも言えないかもしれないです。
でも、ここでレビューが全くないのも寂しい、勿体ないと思うので恐縮ながら書きます。



ディーバ(歌... ▼もっと読む

総合得点 64.4 感想・評価 15 棚に入れた人 118
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.4  作画 : 3.2  声優 : 3.8  音楽 : 3.5  キャラ : 3.9

「ビックコミックスピリッツ」に連載された中川いさみ原作の4コマコミックを基にしたアニメ。主人公・プー太郎は、皮肉屋で憎たらしい性格のクマだ。彼が、引っ越しした先で出会った、非常に小さなことで幸せを感じるしあわせウサギや、常にMYマイクを持参し「ねぇ、歌ってもいい?」が口癖の猿、カラオケざるなど、個性が強すぎるキャラクターたち。そんな彼らにまとわりつかれ、いつも酷い目にあってしまうプー太郎の日常を描いた、不条理シュールギャグ。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

フジテレビ系列で1995年に19:30という、がっつりプライムタイムに放送されていた、一見子供向きに思えて、全くそうではないある種、歴史的な問題作だと思う。

ストーリーというほどのストーリーもなく、1回に3話構成のオムニバス形式。プー太郎をはじめとする動物「など」を模したキャラクターが毎... ▼もっと読む

総合得点 54.4 感想・評価 10 棚に入れた人 54
★★☆☆☆ 2.8   物語 : 2.7  作画 : 2.9  声優 : 2.9  音楽 : 2.8  キャラ : 2.8

特撮作品の老舗・円谷プロを代表する「ウルトラマン」世界のアニメ化。独自のSF設定とアニメ表現がふんだんに用意された。宇宙ステーション隊員・ヒカリ超一郎は、謎の超人ウルトラマンと合体、地球に出現する怪獣群と戦う。平常も対怪獣組織・科学警備隊の一員となって活躍するヒカリだが、やがて宇宙の巨敵ヘラーが地球にも魔手を伸ばしてきた。だがそのヘラーとは、ウルトラマンこと戦士ジョーニアスと同じ星U40の宇宙人でもあった!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

…さすがに、「誰も知らん」は言い過ぎ(笑)。

とりあえず、初代ウルトラマン~ウルトラマン80の中では唯一のアニメ作品(当然、他の「ウルトラマン」は特撮)。

本作の翌年の放送が「ウルトラマン80」で、特撮に戻ってしまいました。

本作は「ウルトラマン」なので、製作... ▼もっと読む

総合得点 60.3 感想・評価 15 棚に入れた人 39
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.5  作画 : 3.3  声優 : 3.6  音楽 : 3.4  キャラ : 4.1

「食パンミミー」は、天然酵母ママから生まれた、オシャレ大好き6枚切り食パンの末っ子「食パンミミー」と、その仲間たちの、食パンミミーと仲間たちのキュートで楽しい毎日のストーリー。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

1話30秒という食パンが喋ってる短いアニメですが15話くらいで
公式もYouTubeと手を組んでいてすぐアニメ見れますよ☆


http://www.youtube.com/watch?v=HiJIm34lGIE&list=PLCE012026BEB147FD

アニメみた... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 5 棚に入れた人 31
★★★☆☆ 3.0   物語 : 3.1  作画 : 3.0  声優 : 2.9  音楽 : 3.0  キャラ : 3.2

「学校のコワイうわさ 花子さんがきた!!」とは… 1994年、フジテレビ「ポンキッキーズ」内のアニメとして登場。以後、書籍、CD、ゲームなど様々なメディアで登場しました。一大花子さんブームを巻き起こしました。現在でも書籍は版を重ねるベストセラー。夏場になると、いまだにレンタルビデオのセールスを伸ばしています。2005年から新メディアの携帯電話、テーブル端末配信、CSに登場。2006年春「学校のコワイうわさ 新・花子さんがきた!!」を発行。待望の新シリーズがスタートです!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

小さい頃、よく見ていて懐かしくて本棚に送りました。

(作画)
この画像の通りの色使い、絵柄で動きます。
動きはどちらかというと漫画のように動く…という感じで作画崩れはなかったと思います。

(音楽)
ほわほわほわ花子さ~ん、というED…? が今も思い出せます。あまり音楽の記憶は... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 4 棚に入れた人 31
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.8  作画 : 3.5  声優 : 3.6  音楽 : 3.4  キャラ : 4.0

ねぎぼうずのあさたろうは、秩父にあるあさつき村で家族と暮らしていた。ある日、あさつき村を荒らし回る悪党・やつがしらの権兵衛を撃退したあさたろう。
しかし、このまま村に居続ければ、権兵衛は再びやってくる。あさたろうは村を出ることを決意する。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

うん、おもしろかったかな?
ん~記憶があいまいなので、よくわからないです。
でも、あさたろうの天然ボケには、いつも笑ってました。
内容は

で、自分が好きなキャラクターは、こももと言うアニメ版オリジナルキャラクターです。原作の絵本では、でてこなかったので、新鮮でした・・。
原作ファ... ▼もっと読む

総合得点 73.7 感想・評価 707 棚に入れた人 4109
★★★★☆ 4.2   物語 : 3.9  作画 : 4.3  声優 : 4.1  音楽 : 4.5  キャラ : 4.1

人気SFアニメ「マクロス」シリーズで、2009年に公開されて大ヒットした『劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~』から続く完結編。軸となるテレビ版ストーリーを大幅に改変し、二人の少女の歌声に秘められた謎をめぐる死闘を描く。監督は、テレビシリーズ第1作目からスタッフに名を連ねる河森正治。「マクロス」史上かつて類を見ないハイクオリティー映像で繰り出される激しいメカアクションと、テレビ版とは異なる新たな結末は必見。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

前作「イツワリノウタヒメ」から続く
劇場版の後編。
私的な意見ですが、前作を観ていなくても
本編を観ていればこの作品だけでも理解出来ると思います。


いきなりスタートからシェリルのライブから始まりますが
映像が高画質過ぎる!(劇場で観たからそう思えただけ?w)
そのライブ途中... ▼もっと読む

<< 前へ 次へ >>
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。