【2019年06月最新】プレスコアニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめプレスコ人気アニメランキング

あにこれの全ユーザーが人気アニメのプレスコ成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年06月20日の時点で
一番のプレスコアニメは何なのでしょうか?早速見ていきましょう!

プレスコ』の関連成分

検索結果:27件
アニメを並び替え:
総合得点 60.8 感想・評価 97 棚に入れた人 552
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.6  作画 : 3.4  声優 : 3.7  音楽 : 3.4  キャラ : 3.7

ニューヨーク。過酷な運命によって近づいた少女たち―17歳の葛藤。ぶつかり合う価値観。しかし、やがて日常は優しい言葉にあふれていることに気付く。同じ学園に通うケイト、ローズ、レイチェル、クレア。その日、少女たちは朝から身に覚えの無いおかしな感覚を感じていた。怪訝に思う少女たちに伝えられる、クラスメイト・リーズの突然の死。
その日の暮れに、悲しみのなか、まるで導かれるようにして少女たちはひと気の無い夜の倉庫街に集まった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

-あらすじ-
優等生でお嬢様のケイト、派手で少し不良なレイチェル、
クールで一匹狼なクレア、内気で天然なローズ。

同じ学校に通い、共通の友人にリーズという少女がいること以外、
特に接点のなかった4人の少女。

そんな4人が、ある夜を境に、驚愕の運命を共有することになる―!!
... ▼もっと読む

総合得点 61.7 感想・評価 125 棚に入れた人 422
★★★☆☆ 3.1   物語 : 2.8  作画 : 3.0  声優 : 3.4  音楽 : 3.2  キャラ : 3.1

東京・中野にあるシェアハウスで共同生活を送っているのは家主の紐手(ひもて)家三姉妹ときよ、きなみ、こころと、こころの同級生たえとみなも、そして、飼い猫のえにし。通称「ひもてはうす」を舞台に、個性豊かなメンバーが「どうしたらモテるようになるのか?」を日々悩みつつ、かしましく過ごすちょっと生々しい女子たちの共同生活コメディ。実はこの5人と1匹、不思議なチカラを持っていて……

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

全編3DCGのアニメ、本当に増えましたね~

動きが不自然だし、
原画?自体の違和感が大きくて
無理~っ!て感じは、あるのです。

この作品も同様で、
キャラデザも動画も
最初は「うわ~!」って感じでした。

見はじめてすぐ、やめようと思ってたんです。

でも何が幸いす... ▼もっと読む

総合得点 72.7 感想・評価 1277 棚に入れた人 6509
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.3  作画 : 3.8  声優 : 3.7  音楽 : 3.8  キャラ : 3.4

「革命機ヴァルヴレイヴ」は、宇宙都市の開発によって、総人口の7割が宇宙で暮らす時代が舞台。軍事同盟から発展した「ドルシア軍事盟約連邦」と、貿易協定を拡大させた「環大西洋合衆国(ARUS=アルス)」の二つの巨大な勢力があり、間にある中立の小国「ジオール」は、経済的繁栄を手に入れていた。ジオールで暮らす高校生・時縞ハルトは、ドルシア軍の侵攻をきっかけに謎の人型兵器「ヴァルヴレイヴ」と出会う。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

【会場のご案内】2013/09/20(金) 開場:20:50 開演:21:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv153064788?ref=top&zroute=index
■イントロダクション
9月13日(金)シネマート新宿で... ▼もっと読む

総合得点 69.7 感想・評価 707 棚に入れた人 4256
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.8  作画 : 3.7  声優 : 3.8  音楽 : 3.6  キャラ : 3.9

世の中は、嘘や矛盾でいっぱいだ。思春期の頃、誰も一度は通るこの言葉を今こそ見直したい。「紅」の魅力の一部はそんなところに秘められている。少年は高校生で揉め事処理屋。暗い生い立ち故に、愛想笑いで身を守り、普通に憧れている。が同時に、そんな自身と葛藤している。信じて埋め込んだ強さの象徴・・・それは本当の力なのか。少女は特異な大財閥の娘。運命を呪うことも、外の世界も知らない少女の瞳は実に真っ直ぐでそれを知らない。素直さ故に表出する彼女なりの正義・・・それは運命への反抗なのか。そして、少年と少女は出会った。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

ヒロインの少女キャラがとても魅力的で設定も面白いため、後半までは多少の無駄なエピソードや、若干の‘くだらないセリフ’も無視して先を見続けられる。なのに・・・結末に向け、ものすごい勢いで矛盾だらけのご都合主義な展開に突入してしまう。しかも、7歳のヒロインに、‘そりゃ、ねーだろ’と呆れるほどの、こ... ▼もっと読む

総合得点 69.5 感想・評価 471 棚に入れた人 3003
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.7  作画 : 3.7  声優 : 3.4  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

東京・多摩丘陵。のんびりひそかに暮らしていたタヌキたちは、ある時、エサ場をめぐって縄張り争いを起こす。原因は人間による宅地造成のため、エサ場が減ってしまったから。このままでは住む土地さえ失くなってしまうと、タヌキたちは開発阻止を目論み、科学の発達した人間たちに対抗するため先祖伝来の″化け学″を復興させることとなった。化け学の特訓が始まる一方、四国や佐渡に住むという伝説の長老たちへも援軍を頼む使者が向けられた。かくして人間たちが露とも知らぬ所でタヌキたちは勝手に蜂起した。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

環境問題について考えさせられる作品。
化け術を使う狸達のお気楽さやお祭り騒ぎの雰囲気が環境問題というテーマとバランスがとれてなく、コミカルさと真剣さが中途半端で退屈に感じる内容でした。
狸よりももっと別の小動物を描いた方が良かったと思います。
ナレーションと声優に落語家を起用しているのも... ▼もっと読む

総合得点 61.4 感想・評価 402 棚に入れた人 1679
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.3  作画 : 3.1  声優 : 3.7  音楽 : 3.5  キャラ : 3.6

どこにでもあるような高校、どこにでも居るような部員たち。

「自分らしさ」とは何なのか?

「自分の居場所」とは何なのか?

そんなモヤモヤした疑問から“ありきたりじゃない”高校生活を送るべくてさぐりで奮闘し、少しずつ大人の階段を上っていく少女たちの等身大学園コメディ♪

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

ジャンルは日常系会話劇アニメ。しかし、其の真骨頂はアドリブ。声優、キャラの評価も演技力や設定というより、アドリブの会話力、声優自身のキャラの強さと言ったほうがしっくりきます。キャラ設定=声優の性格ですから(笑)しかしこの4人の化学反応の爆発力はすごいものがあります。感動はありま... ▼もっと読む

総合得点 67.1 感想・評価 309 棚に入れた人 1594
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.6  作画 : 3.7  声優 : 3.4  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

東京の会社に勤めるタエ子は東京生まれの東京育ち。27歳のある日、結婚した姉の縁で、姉の夫の親類の家に2度目の居候をしに出かける。山形へ向かう夜汽車の中、東京育ちで田舎を持つことにあこがれた小学生時代を思い出し、山形の風景の中で小学5年の自分が溢れ出す。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

地味すぎます。

◆この作品のポイントは・・・
懐かしい気持ちを感じさせるのがテーマだと思います。
その点に関しては非常に良く描けています。
ノスタルジックな雰囲気は申し分なし、特に主人公の思春期の頃のエピソードなど子供時代の描写は丁寧に描かれていました。
しかし・・・とにかく平凡... ▼もっと読む

総合得点 65.7 感想・評価 245 棚に入れた人 1299
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.9  作画 : 3.4  声優 : 3.7  音楽 : 3.6  キャラ : 4.1

『天体戦士サンレッド』(てんたいせんし - )は、くぼたまことの漫画作品。
ヴァンプ将軍率いる礼儀正しい悪の組織・フロシャイム(川崎支部)!! 宿敵・サンレッドの命を狙い、怪人たちが闘いを挑む!! なぜか怪人たちを応援したくなる!?

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

ギャグアニメ。その質はかなり上質。

ヴァンプ将軍のキャラ、声、雰囲気の全てが◎
音楽も良い(主観、好みの問題だが)

ヴァンプ将軍会いたさに何度も見てしまった。
こんな上司の下なら部下も幸せだと思う。

後半に行くほど声優の山田氏がどんどんヴァンプ将軍に
なっていくあたりも... ▼もっと読む

総合得点 63.4 感想・評価 197 棚に入れた人 1189
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.8  作画 : 3.2  声優 : 3.6  音楽 : 3.4  キャラ : 4.0

原作コミックスが累計270万部突破!「ジャンプスクエア」にて連載中の異色ギャグアニメーション!
1話5分のシュールで早口なショートギャグ!さらに パワーアップした第3弾!
あいつらが・・・あいつらがまた帰ってきちゃった!!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

3作目ですがパワー衰えず。
というか、元々そんなにパワーが入っていない作品ですがw


ある意味究極に原作マンガに忠実です。
マンガを画面で再現して声優を付けただけのような簡単な創りw


シリーズを通して、基本的な構成は「変」な人やモノにツッコミ入れまくって笑わせる形式ですが... ▼もっと読む

総合得点 57.6 感想・評価 284 棚に入れた人 1081
★★★☆☆ 3.2   物語 : 3.1  作画 : 3.0  声優 : 3.5  音楽 : 3.2  キャラ : 3.4

「gdgd妖精s」の菅原そうたと石舘光太郎のコンビが贈るショートアニメ。
世界最強とも評される“大阪のおかん”のことを書いた「大阪おかんルール」を原作としている。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

なんだかんだ楽しく視聴させてもらいました。
短いからこそ面白く感じられた作品といったところでしょうか。

最初はアニメでの動きが珍しい感じで受け入れられなかったり、
大阪を馬鹿にしてるんじゃないかって思ってました。

が、それが逆にこの作品を魅力にさせるところで、
いいなって^^... ▼もっと読む

総合得点 63.3 感想・評価 291 棚に入れた人 1070
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.5  作画 : 3.2  声優 : 4.1  音楽 : 3.5  キャラ : 3.9

ピクピク・シルシル・コロコロの3人は「妖精の森」に住む小さな妖精さん。森には3人の木のおうち、魔力の弱い妖精たちでも自由に魔法を使える「メンタルとタイムのルーム」、他の世界を覗き見できる「アフレ湖」など、不思議な世界がいっぱい! 今日も3人でgdgdな毎日が始まる!!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

私が一番面白いと思うギャグアニメはこれ(二期はダメだが)。
5億年ボタンで名高い菅原そうた監督の哲学的なギャグ会話、3人の絶妙なキャラクター(シルシルのほどよいギャルっぽさが成功の要因だと思う)、メンタイルームの奇想天外なネタ(特に木に猿を乗せるゲームの結末が壮大で凄かった)そしてアフレコで... ▼もっと読む

総合得点 64.5 感想・評価 196 棚に入れた人 1001
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.8  作画 : 3.8  声優 : 3.9  音楽 : 3.6  キャラ : 3.7

佐藤一郎は「普通」の男子生徒として、高校デビューに成功したはずだった……。
ある晩、忘れ物を取りに行った学校で不可思議な女の子“青の魔女”と出会い、彼の教室での立場は大きく変わってしまう。
魔女の正体は、一郎のクラスメート・佐藤良子だったのだ。
彼女は本物の魔女なのか? それともただのコスプレ女子なのか?
さらに良子に触発されて、クラスに潜伏していた<妄想戦士(ドリームソルジャー)>たちも次々と名乗りを上げ、一郎を巻き込んでいく……。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

とりあえずエンドロールまで繋がってるのでみよう!

厨二病を扱ったアニメだけど、「中二病でも恋がしたい」とは
全く違うアニメです。
ファンタジーな感じではなく、リアルです。現実です。
心がいたみます。

短いアニメなので引きずらなくてすむけど、
私は感情移入しやすいタイプなので... ▼もっと読む

総合得点 60.6 感想・評価 187 棚に入れた人 745
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.3  作画 : 3.2  声優 : 3.9  音楽 : 3.5  キャラ : 3.8

3人の妖精がぐだぐだとトークをしたり、アドリブ劇を繰り広げたりする15分のショートアニメ「gdgd妖精s」の第2期がこちら!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

1期未視聴。15分。全12話+0話。

3人の妖精のグタグタな毎日を描いた作品です。

1期を観ていないのでどうしようか迷っていましたが、0話視聴してみました。
あまりのグタグタぶりに切ろうかと思いましたが、やっぱり観てみるものですね〜
1話以降この3人のグタグタぶりに慣れて心地よ... ▼もっと読む

総合得点 65.3 感想・評価 82 棚に入れた人 700
★★★☆☆ 3.9   物語 : 3.9  作画 : 4.0  声優 : 3.9  音楽 : 3.9  キャラ : 3.9

今年春に放送されたTVアニメ「シドニアの騎士」の全12話を再構成し、未公開アングルカットの多数追加や音響効果の再制作により、劇場仕様としたもの。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

ハリウッドからも注目を浴びる漫画を原作に、インターナショナルな活躍を続ける日本のスタジオが3DCGで制作した2014年春期に放映されたTVシリーズ第1期『シドニアの騎士』
そしてこのオンエア版に新規カットの追加やカメラアングルのリテイクをしたセルディスク用のディレクターズカット版
さらにこ... ▼もっと読む

総合得点 62.9 感想・評価 105 棚に入れた人 425
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.7  作画 : 3.7  声優 : 3.5  音楽 : 3.6  キャラ : 3.8

2004年に岩井俊二自身が原作・脚本・監督を務めた、ふたりの少女を描いた映画『花とアリス』の新たなストーリーをアニメで描くことになる。

『花とアリス』の前日譚となり、史上最強の転校生のアリスと史上最強のひきこもり 花が出逢ったとき、世界で一番小さな殺人事件が起こった、とのストーリーになるという。ふたりの出会いの物語だ。

アニメ映画では、鈴木杏と蒼井優を彷彿させるデザインのキャラクターが登場し、さらにふたりがこの声を演じることで10年ぶりに競演するのもみどころだ。

ちなみに映画は先に声を録音するプレスコを採用している。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

『Love Letter』や『スワロウテイル』で有名な天才邦画監督、岩井俊二が初めてアニメ長編に挑んだ意欲作
『サイコパス』の本広克行など、最近有名映画監督がアニメに乗り込んできたことをオイラの友人は「アニメが売れると分かってシャシャり出てきてる」と批判しました
ソイツの気持ちもワカランで... ▼もっと読む

総合得点 46.1 感想・評価 95 棚に入れた人 367
★★☆☆☆ 2.4   物語 : 2.3  作画 : 2.2  声優 : 2.6  音楽 : 2.4  キャラ : 2.5

JK-女子高生-がチョー簡単レシピのB級グルメを極めた!それが「JKめし!」。麗奈、涼香、ルリ子の3人は、高校2年の同級生。脱線しまくる試験勉強の休憩時間に毎回「JKめし!」が登場。アニメを見れば作り方が分かっちゃう。

どこでも手に入る食材で、誰でもマネできる簡単レシピなので、思わずあなたも 作りたくなっちゃうかも。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

なんか突然ニコ動に4話までアップされたので見てみた。

…これほど全ての面でレベルが低い商業アニメはなかなかないのでは?
しかもネタとして楽しめる度も低い。その点で確かにGUN道にも負ける。

作画は自主制作アニメでもこれより良いのがたくさんあるよね。

そらまるはヲケルのるなの... ▼もっと読む

総合得点 59.1 感想・評価 90 棚に入れた人 364
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.4  作画 : 3.2  声優 : 3.7  音楽 : 3.4  キャラ : 3.7

機動世紀8013年。
人類は既に滅亡から70世紀以上経過しており、その世界はかつて人類が残した軍事用ロボットが独自の進化を遂げていた。
ロボット達はヨーロッパを制圧した「リベリオン連邦」とアジアを拠点にする「シン公国」の二手に別れ、いつ終わるともわからない戦いを繰り広げていた。
この戦いを終わらせるべく、3体の非戦闘用ロボットがかつて人間が持っていた「笑い」を調査する。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

※※※
文章は苦手で(ネタばれに注意も大変だし)短めの感触や印象を伝える程度が多いかと。
割と【まじめに・辛目に】ホシ付けてますので、作品の評価はホシをご参考にして頂ければと...
基準はプロフィールをご参照下さい。
http://www.anikore.jp/users/profil... ▼もっと読む

総合得点 59.9 感想・評価 64 棚に入れた人 327
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.5  作画 : 3.1  声優 : 3.7  音楽 : 3.2  キャラ : 3.9

『アルプスの少女ハイジ』のパロディ作品で、『低燃費少女ハイジ』という題名がつけられている。アルプスの少女ハイジの登場人物(おんじ、ペーター、クララ、セバスチャン、ロッテンマイヤーなど)も登場し、舞台地(スイス(アルム)・フランクフルトなど)も同じに作られている。アルムの山に住む少女ハイジは「テイネンピって何?」かを知りたがっていた。やまびこに聞いてもペーターやおんじに訊ねても皆、首を傾げるばかり。そんなハイジのもとを訪れたクララは屋敷にあると自慢しフランクフルトへ来るようハイジを誘った。かくして、クララ、セバスチャンらとフランクフルトを目指すことになったハイジだったが、独り残されることを心配したおんじはヤギを連れてハイジを追うことになったのだった。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

かつて日産自動車のCMでおなじみのあのハイジ。
販売促進用に制作されたアニメで、
「アルプスの少女ハイジ」を制作した会社が全面協力。1話15分ほどで全7話。

当然、昔に放送していたアニメ『アルプスの少女ハイジ』のパロディだが、
離れた眉毛、上目遣いのアホ面と独特の話し方は、
志村... ▼もっと読む

総合得点 65.0 感想・評価 61 棚に入れた人 277
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.7  作画 : 3.5  声優 : 4.1  音楽 : 3.5  キャラ : 4.2

 アメリカのどこかにある、町の雰囲気を漂わせるターキーズヒル。ここに住む様々な住人の生活を描いたCGアニメーション作品。 オムニバス形式で描かれる不条理ギャグ満載の物語は、毎回登場キャラクターが違うものの、どこかで繋がりを持っている。話数が進むにつれて、それぞれの環境がわかってくるという面白さもあり、本編に登場する劇中劇のCMや音楽番組などのパロディも満載、架空の町ターキーズヒルを丸ごと堪能できる。 また日本語で行われる会話の他に、英語の字幕が出るというユニークな演出もあり、英会話の勉強にもなるのだ。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

CMでもよく見かけていたし、よく行くお店でも流れていて
前からすごく気になっていた。
アフレコは日本語だけど、アメリカのどこかの街が舞台らしいということと、
登場人物がほとんどみんなアメリカ人っぽいので、
てっきり向こうのアニメかと思い込んでいたら日本のものだった^^;
 
絶妙の... ▼もっと読む

総合得点 69.3 感想・評価 37 棚に入れた人 166
★★★☆☆ 3.7   物語 : 3.6  作画 : 4.0  声優 : 3.8  音楽 : 3.7  キャラ : 3.6

「ゴジラ」シリーズ初のアニメ作品として製作された劇場3部作「GODZILLA」の第2章。ゴジラに蹂躙された地球を取り戻すため決死の戦いに挑んだハルオをはじめとした人類だったが、地中深くから現れた真のゴジラ=ゴジラ・アースに敗退。ハルオは、かつての地球人類の生き残りと目される「フツア」と呼ばれる民族の少女ミアナに助けられる。フツアもかつてゴジラに敗れたと言い伝えられていたが、彼らの持つ金属のナノメタルが、21世紀に対ゴジラ決戦兵器として開発されたメカゴジラを構成する物質と同じものであることが判明。メカゴジラの開発プラントがいまだ残されていることが明らかになり…。

http://godzilla-anime.com/

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

NETFLIX世界配信。
ポリゴンピクチュアズ制作。
静野孔文監督作品、脚本虚淵玄。

シリーズ第2弾。
前作以上に怪獣映画の趣も少なく、
ハリウッドSF映画に近い。
人類の英知の結集が未知なる生物に挑む。
良く知るゴジラとして見ると擁護も難しいかな。

ただここからは個人... ▼もっと読む

総合得点 51.6 感想・評価 36 棚に入れた人 156
★★☆☆☆ 2.9   物語 : 2.8  作画 : 2.9  声優 : 2.8  音楽 : 3.1  キャラ : 2.9

あのPeeping Lifeが、10月より日本テレビほかにて放送開始!

DVD累計60万本の大ヒット、半笑い脱力系のムダ使いCGアニメ「Peeping Life」が遂にTVアニメになった!

手塚プロダクションやタツノコプロのヒーローたちが、ゆるめの進化を遂げて、ついにテレビに大登場!

もちろん、いつものPeepingキャラも出演するよ!

知ってる人も知らない人も、週末の夜ふけにクスッとどうぞ!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

3話まで観ました。
まぁキー局の地上波ですし、他の見たい作品と時間がバッティングしてるわけでもないので録画はすると思うんですが正直もういいかなと(汗)
やっぱり作品の性格上30分枠は無駄だと思うんですよね。
平日の帯番組として小出しにした砲が良かったんじゃないかなと。
... ▼もっと読む

総合得点 59.2 感想・評価 22 棚に入れた人 135
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.4  作画 : 3.4  声優 : 3.5  音楽 : 3.3  キャラ : 3.7

愛知県在住の原作者であるくるねこ大和が、自ら拾った猫の飼い主を探すべく写真を掲載したり漫画を執筆しながらブログを開設したところ反響を呼び、同ブログに掲載した漫画の刊行に至った。これはそのアニメーション作品となる。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

親代わりは拾ってくれた くるねこ大和さんだけど、
あくまでも猫が主人公。
声を先に録音して後から絵をつけるプレスコ方式で制作された作品。

登場する仲間達は・・

オーラ出まくり 無敵の美輪のもんさん
気難し屋の ポっちゃん
空気の読めない内弁慶 カラスぼん
忘れっぽいのに小... ▼もっと読む

総合得点 66.7 感想・評価 17 棚に入れた人 98
★★★☆☆ 3.8   物語 : 3.3  作画 : 4.2  声優 : 3.9  音楽 : 3.9  キャラ : 3.8

 虫プロとヘラルド映画提携の大人のためのアニメーション、“アニメラマ”第3作目。挿絵画家・深井国の原画を中心に、セル画ではなくイラストを動かすような手法を使って、映像美をとことん追求した。作画監督として杉井ギサブローが参加。主人公のジャンヌの声を長山藍子が、悪魔を仲代達矢が演じた。原作はフランスの歴史家ジュール・ミシュレの小説『魔女』。舞台は中世フランスの農村。ジャンとジャンヌは婚礼の日を迎えていたが、横暴な領主が初夜権を主張してくる。ジャンはそれだけは許して欲しいと懇願するが、願いはかなわず、ジャンヌは領主のなぐさみものとなってしまう。その後、村を飢饉が襲うが、ジャンとジャンヌは彼女の紡ぐ糸の稼ぎでラクに食べていくことができた。だが、そんなジャンヌを妬んでか、ジャンヌに悪魔が取り憑いているという噂が立ち…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

アニメラマ3部作のうちの第3作。
原作はジュール・ミシュレの「魔女」。
音楽はジャズピアニストの佐藤允彦。
背徳、耽美、エロスが交錯する物語。

当時、虫プロが本気を出した大人向けのアニメ。
手塚治虫のプロデューサーとしての手腕を認識させられる。
商業的には大コケしたものの、一... ▼もっと読む

総合得点 54.7 感想・評価 24 棚に入れた人 69
★★★☆☆ 3.2   物語 : 3.0  作画 : 3.1  声優 : 3.5  音楽 : 3.1  キャラ : 3.5

西暦20XX年、突如現れた謎の生命体(フェロウ)
その凄まじい攻撃に、人類は苦戦を強いられていた。
しかし人類最後の希望、搭乗型フェロウ殲滅兵器「エクスメイデン」が、今動き出す。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

3CGアニメです。
声優の演技やアドリブに動画を合わせている作風。
グダグダとした会話が延々と続くので評価が分かれると思う。
物語や設定もいい加減のため合わない人は合わないと思うが、
本作の雰囲気が好きな人なら気にならないはず。

個人的には好きだった。
正直、好きだったけど打ち... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 7 棚に入れた人 37
★★☆☆☆ 2.9   物語 : 2.8  作画 : 2.5  声優 : 2.4  音楽 : 2.9  キャラ : 3.8

アイドルたちがステージでは決して見せることのない楽屋トークと、ゲストを招いての何が飛び出すか分からないアドリブトークの2部構成による15分番組。
第一弾ゲストには、あの「杉村太蔵」が決定。以降も浜田ブリトニーやANI(スチャダラパー)の出演も決定しています。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

「あー、お金欲しいよねぇ~」
で始まる、オールCG製の15分番組。
音楽専用チャンネルである、スペースシャワーTVの深夜枠として放映されていたちょと変わったアニメです。
ニコニコチャンネルでも同時期に配信されているので、音楽番組に馴染みのない方でも、そちらで目にした事がある方もいらっしゃ... ▼もっと読む

総合得点 計測不能 感想・評価 1 棚に入れた人 18
★★★☆☆ 3.8   物語 : 4.5  作画 : 3.0  声優 : 4.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

オトナに憧れる​中学2年生の小谷ゆい。

ゆいには人には言えない秘密のこんぷれっくすがあった。
男子のワキ毛に並々ならぬ興味を抱いてしまうのだ。
特にクラスいちワキ毛の濃い武尾マサトから目が離せない。

一方、武尾は自分のワキ毛の濃さをコンプレックスに感じていた。

ふとしたきっかけで、ゆいと武尾は話すようになり、次第にふたりの距離は縮まっていく。これは恋なのか、それとも…。

ワキ毛をめぐる、可笑しくも切ない青春の1ページ。

こんぷれっくすとコンプレックスが出会った時、何かが起こる……。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

短編映画や自主制作アニメを多く手掛ける87年生まれ…つまりオイラと同い歳のふくだみゆき監督による30分弱の短篇Flashアニメ


2014年に自主的に制作が始まり、2015年にいくつかの映画祭での受賞を経て、2017年2月遂に待望の一般公開という経緯に既に期待で胸が膨らんでおりました
... ▼もっと読む

総合得点 68.2 感想・評価 826 棚に入れた人 3820
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.6  作画 : 3.6  声優 : 3.7  音楽 : 3.6  キャラ : 3.5

たむける花も選ばずに、ずっとそばにいるだけでいい ――。目つきは悪いが純情一途な花屋のバイト青年・葉月(はづき)亮介。彼がひそかに想いをよせるのは、店長の島尾六花(ろっか)。一目惚れした六花の花屋に通い詰め、バイト募集を機にそこで働くことに。念願叶ったものの、8つ年上の彼女は恋愛を諦めている様子。目の前にいるのに何もできない自分に歯がゆさが募るばかり。ある日、とある用事で花屋の2階の彼女の自宅に呼ばれて行くと、そこにはなんと上半身裸の男。予期せぬ事態に半ば憤り、半ば呆れる葉月だったが、意外な事実が明らかに。その男は六花の同棲相手ではなく、すでに亡くなった彼女の旦那の幽霊(島尾篤)だという。六花には見えないらしい島尾(幽霊)は何かと葉月の恋路の邪魔をし、葉月もそれに屈せず押しの一点張りで頑張るがなかなか埒が明かない。そんな中、島尾(幽霊)が切り出した予想外の提案とは・・・

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

<最終話まで観終えて>

★注★この最終話に関しての感想は激しくネタバレしているので、
観終わっていない方は「ネタバレ」リンクを読まないほうがいいです。

葉月のモノローグから始まったから葉月を主人公として
彼に感情移入しやすいストーリー運びだったけれど
途中から3人ともモノロー... ▼もっと読む

<< 前へ 次へ >>
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。