最新おすすめヴァンパイアアニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめヴァンパイアアニメランキング

検索結果:5件
アニメを並び替え:
総合得点 60.6 感想・評価 110 棚に入れた人 1283
★★★☆☆ 3.5   物語 : 3.4  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.4  キャラ : 3.6

サキュバス、バンパイア、デュラハン。僕ら人間とちょっとだけ違う、それが「亜人」。
そんな亜人の生態に興味を持つ高校生物教師・高橋鉄男と、生徒である「亜人」ちゃんたちとの少しだけ刺激的な新学期がスタートした!

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

可愛いキャラデザなのに、テーマとしては難しい物を扱ってますね。
「亜人」というSF的存在が受け入れられた世界で、亜人であることを「皆と違う」という、現実でもあり得る悩みにまで落とし込んだ面白い作品です。

【どんな作品】
亜人の女の子とその悩みを解決しようとする高橋先生のお話
高橋先生はゴツいけど亜人ちゃんにモテる。


【亜人ちゃん「と」語りたい高橋先生】
高橋先生は大学で亜人の研究をしていましたが、教師になるまで亜人と出会ったことがありませんでした。
亜人の事が知りたくて、亜人の生徒に色々質問するのですが、その中で生徒が抱えている悩みを解決していきます。

自然と亜人ちゃんの好意が高橋先生に向いていき、ラブコメの展開を迎えていきます。

高橋先生のキャラデザが、なよっとしたイケメンではなく、ガッチリした体育会系の姿なのが好印象(笑)

【孤立している亜人ちゃんを高橋先生が繋いでいく】
亜人ちゃんが抱えている悩みは、人それぞれではありますが、その悩みによって自然と人との関わりを避けて孤立しています。

そこに高橋先生がやって来て、亜人ちゃん同士を自然と繋げていきます。そこからグループの輪が広がっていき、亜人ちゃんの親達のネットワークが出来たり、亜人以外の生徒が、亜人との付き合い方や見方が変化していく展開になっています。

大事なのは、亜人は「厄介な存在」ではないということを、亜人自身にも、回りにも伝えたいということです。
どこかで自分が亜人であることを後ろ向きに考えている気持ちがあり、そんな良くない状態を、高橋先生は偏見なく、普通の生徒の悩みと同じように向き合ってくれます。

亜人という個性を、周りに迷惑がでないよう亜人自身が封じ込めて孤立していくのか、集団で亜人が生きて行けるよう周りが変わるのか、周りに溶け込めるように亜人が前向きに関わっていこうとするのか、悩みを抱える本人と、周囲がどうすればいいかという、身近に感じる問題を扱ってます。

他人と違う事に悩みを抱えている人と、どう向き合うか?現実でもあり得るその問題を、亜人という明確な違いで表現している面白い作品です。

【最後に-難しいことは考えずとも楽しめます】

この作品は現実の悩みに置き換える事ができるシビアな悩みを扱ってます。

ですが、お悩み解決でモテるゴツい体型でイケメン声の高橋先生のラブコメ学園物として、楽しめることが出来ます。

亜人の女の子達が、真摯に向き合ってくれる高橋先生を好きになり、その嬉し恥ずかしをしている姿を見ているのがとても楽しい作品です。

総合得点 67.3 感想・評価 543 棚に入れた人 3766
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.4  作画 : 3.6  声優 : 3.7  音楽 : 3.6  キャラ : 3.8

月音が陽海学園に入学してから1年。春休み明けのこの日、月音は萌香との再会に胸を膨らませ、学園へと急いでいた。
すると、謎の少女が自転車で衝突してくる!事故の相手は、ちょっとキツめな印象のツインテールの美少女だった!そして学園では、萌香たちが新入生に囲まれて大騒ぎになっていた。
さらに萌香の下駄箱には、彼女を慕う新入生からの大量のファンレターも!しかしその中に「命をもらう」と書かれた物騒な脅迫文も…!?

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

第1期の続きです
内容は王道ラブコメ。
主人公がめっちゃハーレムです
内容はベタな感じですが、自分にとっては
それがまた良いです
ベタな展開に飽き飽きしている方にはオススメ出来ないかも知れません。

OP・EDともに水樹奈々さんが担当していて
音楽は結構好きです。
別段、水樹奈々さんだからという訳ではなく、
仮に、水樹奈々さんが歌っていることを事前に知っていなくとも良曲だと想います。

総合得点 61.6 感想・評価 381 棚に入れた人 1888
★★★☆☆ 3.4   物語 : 3.1  作画 : 3.5  声優 : 3.8  音楽 : 3.3  キャラ : 3.5

美しく、咲き乱れる薔薇の香りの中、少女は己の運命を知る。運命の糸に導かれるように、少女は彼らと出会う。「オマエの初めては、オレ様がすべて奪ってやるよ」「ねえ、僕のこと嫌いですか? もっと知りたいですか?」「痛いの? 可哀想に……じゃあもっと痛くするね、ビッチちゃん」「あんたが、この家に来た理由がわかった。極上品だな……この血は…」「人間など、単なる血の器にすぎません」「オレに関わるな! それ以上近づいたら、ぶっ壊してやる!」 彼らは血と欲望に餓えたヴァンパイア……。彼女の中で何かが狂い始め、何かが目覚めてゆく。もう、どこへも逃れることは出来ない……。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

ディアラバは、ごーかな声優さんの方々で
成り立っているアニメですね。

私自身、乙女ゲーはやったことがないので、
原作なんて、知ったこっちゃないんですけど。

私的に、アヤトくんとか好きな声です。
耳に入ってきやすい···といいますか。

物語は全然入ってこないんですが、
ずっと、聞き流してる感じでした。

まあ、好きな人は好きですし、
苦手な人は苦手だとおもいますよ。
この、主人公の運命はどーなってしまうんでしょうね?(意味深)

総合得点 64.3 感想・評価 136 棚に入れた人 661
★★★☆☆ 3.6   物語 : 3.5  作画 : 3.9  声優 : 3.4  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

『BLOOD THE LAST VAMPIRE』(ブラッド ザ ラスト ヴァンパイア)は2000年から展開された、Production I.G制作のメディアミックス作品群。少女と怪物が繰り広げる戦いを描いたホラーアクション作品。
【ストーリー】1966年ヴェトナム戦争のさなか、日本の横田米軍基地内のアメリカン・スクールに、ひとりの日本人少女・小夜が転校してきた。彼女の正体は、闇に生き暗躍するヴァンパイア・キラーであった…。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

BLOODシリーズの最初の作品になる劇場版。全体に攻殻のような作画(フル・デジタル)でかなりバイオレンス色が濃いです。

この後のBLOOD + とは物語の繋がりがあるのかないのか?
関連なさそうです。同じ小夜という名前ですけどキャラクターの
雰囲気が違います。(こちらの小夜は恐いです)


海外向けを意識した作りになっている感じです。実写映画もあるそうです。


監督/北久保弘之


制作:Production I .G


2000年11月18日公開

総合得点 61.2 感想・評価 20 棚に入れた人 146
★★★☆☆ 3.3   物語 : 3.3  作画 : 3.1  声優 : 3.1  音楽 : 3.6  キャラ : 3.5

蘭世は同級生の真壁俊に片思い中。持ち前の変身能力を使って、蘭世は俊に接近しようとする。だけど俊の幼なじみの曜子にジャマされたり、蘭世に一目惚れした魔界の王子アロンが一緒に住むことになったりと、蘭世の恋は前途多難・・・。そんな時、蘭世の両親は魔界の大王に、人間界にいるはずの王子を探せと命令される。だが手がかりとなるのは、左腕に星型のあざがあることだけ・・・。マスコミを利用した大々的な王子探しも徒労に終わり、とりあえず王子探しはひと休み。一方、蘭世はクリスマスイブの夜、俊に星のペンダントをもらえるまでに進展!!幸せにひたる蘭世だが、死神のリストには俊の名前が・・・。

<< 前へ 次へ >>
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。