一川孝久おすすめアニメランキング 9

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの一川孝久成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月07日の時点で一番の一川孝久おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

63.2 1 一川孝久アニメランキング1位
Dr.リンにきいてみて!(TVアニメ動画)

2001年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (20)
231人が棚に入れました
3歳で風水に目覚めた少女・神崎明鈴には天性の力があった。
幼馴染みのサッカー少年・結城飛鳥とのドタバタラブコメディを中心に、明鈴は様々な出来事を風水の手助けで解決していく。中学二年生になった明鈴は龍神を呼び出す力に目覚め、その力を狙う「闇」が次々と魔の手を伸ばし始める。前半は学園ラブコメ路線を中心に、風水で事件を解決する作風だったが、後半では闇に乗っ取られた人々を救う為に明鈴が光の巫女に変身して四神と共に戦うという変身バトルヒロイン路線に大きく傾いた。

声優・キャラクター
千葉紗子、反田孝幸、風間勇刀、かかずゆみ、木内秀信、竹内順子、鈴木真仁

アガパンサス さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

天然ボケ

「あえて狙っているとしか思えない」部分が満載。
ヒロインだけでなくストーリーや演出まで、すべてが天然ボケ。

だからこの作品は「ダメなところ」が売りなのだと思う。

ただ、何度も見ようとは思わないな・・・

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

nagi さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

少女マンガ

いかにもな少女マンガっぽい作品でした。子供のころに見たので特に偏見もなく楽しんでみれました。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 2

59.4 2 一川孝久アニメランキング2位
ツヨシしっかりしなさい(TVアニメ動画)

1992年秋アニメ
★★★★☆ 3.2 (27)
222人が棚に入れました
優秀な美人姉妹のいることで近所で評判の井川家。しかし、母と姉妹は家事無能力者で、炊事洗濯掃除は単身赴任中の父に代わって一人息子のツヨシが全てを行っていた。そんな彼の苦労や、博覧強記な知識量、実行力に富んだオールマイティーな行動力は誰にも知られることは無く、家の外では美人の姉に甘えるダメな末っ子扱い、家の中では理不尽な母のビンタや姉の叱責にさらされる日々。しかし、そんな中でもツヨシは毎日を気楽に生きているのであった。こうした、主人公の能力と周囲の評価の激しいギャップ、身近な人々に知られざるスーパーマン的活躍を、主人公の呑気なパーソナリティーによって喜劇として描きながら物語が進行する。

空知 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

観たいと思っていた方へ---25年ぶりの再放送です

視聴前や視聴中に作品を棚に入れることは滅多にないのですが、
興味のある方への情報にもなりますので。
(多分、再放送は初めてかもしれませんので、ごく少数であってもずっと観てみたいと思っておられた方がいると思いますので。)

このアニメ、やっていたことは覚えているのですが、ちゃんと観たことがありませんでした。


現在では視聴困難作品だと思います(配信では観られるのかな?)
レンタルもないはず。

内容的に、再放送ができないのではないかという書き込みがネットにもあります。

原作組の中には、「なぜあのアニメが2年間もアニメ化されたのか。
集団幻覚だったのではないか?」(笑)などという書き込みもあり、
非常に興味深い作品です。

謎を知りたい。


契約チャンネルで、2017.10.31から始まるので、録画して少しずつ観てみるつもりです。

(11.01からの放送もあります。月末一日だけでも1ヶ月分の契約料を支払わなければならないので、新たに契約してでも観たいという方は、11月1日からの契約が有利。10:30AM~第1話開始)

フジテレビ系で1992年10月4日 - 1994年12月25日放送。
(ちびまる子ちゃんの1期と2期の放送休止期間に放送したらしいです。)

バブル後期から崩壊時が時代背景で、少し荒れた内容が含まれているようなので、興味があります。

全112話。(長いなー)(銀魂なら観られても、この手の作品を8クール観られるかどうか自信なし。)

途中で断念するかもしれませんし、全て観ても感想書かないかもですけど。

視聴前なので、デフォルト3.0

投稿 : 2019/12/07
♥ : 12

みかみ(みみかき) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

今にして思えば、「草食系男子」のはしりか

昔、家族がよくみていた。
あまり、細かい記憶はないが、
今にして思えば「草食系男子」のはしりか、ともおもう。



にしても、ツヨシくんはだいぶ家庭的で、
文化系男子的な「よわさ」のようなものをもっておらず、これはこれでしっかりしているというか、「主夫」だよね。



社会的なジェンダーのありようの多様性のようなものを、つくる一助にもなっている、という点では本作は、お茶の間アニメとして、とてもよかったのではないかと思っている。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

ソーカー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

好きだったが忘れた(笑)

結構好きだったのだが、内容があんまり思い出せない。
おそらく全部は見れていないのだろうが、今見てもそれなりに面白いのでは。
全国のツヨシ君はなかなか大変だったろう・・・
なんせツヨシはなんでも出来ちゃう完璧超人なのだから。
周囲のメタメタにいじられつつもw

女って生き物はなんて身勝手なんだろうと思いつつ見ておりました。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 7

55.4 3 一川孝久アニメランキング3位
BUS GAMER ビズゲーマー(TVアニメ動画)

2008年冬アニメ
★★★★☆ 3.2 (40)
198人が棚に入れました
ビズゲームに参加する3人の若者。彼らは各々の理由で金が必要だった。それに、ただの遊びだと思っていた。金のため、それだけの理由で参加したゲームだったが、ゲームの実情を知り始め、命を惜しいと思うようになった……。

nani-kore さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

え~と。。

2008年制作の全3話。
ショートアニメというより、プロモーションみたいな切れよう。。
2008年制作なら、もう少しきれいな作画も期待できたと思うのですが、残念な感じです。
原作者峰倉かずやさんの、魅力的なキャラクターがそのまま動くような画だったら、ファンとして嬉しかったのですが;

お話は~。。命がけリアルゲーム?
一昔前、けっこう流行ってましたね~
現在は直接、ゲームの世界の方へ行ってしまいますね(現実逃避;)~
峰倉さん原作ですが、このアニメは女子向けともいえず、男子むけっぽいけど、男子が観ても面白いかどうかは微妙。。

な、なんと!峰倉さん御自ら作詞のOP&EDでした!
。。なんかレトロで不思議なお歌です;;

さ、三話だけだし、ヒド過ぎるとか、つまらないってほどじゃないです;;
もの珍しさついでに、まったり視聴してみてはいかがでしょうか~?

投稿 : 2019/12/07
♥ : 6

コン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

面白い。

主要キャラは3人だけど、それぞれ個性が強くて、面白い作品だと思う。
一つ残念なのは、物語が短いことかな…。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

まりす さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9

チープの共鳴が記憶に焼きつく

3話しかありません。
作画も良いとは言えませんし、話も微妙。
でも大変記憶に残っている作品です。


予算のせいか、作品全体から漂うチープ感。
そのチープ感を飛躍的に向上させるのがOPでした。
(良い意味で)

「チュッチュルッチュー… チュッチュルッチュー…」
イントロで繰り返される単純なフレーズに 癖のある声優の歌唱。

出始めは
「液晶のディスプレイ連ねてる ノイズにかき消された太陽」
「張り巡ってゆくいびつなウェーブ 振り切るならそこから飛べよ」
歌詞の意味は全くわからない。でもカッコいい。

それに続く歌詞は
「ビルの窓に映る空の彼方を目指す鳥のよに」
確実にビルに激突するだろその鳥。


そんなツッコミを次々に入れたくなるのがこの作品の魅力。
幾つものチープが共鳴し合って作品が忘れ難いものになって行きます。

「人の記憶にうつものを作りたい」とスタッフが企図していたなら、
狙った方法とは違うかもしれませんが、この作品はそれを達成しています。

ある意味、唯一無二のアニメだと思います。
皆さんも機会があれば 観てみてはいかがでしょうか。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

60.6 4 一川孝久アニメランキング4位
水色時代(TVアニメ動画)

1996年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (17)
139人が棚に入れました
河合優子は12歳になったばかりの小学6年生。小学校では一番大人だけど、中学生とかと比べると、まだまだ子供。最近、優子のクラスでは、女子の間でブラジャーや生理が「まだ」か「もう」かの噂がうるさくて…。優子が小学6年生の冬を迎えた時に起きた3つの出来事がオムニバス形式で描かれる。

k-papa さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

リアルな小中学生の実生活

原作漫画。
原作既読。

いろいろと生々しいです。
キャラが皆そこそこ可愛いです。
それがリアリティを感じるところかしら。
まあ、なんでしょう。
ふーーんと思って、見てしまうドラマです。
そして、主人公頑張れと思ってしまいます。

人間、疎遠になるとなかなか繋がりを継続するのは難しいですね。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

いりあん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

誰もが誰かに共感出来る、青春モノです!

まず、オープニングの歌から良いです!ストーリーは原作も良いですがアニメ版も・・・泣かされることが多いですwきっと現中学生は勉強になる!大人にはあったあったそういうこと!っていうエピソード満載です。国民全員1度は必見!!

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

タイトルなし

一言で言うと恋愛って難しいけど素敵だなぁ・・・って思える作品。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

61.8 5 一川孝久アニメランキング5位
ケロケロちゃいむ(TVアニメ動画)

1997年冬アニメ
★★★★☆ 3.4 (18)
126人が棚に入れました
カエルの国に住むミモリは、カエルのような身軽さを持つカエル族の姫君。たくさんのカエルに囲まれ平和に暮らしていた。そんなミモリの元へある日少年アオイが現れる。アオイには水をかぶるとカエルに変身してしまう魔法がかけられていた。そしてその魔法をかけた犯人は、半年前突然旅立ったミモリの兄・マカエルだった。彼から「魔法を解く方法を知りたかったらカエル族のミモリの元へ行け」と聞いていたアオイだったが、ミモリは何も知らなかった。ときたまの助言により、国はずれのほこらにいる晶子に会いに行くと「探しものはあっちにある」と南東の方角をさした。かくして、ミモリとアオイは方角だけをたよりに魔法を解く方法を探す旅に出る。

のはらのはら さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

思い出の作品

幼稚園の頃好きでした。
友達とケロケロちゃいむごっことかしているものでした。(あまり覚えていませんが)
アニメを初めて見たのもこの作品!
なんといってもキャラクターがかわいいんですよ。
また見たいです。
DVDとか発売しないんですか。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0
ネタバレ

annabanana さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

マカエル様は私の初恋

レビューではなく思い出なのですが、
とりあえずマカエル様は私の初恋の人でした!(笑)

同じく私のアニメ・漫画人生のきっかけとなったカードキャプターさくらと一緒で、放送した当時は海外にいて見れなかったので、親戚に録画してもらってみていたのですが、
ビデオが届いた日には姉とテレビにかじりついて何度も何度も飽きることなく見続けていたことは、今でもとても良い思い出です(^ω^)

ストーリについてははっきり覚えてないのですが、{netabare}去年漫画を大人買いして確認したところ、アニメは確かエンディングがオリジナルだったと思います(正直うろ覚えです)。{/netabare}

ミモリちゃんは今でも私の中で一番大好きなヒロインの一人だし、藤田まぐろさんがこの作品で描いたファンタジーな世界観も今も鮮明に記憶に残ってるぐらい大大大大ファンです!

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

計測不能 6 一川孝久アニメランキング6位
名門!第三野球部(TVアニメ動画)

1988年秋アニメ
★★★★☆ 3.4 (5)
51人が棚に入れました
『週刊少年マガジン』に連載された、むつ利之による本格派高校野球漫画をアニメ化。アニメの制作は『ハイスクール!奇面組』、『涼風』のスタジオコメットが行っている。いつもいじめられてばかりの高校生・檜あすなろ。彼が通う私立桜高校は名門中の名門で、あすなろの所属する野球部も一流なのだが、彼を含む面々は野球部の3軍……落ちこぼれ同然であった。1軍選手や監督の鬼頭からバカにされるあすなろたち。だがある時、あすなろたち3軍は1軍との勝負を希望、自分たちが落ちこぼれのクズじゃないことを証明しようとする。はたして必死の特訓の努力は実り、ついに3軍は1軍に勝利をおさめるが。

計測不能 7 一川孝久アニメランキング7位
ツヨシしっかりしなさい ツヨシのタイムマシーンでしっかりしなさい(アニメ映画)

1993年12月5日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
永松潔によって『モーニング』誌上において連載された同名コミックの劇場化作品。主人公井川ツヨシの高校時代から大学時代までを描いたホームコメディ。井川ツヨシは、二人の姉と母親からいびられ、家事全般を担当させられている中学三年生の男の子。長女の恵子はどういうわけか、毎年大晦日になるとツヨシにきつく当たってくる。九三年こそは災難から逃れようとツヨシは親友の渡辺司と共に遊びに出掛けた。しかし、誤ってタイムマシンに乗り込んでしまい、九三年十二月三十一日から八一年十二月三十一日にタイムスリップしてしまった。そこで出会ったのは、幼稚園生のツヨシとツヨシをいじめる恵子の姿であった。

計測不能 8 一川孝久アニメランキング8位
Mr.ペンペン(TVアニメ動画)

1986年春アニメ
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
『あさりちゃん』で人気の漫画家・室山まゆみの原作による、生活ギャグコメディのスペシャルアニメ。ある日、小沢家に送り付けられた荷物。中から出てきたのは蝶ネクタイをして人語を喋るペンギンの王子=ペンペンだった。王家の指示で人間界で修業をするよう命じられたペンペンは、勝手に小沢家を居候先に選ぶ。だが同家の娘ミカは、身勝手なペンペンの態度に猛反発。そこでペンペンは小沢家一同のご機嫌を取ろうと、物質電送機で宝石を送らせたり、珍しい熱帯魚だと言って人魚を取り寄せたりして大騒動を巻き起こす。テレビ朝日が春休みの児童向けに企画した特番で、アニメ制作はシンエイ動画。短編4話をまとめたオムニバス構成で、あさりちゃんも東映動画(現・東映アニメーション)版『あさりちゃん』と同じCV(三輪勝恵)で少しだけ顔を出す。

計測不能 9 一川孝久アニメランキング9位
Mr.ペンペンII(TVアニメ動画)

1969年冬アニメ
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
人気漫画家・室山まゆみの原作によるTVアニメスペシャルの第二弾。人間界を勉強するため、修業にやってきたペンギン王国の王子ペンペン。彼は小学五年生の少女ミカちゃんの家に居候し、そこでの生活にもなじんでいた。ペンペンはさらに人間社会に馴染もうとするが、世間知らずの王子ゆえいつも失敗。ミカちゃんを悩ませる。しかしペンペンは己のプライドにかけて、また生来の図々しさで、眼前の困難を乗り越えていく。今回は一時間枠の中で、新作エピソードを4話放映。制作は前回同様、シンエイ動画が担当した。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ