中国語で中国アニメなおすすめアニメランキング 2

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの中国語で中国アニメな成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月10日の時点で一番の中国語で中国アニメなおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

53.2 1 中国語で中国アニメなアニメランキング1位
縁結びの妖狐ちゃん(TVアニメ動画)

2017年夏アニメ
★★★☆☆ 2.6 (44)
238人が棚に入れました
妖怪と人間が共存し、愛し合える世界。しかし、人間の寿命を遥かに凌ぐ妖怪は、愛する人間が死んでも命尽きることなく生き続けていた。人は輪廻転生し、生まれ変わることができても前世の記憶は失われてしまうため、妖怪の間では、ある「サービス」が普及していた。

それは、生まれ変わった人間にかつての恋人の記憶を蘇らせることのできる「妖狐仲人」によるサービス。愛する人が死んでもなおその人を愛し続ける妖怪は、「妖狐仲人」が販売する「サービス」を買い、転生したかつての恋人と再び愛しき日々を取り戻そうとする。

この物語は、そんな仲人の仕事をする妖狐が繰り広げる縁結びのストーリーなのである。

声優・キャラクター
羽多野渉、阿澄佳奈、金元寿子、米澤円、桐井大介

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

この思い 時を超える…

この作品は中国の漫画配信サイトで連載されているようですが未読です。
最近、中国発の作品が増えているなぁ…と思いますが、中国作品の増加に伴ってある現象が発生しているんです。
少し考えれば分かる事なのですが、中国作品のキャストに日本の旬な声優さんが結構出演されるようになってきてるんですよね…
これが自然の流れである事は理解しているつもりです。

只でさえ声優業は激務なんです。
だから同じ労力を使うなら日本のアニメの発展に貢献して欲しいとも思ってしまいますけど…
この考えは我が儘なんでしょうかね…?

そしてこの作品ですが…キャストで視聴を決めた作品でもありました。
だって、あすみん、米澤さんや金元さんが出演って…日本のアニメと変わらない顔ぶれじゃありませんか。
と思いながら視聴を始めた訳ですが…

公式HPにこの作品のイントロダクションが記載されていました。


「妖怪と人間が共存し、愛し合える世界。

人の寿命には限りがある。愛する人間が死んでも妖怪は命尽きることなく生き続けていた。
人は輪廻転生し、生まれ変わることができても、前世の記憶は失われてしまう。

そんな背景の中、妖怪の間では、ある「サービス」が普及していた。
生まれ変わった人間に、かつての恋人の記憶を蘇らせることのできる「妖狐仲人」。

愛する人が死んでもなおその人を愛し続ける妖怪は、「妖狐仲人」が販売する「サービス」を買い、転生したかつての恋人と再び愛しき日々を送らんとする。

この物語は、そんな仲人の仕事をする妖狐が繰り広げる縁結びのストーリーなのである。」


確かに、序盤はそんなサービスを受ける展開も確かにありました。
でもこの作品がそれで終わる筈がありません。
なぜなら、それだけなら中国独特のオンリーワン旋風の要素が少な過ぎですから…

物語としては可もなく不可もなく…といったところでしょうか。
主人公が食いしん坊で貧乏なのですが、エサでの釣られ方がありきたりでしたね。
基本的に笑いを狙っていたような気がするのですが、笑いのツボがずれていたからでしょうか…
私はあまり笑う事ができませんでした。

かと言って、感動して泣けたか…と問われると、正直あまりそれも無かったような…
声優さんの迫真の演技には何度も素晴らしさを感じました。
流石日本を代表する声優さんだけのことはあります。

ですが物語の終盤…この時は主人公とヒロインは完全においてけぼり状態だったのですが、ここで登場したのが、まさかのくまちゃん…
正直くまちゃんが出演されるとは思っていなかったので、正直ビックリでした。
でも、これは所謂嬉しい誤算…

くまちゃんは、とある国のお姫様役として出演されていたのですが、これまで下してきた決断、これまでの習慣を是としない強い気持ち…
約束を違えぬように…姫の気持ちをちゃんと伝えようとするくまちゃんの演技に感動してしまいました。

2クール24話の物語でした。中国では先行して放送されているらしく、日本では中国で放送されたモノが尺に合わせて再編集されたものが放送されたようです。
中国作品の続編がどうやって決まるかは分かりませんが、今回の放送スタイルならアニメのストックが先行して中国で作られるので日本でも視聴されるのでしょうか…

でもどうだろう…
中国発の作品は山ほどあるんでしょうけど、日本で放送する「ハオライナーズ枠」がそもそもそれほど広くありませんから、中国作品同士の争いは、今後益々激化していくんでしょうね。
それに日本でもアニメの放送数が激増して、今では土日の早朝枠まで使っている状況ですから…
文化の一つとして位置づけられたアニメ発展のためにも限られた枠を効果的に使って欲しいモノです…

投稿 : 2019/12/07
♥ : 9

うざっしー さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0

1話切り。長い23分だった…中国アニメは「兄に付ける薬は無い!」だけ見ておけばOK

ここまでショートアニメを濫造してきた中国アニメだが、今回は30分2クールで勝負をかけてきたようである。
でも1話見る限り今度もダメだと思う。

テンポが悪く、動かすべきところで変にのんびりしてたりとか、MUSASHI-GUN道を思い出すw特にでかい白狐と戦ってた辺りの雑さ、軽さ、迫力の無さはGUN道並だった。
日本の演出家が見たらコマンドーのベネットのように「よくもトーシローばかり集めたものだ、ただのかかしですなw」と嘲笑うことだろう。
つーかイベント会場で敵が襲ってきたのにステージの人や観客が逃げずに某立ちで不動とか、ほんとカカシなのかとwシンフォギア1期1話のライブの惨事シーンでも観て勉強しろよ。我が国から学べるものはいくらでもあるだろ?

世界観については、かの国のファンタジー物って封神演義をベースにしたものしか思いつかないんだろうか?何百年たったら道教や仙道の世界観から脱することができるのだろう?

登場人物が食い物に意地汚いのも相変わらずw霊剣山から進歩ねえな。あれは制作はDEENだが。
中国に優れたクリエイターがいないのは文化大革命で出来る奴を皆殺しにしたからと言うがやっぱそうなのかなぁ。
「絶望で涙が出そうだわ!」のセリフが意味不明でツボったけど、そういうネタ目当てで見るしかないんだろうな。

色々言ったけど、とにかく見ていて話運びが下手糞すぎて話が頭に入ってこないんだよね。起こった出来事に対して理由を説明しないから、話の因果関係が見えてこない。特に妖狐の少女が天井破って落ちてくる所の会話の噛み合わなさ加減が酷かった。中国人はアスペしかおらんのか?こんなの2クール見てたら精神が破壊され…はっ、それが中国がこれを日本で放送する狙いか!?
まぁでも日本も劣等生とかトリニティセブンとかこれと同レベルのゴミを作ってるし、日本にそういうのがもっと増えたら追いつかれることもあるかもしれないね。あっちが成長するのでなくこっちがもっとダメになることで。

それにしても、絶妙な幼女の演技をこなしている阿澄さんとかは気の毒ですわ。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 7

北山アキ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

所詮ハオライナーズ、されどテンセント

最近ガソリン車禁止のニュースが話題ですが、中国に後れをとる日本にSMH。
日本人は外国人を集めて日本を褒めさせる番組作ってる場合何ですかね?
意の中の蛙の自画自賛wちょっと気持ち悪くなる時ありますよね。
すでにテンセントはトヨタより大きいって現実を受け止めるべき。

1話で視聴終了
またもや垢抜けない物語を送り出してきたハオライナーズである。
こんなん作って売る気があるのだろうか?
これが日本の会社の作品なら、そう思ってしまう。

しかし、ハオライナーズの母体はテンセントである。
短期的な採算性なんて度外視で構わないのだろう。
数作って経験を積めば、近いうちにジャンプ・アニメの製作・制作・配信までを手掛けてしまうのかもしれない。

日本のアニメ業界の商習慣も中国商人の合理主義に呑み込まれてゆくと思う。
ファーウェイなんかのニュース見てるとそう感じざるを得ない。
実際、自分のいる業界でもファーウェイ製品が席巻している。
価格のみならず、品質やアイデアでも日本の競合他社を超えている。
そういうのを目の当たりにしているかいないかで、日本人でも「中国クオリティ」の捉え方は違ってくると思う。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 4

65.2 2 中国語で中国アニメなアニメランキング2位
兄に付ける薬はない!2(TVアニメ動画)

2018年夏アニメ
★★★★☆ 3.4 (46)
183人が棚に入れました
中国での合計閲覧数が約30億回の人気Web漫画のアニメ化。バイオレンスな妹が…おバカな兄を殴る蹴る!?兄弟愛!恋!グルメ…? 全部入りの学園コメディ。
ネタバレ

うざっしー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

パヨ「これからは中国アニメの時代!」俺「具体的に何がいいの?」パヨ「…」俺「(この作品を挙げればいいのにねえ)」

中国原作で面白いアニメはこれしかない(断言)。もちろん中国アニメなんかほとんど見てないが、そう言ってしまって間違いはないだろう。
ただOPの歌が中国語…。一期は日本語だったのだが、日本向けでも強気に出てきたということか。
キービジュアルを見ると万歳の弟も出るようだね。原作通りやれば一期で出ていたはずだったけど。

1話
{netabare}中国の学校は軍事教練があるのか。相変らずオチはバイオレンスである。{/netabare}

2話
{netabare}珍しく重い雰囲気。親が離婚してるのか。
兄がクズ過ぎw{/netabare}
前から思ってんだけど中国原作アニメってなんでこれだけがちゃんと現代的な作風で他は古くっさいんだろう。不思議。

3話
{netabare}開心モテるのか。
妙妙は兄に気があるんだろうか。
お兄様~とか言ってて声優的に劣等生思い出した。{/netabare}

4話
今回くだらなくてよかったなwただ中国アニメ特有の下品さはあった。
{netabare}Latiaoというのはこれか。中国人も汚いことは認識しているがそれをあえて食うのが粋と言う感覚があるのかな?
http://news.livedoor.com/article/detail/9903468/
{/netabare}

5話
中国ならではの内容でいいねwww自虐ネタが出来ることにちょっと脅威を感じた。
{netabare}今回も怪しい中国の食い物ネタ。
天津焼きというのは全くわからないな。
衛生がやばそうとか廃油使ってそうとか向こうの人間は笑えないんじゃないだろうかw
しかし今回も妹の出番無しとは…女性ファンを増やそうとしてんのかな。{/netabare}

6話
{netabare}やっと妹が出てきたが基本は男同士回だな。女性向け強化中。
「開心さんじゃない方」は笑った。{/netabare}

7話
{netabare}班長(CV:森永千才)という眼鏡っ子キャラが気になる…でも妙妙と同じ声だからただのモブか。
BL展開の流れからようやく脱したのか?
中の人的には東京グールの金木とトーカなのでそう考えるとじわじわくる展開。
時秒のクッキーが酷い味だったのは意図的だったのかそうでないのか気になる。{/netabare}

8話
{netabare}時分の解説によると時秒のクッキーの味がひどいのは意図的ではないらしいが…。
ようやく万歳の弟の万幸登場。声優が兄と同じとは制作費ケチった?
レギュラーがアホしかいないのでキレ者キャラを追加ってことか。
これから兄と時秒をくっつけようと画策するのかな。{/netabare}

9話
これおかしいよなあ。
{netabare}万歳がいつのまにか時秒が好きということになってる。一期で開心が万歳に誤解を解いているはずだしありえん。{/netabare}
こういう所はいままではちゃんとしてたんだが、所詮は中国原作なのか…。

10話
この回はベタだけど面白かったw
{netabare}でも男同士はノーカンと思いたいが。
妙妙好きなのでもっと出番増やしてほしい。妙妙が時分を好きになる展開がいずれくるのだろうか。{/netabare}

11話
{netabare}万歳の母親も森永千才とか{/netabare}声優使い回し過ぎだろwww
中国アニメって予算ケチるよな。万幸が万歳と同じ声と言う時点で怪しかったが。声優って1回呼んでいくらだから使い回しすればコスト削減できるんだよな。
一体チャイナマネーってどこにあるの?ねえ反日パヨクさんwチャイナマネーが日本アニメを倒すって言ってたよねえ?

12話
{netabare}6話の繰り返しwww弟も血筋は争えなかったwwww時秒も小さい子には優しさを見せるようだ。最初は攻撃したけど。{/netabare}
食べ物については中国は笑えない点もあるな。アメリカとの関税バトルで食の安全もさらに悪化しそう。

13話
{netabare}夷を以て夷を制すとは「後漢書」鄧禹伝が出典らしい。
中国でこの言葉を学校で教えているのは隣国の日本人としては複雑な気分やね。{/netabare}
それにしても声優の使い回しに限界が来てる。

14話
{netabare}班長が脱モブしてOPに追加されてるw
女の時秒と妙妙は班長の気持ちにすぐ気づいたようだが…妙妙も時秒が好きなんじゃないかな。両方とも声は同じだけどw{/netabare}

15話
{netabare}この話ひっぱるのかよ。しかし主人公の恋の相手がモブでええんか。
班長の目はつぶっているのが少し見えるがやはりお約束の眼鏡取ったら美人パターンのようで。{/netabare}

16話
{netabare}さらに引っ張るということは…はい勘違いでしたー。
やっぱ時分の相手は妙妙だな。声優は同じだけど。{/netabare}

17話
{netabare}またさらに引っ張るとは…中国の漫画家はしつこいのか?
時分は完全に虜になってるようだが班長はまんざらでもない程度か。
俺は妙妙を推してるのだがダメなのかな。{/netabare}

18話
{netabare}開心の母親も森永さんの声かよ。そして数学の先生も森永さんなので班長と区別がつかないのであった。{/netabare}
森永千才ばかりやらないで雨宮天もモブもやればいいのに。

20話
{netabare}またBLネタに戻ったか。班長が腐ってるな。
開心が告白を振っている理由は何だろう。{/netabare}

21話
{netabare}時秒と万歳の中の人は東京グールではセッ〇スしてるんだが…奇遇だな。いや関係ないw{/netabare}

22話
{netabare}これでようやく時分が時秒の本心を知ったのだろうか?妙妙の出番が多くて良かった。{/netabare}

23話
{netabare}中国の夏休みは7/10からなのか。日本より早いな。
時分が妙妙と話してるの初めて見たような。
孔明とか出てくるのが中国らしいなwww{/netabare}
オチがwww

24話
あれ?最終回っぽい内容だけど、番組表だと来週25話があるんだよな…。

…前回で終わりで正しかったようだ。番組表は手違い?

【総評】
このアニメは中国原作で制作は日本人だが、キャラを生き生きと描いた演出が非常に優れている。さすがやわらか戦車で高評価を得たラレコ作品である。
よって他の駄作ばかりの中国原作アニメに不足しているのは「演出」であることが分かる。作画・背景美術だけが良い中国アニメを挙げて「日本アニメに追いついた!」とほざく反日バカサヨはそれが全く分かっていない(いや、わかっていて言っているのだろうか?日本への憎悪の感情の高まりから)。
ただし実写の分野においては、例えば周星馳は日本のアニメをリスペクトしてその演出技法を取り入れることで面白い作品を作っている。日本で周星馳に匹敵する実写コメディを作ることができる監督は一人も存在しないだろう(でもしいて言えば中島哲也。しかし最近は下妻物語のような傑作コメディは作ってないようだ)。中国のアニメ制作者も日本アニメから真摯に学べばできるはずなのである。
しかし今の中国には反日感情が渦巻き「日本鬼子に学ぶことなんか何も無いアル!」と言っている限り、アニメの分野で日本に追いつくことは未来永劫あり得ないだろう。
ありがたいことだよねw

作品自体の感想としては一期同様におおむね楽しめたが(4~5話の{netabare}自国の食の安全{/netabare}を風刺する話では初めて中国作品に脅威を感じた。中国でも放送できたのだろうか?)、唐突にBLに振ったり、{netabare}いつのまにか万歳が時秒を好きになっていたりと{/netabare}一期よりも展開が雑に感じるところもあった。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 5

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

仲良し兄妹(!?)の「時分(シーフン)」「時秒(シーミョ)」が送る、日常コメディ☆

この作品の原作は未読です。
もともと中国のWEB漫画として発表され、中国国内では5億回の再生数を誇る作品です。
でもこの作品はこれだけじゃないんです。
日本の少年ジャンプ+でも配信されているんです。
つまり日本でも認められた作品、ということになるんです。

その兆候は理解できない訳ではありません。
アニメ第1期は、2017年の春アニメで1クール…
ところが今回のアニメ第2期は堂々の2クール作品になりましたから…

アニメ第1クールは、天ちゃん演じる時秒のお陰で完走できたと思っていました。
でも今回この作品を視聴して思ったのは、天ちゃんだけではなく、兄の時分や開心など時秒を取り巻くキャラ全般的に面白いから完走できた事を改めて感じました。

でもとりわけ面白いのが時分と時秒の掛け合いです。
兄の時分は、結構だらしない感じ…時間とか、お金とか…
自分で散々食い散らかしておいて、いざという時の考えが浅はかなんですよね^^;
他力本願な部分も大いにありますし…
だからこの作品の中で一番空回りしているのが時分だと思います。

そして兄のとばっちりを受けるのが妹の時秒…という構図なんです。
そりゃ、兄に対して鉄拳制裁を加えたくなるのも理解できます。
でも、時々「あぁ、やっぱり兄妹なんだなぁ…」と思うこともあるんです。
例えば恋愛に対する態度や姿勢とか…

兄妹による日常ドタバタ系が嫌いじゃなかったらきっと楽しめる作品だと思います。
天ちゃんの魅力もたくさん感じられますし…

まぁ百聞は一見に如かずと言いますから、気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

2クール全24話の物語でした。
続編が制作されるなら絶対に視聴したいと思います。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 9

TAMA さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

この兄に付ける薬を!!

1期途中から出てきたキャラも2期は結構活躍してました。中国作品ですが脚本・監督がラレコさんがやってるのでギャグ物として結構楽しめました。


原作・未読。
アニメ・全話視聴。(全24話・5分アニメ)


他作品(日本の)ではありますが『ガ○活!』みたいなノリですね。簡単に例えると。
この作品を観るにあたり大きな欠点は中国の風習や学校の行事や授業など色々と日本とは違うとこがあるので理解出来ない部分があるかもしれません。
ただそこをクリア、若しくは気にしない方でギャグ物が好きな方には楽しめる作品だと思います。
中国アニメはハズレが多いと感じてますがこの作品は中々楽しめました。


んー…簡単に作品の説明をすると中国学園物?(日本で言うと兄は高校あたりで妹は中学あたり)でギャグ作品。
兄『時分←シーフン』は学力なし、根性なし、妹おもいだが考えが浅くあくどい行為を色々やるのでいつも妹にボコボコに…。
妹『時秒←シーミョ』は格闘技が得意。なので兄はいつも…って兄が余計な事をするからだが(笑)
妹は兄の同級生の『開心←カイシン』に恋心を持っておりたまに盲目的になってしまう。
と、この兄妹と周りの人間を巻き込んだギャグ作品です。
…後半で兄と委員長のとこは中々カッコ良かったかな。フフッ、鼻毛。
そして『腐』もあるでよ!


ギャグや間のとり方などは問題なし。同級生達の悪ふざけや恋愛観なども学生ノリとしては問題なく視聴出来ると思います。
とりあえず授業中に居眠りして先生からさされたら「SAM」と答えてれば良いのかな(笑)
気になる方は本編でどうぞ!

投稿 : 2019/12/07
♥ : 4
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ