中村健治おすすめアニメランキング 1

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの中村健治成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年08月09日の時点で一番の中村健治おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

68.8 1 中村健治アニメランキング1位
ガッチャマン クラウズ(TVアニメ動画)

2013年夏アニメ
★★★★☆ 3.8 (672)
3263人が棚に入れました
生命体が持つ精神性特異能力が実体化した物体「NOTE」を力の源とする特殊な強化スーツを装着して戦う戦士の総称。地球のガッチャマンは評議会から派遣 された宇宙人と、潜在能力を見込まれてスカウトされた地球人達で構成されており、評議会の定める保護観察処分に背いて地球に侵入する異星人犯罪者達から地 球の資源と人々の生命を守っている。近年は評議会も正体を把握していない謎の存在「MESS」への対処が主な任務となっている。

声優・キャラクター
内田真礼、逢坂良太、浪川大輔、小岩井ことり、平野綾、細見大輔、村瀬歩、宮野真守、丹下桜、森功至

にゃっき♪ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

everybody's somebody's hero

タイトルや先入観から敬遠するのは、あまりにもったいない硬派な作品です。
主人公の一ノ瀬 はじめ(いちのせ はじめ)の破天荒な言動から序盤で視聴を断念してしまう方もおられると思われますが、彼女がどんな人物なのか、物語を通してじっくり見極めて欲しいです。

作品世界では、使用者の問いかけに対して人工知能である「総裁X」が素早く的確な答えを用意できるシステムを持つSNS、GALAXを多くの人々が使用していますが、GALAXで市長や消防署長も参加しているコミュニティを主宰する女子高生、一ノ瀬はじめが、宇宙人J・Jと出会い、ガッチャマンの新人メンバーになるところから物語は始まります。
J・Jは人の心を「NOTE」として身体から取り出す力があり、NOTEを持つ者は、それぞれ特殊な能力を持ったガッチャマンに変身出来ますが、NOTEを破壊されると本人は命の危険に晒されることになるようです。宇宙人もいるガッチャマンのメンバーは、J・Jの予言に従い、NOTEを持たない一般人には見えない特殊空間で戦っているので、都市伝説のように認識されています。

一方、GALAXの開発者である爾乃美家 累(にのみや るい)は宇宙人ベルク・カッツェから同じようにNOTEを取り出され、人の意識を実体化した運動能力の高いアバターであるCROWDSを使えるアプリを、他の人たちに与えることが出来る能力を手に入れます。CROWDSを使える能力を与えられた「ハンドレッド」と呼ばれる報酬や評価に左右されない100人と共に、ガッチャマンのようなヒーローを必要としない平和な世界の構築を目指す 累 ですが、人の悪意の発現を好むベルク・カッツェが暗躍するなか、世界をアップデートする事は出来るのでしょうか?

主人公の一ノ瀬はじめと関わることで、自分の弱さと向きあったり、困惑し悩みながらも成長していく周囲の人物がしっかり描かれている作品で、SNSの危険性と可能性など、縦割り社会では実現が不可能なシステムやヒーローのあり方について問題提起もなされています。作品中でポイントに釣られてゲーム感覚で人助けをする事など説得力があり、有事に際して、無敵のヒーローにはなれなくても、自分のスキルを生かす事で何が出来るかを個々が考えるべき方向性を示唆しているのは好感が持てました。
誰の中にも善意と悪意は同居していますし、強く関心を持っているものがあれば、無関心な事にはとことん無関心な方が多いのは仕方がないのかもしれませんが、現代社会は、使い方次第で自分のクビを絞めるような技術の上に成り立っている事を忘れてはならない事を再認識させられました。
ラストは豪快にすっ飛ばされていて「鬱々」する方も少なくないと思いますし、はじめ自身のキャラが最初から完成されていたり、世界が立川を中心に回っているような印象も受けますが、色々な考察も楽しめる刺激に溢れた作品だと思います。

追記
円盤のBOXを手に入れたのですが、BOXに特典として収録されている最終話のディレクターズカット版は鬱々を一掃してくれる内容で、概ね想像どおりの展開なのですが、映像で見ることが出来たのは嬉しく思います。機会があったら是非ご覧になってくださいね。

投稿 : 2020/08/08
♥ : 58
ネタバレ

Nagi* さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

“アニメは、こうあるべきだっ!”を破る作品

ガッチャマンクラウズは駄作だって?
「 Hey! You!
   誰にケンカ売っちゃってんのかな?
                オコだおww 」
…って言われちゃうよ!カッツェさんに\(^o^)/

※同作を批判してる人を批判するつもりは毛頭ありません!


ヒロインは女の子らしく可愛い話し方をしなければいけませんか?
変わった考え方をしたり 違った視点からものを見てはいけませんか?
萌えもラブコメも誰かが成長することもないストーリーは駄目ですか?

この作品は、ヒロインに感情移入して泣いて欲しいわけじゃない
このアニメを通して何かを考えてほしい、そんな思いが伝わりました


 「 ガッチャマンである必要があったのか? 」
よく、こんな言葉を見かけます。

自分からしたら 昔のガッチャマンを見たことはないので
どーでもいいんですよ。名前なんて(笑)
ただ “ガッチャマン=がちがちのロボット系” だと誤解して
クラウズを見てない人がいるなら残念ですが…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ガッチャマンは秘密裏に活動するヒーロー!
地球に侵入する異星人犯罪者から人間を守り
主に“MESS”と呼ばれるものを排除してきたんだけど…
いつの間にか居なくなってて
ひょっこり最終回で顔出しましたねw

そして そこに絡んでくるのが “爾乃美家 累”
全人類をヒーローへ!…という理想的な世界を目指す女装男子
 (これが可愛いんですよ、結構w)
人々の意識が変わり、事が成されることを“アップデート”とし
ギャラックスというサイトを運営。

もうひとり、ガッチャマンとも累とも敵対するのが
 “ベルク・カッツェ”(CV:宮野真守♡←)
他人の不幸を 『 めしうまw 』 って言うのが口癖で
ほかにも
 「立川が完全におわたーでございますw」
 「結局Meと同じですやんw ガッチャマンおわたw」
 「いよいよMeを始末しちゃう気ですかっ♡ キラリンっ☆」
…的な発言をする異星人です(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

監督が、この作品に込めてる思いが書いてあったので少し紹介♪
{netabare}★人々の心がネットにより可視化された現代。
 この心が起こす様々な問題や騒動をどう捉えていいか解らず
 個人も社会もただただ戸惑っているばかり。
★拡大した世界はあらゆる分野が細かく専門化され
 一人の人間では全容を把握しきれない。
 それでも、優秀なリーダーが全てを抱えてくれると盲信している。
★可視化された心を、もっと良いことに使えるのではないだろうか{/netabare}

結局、何かの悪事の真犯人は“人間の醜い心”なんだってこと
その心は変えられる、考え方次第で世界が変わるんだってこと
言いたかったんじゃないかな?って思った!
私バカだけど!笑 このアニメ見たらそう思えたよ~♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ガッチャマン クラウズ ラジオっていうのもあります!
カッツェ役の宮野さん&丈役の浪川さんの2人がメインなんだけど
これがまた面白いww
ラジオ聞いてからアニメ見ると
カッツェvs丈が → 宮野vs浪川に聞こえて仕方ない(笑)

あと、面白いなーって思ったのが
画面に流れるコメントがリアルだったってこと。

OP含め、作中で使用される音楽のセンスはピカイチッ★
アニメ見なくてもいいからBGMだけでも聞いてほしいなw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大好きな作品だけど…
ちょっと残念だなーって思ったとこも数か所(>_<)

{netabare}★ODの生死が不明
★カッツェとはじめちゃんは結局どんな戦いだったのか
★最後らへんの意識不明者はどうなったのか
★ガッチャマン ナンバーの抜け番が多いこと

この辺のことを11話の前半をカットして詳しく描いて欲しかった。{/netabare}

ま、でもその辺のことは
2期できれいに描いてくれるでしょう(*^_^*)
期待してますっ♪

はじめちゃんのキャラを受け入れる広い心を持って
世界をアップデートしよう! ガッチャ!

投稿 : 2020/08/08
♥ : 53
ネタバレ

offingbook さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

正義の見方と、君の中の正義

2013年7月から9月まで放送。全12話+特別編。

異星人犯罪者を世間から秘密裏に退治する特殊組織・ガッチャマン。
主人公の自由奔放な女子高生・一ノ瀬 はじめが新たにガッチャマンのメンバーに
任命されたところから始まる物語。

過去に『C』や『つり球』などを手掛けた中村健治監督の
作品ということでいつか観ようと思っていて、先日ようやく視聴。

単純なヒーローものではないメッセージ性と、でもヒーローもの特有の
突き抜けた熱さを感じさせてくれる作品でした。

日常生活で当たり前となったネットやSNSへの、肯定も否定を含めたメッセージ、
様々な立場から見る正義などが前半からは感じられて、
そこを踏まえた後半への上手い物語展開。

個人的には、目的がはっきりしていくにつれ感じられるピリピリと張り詰めた空気がたまらなく、
徐々に徐々に惹き込まれていった感じです。

でも作品全体には中村監督が描く格好良さとどっか軽妙な作風が
ずっとあったので、決して重苦しさなく、終始飽きずに楽しませてもらいました。

ガッチャマンメンバーのメンツも良かったですね。
みんな格好良いスタイリッシュさと不器用な格好悪さが供わっていてすごく魅力的。

特に主人公のはじめちゃんがすごく良い!
非常にトリッキーな面を持つキャラなので好み分かれそうですが(笑)明るさと可愛らしさと、
でも単純じゃない底知れなさもあって、作品の魅力を一層増してくれました。
大好きなヒロインで、大好きなヒーローです。

作画は常にカラフルで眼に面白い。個人的にはやっぱり、
ガッチャマンのアクションの場面が好きで興奮させられました。格好良くて、観ていて熱い!

OPのWHITE ASHの主題歌と映像も秀逸。何度聴いても、何度観ても痺れます。
中村監督作品の、あまりアニメ主題歌のイメージがない
バンドやアーティストを起用するところは、個人的な楽しみの一つです。
もちろんED主題歌も良かったです。

あとは最終回ですか。
ただ最終回にはTV放送版とディレクターズカット版なるものがあるそうで…その辺は下の方で感想言います。

まぁちょっと理想論過ぎるかもとかいろいろ説明不足とか、穿った観方をすれば出来ちゃうかもしれませんが…。(汗)
でも僕好みで、観て良かった作品でした。
続編も制作されるようで。続編ではガッチャマン6人についてもっともっと知りたい!

往年のガッチャマンシリーズ知ってる知らない関係なく観れるアニメです。
やや癖がありますが、人の優しさを信じたくなるような、良いアニメでした。

{netabare} 最終回は確かに謎めいた終わり方でしたね。
全話視聴後、ディレクターズカット版の方も観てみました。
(なお、レンタルDVD版にもディレクターズカット版は収録されていない模様?^^;
 ソフトを買った人だけのご褒美か)

TV版の視聴者それぞれの想像に任せる部分がちゃんと描写されていて、
やっぱりディレクターズカット版の方が良かったです。(笑)

はじめちゃんとカッツェの融合の経緯も知れたし、
O・Dも生きてたみたいで良かったし、それぞれのその後もちょっと知れたし。
あと、カッツェによって冤罪で捕まってた人が釈放されたような雰囲気もあって安心しました。

ていうかもう…はじめちゃんの愛の深さが、何だかすごいです。
絶対無理だけど、はじめちゃんのような人になりたい。(笑)

カッツェを演じた宮野さんもすごかった。
こういう変質的な役を演じるが天才的ですね、宮野さん。(笑)

てかやっぱり、ディレクターズカット版をTVで放送すべきだったような…^^;
そしたらもっと視聴者にガッチャマンクラウズの良さが伝わったような気がして、
そこだけちと残念です。 {/netabare}

投稿 : 2020/08/08
♥ : 46
ページの先頭へ