丸尾みほおすすめアニメランキング 10

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの丸尾みほ成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年01月18日の時点で一番の丸尾みほおすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

計測不能 1 丸尾みほアニメランキング1位
ドラミちゃん アララ少年山賊団(アニメ映画)

1991年3月9日
★★★★☆ 3.5 (5)
66人が棚に入れました
原作は藤子・F・不二雄。脚本、丸尾みほ。監督、原恵一。「ドラえもん のび太のドラビアンナイト」併映作品。のび太の孫の孫・セワシは、調査ロボット“アララ”に自分のご先祖様をすべて調べさせる。ダメご先祖を捜し出して立派なご先祖様にすれば、自分の状況がもっと良くなるだろうと考えたのだ。その結果、戦国時代にいるのび平というご先祖様がダメご先祖だと分かり、ドラミちゃんにのび平を自慢できるご先祖様にして欲しいと言う。戦国時代でのび平は、なんと山賊になっていた。ドラミちゃんはのび平に勇気の素だと言ってメガネを渡し、それを信じたのび平は横暴な領主から取られ過ぎた年貢の米を奪い返す。ところが、間違って一緒に領主の息子“スネ丸”まで連れてきてしまい…!? 

声優・キャラクター
よこざわけい子、肝付兼太、小原乃梨子、野村道子、たてかべ和也
ネタバレ

offingbook さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

とまと

1991年に長編ドラえもん映画と同時上映された、
ドラミちゃんが主人公の短編アニメ映画。約40分。

自分の先祖について調べていたセワシは、のび太に負けないほどのドジな先祖が
戦国時代にいたことを知り、のび太同様に、その先祖のドジを直せば、子孫である
自分自身の成績なども少しは良くなるかも?と画策する。
そこでセワシは、ドラミちゃんと調査ロボットのアララを戦国時代に送る。

戦国時代を舞台にドラミちゃんの活躍と、のび太の子孫・のび平とその仲間たちの成長を描いた物語。

今作も、長編ドラえもん映画と共に、子供の頃何度も観て、何度も楽しんでいた作品の一つです。

戦国時代を強く生きようとする人たちの、姿や成長が印象深いアニメでした。

彼らの、汗をかいて働く姿、その後に食べる物の美味しさ、何かを守ろうとする姿、助けようとする姿。
生きることには甘さはない、けれどその中で、喜びは生まれるはず。
そんなメッセージがこめられていたのかなぁ…なんて。…考え過ぎかなw

なんかここだけ読むと重い作品のように思われるかもですが、決してそんなことはないです。
戦国時代で飛び出るドラミちゃんの秘密道具の活躍は華やかで楽しくて、
観ていてワクワクしました。アララも良いキャラでした。(笑)

{netabare} スネ丸も好きですが、後半ののび平の勇ましさも良かったです。
物語の序盤、女の子でも出来るロープウェイ(?)が怖くて出来なかったのび平ですが、
ラストにはアララを使って(笑)命がけでロープウェイに挑みました。友達を助けるために。

この伏線に、のび平の勇気と成長が表れていたのかなぁ…と、
わりと大人になってから観直して、ようやく気付きました。(笑) {/netabare}

ちなみに監督は、後に『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』や
『河童のクゥと夏休み』を制作した原恵一監督。細やかな演出が見事でした。

ドラミちゃんが主人公のスピンオフ短編作品ですが、
冒険や、人の優しさ、子供たちの成長や勇気、家族との繋がりなど、
いろんなものが感じられて、観終えた時は充実感が残る作品です。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 32

計測不能 2 丸尾みほアニメランキング2位
まぼろしまぼちゃん(TVアニメ動画)

1992年春アニメ
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
特徴ある独特の丸みをおびた絵柄で知られる漫画家・勝川克志が1986年に著した漫画『まぼちゃん旅行記』(ヒット出版社)のTVアニメ化。のどか村に住む幻まぼ太は、通称「まぼちゃん」の仇名で呼ばれる少年。いじめられっ子だが心優しい男子だ。だが彼の両親が謎の石化病にかかった。困惑するまぼちゃんに助言を与えたのは、分解冬眠印籠(一種の冷凍カプセル)から復活した江戸時代の発明家で御先祖の仁左衛門。まぼちゃんは仁左衛門の指示に従い、妹むむ子とともに、病気を治す手がかりがあるという異次元世界ジタンファ国へ旅立つ。アニメ制作はスタジオコメットが担当。アニメ化に際しては原作者の他の作品の内容も取り入れ、幅広い挿話を志した。

72.4 3 丸尾みほアニメランキング3位
こどものおもちゃ(TVアニメ動画)

1996年春アニメ
★★★★☆ 3.8 (168)
1055人が棚に入れました
『こどものおもちゃ』は小花美穂による少女漫画作品、またはこれを原作にしたテレビアニメ。略称は「こどちゃ」。人気タレントである少女と、そのクラスメイトで大問題児である少年を中心に進むドタバタ学園ストーリー。本作は、1996年から98年にかけてテレビ東京系にて放送された人気アニメ「こどものおもちゃ」の後半、中学生編。集英社刊『りぼん』に連載された小花美穂による原作コミックを「おじゃる丸」の大地丙太郎監督がアニメ化し、大地監督の代表作と言われるほどの高い評価を得た。アイドルタレント・倉田紗南の波乱に富んだタレント人生と学校生活を中心に、いじめや離婚などアニメでは扱いにくい問題も丁寧に描いている。芸能界という舞台設定から実在芸能人も多数出演。準レギュラーとしてぜんじろうが出演していた他、TOKIOの松岡昌宏、篠原ともえ、ショッカーO野、声優(綾乃花丸小路智美)役で西村知美が出演している。また、八嶋智人も端役で出演。

声優・キャラクター
小田静枝、木野花、内藤玲、天野慶子、中崎達也

kanan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

残念でした

話の設定は重いが、それに劣らずコメディ要素が強いので
観ていて安心感はあるのですが・・・
大人になってからアニメ版を観た私には前半のハイテンションぶりにはちょっと鬱陶しくも思えました。

中盤からはほぼアニメオリジナルエピソードになっているのですが、前半のノリの良さは消えドロドロな暗い展開にがっかり。
最後まで観ておきたいという使命感でなんとか観終えたけど
原作が大好きな作品だけに残念でならない。

後半は原作とは別物。
できれば原作を忠実に作ってほしかった・・・

投稿 : 2020/01/18
♥ : 7
ネタバレ

ヒロトシ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

子供の視点から見た大人の社会

{netabare}OPと絵柄は想像できない程ヘビーな作品でした。小学生でありながら、芸能界の子役として活躍する紗南のちょっと背伸びした感性と、過去の体験から子供として大人を毛嫌いする羽山の年相応の感性といった、立場や考え方が異なる2人の小学生の目が捉えた現代社会の問題は様々な角度から切り取られ、時にシリアスに、時にコミカルに表現されていました。正直子供向けの作品としてはテーマがあまりにも共感しにくいものであったと思うのですが、そこは放送当時小学生だった私でも何故か楽しめていましたね。思えば思春期という、社会に意味も無く反抗したくなる(この場合、学校とか親とかですが)よく分からないエネルギーに満ち溢れた自分達の代弁者的な役割をこのアニメに無意識的に求めていたような気もします。大人に反感ばかり持っていた子供ではなくなってしまった今、この作品をきちんと見返すと、一体どういう気持ちになってしまうのか、少し怖くもありますが。こういうのがあるから、少女漫画は侮れないんですよねえ。少年向け漫画とはまた違った持ち味が今も昔も変わらずにあるのは、素晴らしい伝統だと思います。

時に辛い問題を抱えながらも、紗南を初めとした子供達はそれはそれはバイタリティに溢れていて、逃げずに向き合い、そして解決に向けて全力でぶつかっていきます。全力でぶつかる事を子供達は厭わない。大人になると全力で物事にぶつかるのは中々難しい物です。そういう意味では子供の方が未熟という既成概念は捨て去った方がいいのかもしれません。実際この作品は大人に向けての子供の視点からの問題提起な部分も含めているので、情けない大人に対する子供からの辛口のエールという見方も出来ます。

私が子供だった時は、全員が全員そうであったとは言いませんが、親の背中を見て、大人は凄いんだなという印象を持っていました。所が年を重ねるに連れて、大人のボロみたいなのも見えてきたりして、凄いと思ってたけど、実際そんな事はないのかも?みたいな疑問が出てきたりして。そういう微妙な心情を見事に表現した『こどものおもちゃ』。大人から見れば生意気な作品だと思いますけど、反面耳が痛い作品でもあります。{/netabare}

投稿 : 2020/01/18
♥ : 11

ななろう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

神アニメ?

1996年の4月から2年間という今のアニメ業界では考えられない8クール放送されていたバブル景気を象徴するような当時のアニメの一つ。

篠原ともえや西村知美、TOKIOや知念里奈等を声優やOP・EDに起用するなど内容もバブルです。

それでも内容は、小学生版と中学生版と丁寧に作られていて人気子役タレントの倉田紗南とそのクラスメイト羽山秋人を中心にそのクラスメイトやその家族そして芸能界まで話が広まっていきます。

ラブストーリーを混ぜながら学級崩壊、いじめそして家庭崩壊や両親の離婚、捨て子とその親の登場、育ての親と生みの親、ストーカーにパパラッチ、マスコミのバッシングと内容は小学生や中学生にはちょっと扱いにくい内容をうまく描いています。

放送当時も見ていたアニメですが、今回102話全話を再度観てしまいました(^^ゞ

これだったら銀河英雄伝説も再度見ることできるかな

作画的には、25年前のアニメのクオリティですが物語は見応えがあり面白いものがあると思います。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 9

59.0 4 丸尾みほアニメランキング4位
双恋 ふたこい(TVアニメ動画)

2004年秋アニメ
★★★★☆ 3.2 (144)
953人が棚に入れました
主人公の二見 望は、幼い時に母を亡くしそれ以来父親と二人暮し、その父親が仕事でハワイに転勤することになり、それを機に昔住んでいた街に帰ってきた。
街を歩いていたら桜月姉妹と偶然出会い、更に幼馴染みの一条姉妹や、下宿先の雛菊姉妹など会う女の子はみんな双子ばかり。どうもそれには、下宿先である『双林寺』にある『双子塚(アニメオリジナルの設定)』が関係しているらしい…。

チュウ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1

数多の双子による古典的ラブコメ

え?そういう曖昧な終わり方しちゃう??って終わり方ですねww
2004年の秋アニメという結構古い作品。
堀江由衣がメインヒロインをしていうっていう理由だけで見始めましたww

ん~とまぁ、一言で言うといろいろ雑なのかな??
話が中途半端なところで切れてしまったり…
顔の表情がパターン少なすぎて感情が……ww
しかし、個人的には久々にコテコテの【古典的なラブコメ】が観れたので満足です♪

でも、登場する女の子がみんな女の子っていうのは斬新ですね。
いろんな双子のそれぞれが描かれていて、意外と退屈しませんでした☆★
何をするにもいつも一緒な桜月姉妹、しっかりと別々の意思を持っている一条姉妹をはじめ、様々な双子が描かれていたのが面白かったですね♪

主人公の中途半端さに苛立ちを覚えたり、ピリッとしない展開が少し残念でしたが、たまにはこういう作品も面白いですね。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 5

gtbeetboot さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

いかに主人公になって見れるか。

深夜アニメを見るきっかけとなった作品です。

当時、自分も主人公と同じくらいの年頃で、なんかうらやましいなぁてな感じで見てました。

声優さんの鬼気迫る演技にも衝撃を受けました。(特に12話)

恋愛系のアニメでは、トップ3に入るぐらいに気に入ってます。思い出深いってのもありますし。

本作は主人公の性格が災いして、いろいろ問題が起きていきます。それを抵抗なく見れるか。あと、作画ですかね。これさえ大丈夫なら、心に訴えかけてくるものを感じられると思います。
恋愛系のアニメが好きな方で、まだ見ていない方はよかったら見てください!

投稿 : 2020/01/18
♥ : 7

奈悠 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

双子の純真無垢なパワー

全13話。古典的なラブコメ作品。ヒロインが全て双子。

最近のようなすぐに大胆な感じではなく素朴なまっすぐな思いが魅力。
双子ならではの声のハーモニーや性格なども見所。
ただし、主人公はかなりの優柔不断。
だけどこれだけヒロインが出て、それも双子って設定は優柔不断なっても仕方ないと思うw
ラストは・・・うーん。青春ストーリー的なのかな・・?w
下宿先で雛菊姉妹が飼っている山羊のビリーが少しはアクセントにはなってるのかな?

桜月姉妹・・・箱入りのお嬢様。父親から試練を与えられる。
一条姉妹・・・主人公の幼馴染。
白鐘姉妹・・・他学校の1年生。
雛菊姉妹・・・下宿先の幼娘。
千草姉妹・・・動物病院の娘。
桃衣姉妹・・・学校の先生と保健のカウンセラー。


こんなお話
それは・・・双子たちが織り成す恋の物語・・・
主人公は中学3年生の二見望。父親の仕事の都合で幼いころ住んでいた街に一人で引っ越し、親戚のお寺「双林寺」で 生活をすることになる。
かわいい双子たちとの出会い・・・しかしそれはこれから望の身の上に降りかかる、羨ましくも楽しい、そしてドタバタな学校生活の前触れにすぎなかった・・・
(公式より引用)


OP「はばたく未来」 eufonius(2nd Single)
ED「柔らかい風の中で」 eufonius(2nd Single c/w)

投稿 : 2020/01/18
♥ : 4

58.2 5 丸尾みほアニメランキング5位
ピーチガール(TVアニメ動画)

2005年冬アニメ
★★★★☆ 3.3 (83)
378人が棚に入れました
『ピーチガール』は、上田美和による日本の漫画作品。
コギャル風な外見で勘違いされがちだが、人一倍純粋な女子高生・もも。彼女が想いを寄せる同級生・とーじと、小悪魔的な美少女・さえ、学園一のモテ男・カイリが織り成す恋模様を描く。


声優・キャラクター
千葉紗子、那須めぐみ、木内秀信、鈴村健一

ワタ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

典型的な少女漫画原作アニメ

休日の朝っぱらから放送していたドギツイ恋愛アニメw

内容はざっくり言うと、主人公がイケメン2人の間をあっちにフラフラこっちにフラフラ、
といった典型的な・・・まあ少女漫画の事情には疎いんですが
そんなイメージが自分の中にあります。偏見?

ある種の人間にとって、少女漫画ってだけで敷居が高いのに
主人公のビジュアルが金髪ガングロのギャル女ってのは、もうとことん相性が悪いw
ガングロって今見ると時代を感じますね。もはや絶滅危惧種でしょう。

今思えばよく見る気になったなw しかも結局最後まで見てしまったっていう・・・
明らかに2クールも引っ張るような内容ではないんですが
主人公のあっちにフラフラこっちにフラフラに多少なりとも説得力があったし
最終的にどっちの男を選ぶのか、何だかんだで気になる作りにはなってました。
そして誤魔化したりせず、きっちり1人の男を選んで物語を締めたのも良かったです。

あと主人公の友人(というか悪友?)の「さえ」は秀逸なキャラでしたね。
主人公は見た目の派手さとは裏腹に内面は純情であり
さえは見た目は純情そうでありながら、内面はドス黒い。
このさえが物語をめっちゃくっちゃに引っ掻き回すw
悪知恵を絞り、主人公とイケメンとの関係を破綻させようとする策士ぶりが面白いです。
ただ毎度のこと策略に引っかかる主人公やイケメンが
学習能力のないアホとしか思えなくなってくるのが何とも。

さえは作品ファンからは相当嫌われてるようですが
好き嫌いは置いといて、さえの存在が物語を盛り上げ面白くしてるのは事実。
トリックスターとして見事な働きをしてくれました。
さえがいなかったら途中で見るの止めてたと思います。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 33

IKEさん♪Tb さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

コレはやばい!!本当に!!

私は、動画で見たんだけど…
最初、表紙?の絵が、どうかな…って思ってたんだけど
見たら…★*゜*(感'v`激)*゜*★
最高~~~!!!!!!!
感動もしちゃったけど、展開が毎回すっごい気になるし、
キャラの設定も良かった~♪(*`Д´*)
結末が予想も全然してなかったけど、
最高の終わりだった…(´_`。)クスン良かったな・・・
続きまだ見たい~~
恋愛アニメ今まで見てた中で、今の所一番!!・・・・・・
ってぐらいかも・・・(´^c_,^` )

投稿 : 2020/01/18
♥ : 3

めじな さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

感想

全25話。学園・恋愛・ラブコメもの。

萌え系要素のない恋愛作品で、ヒロインがギャル系です。
少女漫画原作なので、男もそういうキャラデザインになってます。
それを気に入るかどうかでしょうか。

まず、とにかくサエがヒロインのモモちゃんに対して意地悪でイライラしました。
これがこの作品の目玉的キャラなんでしょうけど。

ストーリーはかなり面白かったです。
最初から最後までずっとこの作品に引き込まれました。
前半から波乱続きで、もうドロドロの人間模様。
おまけに三角関係で私好みの展開でした。
EDも最終回まで全然読めなかったし、楽しめました。

私はこの作品に1話から最終話までかなりハマったので、
個人的に良作でした^^

恋愛のストーリー重視で観ると楽しめる作品かと思います。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 7

59.5 6 丸尾みほアニメランキング6位
ウルトラマニアック(TVアニメ動画)

2003年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (35)
277人が棚に入れました
中学生の立石亜由は、クールで後輩の女子生徒に大人気だが、本当は憧れの架地哲士に気に入られたくて、彼好みの女性を演じているだけだった。そんな彼女のクラスに、佐倉仁菜が転校してくるが、実は彼女はマジックキングダムからやって来た魔女っ子だったのだ。ひょんな事から、亜由は仁菜の秘密を知るも、2人は仲良くなる。仁菜は亜由を手助けしようと、魔法を使うが、いつもドジばかりで、亜由は仁菜に翻弄されっ放し。物語は、亜由と仁菜を中心としたマジカル学園コメディ。

声優・キャラクター
堀江由衣、神田朱未、神谷浩史、千葉進歩

月夜の猫 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

天然系嫌いだけど・・良いコンビです♪

ドジっ子とクールビューティーの秘密?

クールで後輩女子からもモテる・・
立石亜由(堀江由衣)

明るく素直で・・ドジな天然ボケ・・
佐倉仁菜(神田朱未)

二人には人に言えない秘密がある・・
そんな二人が出逢って秘密を共有したら
色々な事が起きたり巻き込まれたり・・
ラブコメ要素も程良く入った感じの
魔女っ子アニメかな。

人(特に好きな人)の前では・・ついつい
意識してキャラ作ってしまったり・・
憧れの人の好みに合わせようとしたり^^;

クールに振舞っても実は凄く臆病な亜由・・
ドジだけど明るく前向きなニナと出逢い、
翻弄されつつも互いに刺激を受け成長して
いく物語。

学園ラブコメだったり、ニナの世界の騒動
に巻き込まれたりで賑やかな感じ。

最終話近くは特に涙が零れるかも・・

恋愛絡むと物語の評価を高くしてしまう・・

投稿 : 2020/01/18
♥ : 2

60.0 7 丸尾みほアニメランキング7位
パーマン [テレビシリーズ第2期](TVアニメ動画)

1983年春アニメ
★★★★☆ 3.2 (31)
145人が棚に入れました
カラー作品として15年ぶりに復活した本作は、パーマンセットを授ける異星からの使者の名を“バードマン”に変更するなど設定を細かく変化したほか、「パワッチ!」という独自のかけ声が児童にアピール。1年間放映した前作をしのぐ4年強ものロングラン番組になった。平凡な小学生・ミツ夫が特殊なヘルメットとマント、バッジをつけることで正義の味方パーマンへと早変わり! ただし正体がバレたら動物にされてしまう?

声優・キャラクター
三輪勝恵、大竹宏、増山江威子、肝付兼太、安原義人、梨羽侑里、徳丸完、坪井章子、三浦雅子、鈴木清信、千葉繁、一龍斎貞友、田辺宏章、麦人
ネタバレ

ドラれもん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

きてよパーマン僕のところへ

小さいお子様が居られる方にはアニメ版をオススメします

漫画の方は設定や登場人物が違ったり事件の難易度も高くシリアスな所もあり読みごたえがあります

漫画もご存知の方に パーやん・雪山・犬 の話が僕は特に気に入っています


僕は初めて視聴するアニメの感想は結構覚えています

ですがこの作品は古いので当時の僕ならこう書いただろうなって想像しながら書いてみます

{netabare}

子供の時のパーマンの感想

  6年2組  ドラれもん  「ぼくのパーマン」

ぼくはパーマンがすきです

それはちからがつよくなったり空をとんだりできるからです

バードマンはきらいです どうぶつにされるからです

パー子はうるさいからきらいです でもしずかちゃんはオフロにはいるからすきです

だからパー子もオフロにはいってくれたらすきです

ブービーはおさるさんだからすきです バナナ食べさせたいです

ブービーとお話できるパーマンはすごいなーって思いました

パーやんはコピーでわるいことするからきらいです

マンガであかちゃんでもパーマンになったのでぼくもパーマンになりたいです

パーマンセットがとってもほしいです

{/netabare}
 

常にこういう事を考えていた当時の僕はつ・ついにある時この手で完成させてしまいました・・・



できるかな

{netabare}

パーマンセットの作り方

揃えて頂きたい材料等

<パーマンマスク>

☆古新聞・古雑誌(出来るだけ水のしみ込み易い物が良いです)

☆水のり・洗濯のり(洗面器等の器に適量ご用意下さい)

☆刷毛(のりを塗る為の物なので使いやすい筆等でも可)

☆ゴム風船(ココは少し重要な所なのですがご自分の頭のサイズまで膨らます事の出来る風船をご用意下さい)

☆塗装(クレヨン・色鉛筆・絵具等 色に付いてはお好みで僕は1号が好きなので青を使用しました)

<パーマンマント>

☆風呂敷や布(僕は布団シーツを使いましたが出来るだけ大き目のサイズを選んで頂いた方が気分が良いと思います)

☆安全ピン・二個(マントを両肩に留めるのに使用 当時の僕は安全ピンを使用したのですが、マントを装着する時間が予想より手間取るのでマジックテープ等のクイックの効くものの方がテンションが持続出来ると思われます)

<パーマンバッジ>

☆ダンボール等(色はお好みで僕は安全ピンで留めましたがマジックテープ等、上記参照 
これは最近思いついたのですが、ストローを裏に貼り付ける事により
酸素ボンベの雰囲気も味わえそうに思われます「特許申請検討」)
パーマンマスクの耳の部分にも使用します


知っておられる方はあの歌(できるかな)を口ずさみながら楽しく作っていきましょう

パーマンマント及びパーマンバッジにつきましては

省略させて頂きますm(_ _)m


では

1.ゴム風船をご自分の頭のサイズまで膨らませます

2.古新聞を3~4cm角に手でちぎっていきます

3.ゴム風船に水のりを筆で塗り ちぎった古新聞を一枚張りその上からさらに水のりを塗り・・・と交互に繰り返していきます

4.かぶれるサイズになったら作業完了です!マスクの正面にする鼻の所は少しだけ外側に向けて下さい(重要なポイントです!)
後は一昼夜寝かせます・・さぁできるかな~

5.おはようございます!後は目の部分をくりぬけば完成ですがハサミでは刃が通りにくいので
カッターがいいのですが使用される場合はくれぐれも指等の怪我にはお気を付け下さい
(自分の血でパー子になっちゃいますよ~^^って 怖っ!)

6.塗装して耳を付けて乾燥させれば完成です( /^ω^)/ お疲れ様です


☆☆ それではいよいよパーマンに変身してみましょう ☆☆


まずはマスクの中にマント・バッジの順に入れ、必ず周りに人が居ないのを十分に確認して下さい

で、バッジを手に取りこのセリフ

「どうしたブービー?事件か?わかったスグ行く」

すかさずマントを・・ここは肝なので急いで下さい マジックテープなら可能だと思います

先ほど完成したマスクをかぶり(留めバンドはお好みで)

バッチを付けて

はい!「パーチャク」っと、


ほら~出来たじゃないですか~(´▽`)


では今から事件解決に外に飛び出しますよっ!


   パワー-ッチ!!




なおパーマンセットの作り方におきましては一切のクレームは受付致しませんのでご了承下さいm(_ _)m

ただ万が一にも上記のパーマンセットを着用されている方と僕が偶然にも街でお逢いした日には・・

心伝える合言葉は?ってあなたに聞きますので元気にお答え下さい
 (ヒントOPの歌詞)

正解された時には逢いたかったよ~パーマンと僕は無性に甘えてくると思います






パーマンセットの作り方・・これは冗談ではなくリアルに・・

確か僕が中1の時に美術の時間で教わったハリボテの作り方を応用して家で一人で作り・・

母親の目を盗み必死で材料を揃えてパーマンセットを完成させ・・



「パーチャク!!」の瞬間を母親に見られると言う・・・


  (;゚ロ゚)キ・キョエーーー!!


そ・そんな思い出が沢山詰まったこの作品・・

{/netabare}

パ・パーマンが僕は今でも大好きです

投稿 : 2020/01/18
♥ : 12
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

パー子って史上初のツンデレキャラじゃないの?

だいたい見ているけど中断にしておく。

パーマンは藤子F作品では珍しいラブコメである。
パーマンはドラえもんやキテレツ大百科と違って色々と不思議な道具が出てきたりしないので話がマンネリ化しやすく、話をラブコメに持って行ったのは必然であったと言える。コピーロボットの憂鬱を描いたりもして変化はつける努力はしていたけど。なぜかコピーロボットのキャラソンのカセットテープとか持ってたわ。別にさほど好きな作品じゃないのに…。パーマンの影に隠れても~寂しくな~んかないけれど~(中略)ぼ~くは悲しきコピ~ロボット♪という妙に悲しい曲だった。
あとは小ネタのカバ夫君のお父さんの入れ歯。ようやく見つかったと思ったらまたなくなってしまったりと、子供心にやきもきしたものだった。

なんで唐突にパーマンの話をし出したかというと、今やっている「多田くんは恋をしない」の{netabare}杉本一と長谷川日向子の関係がミツ夫とパー子と全く同じで思い出したから。{/netabare}

投稿 : 2020/01/18
♥ : 5

計測不能 8 丸尾みほアニメランキング8位
少年アシベ2(TVアニメ動画)

1992年秋アニメ
★★★★☆ 3.3 (6)
131人が棚に入れました
父ちゃんの仕事の都合で親友のスガオくんと離れ離れになったアシベは引越し先でも元気に振る舞い、ゴマフアザラシのゴマちゃんやゆうまやまおちゃんなど多くの個性的な友達が出来、相変わらずの生活。一方、アシベと離れ離れになったスガオくんはお父さんの仕事の都合で遠くネパールへ。そしてそこでもいろいろな人と知り合い…。日本やネパール、果ては南の島で繰り広げられる多くの登場人物によるほのぼのだけどとってもブラック、可愛いけれどとってもシュールなお話。

70.0 9 丸尾みほアニメランキング9位
劇場版 フランダースの犬(アニメ映画)

1997年3月15日
★★★★☆ 3.7 (11)
53人が棚に入れました
1975年に放送された、大ヒットテレビシリーズ『フランダースの犬』。それから23年を経て、初の劇場版長編アニメーションとして復活。午乳運びをしてなんとか生計をたてていた少年ネロとそのおじいさん。ある日、二人は金物屋に酷使され、弱りきって野原に捨てられていた労働犬を拾う。その老犬はネロの3日3晩にわたる付きっきりの看病の甲斐あって、無事元気を取り戻した……。それは、後に深い絆で結ばれることになるネロとパトラッシュとの運命的な出会いだった。

イブわんわん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

まず最初の5分で泣けた

TV版視聴済みで劇場版を見た。

劇場版だけでもいい作品だが、TV版を見てからだとすぐに泣ける。

まだおこちゃまだった頃、終盤のあのシーンで号泣した思い出があり期待していた。

ちょいネタバレかもしれないが、劇場版はTV版の内容をアロアの回想で始まるので(成長したアロアに涙が出た・・・)いきなり泣いてしまいました。

劇場版はちょっと大人の雰囲気があり、落ち着いた感じがしました。

投稿 : 2020/01/18
♥ : 1
ネタバレ

根越 詠汰 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

見方を変えれば、天に召されなくなるかもしれない・・・

 名前だけは知っていたけど、ちゃんと見たことのないアニメでしたです。

 なぜ!ネロとパトラッシュが、死なねばならないのか?
おじいさん、アロアらと幸せに暮らしているだけなのに、なぜその毎日が続かないのだろう?
 ネロの友達、アロアが大人になって、ネロとパトラッシュを思い出すお話だったです。

{netabare} アロアの父親のネロに対する一方的な毛嫌いから、ネロとアロアの友情は裂かれる。
 パトラッシュの元飼い主のたかりにあったり、おじいさんは死んでしまうし・・・。風車小屋の火事をあのバカ大家が、でっち上げでネロの仕業にするのは、酷かったです。牛乳配達の仕事は、村人から断られるのだから・・・。

 一生懸命に幸せな絵を描いても報われない!あのクズ大家に家を追われる。
 そんなネロとパトラッシュが、アロアの家のお金を届けてた。ネロに見返りを求めないやさしさが、あったです。アロアのバカ親父もそれ知って手のひら返して、遅いです。人を見る目がない!です!

 絵画コンクールでネロの絵を評価してくれた人、現れるのがもっと早く来ればと思ったです。{/netabare}

 子供が夜遅くさ迷っているのを、町の人間が保護しないのも物語といえ許しがたいだったです。

 最後の幸せ??{netabare}が、金貨一枚出さなければ見ることができなかったルーベンスの絵を見ることができた{/netabare}なんて、寂しすぎるです。

 やるせないアニメに見えたです!

投稿 : 2020/01/18
♥ : 3

計測不能 10 丸尾みほアニメランキング10位
ドラミちゃん 青いストローハット(アニメ映画)

1994年3月12日
★★★★☆ 3.3 (3)
27人が棚に入れました
ドラえもんの妹・ドラミをフィーチャーした中編映画の第四弾。街中で見かけたカカシ型ロボット・クロウが忘れ物をしたのを見たドラミは、彼を追って奇妙な家へ入り込むとそのまま異世界へと迷い込んでしまった。そこでは魔宮に住む美しいオーロラ姫が舞踏会を催しており、彼女に憧れるクロウがぜひ結婚相手にと名乗り出たのだが、所詮カカシと相手にされず城から放り出されてしまっていた。落ち込んだ彼をドラミは励まし、二人で様々な競合相手と戦いを繰り広げつつ、再びオーロラ姫の魔宮に向かって突き進んでいく!前3作の劇場版「ドラミちゃん」においては、セワシ少年を始めとした人間キャラクターも活躍していたが、本作の登場人物はロボットのみという異色作に仕上がっている。

声優・キャラクター
よこざわけい子、関俊彦、郷里大輔、速水奨、龍田直樹
ネタバレ

offingbook さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

お姫様に恋をしたカカシ。を手助けするドラミちゃんのおはなし。

 ドラえもん映画と同時上映されたドラミちゃん主役の約15分くらいの短編アニメ映画。

 ある日、カカシ型ロボット・クロウが忘れ物をしたのを見たドラミちゃんはそれを彼に届けてあげる。話を聞くと彼は、憧れのオーロラ姫に会いたいのだがカカシ型である自分に自信がないと話す。勇気づけるドラミちゃんは、彼と共にオーロラ姫のもとへ向かう…といったあらすじ。

 15分と短いながらも、その中に絵本のような、おとぎ話のような、優しい雰囲気と不思議な雰囲気があります。

 自分に自信がないクロウが、少しずつ勇気を持ち自信をつけていく姿もじんわりきます。

  {netabare} オーロラ姫に会わないなら敵ロボットの邪魔すんなよ!とか少し考えてしまいましたが(笑)そんなことつっこんでも仕方ないですよね。
 彼らに立ち向かうことで、クロウは大切なことに気付いたのですから。

 ラストの終わり方も好きです。
 最後にドラミちゃんとクロウの間に芽生えた、恋のような、恋じゃないような。友情のような、友情じゃないような。2人の間の何かしらの好意を感じて、優しい気持ちになれます。 {/netabare}

 エンディング曲の『友だちなのに』もラストを際立たせる隠れた名曲だと思います。

 ものすごく個人的な意見なのですが、『青いストローハット』というサブタイトルの響き、語感がすごく好きです。

 青いストローハット…何だか、何度も口にしたくなる言葉です。(笑)

投稿 : 2020/01/18
♥ : 10
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ