丸山詠二おすすめアニメランキング 23

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの丸山詠二成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月07日の時点で一番の丸山詠二おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

55.1 1 丸山詠二アニメランキング1位
格闘美神 武龍(TVアニメ動画)

2005年秋アニメ
★★★★☆ 3.1 (24)
136人が棚に入れました
見た目はかわいい普通の女子高生だが、毛家居合拳という武術の達人の少女・毛蘭(マオ・ラン)。
宗主でもあり祖父でもある毛混(マオ・フン)の企みにより史上最強の格闘家を決める女子総合格闘技・プライム・マットに参加させられるが、次第に闘いの魅力に目覚めていく…。

声優・キャラクター
山崎和佳奈、青野武、皆川純子、早水リサ、石塚運昇、丸山詠二、水田わさび、うえだゆうじ、阪口周平

ヴァッハ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.1

なぜ作ったのだろうか

バトルで推してるのかエロで推してるのかなんなのこれ?
何を売で行ってるのかがわからないんだよなこれwww

中国武術を丁寧に描いているわけでもないし・・・う~ん。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

AKIRA さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8

原作も見てました

中国格闘家の少女が総合格闘技の試合を戦う物語です

終盤になると気孔など使い出して主人公補正が入りますw

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

計測不能 2 丸山詠二アニメランキング2位
るーみっく・わーるど2 ザ・超女〈スーパーギャル〉(OVA)

1986年1月1日
★★★★☆ 3.5 (4)
24人が棚に入れました
漫画家・高橋留美子の短中編の通称「るーみっく・わーるど」の一編をOVA化したシリーズ第2弾。 宇宙の犯罪者を追うスペースパトロールの美女マリス中尉。任務を終えてようやく休暇を得られると思ったのもつかの間、怪力の彼女はパワー抑制ギプスを着けずにいたため、組織の管理する宇宙船を傷つけてしまう。かねてより生活能力の無い両親のために仕送りを続けていたマリスだが、今回の一件でさらにお金がかさんでしまう。「みんなビンボが悪いんや」と嘆くマリスに与えられた次の任務は……。 本作は前OVA『炎(ファイヤー)トリッパー』に続いて制作されたが、内容は一変してギャグとアクションのテイストが増加。原作が短編ゆえ、45分の長さにするためマリスの生い立ちなど、アニメ版独自のエピソードを盛り込んでいる。

たわし(ガガ) さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

枯れていなかった頃の高橋留美子

グラマラスなキャラクターにビキニアーマー+お色気という、今まで続く日本のオタク向けアニメの黎明期の作品。

ちなみにグラマラスなキャラクター、ビキニアーマー、お色気というのはアメリカンコミックやイタリアコミック、フランスコミックにもこれよりもずっと前から存在し、「バーバレラ」や「レッドソニア」などSFやファンタジーの古典では当たり前となっている。

どの国も考えることは同じというわけである。

アメリカではかのアメコミの大家スタンリーが制作した、MARVELとは別に現代のポルノ女優兼ストリッパーが変身して悪と戦う女性スーパーヒーロー成人向けアニメ「ストリッパネラ」(「バーバレラ」の現代版)なども存在し、ストリッパーだろうがポルノ女優だろうがなんでもスーパーヒーローにしてしまうアメリカの寛容さはすごい。

さて、今はすっかり勢いを失ってしまった高橋留美子先生ですが、当時は超絶売れっ子ってだけでなく、キャラクターにも日本人特有の筋肉質ではなくぽっちゃり型の寸胴体型をこうも色気のある線で描けてた時代があるのです。

日本の女性は欧米の感覚からすると童顔(ロリータ)で背が低く、胸や腰やお尻のあたりがメリハリのないのが特徴とされ、

所謂アメコミのグラマラスとは違う意味になります。

これは少女漫画ではあまり描かれないのが、面白いんですよね。童顔ではあるものの、体型は胸や腰あたりを強調するのはオタク向けの絵柄のみなんですよね。

アメコミだと、男女問わず、胸から腰あたりは強調される絵柄が好まれるし、タイツやハイレグなどのお色気キャラも当たり前のごとくコスプレされます。

文化の違いなんでしょうね。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 5

70.4 3 丸山詠二アニメランキング3位
スレイヤーズNEXT[ネクスト](TVアニメ動画)

1996年春アニメ
★★★★☆ 3.9 (193)
1029人が棚に入れました
テレビアニメ第2作目で、原作小説であるスレイヤーズ本編第2巻、第4巻、第7巻、第8巻を元に構成されている。本編第一部の残りのエピソードをアニメ化したが、6巻の内容のみ、構成や登場人物の都合上、ほぼ丸ごとカットされている。魔道の奥義が記された魔道書「クレアバイブル」を求めて旅に出たリナ達。千年前の降魔戦争以来、なりをひそめていたシャブラニグドゥ配下の魔族たちがなぜか彼女らの行く手を阻んでくるのだった…。

Zel さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

悪夢の王の一欠けよ、天空の戒めとき離れたし凍れる黒き虚ろの刃よ

1996年放映作品
全5シリーズの内1stに続き2期にあたる
前作もファンタジーとして秀作と言える作品だったがこのNEXTはシリーズ最高峰と言われる名作

リナ ガウリイ アメリア ゼルガディス
という前作からのお馴染みのメンバーは健在
というかより一層個性を増している
ゼルなどcoolなキャラが崩壊しかけていて最高に笑えるw
それに加えて獣神官ゼロスが今作から一行と共に旅をする事になる
このゼロスがとても神秘的で惹きつけられる
温厚な人柄の奥に隠れる狡猾で残忍な眼差し
ゼロスの登場のおかげで物語は120%増しで面白くなっていると言っても過言ではないだろう

1st同様前半は一行が旅をしてる最中にトラブルに巻き込まれてそれを解決していくパターンだけど、様々なトラブルがやがて一つの謎に関わっていく
クライマックス数話の次々と魔族の大物が出てくる大迫力で息を呑む展開は圧巻
そして最後は感涙必須w

ちなみに3期にあたるTRYは翌年1997年放映
そこから11年の時を経て2008年に4期REVOLUTION
2009年に5期REVOLUTION-Rが放映されている
月日が空き過ぎた為4期以降は未鑑賞
いつか観たいと思ってます


主演リナを演じる林原めぐみさん
言わずとも知れている名優さんです
同時期に放映していたヱヴァの綾波レイと同一人物と知った時は驚きました

光の剣士ガウリィは松本保典さん
サザエさんのノリスケさんもやってます

残酷な魔法剣士ゼルガディスは緑川光さん
スラムダンクの流川楓などクールなキャラが多いです

セイルーン王位第一継承者の姫アメリア役の鈴木真仁さん
アメリアと言えばこの方です!まさにはまり役だと思います
最近は出演作品が少ないようですが好きな声優さんです

ゼロス役の石田彰さん
夏目友人帳の名取周一や男子高校生の日常の会長などいけしゃあしゃあとした役がよく似合う声優さんです

投稿 : 2019/12/07
♥ : 17
ネタバレ

Ballantine さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

いやぁいつになっても面白い!

公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/contents/slayers/


シリーズ物第二弾、全26話。冒険ファンタジー。

■TVアニメ
スレイヤーズ
スレイヤーズNEXT    ←ここ
スレイヤーズTRY
スレイヤーズREVOLUTION
スレイヤーズEVOLUTION-R
■劇場版
スレイヤーズ(劇場版)
スレイヤーズRETURN
スレイヤーズぐれえと
スレイヤーズごぅじゃす
スレイヤーズぷれみあむ
■OVA
スレイヤーズすぺしゃる
スレイヤーズえくせれんと


サブタイトル

第25話までのサブタイトルはしりとりになっている。余談だがサブタイトルの1文字だけ赤文字になっている。


主題歌

オープニングテーマ「Give a reason」
歌 - 林原めぐみ、作詞 - 有森聡美、作曲 - 佐藤英敏、編曲 - 大平勉
エンディングテーマ「邪魔はさせない」
歌 - 奥井雅美、作詞 - 奥井雅美、作曲 - 奥井雅美・矢吹俊郎、編曲 - 矢吹俊郎
挿入歌「乙女の祈り」
歌 - 林原めぐみ&鈴木真仁、作詞 - 渡部高志、作曲 - 奥井雅美、編曲 - 矢吹俊郎

いやぁOPED共に神がかっていますね。大好きです。当時こればっかカラオケで歌ってましたよ。すっかり忘れてたのでまたカラオケ行った時は歌いたいと思います!


各話感想(14話以降~ 1話から書いておけばよかった…
{netabare}14話
緑川さんwwなんで歌ってるんですかw
ってかアイドルアニメになってるwリナとアメリア可愛いw
もうドラグスレイブのバーゲンセールw
15話
完全にコスプレ回w
ガウリィのクラゲが面白すぎるw
ちょくちょくリナが今までクラゲってツッコミ入れてたんだよな。
リナの足音がうるさいw
しりとりならぬ尻取りw完全に詰んだゼルww
16話
はいはい毎度毎度の飯テロ。なんでこんな食い物がうまそうなんだ。
ゼル女装やめいw
完全にタンゲw
何故かスポ根アニメにwまるでキャプ翼のような恐ろしさw
そしてクレアゲイブルという落ちw
17話
今度は女装回w
全員気持ち悪すぎるwゼルちゃんww
まさかのフェミ王国。
ルルwどっから出てきたんだよその名前wだが、男だ。
宝塚w結構パロ多かったんだなぁ。
Bパート始まりが完全にBLww
落ちは嘘発見器とみわがまさかの男w
ゾクゾク男の娘が暴露wひどい回だったww
神谷浩史がMOB出演!
18話
ここからが本番シリアス回が始まる。
はいはい出落ちゼロスw
マルチナ苦労してんなーwリナひっでぇw
石版多すぎwクレアバイブルとは一体なんだったのか…
完全なるコピーとはいえこれはひどいw
文字も点字みたいなもんじゃねぇか。
おばあちゃんにガウリーとの関係聞かれて赤くなるリナ可愛いw
リナとガウリーの焚き火シーンいいなぁ。
一生かって完全にプロポーズだろwって寝んな!w
黒い石版。

ギガ・スレイブ『不完全版』
闇よりもなお暗き存在(もの)、夜よりもなお深き存在(もの)混沌の海にたゆたいし、
金色なりし闇の王、我ここに汝に願う、我ここに汝に誓う、我らが前に立ち塞がりし
全ての愚かなるものに、我と汝が力もて、等しく滅びを与えんことを

ここメッチャシリアル。
いよいよ出ましたガーヴさん。


19話
あれだけ強かったゼロスが一瞬のうちにフルボッコ…
セイグラムまで。
ヘルマスターの目的は…秘密ですヽ(・ω・)/ズコー
ドラグスレイブがまったく効かないセイグラム。
絶体絶命ですね。この状況でマルチナ登場www
ばあちゃん強いな。水竜王=ゾアメルグスター
ばっちゃああああん!
今から真人間になるんですって職業じゃないんだからw
ズタボロのボコボコwwアメリアひでぇw
「人生って素晴らしい人生って素晴らしい」
いやいや勘弁して下さいよアメリアさんww
上から10皿ずつとかおまえは悟空か!w

20話
アクアおばあちゃんどうなったんだろうか。
可愛いショタだと思ったらまさかの盗人w
ゼル「リナに食われなくてよかったな」
えっとどういう意味ですか?なんか色んな妄想が膨らんじゃうんですがw
ゴールデンドラゴンとブラックドラゴン…
マルチナ駄目過ぎるw
降魔戦争?クラゲツッコミw
ゴールデンドラゴンまさかの擬人化!
しっかしまぁマルチナ良いキャラしてんなぁw
ガウリーの1012歳以上ツッコミヽ(・ω・)/ズコー
真のクレアバイブル。おいマルチナww

21話
いよいよ伝説の魔導書クレアバイブル解禁!?
のっけから完全にDBwヤムチャ視点w
ドラゴンジョークわらえねぇよ!w
ゼロス化物じゃねぇか…
アクアばあちゃん元気だったのか。
やっとクレアバイブルに辿り着いたか。
ロード・オブ・ナイトメアって響きがカッコイイ。
ロードオブロードって何かのゲームであったようななんだっけなぁ…
赤龍vs青龍再び…
正義の拳ww

ラグナ・ブレード『完全版』
悪夢の王の一欠けよ、天空(そら)の戒めとき離れたし凍れる黒き虚ろの刃よ、
我が力我が身となりて、共に滅びの道を歩まん、神々の魂すらも打ち砕き

ガーヴ強すぎ…

22話
ラグナブレード完全版の反動か…
ガウリーとゼルかっけぇー。
ラグナブレード連発して大丈夫なのかよ…
倒したかと思ったらラグナブレード効いてないのかよ。
ショタはヘルマスターだったのか。まぁ大体わかってたが。
ガウリィまじヒロイン…
まーたサイラーグのサイラーイ。

23話
ガウリィの回想…
ガウリィ犬扱いすんなw
涙がちょちょぎれる…(´;ω;`)ブワッ
やっとシルフィーきたか。
ガウリー売るってどういう事ww川に流すとかw
ガウリーの暗黒騎士化。
ドラグスレイブの吸収とか半端ない。
ナイスタイミングでのザングルス。
ラグナブレードのバーゲンですね。
まっまっまさかのガウリーだったのかー(迫真
こっこんな展開誰がわかるって言うんですかー(棒

24話
あっ操られてるだとー(棒
そしてまた拐われる…
マルチナ駄目すぎるw
何がどうして街が復活してるのやら…
お父様ああああ…生きていないだと?
フィブリゾの魔力で復活した仮初の命。
精神攻撃がひどい。
魔力増加版ラグナブレードでやっと侵入成功。

25話
フィブリゾが鬼畜すぎる。
アメリアがいちいち可愛いなぁもうゼルと結婚しちゃえよ。
マルチナの扱いが毎度毎度ひどいw
まさかのシルフィール版ドラグスレイブ。
アメリア…
死を操るものとかひどすぎる。
シルフィールもゼルもザングルス…
もうだめだこりゃ。全滅…

ギガ・スレイブ『完全版』
闇よりもなお暗き存在(もの)、夜よりもなお深き存在(もの)混沌の海、たゆたいし、
金色なりし闇の王、我ここに汝に願う、我ここに汝に誓う、我らが前に立ち塞がりし
全ての愚かなるものに、我と汝が力もて、等しく滅びを与えんことを

ロード・オブ・ナイトメア降臨キタ━(゚∀゚)━!
このストレスが溜まりに溜まった状態からの降臨はスカッとする。
もうメチャクチャかっこ良すぎる。
いつ見てもいいなぁ本当に最高だ。

26話
リナをおっかけてからの告白シーンは本当にいやぁ泣きましたよ(´;ω;`)ブワッ
そして戻ってきてからのギャグ落ちw
エピローグの結婚式で何故ザングルスとマルチナなんだよw
もうなんていうか色々理想的な最終回過ぎて素晴らしい出来だった。{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 17
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

林原めぐみと言えばリナ、石田彰と言えばゼロス…だとは思わない!元エヴァオタだし!

二期。テーマは「生きる」なのかな。

終盤は非常に盛り上がって二期が一番という意見もよくわかったが、中盤までは中だるみがキツくて視聴が辛かった。
ギャグアニメとはいえ、一期に比べて日本文化固有の物を出してハイファンタジーの世界観を壊すことが増えた。ファンタジー設定のみという縛りでギャグをやってこその面白さだと思うのだが。{netabare}14話のアイドル回に至ってはもう何も言うことはない。{/netabare}
シリアスな部分は極端にシリアスなので(終盤は出血シーンも多い)、その分ギャグ回がしらけてしまう。
リナのゲスいキャラは相変わらずで、これで辛うじて今でも見られるが、さすがにちょっと飽きてきた。

二期の目玉は石田彰CVキャラのゼロスで、このアニメの直前にエヴァが放送されていたので人気を博したのだろう。渚カヲルはほぼ第24話だけの出番だが、ゼロスはちょくちょく出てくるのでカヲルロスの人たちは嬉しかったのだと思う。
ただ現代人としては、こういった石田彰ボイスの怪しいお兄さんキャラはたくさん見てきたので、今ではありがちな石田キャラに感じてしまう。この既視感は古いアニメを見るとよくあることだが。

もう一人の新キャラのマルチナは、出した意図は25話のリナへのセリフで分かるのだが、それでもよくあるオバカ娘に過ぎずあまり魅力は感じなかった。{netabare}マルチナと少し触れ合ったフィブリゾが、マルチナを殺す時に少し躊躇する描写があればよかったと思う。{/netabare}
リナとガウリィの恋愛は終盤でそれなりに描かれていて、これも終盤の盛り上がりに大きく寄与している。

作画は後になるにつれて良くなる印象で、終盤は劇場版レベルに見えた。特に魔法エフェクトが凄いが(ラグナブレードは今見てもかっこいい)、セル画でこれはもうロストテクノロジーと言えるだろう。終盤のバトルはインフレ含めてドラゴンボールZみたいだった。

各話感想
{netabare}1話
OPの歌は一期よりこっちのほうがいいかな。
作画は変わらんというか悪化した気もする。劇場版の作画を見ちゃうとなー。
二期から見る人への配慮を感じる。
やはりアメリアの常識人化が深刻。
軍備増強云々は社会風刺の意図があるのかな。
ギャグアニメじゃなかったら死んでる。
金で解決でもOKなのがスレイヤーズのいいとこやな。
私が考えた魔神はさすがにワロタ。
今のカットはナウシカパロだな。

2話
あらすじの映像が前回じゃない。
あー石田彰の声が若いw
この辺の作画が汚いな…。
レイがカヲルと話していると思うとじわじわくるな。
ATフィールド!?カヲル君!
ギャグアニメじゃなかったら死んでる。

3話
いやハイファンタジーに鍋は…。
ムーミンのニョロニョロ食うなw
政治風刺回か?
このアニメのメインキャラって正義感がねえよな…そこがイイ!
ドコドコドコ。
ヤクザみたいな嫌がらせだなw
アメリアにエルメキアランスを使わせるのは理由があるんだろうか。

4話
竹くらいはファンタジー世界にあるかな…。
商売人の血w
シリアスに無理矢理ギャグ入れてる感。
魔法って飛ぶの遅えよな。簡単によけられるだろw
ハルシフォムはFateの葛木をやっていた人か。

5話
映画では過去に戻ってたからその方向で研究しろよ。
クラゲ召還の話って映画やOVAでわかるのかな。

6話 唯一の花田先生回。
鑑定眼すげえw
エロ回か?さすが花田先生。
設定では年齢差たいしてないはず。
アイキャッチでBLやめろ。
朝からそんなに食うとはパタリロか。
女性の股間はまずいのでは花田先生。原作通りかもしれんが。
大胆な告白。
漬物とかまたハイファンタジー設定無視してるよ花田先生。
一人原画回だったんだ。いつもより作画良かったような。

7話
美味しんぼ回か?
ゼルはアメリアと人工呼吸したがってたね。
顔面フジツボぐろすぎ。
家族が全員そっくりで嘘じゃなかったというオチか。

8話
地図が出てきたのは初めてか。
正義の仲良し四人組!
水だけで粘る!
普通の剣でフェイントw
魔族は物理攻撃効かないんじゃねえの?

9話
そろばんはハイファンタジーとして…もういいや。
アルフレッドが黒幕なんやろうな。
アメリアの姉って失踪してんのか。
アルフレッドはエヴァの日向の人か。

10話
一人で行かせるのはアカンやろ。
今はゼロスが好きなのかよ。
結局助けるのかい。
なんつー強引な展開。

11話
なんで魔族なのに結界入れたの?
マルチナはリナを殺そうとしてるのはどうかと思う。
この回は水島精二演出か。

12話
リナが治癒魔法やるのは初めてじゃね。
継承順位はアルフレッドよりアメリアが上じゃね?
それにしてもセイルーンの王族はクズ多すぎw
前半はギャグ無しだったのにw
ゼロス=魔竜王ガーヴかと思ったが…。

13話
四対一ならどうにかなりそうなもんだが。
ようやく恋愛フラグが。
カンゼル強すぎやろ。攻撃力・耐久力・ワープ能力でシャブラニグドゥより強いのでは。
ラグナブレイドがあればもう光の剣いらんやろ。
増幅の詠唱も加わったから長いw
この回は作画凄かったな。
前半終了。

14話
ヤクザは殺しておくべき。子供向けアニメの限界だな。
昔のアニメにいるような双子チャイナキャラきたー。
セイルーントルネード!?
この作品ではかなり強いキャラだなこの二人。
歌ってるの何でずっとだまって見とんねんとかいっちゃだめなんだろうな。
中の人の歌唱力の差がちょっと気になるな…。
えっスレイヤーズって過去は現代世界だったのか?
最後はドラグスレイブで締めだね。

15話
ガスコンロとかもう世界観どうでもよくなってるな。
このギャグ回はちょっとキツいわ…いつもギャグだけど。
ゼロスが助ける展開多すぎ。
以下呪文省略www

16話
あしたのジョーパロやめろ。
しょうもない回なのに作画が変にいい…。
テニプリを先取りしてるな。
おっさんと一緒に出るのかw
出崎演出も使う。

17話
水島精二絵コンテ・演出回か。
フェミール王国って名前がすげーな古いアニメなのに。
ベルばらのパロか?
ゼルはミワンが女だったらアメリアより好きだったということなのか…。
モブで神谷浩史がいる。

18話
2進数データか?
やっとOPの赤髪おっさん登場か。
急激にラブコメの波動が強まったな。
ガーヴは中田譲治さんか声若いw

19話
言峰綺礼対雨生龍之介やな。
敵をインフレさせすぎてリナが蚊帳の外になっとるで。
エフェクト作画すげーなあ。
マルチナがシリアスブレイカーすぎる。
ゾアメルグスターはばあちゃんか。

20話
レビテーション使えない理由は無理があるな。
スリ対策いいなw
本当は女の子ってオチか?17話と逆で。
リナが敬語。
ゼルが行かないのはおかしくね?

21話
見えないっつーか作画節約。
2つ同時だと倒せるとかよくあるパターンだけどこの時代の作品だから開祖レベルか。
シルフィールがいてくれたらと言いだすのが唐突過ぎ!
予告で少年が黒幕とかネタバレすんな。

22話
いきなり出血表現が増えたな。
回復がもっと早ければ…。
ここでギャグ入れてくるのがスレイヤーズなんだろうな。
このガキは偶然ついてきてたのに…。
でたー黒幕の回りくどすぎる謀略。
吐血!

23話
一期の作画酷かったなあw
ここまでで1年半なのか。
TVでリナが泣くのは初めてか。
入魂の演出やな。
やっとシルフィール登場か。そもそもなんで最後の場所がサイラーグなんだか。
三角関係展開きたね。
すげーな作画。
なつかしのキャラ再登場。

24話
今回の作画はアカン。
味方キャラ増えすぎでしょ。なので一人減らされた。女ばっかになったなあ。
ここにきて新アイキャッチとは。
リナが珍しくメンタル弱い所見せたな。

25話
今回の作画は前よりはいいけど…。
支えられているザングルスがちょっと情けないw
ゼロスがずっといないままなのはなあ。
セカイ系みたいなこと言ってる。
これもう作画大変すぎとしか言いようがない。

26話
これもう作画大変すぎとしか言いようがない。
二人は幸せなキスをして終了。
ギャグキャラだから死ななかったとかメタな事言うな。
あーこれはマルチナの勝ちだわー。
ザングルスの相棒の魔法使いってゾンビじゃなかったっけ?
ゼロスは放置していていいのか。{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

57.1 4 丸山詠二アニメランキング4位
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-(TVアニメ動画)

2007年秋アニメ
★★★★☆ 3.3 (119)
860人が棚に入れました
2年前の飛行機事故で家族を失い唯一生還した少年カミシナ・ジン。事故機のパイロットがジンの父であったこともあり、ジンは周囲から非難と好奇の眼差しを受け、孤独な生活を送っていた。そんなある日、ジンは宇宙開発機関「ISDA」に呼び出され、ドラゴンの秘密を明かされた上で組織への協力を求められる。飛行機事故の事実を公表しないISDAに反感を抱き、組織への協力を拒否するジンだったが、トアという謎の美少女に危機を救われたことをきっかけに、次第にDプロジェクトに巻き込まれてゆく。

奈悠 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

ひとりではないと・・・

かなり前に視聴した作品。

オリジナルアニメ。全25話+1話
キャラデザやシナリオはいいんだけど・・・見せ方が悪いんだろうね。
なんかほとんど記憶に残ってない。
一応最後まで視聴済のはずなんだけどなぁ・・・
唯一記憶に残っているのは親友の豹変振りはすごかった。
ラストは・・・うん。私的にかなり腑に落ちない終わり方でした。

あまり深くを追求しなければ見れる作品かな?
あと声優が結構豪華なのでそういった目的な人向け。
OPは見て損はない。


こんなお話
はるか冥王星宙域より、地球に迫り来る超巨大隕石:タナトス。
惑星をも凌ぐ質量を有するラナトスの接近は、人類にとって
抗いたい破滅を意味していた・・・

そんなタナトスの脅威に対抗するために、国際太陽系開発機構ISDAによって
一つの計画が準備された。
Dプロジェクトと名づけられたそれは、新型宇宙シャトル すなわち
ドラゴノーツ隊によって、タナトスを直接破壊するというものであった。

人類に唯一の残された希望の翼・・・。
人類の叡智の結晶・・・
それこそがドラゴノーツ隊・・・。

しかし、その正体は、小笠原近海で発見された謎の生命体:ドラゴンを
利用した生態兵器であった!
(公式より引用)


OP
「perfect blue」 ATSUMI(Jazzin' park、1st Single)
ED
「Rain Of Love」(第1話 - 第13話) 福井裕佳梨(4th Single)
「FIGHT OR FLIGHT」(第14話 - 第24話) 小林ゆう(2nd Single)

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

Baal さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

かなりの思惑や思い、願いが交錯した物語

全25話+DVD特別OVA1話で構成された話です。

とりあえず、率直に言ってすごく面白かったです。

自分の中でもトップクラスの面白さです。

物語はとある事故で自分だけが生き残り、家族は皆

亡くなって自分は一人ぼっちになったんだと思う

主人公にあなたはひとりじゃないよと声をかけてきた

女性、突然主人公の前に現れたドラゴンが密接に関わっていく

話である。複数の組織の思惑が交錯する中、誰かを

守るため、真実を知るために必死になって戦う主人公に

心を変化させていくドラゴンと心を通わせた存在ドラゴノーツ

たちやドラゴンたち共に先へ進む彼らは本当に

かっこよく思います。

あとは、声優陣も豪華で(自分はそう思っていますが)

とても良いと思います。

9/24 星評価変更、追記

OP、ED等の曲も良かったと思います。

特にOPの「perfect blue」が良かったと思います。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 10

月夜の猫 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

設定だけで盛り上がらない・・

2007年10月-2008年3月。全26話(テレビ放送25話+OVA1話)
NASとゴンゾによるテレビ用オリジナルアニメとして制作。


設定&あらすじ。

近未来の太陽系が舞台。

世界共同で設立された開発機構"ISDA"による開拓で人類の
宇宙進出が進んだが、20年前に「外宇宙」から飛躍した謎の
小惑星「タナトス」によって冥王星は砕かれてしまった。

2年前にタナトスから謎の生命体「ドラゴン」が地球に飛来。
宇宙開発に携わる要人達は、そのドラゴンを捕獲して研究
すると共に、飛来の事実を世間から"隠蔽"した。

2年前に飛行機事故で家族を失った少年"カミシナ・ジン"の
父は、事故機のパイロットだった事もあり、周囲から非難
と好奇の眼差しを受け、孤独な生活を送っていが・・

ある日、少年は一人の少女と出逢い・・略同時にドラゴンと
タナトスの事実を知る事になる。


感想。

1話目から事故の回想やら連続殺人犯から逃げたり美少女と
出逢ったり・・謎の組織に追われたり友達が出てきたりで
結構忙しい・・1クールで終わるの?と思わせるほど。
※実際1クールで纏めた方が良いと感じた。無駄に長い。


説明不足という感じはなけど・・矢継ぎ早にシリアスで暗い
展開が多い割に・・蛋白でスリルやサスペンスがない。

作画等も崩れて酷いままなので放送中の視聴は3話でギブ。

再視聴は1話~5話目迄ついてくのが大変。一息ついたと思う
前に初登場人物がワラワラ出続けて・・6話で一区切り? 
7話目は・・お待ちかね?萌えないキャラの水着回♫ 

ドラゴンはデジタルの玩具市場を意識したデザイン。
個性があるキャラデザは嫌いではない。一般受けは難しい。
作風からいくと結構良かったりする。でも作画が酷い。

体が太くなったり痩せたり誰か解らない顔になったりも・・
8話辺りまで来ると流石に慣れてくる。GONZOにしては終始
動きの悪い3D描写で・・キャラデザの崩れ顔と共に悪い。

とっ散らかって印象薄いけど、何だかんだで此処までくれば
シリアスっぽいけど巫山戯てる描写や、意味不明の萌えにも
慣れと諦めで折り合いがつく様な感じで・・最終回も予測が
ついてしまう意外と素直な作品。故に退屈で不快かも??

トワジントワジントワジントワジンこの作品中何回呼ぶか?
カズキ?唯の基地外にジンが友情っぽいのも意味不明・・
何方の名前も「連呼」は浮いてて耳障り。可也苛々キャラ。

平均どのキャラにも言葉が少ない。雰囲気・・感覚的。
それなのに勝手に親友並みに親しく?何故裏切ったり寝返る
のか?その辺は全て後付方式の説明なので軽くて意味不明。
親しくなる過程や説得力がないまま視聴者置いてけ堀り。

敵は社会と大人でラスボスはメンヘラ風?の子供向け作品。

1クール過ぎると更に回想や、お偉い連中のエゴ説明台詞が
圧倒的に増え萎える。名前を呼び合う台詞以外殆ど無い。

16話は温泉回?説明台詞回でもある。以降ラキスケや入浴が
増えるが・・視聴率低迷の梃入れだろうか?作風から浮く。

声優陣は結構要所を抑えて良い人選に思うけど、作品自体が
盛上がる部分が少なく、個性を活かしきれていない感じ・・

シナリオを追うのが精一杯で作画や演出などのデティールを
煮詰めるところまで至っていない・・荒削りで乱暴な感じ。

世界観や設定の割に組織が稚拙でナンセンスな描写が多い。
中学生向けの内容に感じるけど、視聴層のニーズからズレた
此れではない感も可也感じた。

作画・・演出次第ではもっともっと面白く楽しめたかも?
製作前のシナリオを煮詰めずにそのまま絵にしただけ??

良くも悪くもと言うより・・悪いGONZOらしさ満点??

26話も有れば・・トワとジンの結びつきの深さを掘り下げ、
ギオの主夫っぷりでそこそこ釣れた筈・・御嬢様と執事で
盛り上げられた筈・・杉田さんも後藤さんも目立たない・・
沢城さんも活きなかった・・普通にハマってたけど・・

宮野さんと柿原さんの過激な狂人演技だけが浮いて印象的。
ただ演技が凄いというより不快で浮いてるとしか感じない。
これが演出のバランスの悪さの象徴のような気がする。

他のキャラの個性が薄すぎるので歪な面だけ浮いた感じ。
設定だけは濃いのに・・どうしてこうなった??



カミシナ・ジン:小野大輔
18歳。飛行機事故の前迄アストロノーツ養成学校に通う。
事故の唯一の生還者。
連続殺人事件現場を目撃した時に、トアに助けられた。

トア:茅原実里
連続殺人事件の現場で襲われていたジンを助けた美少女。
ジンと惹かれあい常に彼を守ろうとする。謎の多い少女。
ISDAでは"アルブム"と呼ばれ彼らから追われる身にある。

ギオ:諏訪部順一
ISDA生態研究班の科学にで生み出された漆黒のドラゴン。
コミュニケーター時の身体能力が他のドラゴンより強力。
ドラゴノーツの隊員。 コードネーム「G-10」=ギオ。


国際宇宙開発機関ISDAドラゴノーツ隊
リンドブルム・ユニット

ジークリンデ・バウムガルド:水樹奈々
アマデウスのパートナー。幼いが既に主席で大学を卒業。
自分の使命を全うする事だけが存在意義と考えている。
名門の御嬢様。あまりに天才ゆえ周囲から敬遠されがち。

ソウヤ・アキラ:沢城みゆき
マキナのパートナー。マキナとは性格も趣味も正反対。
元警察官志望で正義感が強く仲間思いでライナと気が合う。

マキナ:後藤邑子
アキラのパートナードラゴン。清楚で貞淑な女性。

ハウリングスター:杉田智和
ライナのパートナードラゴン。高速突進が得意。
デュエルスピアーというパルチザンの様な武器を作れる。

アマデウス:丸山 詠二
ジークリンデのパートナードラゴン。老執事の姿をしてる。
ジークリンデを「お嬢様」と呼び寄り添っている。

ライナ・クロムウェル:竹若拓磨
作戦を立案するリーダー。ハウリングスターのパートナー。
元々はアストロノーツ。ISDAに内密での行動も行う策略家。
端正な容姿から周囲の女性からの人気は高い。

アマギ・ケイイチ:宮下栄治
常にヘッドホンを所持している三白眼の青年。
血色が悪く、病的な痩身をしている。

タチバナ・カズキ:柿原徹也
ジンの幼馴染。自己顕示欲が強く嫉妬深く執念深い性格。
ギオとのレゾナンスを経てドラゴノーツとなった少年。

ウィドー:千葉紗子
ミステリアスな雰囲気を持つ女性。ピアノが得意。
パートナーの死後も自我を保つ稀有な存在でISDA研究素材。

オペレーター

クラタ・サキ:福井裕佳梨
ISDAドラゴノーツ基地のオペレーター。カズキに好意的。
リーダーシップもあり、緊急時はクナイを武器にする。

カケイ・リョウコ:小林ゆう
ISDAドラゴノーツ基地のオペレーター。細かい仕事は苦手。
のんきな性格で仕事嫌い。意外と格闘技に精通している。

ジングウジ・メグミ:中村 知世
ISDAドラゴノーツ基地のオペレーター。
のんびり屋でマイペースだが、時々鋭い洞察力を見せる。

生態研究班

キタジマ・ユウリ:浅野まゆみ
ドラゴン生態研究班の副主任。コウとは元恋人の関係。
シャトル事故の真相を知る数少ない人物。顕示欲が強い。

ノザキ・カスガ:郷田ほづみ
ドラゴン生態研究班の主任。ドラゴンの生態研究の功労者。
協力的な態度だが、人間とドラゴンの共存を望んでいる。

ISDA協力者

ヨナミネ・コウ:楠大典
ルポライター。ユウリの元恋人。ヘビースモーカー。
ジンを執拗に追い回す。何故か時々手を貸している。


ジルアード新首長国

アーシム・ジャマール:宮野真守
ジルアード新首長国第2王子。第1王子を策謀で殺害させた。
地球出身で火星に建てた宮殿に軍隊を構えて鎮座している。
強欲で快楽主義。策謀家だが執着が強く抑制が効かない。

ジルアード国王:木村雅史
ジルアード王。アーシムの父親。冷徹で自己保身に長ける。

ガーネット・マクレーン:平野綾
ジルアード軍の女性士官で階級は少佐。傲慢な性格。
非常に好戦的だが策謀にも長け、冷徹な一面も合わせ持つ。

上層部

キリル・ジャジエフ:チョー
対タナトス計画Dプロジェクトの総責任者。可也の軽口。

ベイゼル・サカキ:中田 譲治
"ISDA"D計画のスタッフ。ドラゴノーツの現場指揮官。
打倒タナトスに固執している。シャトル事故で家族を失う。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

60.5 5 丸山詠二アニメランキング5位
お伽草子(TVアニメ動画)

2004年夏アニメ
★★★★☆ 3.4 (54)
395人が棚に入れました
時は平安時代中期。飢饉と疫病が蔓延し、都はすっかり荒廃していた。しかしそんな状況に際してもなお、武士と陰陽師は未だ覇権争いの手を休める事はなく、下につく民に手を回すことは殆どなかった。
そんな状況を見かねた朝廷は、弓の名手である源頼光(みなもとのらいこう)に、都に平安をもたらす不思議な霊力を持つという伝説の勾玉を探し献上するように命じる。しかし頼光は疫病に倒れてしまい、源家の末娘、光の君(ひかるのきみ)が正体を隠して、兄に代わりに男装の令嬢として勾玉を探す旅に出ることになる。旅の共として光が信を置く渡辺綱(わたなべのつな)を従え、2人はかつて都より土蜘蛛族に奪われた勾玉を取りかえすために常陸国という地を訪れるが…
旅を通じてさまざまな人に出会い、そして困難にぶつかっていく光達。都の美青年の申楽師、万歳楽(まんさいらく)との淡い恋や、安倍晴明(あべのせいめい)の暴かれざる陰謀を胸に秘めつつ、光は共を従え都のために満身する。

声優・キャラクター
水沢史絵、三宅健太、杉山大、佐久間紅美、水田わさび

koaki さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

源頼光四天王伝説と陰陽道サスペンスファンタジー?

平安時代編と東京編の2部構成になってます。

平安時代の中期―。荒廃していた都を救うため、病の源頼光にかわり、
末娘の光が男装して、伝説の勾玉を探す旅に出る。
四天王との勾玉探しに陰謀が絡んだ話だけど、期待しすぎました。
絵はいいんだけど、内容が薄っぺら過ぎました。
そんなあっさり手にできていいのか??って感じ。
ある意味王道なんだけど、単純過ぎ。
しかも、そこで終わり?って感じで、後半になる。

いきなり2004年、東京に舞台が移動する。
登場人物が転生してます。ヒカルは17歳の女子高生で、
平安編で一緒に旅した仲間は同じアパートで暮らしてる。
そして何故か行方不明の兄を探す怪奇ミステリーになってる。
最後の方で、平安編と繋がっていることがわかるんだけど
本当にイライラしました。

何がイライラするって、主人公よ!
一人で騒いで引っ掻き回して使命感だけ振り回す。
それなら何もできないヒロインの方がまだまし。
物凄くストレス溜まりました。
これは好き嫌いが分かれる作品かも・・・

投稿 : 2019/12/07
♥ : 5

ソーカー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

前世の記憶

源頼光の妖怪退治の伝説・陰陽道を題材にした異色のアニメ。
前半は平安編、後半は東京編と時代が大きく変わるシナリオが特徴的。

主人公は源頼光ではなく、妹の「光」。病死した兄に成り代わって勾玉集めに励む男装の麗人であります。都の安定のため各地の勾玉集めていくというシンプルなストーリー。いかにも怪しげな安倍晴明やらやけに恐ろしげな酒呑童子だったり・・・・雰囲気は独特で陰謀が犇めいていますが、前半の中身は本当にシンプルで王道作品です。四天王の面々もなかなかユニークに描かれています。

後半から舞台を現代に移すと行方不明の兄を追う怪奇ミステリー?となり、雰囲気もガラッと変わる。
登場人物全員転生をしているのですが、そこまで平安編のキャラの造型は崩さない。
少しポップな東京編に入ってからが面白かったが、作画は平安編の方が良かったと思う。

この作品の雰囲気は大好きなのですが、あまり人にはオススメ出来る作品ではないかもしれません。
何が良いかと言われるともの凄く困るというか・・・・
リアル絵のキャラデザからして人を選びそうではあるし、エンタメとしてはあまりにも地味すぎるからなぁ・・・・やっぱ雰囲気ですかね。あとキャラも良いか。個人的に卜部が5割。

色恋を地味に描くところにときめく、人もいると思う。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 13
ネタバレ

じぇりー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

良作と思えただけに、後半の失速が悔やまれる…が、大発見も★

公式HPで明記されていることだが、本作品は「平安編」と「現代編」の2部構成である。
そして、成分タグにもある通り、主要なキャラクター達は平安時代から現代に「転生」したという形でどちらにも登場する。

まずは同じ作画なのに、舞台が平安と現代というだけで、全く違う印象になってしまうことに驚いた。
やや劇画調の作画は平安編にはよく合っているが、現代編にはどうにもミスマッチなのだ。。。

そして、平安編のストーリーが展開・ラスト共に良く、故に後半への期待が高まる中、それを引き継ぐ形になる現代編が前半の良さを生かし切れなかったのが、非常に悔やまれる。

前半のストーリーは、平安期のまだ朝廷に都合よく利用される立場の武士たちが、それでも眩しすぎるくらいの高い理想を掲げて戦い、奔走する姿が生き生きと描かれており、そんな中でも切ない恋愛模様が挟まれていたりして、ストーリーとして非常にまとまりもよく、引き込まれる内容だった。

しかし、現代編はまるで{netabare}東京の奇伝や怪談を描いたオカルトアニメのようになってしまっており、熱のこもった平安編とは対照的に何ともサッパリとした仕上がりに。{/netabare}あー残念…(泣

…ちなみに、主要キャラとして途中から登場する「金太郎」は、「あの」金太郎である。そう、まさかり担いで、熊に跨る金太郎ネ。(モノマネの人じゃないヨ。

というのも、あとでWikipediaを調べて分かったことだが、本アニメは平安期に実在した源頼光とその四天王をモデルにした作品であり、金太郎はその四天王の1人として実在していたのである!
子供の頃に読んだ有名な「金太郎」の絵本は、言うなれば鎌倉時代末期より編纂された「御伽草子」からのスピンオフ作品だった!!

一つ賢くなった★

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3

58.4 6 丸山詠二アニメランキング6位
テイルズオブエターニア-Tales of Eternia(TVアニメ動画)

2001年冬アニメ
★★★★☆ 3.2 (54)
318人が棚に入れました
物語の舞台となるのは、二つの世界が平行に存在する“対面世界”エターニア。 エターニアは明るく、暖かい気候の『インフェリア』と、その遥か頭上、空の向こうに逆さまに存在する『セレスティア』から成る。
インフェリアの片田舎の村・ラシュアンに住む、幼馴染の二人組、リッド・ハーシェルとファラ・エルステッド。二人が村の見晴らし台から天上に広がる世界を眺めていると、ふいに大きな光が降ってきた!?
ここから始まる物語は、やがて二つの世界全体を巻き込む大問題へと発展していくこととなる。 そこには、一人の救われない女の過去があった…。
ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

高校生の時に遊んだな~。

[文量→中盛り・内容→感想系]

【総括】
人気RPGシリーズの一作をアニメ化。キャラや世界観は生かしながらも、アニオリ展開になっているので、原作組も楽しめるし、アニメからの方にも入りやすいとは思います。

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
まず、残念な点としては、OPが原作に負けてる。完敗。曲も映像も。詳しくは、YouTubeででも、ゲーム版のものをご覧下さい♪

ファラは、歴代テイルズシリーズの中でも印象的な女性キャラの1人ですね。明るいけど病んでるところとか、幼馴染とか、お節介なのに暴走気味のところとか、徒手空拳なところとか♪(まあ、1位は断トツでアーチェなんですがw)

キールも好きなキャラです。ちょっとスネ夫的というか、ポップ(ダイ大)的な立ち位置とかね。

キャラデザ的には、この二人はちょっと印象違ったかな? ファラはあそこまでゴツくないし、キールももっと繊細で気むずかしい感じかなと。

ストーリー的にはなかなか楽しめていたのですが、録画容量が限界な為に、途中離脱(苦笑) また、ひまな時に視聴を再開しようかな♪
{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 11

AKIRA さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

サイドストーリ-

ゲームの方は相当やりましたw

アニメとしては十分面白いです。声優陣豪華だし

戦闘シーンとか、話の展開も結構面白かったし。

でも、この話数ならラブコメみたいな本編が進展しないような話の回はない方が良いと思いました。

その分、アニメ本編をもっと盛り上げて欲しかったですね。

ゲームプレイした人は原作ストーリーを期待しなければ、十分

楽しめる作品です。

なので、これから見る人は「エターニアの外伝が見れる!」く
らいの気持ちで見ると良いと思います。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

テイルズシリーズ初のアニメ化作品です。

2016年に「テイルズオブ」シリーズの完全新作アニメが放送されると知りました。
私はこれまでこのシリーズの作品を視聴した事がありません。
たくさんあって、どこから視聴して良いのか分からない・・・というのが一番の理由でした。
でも、新作アニメを視聴する前に過去作を視聴しておこうと思い、今回の視聴に至りました。

古い作品から順番に視聴していこうと思っていますが、原作とアニメの制作順が入れ替わったりしているので正直自信がありません。そのため視聴順は間違っているかもしれませんが、そこはご了承願います^^;

この作品の原作は未プレイです。原作のゲームが2000年に発売され、アニメ化されたのが2001年なので今から14年も前の作品になります。
そのため、作画は今の作品と比べると若干古さを感じてしまいます。
でも、たった14年でここまで変わるなんて・・・改めてアニメの作画技術の進歩が目まぐるしいのを実感します。

物語の舞台は、エターニアとセレスティアという2つの平行世界が天地を逆にして隣り合った世界・・・
そして、お互いの世界が少しずつ近づいており、やがて衝突する「グランドフォール」という危機に瀕していました。

その最悪の厄災を回避すべく、リッド、ファラ、メルディ、キールといった4人の少年少女が立ち上がり、冒険の旅に身を投じていく・・・というくだりで物語が動いていきます。

最近は殆どゲームをしなくなりましたが、若かりし頃はゲーム・・・特にRPGが大好きだったので、ドラクエ、FF、ウィザードリー、女神転生etc・・・どのシリーズも一通りプレイしました。
(ゲームのタイトルで年齢がバレバレですね・・・^^;)

この作品も原作がRPGである事が色濃く現れており、リッドは剣士、ファラは格闘家、そしてメルディとキールは精霊魔法使いと、この手の職業の組み合わせ・・・懐かしくて仕方ありません^^

でも、所期の目的を果たすために始めた旅も、物語の序盤でリッドの剣の腕が見込まれた事をきっかけに早々に雲行きが怪しくなります。
彼らは旅を諦めた訳ではありません・・・ただ、それよりも優先すべく事が出来ただけ・・・
なのですが、この少し脇道に逸れた物語・・・結果的に抜群に面白かったと思います。

辿りついたのはとある港町・・・優しくて気さくな町の人達・・・
出会いの印象は決して良くなかった賞金稼ぎのマローネや、吟遊詩人のコリーナとの仲も深まり、戦士にとっての束の間の休息・・・になるはずでした。
ですが、水面下では様々な思惑が蠢いており、その思惑はやがて4人を・・・そしてマローネやコリーナ達も巻き込む騒動に発展していくのです。
この騒動の顛末は・・・気になる方は本編でご確認下さい^^

物語は練られているので面白いと思いますが、一方でキャラの・・・特にリッドの言動には思わず突っ込んでしまいました^^;
平和を満喫しようとするリッドは地べたに寝転んで空を見ようとするのですが、何度か妨害に合い・・・半ば意地になってその行為を遂行しようとします・・・

でも、今時寝転んで空を見上げながら時間を潰す・・・という事を実践している人っているのでしょうか^^;?
私はやったことはありません。時間が勿体なくて・・・^^;
川辺の土手などでは今でもそういう時間の使い方をしている人がいるのでしょうか・・・
でも、そういうゆったりとした時間を使えるのって・・・きっと羨ましい事なんでしょうね^^

こんな事を考えながら、全13話を視聴しました。
視聴してみるとハマって次々視聴してしまう・・・私にとってそういう作品でした。
因みにお気に入りのキャラは天真爛漫な吟遊詩人のコリーナ・・・CVは堀江さんです^^

次は「テイルズ オブ ファンタジア」を視聴したいと思います。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 13

54.2 7 丸山詠二アニメランキング7位
クリスタル ブレイズ(TVアニメ動画)

2008年春アニメ
★★★★☆ 3.1 (26)
206人が棚に入れました
近未来のアジア市外。表では経済が発展し自由と平等を享受している世界であるが、裏では人生に挫折し片隅─落伍者たちが集う、「はきだめの街」ラグス・タウンと呼ばれるスラム同然の街があった。この背徳の街でS&A探偵事務所というなんでも屋を経営している青年・シュウ。シュウは心の傷を負いながらも気ままな暮らしを謳歌していた。そんな中、記憶喪失の少女・サラと出遭ったことから事態は急変。探偵見習いのアヤカやマナミたちとともに、ラグス・タウンを揺るがす事件に立ち向かって行く。これから彼の運命が大きく変わってゆくことになるなど、彼は当然知るよしもない……。

声優・キャラクター
三木眞一郎、うえだゆうじ、新井里美、高橋美佳子、小林ゆう、六角精児、井上倫宏、沢城みゆき、丸山詠二、伊藤美紀、松山鷹志、千葉紗子、楠見尚己、高橋広樹

sobako777 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7

1話で済む話を12話に・・・つまんなくはないのに物足りない。残念・・・

探偵モノで言えば、普通なら1話でまとめてしまいそうな話を12話仕立てにしているため、よく言えば丁寧だがちょっと無駄も多い。キャラも基本は‘定番でありきたりながらそこそこ魅力的’なのに無駄にしつこく描きすぎた結果、中には鼻について見てるとストレスとなってしまうモノも・・・。つまんなくはないのに、物足りない。これじゃ、すぐに忘れてしまうって感じの残念な作品だ。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

蟻酸 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

もうひとひねり

人体実験・・・。アニメの定番ネタです。ネタバレになるんで詳しくかけないですけど物語の展開にもう少し深みが欲しかったです。よく言えば安心感のあるってかんじでしょうか。登場キャラ設定は可もなく不可もなくって感じ。でも、医者の爺ちゃんと、コスプレ好きの看護婦は一押しです。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

紗々 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

残念です。

かなり前に観たので、だいぶ忘れてますが・・・。 探偵事務所と記憶喪失の女サラの話です。ストーリーは悪くないと思いますが、グダグダって言うか・・微妙な作品です。制作するまでに、かなりかかった様ですが、物足りないものが出来た様です 残念。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

66.9 8 丸山詠二アニメランキング8位
ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー(TVアニメ動画)

1998年冬アニメ
★★★★☆ 3.8 (19)
187人が棚に入れました
主人公の西野かおり(通称ぽぷり)は、にこにこ銀座に新たに引っ越して来たばかり。ぽぷりの家からちょうど100歩目には、本物の魔女・ふきこさんが経営する不思議な薬局があった。ふきこさんの見習いとして魔女になったぽぷりは、魔法を使う道具として「アルデルの小瓶」を譲り受ける。そして、にこにこ銀座で過ごす1年の間に、町の人々や四季の精霊、魔女仲間との交流を通じ、ぽぷりは魔女として、また人間として成長していく。

声優・キャラクター
小西寛子、松島みのり、矢島晶子、三石琴乃

らび・ナイトメア© さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

猛烈なエロス

絶対に耐えられない!!

こんなものを土曜の夕方に放送するなんて!!
なんという無謀!!
ありがとうございます!!
ありがとうございます!!
ありがとうございます!!

またやってください!!!1!!1!!!

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

ビアンキ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

ワンパターンとは無縁の「安定感」を持つ作品

1月4日、ちょっと文章を修正。

レンタルDVDで全話視聴

1998年に放送された、魔法少女アニメというかファンタジーアニメというか…
その中間ぐらいの設定・内容の作品 全48話

話数だけ見ると長めに見えるが、
基本的に1話あたり10分程なので
30分アニメで言うと2クールぐらいの視聴時間となる。


この作品、どこか一部分が突出して良く出来ているというよりかは、
全体的にどの要素も高水準で、常に安定したクオリティーを保っている作品だと感じた。

その中でも特に「シナリオの安定感の理由」に重点を置いて書いてみる。


・安定感の理由 1
主人公の魔法

主人公は、自分の前に表れたちょっとした問題や、
「ふしぎ」を解決するために魔法を使う。

出てくる魔法は、風・水・森・ハート・太陽
主にこの5つが精霊という形で出る。

そしてこの精霊たち
一応その疑問や問題解決に適したものがでてくるのだが、
主人公は狙ってこのうちの一つを出すことができない。
つまり選べない。

しかしどんな魔法が出ても、大抵はうまいこと解決して終わる。

一部例外となる回があるものの、基本的に毎回こんな流れである。


この、出せる魔法が5つと決まっている
というのと、
出せる魔法が選べない
という部分こそ、安定感の理由の1つだと私は思う。

一つの疑問や問題に対して
「基本的に5つ」というある程度決まった「道具」と「解決法」が用意された謎かけのようなシナリオは、
視聴者が何の魔法が出るのか予想し、どう解決するのか
考えたり想像する楽しみがある上、

基本的に魔法は5つしかないせいか
時々、一見ミスマッチな魔法や、
ぶっ飛んだ解決法が出ても、そこまでぶっ飛んだように感じない。

むしろ、「よくこんな解決法考えたな」と発想にちょっと驚かされ、意外性となって良い点になっていると私は感じた、
そしてこの意外性は、シナリオをワンパターンにさせない工夫としても良い方面に働いただろう。

こういう、「5つだけ」といった
ある程度決まった要素がシナリオのベースにあれば、それは強い安定感を持つだろう。



・安定感の理由 2
ふきこさんの存在

主人公に魔法を与えた魔女であり、薬局:ファンファンファーマシィーの店主。
紫の髪したおばさんである。

このふきこさん、すごく優しい上、常識のある大人なのだ。

主人公は一応魔法は使えるものの、小さい女の子な上、 魔女としては未熟な「魔女見習い」
失敗することや、 結局よく分からないことだって少なくない。

そんなとき、ふきこさんは影で助けてくれたり、助言をくれたりする。

あくまで助言をしたり、たしなめたりする程度で
一度も主人公を強く怒らなかったのも「大人だなぁ」と私は思った。

ふきこさんという目立つ大人の脇役の存在は、
抽象的な表現になってしまうが、本作を良い意味で
「子供だけの世界」にしていない、と私は感じた。

シナリオの安定感にも大きく貢献しているキャラだっただろう。



・安定感の理由 3
豊富なゲストキャラ

主人公の感じる疑問や問題には、 ゲストキャラが関わっている場合が結構多い。

四季を操り、管理している四季の精霊たちをはじめとして、
風邪を引いたゆきだるまや、
実体の無い影法師や、
もぐらのような猫などなど…

「魔女がいるからふしぎな街ではない、ふしぎな街に魔女がいる」
というふきこさんの言葉どおり、
不思議で癖のあるキャラがわんさか街に現れる。

そしてゲストキャラたちはシナリオにバリエーションや新鮮さを持たせ、ワンパターンにさせない。

…これはどちらかというと安定感の理由ではなく、
ワンパターンにならない理由だったかも知れない。

しかし、癖のあるゲストキャラが出るのに対して、魔法という「道具」を当てはめて
基本的に1話10分という時間で問題を解決し
毎回綺麗に纏めているという構成力は高く評価して良い点だろう。

…ゲストキャラの豊富さにあんまり関係ない「良い点」な気がしなくもないけど気にしないでや!



本作のキャラクターデザインであり、
作画監督の一人でもある伊藤郁子の描いたキャラクターはとても非常に可愛らしく、魅力的。

さっき上げた、モグラみたいな猫や、 ふきこさんの飼っている猫のニボシといった動物のキャラも可愛いが、
伊藤郁子といえば女の子だろう。

本作以前の作品である「魔法使いtai!」や、
本作以降の作品である「プリンセスチュチュ」でも存分に発揮されていた、
可愛い女の子のキャラデザは本作でももちろん健在。

主人公:ぽぷりちゃんをはじめとして、
主人公の友達の女の子たちとか、春の精霊とか、人魚とか可愛かったなぁ…

今、この感想を読んでる一部のロ●コン野郎共、
これ見たことなかったら今すぐレンタルしてこい!(小声)


…1998年の作品ながら作画は非常に安定しており、ほとんど崩れない。
あくまで私見だが、動きにも、作画枚数的にも特に違和感は感じない。

作画監督が伊藤郁子さんで統一されているわけでもないのに、
キャラクターデザインもそこまで変わらない。

1話10分程度という短い時間であることが良い方面に働いたのだろう。

バンクはあるものの、 最終回2話前まで私は気づかなかった。
いや、 注意深く見ればほとんどの方が気付くだろうが…
使い方の上手いバンクだったと思う。



冒頭でも書いたとおり、
一部分が突出しているというよりかは、全体的に高いクオリティで安定している作品です。

日常系アニメや魔法少女アニメが好きな方であれば、まず間違いなく楽しめると思います。
作品の評価としては「傑作」で!

下手くそな文章、お読み頂きありがとうございます。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 10

61.2 9 丸山詠二アニメランキング9位
ハーメルンのバイオリン弾き(TVアニメ動画)

1996年秋アニメ
★★★★☆ 3.4 (19)
107人が棚に入れました
月刊少年ガンガンに連載された同名コミックを『機動武闘伝Gガンダム」の今川泰宏によるシリーズ構成でアニメ化。青年ハーメルと少女フルートが暮らす辺境の村を魔物が襲撃。実は公国の王女であるフルートが魔物の狙いだった。ハーメルは特大のバイオリンによる魔曲を奏でて魔物を撃退し、フルートを公国へ送る旅に出発。だが到着したハーメルは大魔王ケストラーの息子として捕まってしまう。はたしてハーメルそしてフルートの運命は…。

声優・キャラクター
うえだゆうじ、飯塚雅弓、辻谷耕史、緒方恵美、千葉繁、島本須美

ウィラード さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

原作のギャグ要素を排除したシリアス作品

原作はギャグ要素とシリアス展開がある作品ですが
アニメではギャグ要素を徹底排除されていて
シリアスな展開が続きます

最後の展開はアニメ作品で何度かみたような終わり方でしたが
シリアス作品らしいなと思いました
最後の展開は深夜にでも見れば臨場感出そうだなと思った

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

とまときんぎょ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

悲愴

朝、カーラジオつけたらベートーヴェンの「悲愴」がかかっていてまして、このアニメを思い出したのです。

魔物を倒す力をもったバイオリンを弾くハーメルと仲間たちが魔王を倒しに旅する話。

クラシック音楽が効果的に多用されてましたね。やり場なく心理的に盛り上げる〜!っていうシリアスな勢いにひたって乗っていける人にはかなりはまった作品だったようです。

ビシ!バシ!と斜めに影の入った止め絵(キメ絵?)も多用されてたのも特徴。
出崎統的な、こういう演出なんだなと受け止めてましたが、動いてナンボの見方をする層からは駄演出とシビアにみらられてたようで…。

原作漫画はくだらないギャクてんこ盛りで、要所要所の締めでシリアスな感じでしたが、TVアニメ版はシリアス一辺倒。シリアス過ぎてやがて裏返ってギャクに手が届くかもしれない…という勢いでした。
でもなんか、本気の勢いが気持ちいい作品でもありました。

監督 西村純二、構成・脚本 今川泰宏、キャラデザ中嶋敦子、音楽 田中公平。


映画版はギャク演出も入ってるということで、今更ながら観たいような気もしてきました。
あ、原作続編出てたんだ?

投稿 : 2019/12/07
♥ : 16
ネタバレ

おなべ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

今はいない子供のための子守歌

原作は渡辺道明による漫画作品。
アニメ版を全話見た後に、原作漫画を立ち読みしたのですが、本当に何もかも違うんですよね…。


原作はシリアスな物語の最中に随所に突拍子もないギャグが挿入される特異な作風に対し、アニメはギャグ要素ほぼなし(始めの4話くらいには少しだけあります)のシリアス一辺倒。元々が暗く重圧な物語であるのに、原作の持ち味でもあるギャグを一切抜いた為、全力投球のシリアスで鬱屈とした作品にアニメはなっております。

また、キャラクターの立ち位置や性格も異なっている為(ぶっとんだ原作キャラの性格が良い意味でも悪い意味でも”普通の人間”に解釈されています)ほぼ別人です。
原作の要素がほとんど無くなっている為に、所々で「黒歴史」「アニメなんてなかった」と言われるのも無理が無いかもしれないな…と思いました。



ただ、こちらのアニメ版は原作と違う作風ではあるものの、「ハーメルンのバイオリン弾き」を違う表現で描いた一つの物語として完成されていると見終えて感じました。

人と魔族の間で葛藤する主人公ハーメル、王女の宿命を背負わされたヒロインのフルート、憎しみと友愛を彷徨う親友のライエル、復讐しか知らない愛に飢えた孤独の天使サイザー等、主要キャラクターの愛憎や情念に満ちた描き方。

そして運命に翻弄され続けたヒロインの最後の選択がとても印象的でした。悲哀に締め括られる物語(後味が悪いとも言います)、主要キャラクター達の想いの報われなさがただただ虚しく、やるせなくなりました。人が死ぬ全滅エンドではないのですが、想いを昇華出来ずに今後とも過去に縛られて生き続けなければならない結末は、もしかしたら死ぬ事よりも辛いエンディングなのかもしれません。

最後の…
{netabare} バイオリンを弾きながら哀しげな表情をしているフルートが、もう胸に来ましたね。恐らく村での出来事が出て来るエピローグは、フルートの妄想なのではないかと思っています。あの時、使者を助けさえしなければ、魔族が復活しても愛するハーメルを自分の手で封印することはなかったでしょうし…。フルートは劇中何度も「どうしてこんなことになっちゃったんだろう」と村の平和な出来事を回想していたので、余程あの日の選択を後悔しているのではないでしょうか。
「本当綺麗、まるで…」で終わる〆方もニクいです。台詞は「まるで夢みたい」と言いたかったのではないかなあと。恐らくあの台詞でフルートの妄想は終わるのだと思います。 {/netabare}

物語を彩る田中公平氏が手掛けるクラッシック音楽も素晴らしいこと!
随所合わせて奏でられる音楽は、儚く美しい世界観を格段に魅了的にしています。音楽は多彩な楽器を用いた、まさしくこの作品に相応しいものばかりに仕上がっていました。サントラが是非共欲しいところです。


主に賛否が激しく別れるのは作画…でしょうかね。作画の質やキャラデザは毎回安定しているのですが(中島敦子氏のキャラデザは耽美的で非常に美しい作画となっています)、兎に角このアニメ、動きが少ないです。静止画と動画のメリハリの演出は美しいと感じる反面、紙芝居と評される塩梅でもあるのでかなり好みが別れるところではないかと。

後は後半が駆け足気味なこと。少々説明台詞が増えて、余裕が無くなって来ている事が察せました。これはどうも、1年かけて製作するつもりが2クールになってしまったこともあるようです。それでも、物語を途中でぶん投げたり、二期に続くよ!と言わんばかりの尻切れトンボ状態で終わらずに、きちんと完結させたのは評価出来ました。



原作とは別物である為、アニメ版は評価が芳しくない模様ですが、美しい音楽・キャラデザ、暗く重い物語や、愛憎に満ちたキャラクター達の人間くささ、そして悲哀で余韻の残る物語の静かな終わり方に私はとても引き込まれて見れました。余談だと、たまーに鬱アニメとしてあげられています。強ち間違ってはいないかと…。
美しくも哀しいダークファンタジーが好きな方は是非。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 8

62.6 10 丸山詠二アニメランキング10位
ポルフィの長い旅(TVアニメ動画)

2008年冬アニメ
★★★★☆ 3.7 (13)
69人が棚に入れました
世界中の国々が第二次世界大戦からの復興をめざしていた20世紀なかば。ギリシャの一寒村・シミトラに住む少年ポルフィは、父親の経営する自動車修理工場の手伝いをしながら、両親と妹のミーナと平穏な毎日を送っていた。
 ある日、シミトラが大地震に見舞われ、親は亡くなり、生き残った家族は妹のミーナひとりだけ。やがて、ミーナとも生き別れてひとりになってしまったポルフィは、彼女を探す旅に出ることになる。

声優・キャラクター
甲斐田ゆき、藤村歩、井上和彦、島本須美、豊永利行

こふ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

タイトルなし

OP結構好き(*´ω`*)

これは兄妹の絆
的な感じだよ(=゚ω゚)ノ

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0
ネタバレ

とまときんぎょ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

長いというからには 長い。

世界名作劇場のテーマソング集を買って聴いていて、リストにあって全く知らない作品がコレで、気になったのでした。
2008年放送。あまり知名度がないようです。ココで検索したら「アニコレなら、評価数が日本一の1件!」って出ましたよ。


ギリシャの山で牧歌的に暮らすポルフィの家族や友達との、おおらかで実直な生活。
お父さんと自動車修理工場を手伝うあたりは、友情や、働く意義といった道徳的な成長物語もありました。
12話を転機に、大震災で孤児となった兄妹がさらに生き別れ、妹を追って国をまたいで旅する話となります。

話の進め方はサラッと平熱感な地味さで、絵は写実的なきれいな線です。地味だけど、なにか確かなものが流れているような気もしたので、観続けてみました。(風引いて寝込んだ時にまとめて。)長い旅…というからには長いです。全52話。
季節のような人生の抑揚を感じ取れる作品で、人間ドラマや成長話を観たい方にお勧め。


文学原作だからこんなに描写が堅実なのかな〜と思っていたら、脚本の力だったようです。原作「シミトラの孤児」とは設定以外ほとんど内容は異なるらしい。
アニメは現代的なエピソードに練り上げながら、やっぱり名作劇場って感じの分別くささがあって良かったです。

難を言えば、発散するカタルシスのようなものは、感じられるまでの間もとても長い。
中盤以降に主人公を洗うかのように、手にしたものはやがて失われる無情さはドラマチックで、不覚にも泣けた回がありました。その割に終盤のまとめは都合のよさもあり、でももうそれぐらい甘くみてやってよという気持ちにもなりました。幸せになる部分も、もう少し力強さがほしかったかな。

数ヶ月の旅なんですが、観終わると何年も経ったかのようでした。


背景のヨーロッパの街描写がきれいで、公式サイトには9日間の海外強行取材の様子が載っています。

自動車が好きで好奇心に溢れたポルフィ。私は詳しくないけれど、出てくる自動車の種類が豊富で、描写も細かいんじゃないかな。

あと、歴代の世界名作劇場に出演された声優さん軍が続々とゲスト出演されています。


OPを歌われているikukoさんは、「マリンとメラン」の印象的なOPの方なのですね。昔のCMの「♪コーヒーをいれたーから きみと はなそーぉよ」って歌もそうみたいです。
兄妹愛を描いた本作の監督がpupaの監督もされてるっつー^^;
いや、他の作品もたくさん手がけられておられますが。
(脚本構成 国井桂、監督 望月智充)




(これ以上長〜い感想^^;を読んでもいい方むけの、印象深い回)オススメ回には★

{netabare}
いい話回
6話
父ひとり子ひとりの旅するイタリア人の女の子、跳ねっ返りでさみしがりやのアレイシアちゃんとのひと時。

ビックリ回!7話
まさかの実写が入る。映画館で観た映画のシーンが実写。(ローマの休日風な、この作品のための撮りおろし)妹の映画への憧れを印象付けたかったようです。

道徳的にハラハラ回
★8・9話
ポルフィの大好きな自動車と修理工場。そのお客の入りがパッとしない。
お父さんは気長だけど、来るお客といえば、近所のパンク修理。
もっとお客がくれば稼げて、給油機だって買えるのに…そうか!!パンクすれば、いいんだ!!子供らしい短絡さに飛びついてしまったポルフィ。お小遣いで釘を買いに行き…
そんな事して、いいの?淡々としながらドキドキさせられました。
お父さんが、働くことだけでなく家族の時間を楽しんだ日のことが、ポルフィに他人の立場にたつことを考えさせて、思い直させたのかな。労働することと、息抜きの意義が真面目に描かれてます。

10話
町っこなアメリカ人兄弟に、ふるさとを遊び尽くす醍醐味を教えるポルフィ兄妹と親友。トム・ソーヤーみたいな遊び方が楽しい。

11話
お母さんが氷でアイスクリームを作ってくれる様子が楽しそう!こいうところが名作劇場ですね。


大震災
12話〜
小さな村を大地震が襲います。
ギリシャはたびたび大地震がある地震国のよう。
作品のなかで積み上げられてきた生活のありさまも、ポルフィとお父さんの夢の整備工場も壊滅。
泣けなかったポルフィが、お家の瓦礫を使ってギリシャ流の祠を作り、ミーナがさりげなく花を置くシーンにグッときました。


手を離してはいけなかった回
16話
孤児となった兄妹。周囲の人達の関わり方が、特別冷たくもなく、都合よく優し過ぎもなく、みんな自分達の事情の中から分け合ってポルフィたちを助けようとしてくれていて、好感です。
しかし思わぬ別離へと…。
この回の運命の出逢いとなるイザベラ姐さんのフラメンコが素敵。

いい日いい旅いいオヤジ回
★19話
奇しくも自動車修理工場のオヤジと兄さんに助けられ。修理なら父さんに習ったから大抵できるよ!と豪語したポルフィに、「これは職人同士の話だ。」とオヤジはガチのテスト。やがて自分の限界を露呈したポルフィに、兄さん「職人が嘘ついていいのか?」「妹を捜すなら、まず自分が自立しないといけないぞ」
厳しくも人情深い話。


ミーナを追ってイタリア道中。

妖怪ハンターの稗田礼二郎やマスターキートンが通りかかってイイ仕事しそうな心細い廃墟街に迷い込んで、(実際イタリアにあるようです)
孤独な婆さんの気持ちを慰めたり…(20話〜)
農場で働いて、心を閉ざしたお屋敷のお嬢様の友情を取りもったり…(22話〜)
シチリアマフィアのファミリー間の恋仲を取りもったり、抗争を回避するきっかけをつくったり…★(26話〜)

ここまでポルフィはやたらと身の上話をしては同情してもらえていたので、このまま人に取りいる巧みな話術を磨いてしまったら嫌な感じだなぁ〜、と私は心配でした。
しかしそこはモチロン、名作劇場名物?「濡れ衣+手のひら返し」が待っています。
困っていた半日の間に、得た手がかりも虚しく妹ミーナはまた遠くへ。(31話)逆行時代開始。

★ミーナの面倒をみていたロマのイザベラ姐さんは子を亡くしており、他人に親子と誤解された後で「あたしがお母さんだなんて言って、ごめんね」なんて言う、心優しい人。伯爵にミーナを養子にしたいと申し出されるが…(32話)シットリいい話。T^T

痛い目をみたポルフィは、やや大人を警戒するようになり、しかし子供同士には無防備。少年団に加わるのだが、またしても信用し過ぎ…(33話)

34話は巨人の襲いそうな閉ざされた城塞都市、花咲く井戸のホラー回!
オイオイやっぱり稗田礼二郎を呼べ〜と。この回ばかりは登場人物はリアル路線ではありません。^^; 某声優さんの脚本回でした。

35話はサイドカーに乗ったかっちょよいハミ出し神父登場。
「神様なんか」というポルフィに対し、私が神を信じると同じように、君は「妹を見た」と言う人々の話を信じているのだろう、という問答。

★36話は仮面を常用する人物像が登場、また稗田礼二郎を呼びそうになるも、苦難を乗り越えてきたポルフィは彼女のカウンセリングに成功。

37話 ポルフィの身体が成長して、いつも連れているフクロウが小さく見えます。

38話 残っていた兄妹証明の品すらことごとく失う決定打が起こる。もう、やみくもに希望を持てた子供時代は終わったということなのでしょうか。
この辺から、身の上話をしても今までのように同情してもらえず邪険にされ、ひたすら歩くようになる。ポルフィに成長とともに疲れがみえる。オーラうすいぞ。

40話 歩いているうちに現代に来てしまったのかというような、農家のニートに遭遇(自称未来の画伯)。離れのアトリエでウンチクと愚痴を聞かされる。呆れたポルフィからカウンセリングも入らず、何の解決もされず。エェーな風刺回。

41話ここのところ砂を噛むような旅が続く。帯に短し襷に長しな出会い。何かと社会の裏をみてしまうポルフィ。
しかし、人を疑うでもなく「ただよく聞くこと」に長けて来たようにも感じる。空気を読むというか。
しかしポルフィ君、金あったときに何で保存食買っとかないの?パニーニとか買ってないで、カンパンとかドライフルーツとか買いなよ!あと地図持ちなよ!


ハァハァやっとここまで来た
あと10話
ポルフィが妹と会えるかということより、どういう人間になって終わるのかが気になります。妹ミーナは、ポルフィと会えなくてもそこまで大変なようには見えないのです。イザベラ姐さんがいてくれれば。

42話 川の中州の刑務所からの脱獄囚という設定にワクワク!
しかし、手を離したものは失われるという話。

★43話 のっけから景色が景気悪く暗い。しかしミーナの手がかりを掴む。
しかし。ミーナの方も感じ取っていた予感、暗い音楽の追い詰め方が怖くて、なんだろうと思っていたら。
ポルフィが旅の途中で今まで失くしたのは物で、道具や写真を失ったとしても、使う技術や家族との思い出を失ったわけじゃない。
今回はポルフィと共にいてくれたものが消えた。ここまでずーっと観続けて居るのが当たり前だったからショック。泣けた。
イザベラ姐さんの太ももにみとれつつも、ミーナの爆発するような号泣が胸に刺さる。逆行時代極まれり。

★44話 唐突に逆行時代終了。
オイオイなんだこれは誰を呼んだらいいんだ稗田礼二郎じゃないことは確かだ
初期にギリシャで出会った、男勝りのアレイシアちゃんとの再開。ひとつの毛布でギュッ。大人の階段のぼーるー 君はまだ シンデレラさー

45話
オイオイなんだ 以下略
初めて会ったキレイなお姉さんとパリで同棲ですよ?!
一緒に星を見上げて、夜の仕事に出るのを見送って
「誰かに見送られるのって、いいものね」
大人の働く女性向けの漫画でこういうのあったよーな


46話 〜
ポルフィが女運を絶好調にしていた頃、ミーナの庇護運気も上がっていた。
大女優ティファニーが街角でミーナを見染め、サクセスフルに登場だよ!
イザベラ姐さんと火花を散らすよ!やんややんや!
いよいよ児童虐待の一線を越えそうな姐さんの旦那カルロスとも火花を散らすよ!
自分の男より拾った娘を信じる、イザベラ姐さんが好きだ。幸せになってほしい…。

やがてミーナは鈴木京香似のティファニーと暮らすことになり、女優の道へ。
ポルフィも居る都市で、華麗なすれ違い生活。

ポルフィの同棲相手ローズは気が強いけれど、挫折した大人で寂しい人。
これまでも、寂しい女性の聞き役になるパターンが多かった。
ポルフィ、缶詰も持たずに放浪して石で胡桃割ってたくせに、デートごっこが可笑しい。★(49話)

ミーナとの再開の前に立ちはだかるのは、ローズの寂しさ。
下着みたいなワンピースで脚組んでポルフィ待ったりするし
おこづかいくれるし
ポルフィ君の成長やいかに?
旅の道中、数々の寂しい人カウンセリングをしてきたポルフィ君、最後のひと仕事なのですぞー。 {/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 28

61.9 11 丸山詠二アニメランキング11位
地獄先生ぬ~べ~ 恐怖の夏休み!!妖しの海の伝説!(アニメ映画)

1997年7月12日
★★★★☆ 3.4 (10)
48人が棚に入れました
悪霊から子供たちを護る小学校教師の活躍を描いたTVアニメの劇場版を、「東映アニメフェア」内のプログラムとして上映したシリーズ第三弾。 生徒たちやゆきめ、律子先生も引き連れぬ~べ~がやってきたのは南の島。その美しい光景からはこれまで悩まされてきた悪霊騒ぎなど無縁に思われたが、この島には200歳になると人を食らうようになる海蜘蛛の伝説が伝わっていた。そんな話はまるで気にしない子供たちだったが、彼らの前に姿を現したのは妖怪ならぬ渚という不思議な雰囲気の美少女だった。子供たちを引き連れ、沖に浮かぶ蜘蛛島へと向かった彼女の正体とは一体? TVシリーズの放映終了後に上映された一編で、この後本作はOVAシリーズへと続投されていく。
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

タイトルなし

ぬ~べ~映画3作目で今のところ最後の映画作品です。

映画オリジナルキャラ渚の元のキャラの話
「女郎蜘蛛」の回をメインベースとして
そして渚以外で登場する妖怪や、ゆきめの水着が熱を
吸収して体が溶けるとか、砂かける
ところなどの細かいネタの部分などを海関連の話をベースとしています。

{netabare}登場する妖怪としては渚とオリジナルの手下とミサキって感じでしたが
大量のミサキの手が伸びてくる所なんてどちらかというと舟幽霊っぽいですw。

元との大きな違いとしてはまずメインの妖怪が女郎蜘蛛から
海蜘蛛に変わり舞台が海に変わった事と
渚が女の子たちとも仲良くなった事、
女郎蜘蛛回では死んでいたゆきめが生きていることですかね。

まあそこらへんの違いは話の組み合わせなどで
上手い具合に変えられているので
違和感は特にないですねー。
あのゆきめの印象に残るセリフ「妖怪って幸せになれないの?」
もまた違った印象で受け取れますねー。{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

しーん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

タイトルなし

2018
40分、海、島

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

計測不能 12 丸山詠二アニメランキング12位
ドン・チャック物語(TVアニメ動画)

1975年春アニメ
★★★☆☆ 2.8 (5)
41人が棚に入れました
30年以上にわたり、東京・後楽園ゆうえんち(東京ドームシティ)のマスコットキャラクターとして親しまれる「ドン・チャック」を主人公にした冒険メルヘンアニメ。ザワザワ森の中心を流れるジャブジャブ川。そこには、ドン・アリストテレスとドン・チャックというビーバーの父子が暮らしていた。家族二人きりの父親は息子の健やかな成長が何よりの楽しみだが、チャックの方は遊び盛り。ビーバーの少女ララやウサギのミミ、小熊のダイゴたち森の仲間と、今日も元気いっぱいに跳ね回る。TVアニメ版もヒットし、1976年には続編シリーズも登場した。なお、もともとの後楽園ゆうえんち版ドン・チャックは微妙に顔が違っていたが、現在はこのアニメ版のキャラクターに合わせたビジュアルがスタンダードになっている。

声優・キャラクター
沢田和子、落合美穂、雷門ケン坊

計測不能 13 丸山詠二アニメランキング13位
精霊使い(OVA)

1995年4月1日
★★★☆☆ 3.0 (4)
28人が棚に入れました
人気作家、岡崎武士原作の本格ファンタジーをOV化。監督は「神秘の世界エルハザード」などを手がけた秋山勝仁。精霊使いはそれぞれの役目にしたがって「精剣戦争」を戦わねばならない。主人公、覚羅は目の前で真美を奪われたことにより、最強の精霊“エーテル"の使い手に目覚めた。そして、水の精霊の使い手である支葵と共に壮絶な戦いに赴くことになる…。

Baal さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

なかなかよくできていると思います。

岡崎武士による漫画が原作の作品です。

これぞファンタジーというくらいどっぷりと

ファンタジー一色の作品でした。

OVAは短いので細かい設定等は詳しくは分からなかった

もののなんとなくこういうことなんだな

といった感じではちょっとはわかったかなと

思います。

物語の完成度は原作も少なく作者が病気がち

だったために仮の形といった感じでした。

やっぱりここまでファンタジーだと

少しばかり設定がわからなくても、話が飛んで

いても私としては結構楽しめたと思います。

まあ年代が年代なものでデザインはいたしかた

ないのかなと思います。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 14

ANKR2gou さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.2

タイトルなし

予備知識が多ければ楽しめるのかも…。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

計測不能 14 丸山詠二アニメランキング14位
ヨーヨーの猫つまみ(TVアニメ動画)

1992年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (4)
25人が棚に入れました
日本テレビの深夜に放送された5分のミニアニメシリーズ。90年代序盤のグルメブームの中、擬人化された主人公の猫たちの視点を通じて食事のレシピを学ぶことができた。ここは猫だけの島イル・ガット。マスターのヨーヨーと娘のココが切り盛りするバーの海猫亭は、今日も昔話に花を咲かせる提督や無口で味オンチのドクたち色んな常連客が集まっている。ヨーヨーやココが出すお洒落なお酒のおつまみには誰もが満足。本作の原案は猫の「ダヤン」シリーズで有名な絵本作家・池田あきこによるもの。料理の監修には服部栄養専門学校も協力している。ちなみに本作の実制作は『楽しいムーミン一家』などのビジュアル80が担当。

声優・キャラクター
大塚明夫、押谷芽衣、丸山詠二、亀山助清、沢田敏子、島田敏、兵藤まこ

maruo さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

美味しそうです。 C

5話までしか視聴してませんが、今後も特に変わった展開はなさそうなので、レビューを書きます。

登場キャラは猫。バーのマスター・ヨーヨーが作るおつまみのレシピ紹介アニメです。本当に美味しいのか分からないような似非グルメアニメ(マンガ)ではなく、服部栄養専門学校の監修のもと、極めて実用的なおつまみの作り方を紹介しています。それ以外は、バーでのたわいもない会話くらいしか内容がありません。3分クッキングをアニメでやったようなものなので、アニメとしてやる意味があったのかというと、少し疑問符がつきます。

視聴困難な本作を見る必要性は特にありません。おつまみレシピ本があれば十分です。

何とも評価のしようがないので、☆印の評価は一切していません。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 9

計測不能 15 丸山詠二アニメランキング15位
新ドン・チャック物語(TVアニメ動画)

1976年春アニメ
★★★☆☆ 2.5 (2)
23人が棚に入れました
大人気を博した『ドン・チャック物語』が再放送などの準備期間を経て新たにスタート。放送話数も前作が2 クールだったのに対し、本作はおよそ5クールの長期放送を敢行した。本作からユーユーたちコアラ親子も登場する。元気なビーバーの子供ドン・チャックがガールフレンドのララたちと遊んでいた際、コアラのユーユーを川付近で発見。記憶を失くしていたユーユーだったが、チャックの父アリストテレスが忘れな草の花の露を与えたことで記憶を回復させる。ユーユーは山で遭難した父の捜索を望んでいたのだった……。

計測不能 17 丸山詠二アニメランキング17位
南の島の小さな飛行機 バーディー(TVアニメ動画)

2006年冬アニメ
★★★☆☆ 3.0 (1)
17人が棚に入れました
NHK教育テレビで放映された児童向けのCGアニメーション作品。舞台は、南海の小島バードパラダイス島。そこでは心を持つ飛行機たちが、それぞれの仕事をこなしていた。まだ仕事を始めて2年目の新米で小型飛行機のバーディは、いつか一人前のプロになることを夢見て、今日の業務をがんばるのだった。制作は『逮捕しちゃうぞ』シリーズなどのスタジオディーンが担当。タレントのつぶやきシローが声優として出演したことでも話題になった。

計測不能 18 丸山詠二アニメランキング18位
有閑倶楽部 香港より愛をこめて(アニメ映画)

1991年12月14日
★★★☆☆ 3.0 (1)
16人が棚に入れました
 一条ゆかりが描く人気コミックスをOVA化したもので、本作はその第二弾にあたる。悠里の父の「ギョーザが食べたい」の一言がキッカケとなって、有閑倶楽部一同はそれに付き合う形で本場・香港までひとっ飛び。しかし現地で彼らは、チャイナ服の美女との遭遇を機になぜか香港マフィアに追われるはめになる。マフィアの狙いはマイクロフィルム入りの小さなカプセルであり、それをメンバーの内誰かが料理に紛れて飲み込んでしまったらしいのだ。ついには全員捕縛されてしまい、ずらりと目前におまるが並べられるという屈辱的な扱いを受けつつも、やがて彼らの反撃が開始される!メインキャストには、関俊彦や日高のり子など当時の人気声優がずらり並んだ。

計測不能 19 丸山詠二アニメランキング19位
悪魔くん(アニメ映画)

1989年7月15日
★★★★★ 4.1 (2)
10人が棚に入れました
水木しげる原作の人気シリーズの劇場用アニメーション作品。臨海学校で海にやってきた悪魔くんは、謎の怪光線によりメフィスト二世とともに連れ去られてしまう。蓬莱島へと連れてこられた悪魔くんは八仙人から、悪魔の力を捨てて普通の人間に戻るよういわれるが、人間と悪魔がともに暮らせる世界を作るという夢を捨てることができず、その申し出を断る。その裏では、人間界を悪魔の王国にしようと目論む黒魔王サタンが動き出していた。悪魔くんはサタンの野望を砕くことができるのか。 本作は、監督に『美少女戦士セーラームーン』『おジャ魔女どれみ』の佐藤順一、キャラクターデザイン・作画監督に『とんがり帽子のメモル』『パタリロ!』の鈴木欽一郎、脚本に『勝負師伝説哲也』『SLAM DUNK』の菅良幸などの豪華制作陣を配している。

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

タイトルなし

36分くらいの悪魔くんの映画第一弾。

海に来ていた悪魔くんたちがいきなりどこかに飛ばされたと思ったら
それは八仙人というもので、敵ではないけど悪魔くんに悪魔くんをやめろと言う。
そんなことしてたらスフィンクスが動き出して
やっぱり悪魔くんに頼るしかないんじゃない?ってなって~な
感じでサタンたちに戦いを挑む話です。

なんかデジャヴを感じるなぁというかTV版でも
こんなのなかったっけ?と思ってちょっとだけ見直したけど
八仙人、スフィンクス、サタンといった面々はやっぱりTVの方にもいましたよね。
よくある要素要素継ぎ足した映画かと思いきや時期的にはこの映画の方が先っぽい。
元々用意してた話の中から映画用にいくつか足して違う感じにしてみた
~みたいな感じなのかなぁ?

話自体は普通って感じに思いましたが八仙人がTVに比べると
だいぶ柔らかくなってるところは良いと思います。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 2

計測不能 21 丸山詠二アニメランキング21位
ハローキティの 郵便屋さんありがとう(OVA)

2001年1月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
1974年に生を受け、世代を超えて女の子たちに愛され続ける、サンリオがうみだしたキャラクター・ハローキティ。そのハローキティと仲間たちがオリジナルストーリーで活躍する、キュートで心温まるオリジナルビデオアニメーション。キティの声優は林原めぐみが務める。ある日、お年寄りの郵便配達員・ニールさんのお手伝いができないかと考えたキティ。そして、ニールさんへのステキなプレゼントを思いついたキティやミミィたちは……。

計測不能 22 丸山詠二アニメランキング22位
有閑倶楽部 犬猫まるごとHOWマッチ(OVA)

1991年7月25日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
一条ゆかりが描く人気コミックスをOVA化したもので、本作はその第一弾にあたる。それぞれが裕福な家庭に育った、6人の非凡な高校生によって構成される生徒会の別名は、人呼んで有閑倶楽部。その一人である大富豪の娘・剣菱悠里の飼い猫2匹が、同じく仲間である警視総監の息子・弥勒の飼い犬と共に身代金目的で誘拐されてしまった。他のメンバーの協力もあって、なんとか犯人を追いつめることに成功したものの、囚われた3匹を助けに行くと傍らにはプラスチック爆弾が仕掛けられていた! 制作はマジックバスで、メインスタッフには『うる星やつら完結篇』の作画を統括した四分一節子、小林ゆかりがそれぞれ監督・キャラクターデザインとして起用された。

計測不能 23 丸山詠二アニメランキング23位
ザ・ヒューマノイド 哀の惑星レザリア(アニメ映画)

1986年3月5日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
宇宙連絡船・セルの乗員であるエリックとアーロンは、地球人とメガロス星人が共存する惑星レザリアに着陸するはずだったが、何者かの襲撃を受け、仕方なく地球エリアへと逃げ込むことに。そこでパイロットの二人は、地球人のワトソン博士と彼が開発したヒューマノイドのアントワネットに出会うのだった。ちょうどその頃、メガロスでは星の実権を握るプラウド総督が星の遺跡・イクシオンを発掘し、ある計画を企てていて――。 壮大なスケールで、人間が作り出したヒューマノイドと人間の堅い絆を描いたSFヒューマンドラマ。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ