二次元おすすめアニメランキング 2

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの二次元成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年05月25日の時点で一番の二次元おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

82.3 1 二次元アニメランキング1位
Re:CREATORS(レクリエイターズ)(TVアニメ動画)

2017年春アニメ
★★★★☆ 3.7 (906)
4430人が棚に入れました
自室でアニメ “精霊機想曲フォーゲルシュバリエ” を観ていた水篠颯太の目の前に、画面の向こうに映っていたはずのアニメのキャラクター、セレジア・ユピティリアと、軍服を纏った謎の少女が現れる。
両者の戦いに巻き込まれた颯太は、2人を追って代々木公園へと向かう。そこにPCゲーム “追憶のアヴァルケン” のキャラクターであるメテオラ・エスターライヒまで現れて──

声優・キャラクター
山下大輝、小松未可子、水瀬いのり、日笠陽子、坂本真綾、雨宮天、村川梨衣、鈴村健一、豊崎愛生、小西克幸、金元寿子、杉崎亮、柳田淳一、濱野大輝、寿美菜子、恒松あゆみ
ネタバレ

kakelu さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

絵と音楽がマッチした戦闘シーン!難しい題材だが程よく纏められたのではないか?

■重厚なストーリー

「どの物語の主人公が1番強い?」
誰もが1度は考えたであろう、他作品の主人公たちの共演。それをこの作品は成し遂げた!もう、それだけで胸アツな展開なのに、そこからその物語の作り手・創造主との関係や遂には世界の危機にまで発展するという超大スケール。それを22話使って存分に描かれていた。
だが、スケールが大きい分その終着点はとても難しかったと思う。他のレビューを見れば分かるだろう。
でも、私は別にそうは思わない。
内容が難しい分説明が増えるのは仕方が無いし、総集編としてまとめの回も作るという配慮もあった。
ラストにしても、穏やかに纏められたと思う。
最近の中では、全体的にかなり高いクオリティーだったんじゃないだろうか。
ただ、22話と長い中で説明が多く占める回があり、そこで減速した感は否めない。最後から最後まで全速力で駆け抜けるような作品と比較されてしまうと下になってしまう。


■とにかくバトルシーンが半端ない!!

2つ目の醍醐味は、なんと言っても戦闘シーン!作画が迫力あるのは当然ですが、特に音楽が良かった。澤野弘之さんの作る曲はやっぱ凄いと深々と感じた。曲がかかり出した時のゾワゾワ感は堪らん!
挿入歌がいい味を出していた。


■最後に

総評すると、面白かった!!!
キャラも主人公だけあって、一人一人の個性が強く凄く生き生きしているように感じた。
この作品には、モブキャラはいない、と言いきれる。
SF要素もあったがなんとかなるレベルだったので、時間が余裕のあるならぜひ観ることをオススメする。
特にバトルが好きな人楽しめると思う。


↓↓↓各話の感想↓↓↓

{netabare}1話の感想 ★★★★★ 5.0
アニメのキャラが現実に…
{netabare}
これはすごい!!一気に引き込まれた!!
戦闘シーンもそうだけど音楽がいいね!
1話としては最高の出だしではなかろうか。
{/netabare}

2話の感想 ★★★★☆ 4.5
創造主と遭遇
{netabare}
やっぱ、面白いな〜
物語が違えば物理法則も異なる。魔法少女の世界で流血なんかないし、難しい話がないのも当たり前だよね。
よくこんな話が思いついたな〜{/netabare}

3話の感想 ★★★★ 4.0
現象に対する検証
{netabare}
説明の回がここでくるか〜
物語的には必須だけど、勢いが衰えるよね
そうたはどんな世界を構築するのだろうか…{/netabare}

4話の感想 ★★★★ 4.0
信念と今後の方針
{netabare}
そりゃ複雑だよね〜
キャラからしたら作者が本気で書いてるかどうかが一番ってのも分かる気がする。
新キャラも2人登場!!あとは、何人だ??{/netabare}

5話の感想 ★★★★ 4.0
政府と繋がりを得る
{netabare}
ようやく軍服の少女の手がかりを掴んだ。
あの女の人は誰なんだろうか?
そうたとの関係はいかに??{/netabare}

6話の感想 ★★★★☆ 4.5
意見は食い違う
{netabare}
やっぱり、戦闘シーンの盛り上がり用が半端ないな。
BGMがいい仕事してるよ。
本当に何でもありな戦いだな笑
そして、魔法少女が意外と強いっていうな笑{/netabare}

7話の感想 ★★★★ 4.0
軍服の正体は…
{netabare}
段々と確信に近づいてきたね〜
そして、黒髪の女は何を考えているのか。
魔法少女が思った以上に活躍してるのにはびっくり笑{/netabare}

8話の感想 ★★★★ 4.0
まみかぁぁあ!!
{netabare}
薄々と感じてたけど、やっぱりこうなってしまったか…
2クールあるのに秘密がバレるのが早いと思ったけど、ここで消されちゃうのか…
まみかは作画含めそんなに好きじゃなかったけど、最後の必死の攻撃には心が震えた。
そして、そうたはクソ!
確かに、彼の立場に立ったらこれが精一杯なのかもしれないが、視聴者的にはウジウジでイライラがたまる!{/netabare}

9話の感想 ★★★★ 4.0
掻き回される
{netabare}
まがね、えげつないな。
見事に場を掻き乱したよ。
まみかちゃんの意思はアリスには伝わらなかったようだ。
そうたは前までイライラしてたけど今回は何方かと言えば可哀想という印象の方が強かった。
物語の主人公ではなく、あくまで一般人というのに親近感を覚えた。{/netabare}

10話の感想 ★★★★☆ 4.5
混戦
{netabare}
メテオラは頭がいい分、戦闘力は一番低いね。
そうたはやっと主人公らしくなったんじゃないかな?
この調子でいて欲しい!
んで、やっぱり今回のメインは松原さんとセレジアよね。
松原さんは主人公し過ぎ笑 めっちゃカッコよかった!
セレジアも復活シーンのBGMで鳥肌が立ったわ!!
アリスちゃんは…思考放棄しちゃってるよね…
まぁ、キャラ的には当たり前なのかもしれんけど
…{/netabare}

11話の感想 ★★★ 3.0
そうたとセツナの過去
{netabare}
そうたがネガティブでウジウジしていた。
発言も『キャラ』『アニメでは』等の言葉を使っていて、腹立たしかった。
被造物をよく知っているのに、人と扱ってない気がして…
セツナとの過去は、一方的にそうたが悪かった。
そうた、性格悪くない?{/netabare}

12話の感想 ★★★☆ 3.5
セツナの過去の続きとこれからについて
{netabare}
話数的にも話的にも折り返し地点だった。
正直、そうたが悪かったのは掲示板で叩かれてたのを無視したことではなく、個人のSNSの対応が悪かっただけだと思う。
もし、あの時ちゃんと話を聞いてあげれば未来は変わっていただろうに…
セツナの「さようなら」は迫真の演技だった。
11、12話は2クール目に向けての準備期間だった。
新キャラもあと何人か登場するみたいだし、これこらまた盛り上がっていってほしい。{/netabare}

13話の感想 ★★★★☆ 4.5
総集編がつまらないと誰が決めた
{netabare}
正直、総集編ということで観るのを躊躇していたが、観てびっくり!
めちゃくちゃ面白かった。
各キャラを分かりやすく説明し、現在のキャラ達の立ち位置を明確にした。
メテオラが言っていた通り、この作品はややこしいので連続で見てる人ならいいが時間を置いてしまうと今どんな状況か分からなくなる。
なので、凄く助かった。
それにメテオラのメタ発言はとても笑えた。{/netabare}

14話の感想 ★★★★ 4.0
創造主たちのぶつかり
{netabare}
思いは違えど目指す場所は同じというやつだな。
作者たちがメインの話だった。
盛り上がりには欠ける話であったが、心に響いた。
やはり、音楽と絵がマッチすると届くね。{/netabare}

15話の感想 ★★★☆ 3.5
新たな創造物の登場
{netabare}
まさかまさかのギャルゲーのヒロインとは…
そして、作者がキモすぎ。あれはない。
だが、敵陣営には主人公が。
ますます、アルタイル陣営が有利になるな。{/netabare}

16話の感想 ★★★★★ 5.0
決戦前夜
{netabare}
決戦前にも関わらず、ここまでの熱さ!
見せ方がカッコよすぎる!
声優が声優として出てきたのには驚いた。
そして、最後のアルタイルサイドの絵がカッコイイ。
今回は凄まじく熱い展開だった。{/netabare}

17話の感想 ★★★★★ 5.0
決戦の幕開け
{netabare}
戦闘シーンが目白押し!
ここまで長々と説明してただけある。
音楽といい、絵といい、やっぱり凄いわ。
最後のブリッツのシーンも感動した。
{/netabare}

18話の感想 ★★★★★ 5.0
メテオラの策は成るか!?
{netabare}
本当にこういうライブがありそう。
あったら行ってみたいな。
まがねちゃんがここに来てのイイヤツに変更!
ビックリするぐらい人間味のあるイイキャラに!?
あんなに人殺したり惑わしたりしたのに、一気に高評価に持っていかれた。
これこそ、ギャップ萌えというやつなのか。
そして、翔に対しても原作ネタバレ。
普通じゃありえん。
スピンオフで続いてる原作のネタバレとか伝説になるわ。
アリスも脳筋から主人公へと返り咲いたって感じ。
驚くべきことに、今まで出てきたキャラ誰もが魅力的過ぎて驚きよ。{/netabare}

19話の感想 ★★★★★ 5.0
主人公の意地
{netabare}
まず、アリステリア。
最初は脳筋で好ましくなかったが最後の最後でどんでん返し。
真っ直ぐな主人公だった。
アリステリアの死を嘆く高良さんは泣けた。
次に、鹿屋。
あんなにボロボロになりながら戦うのもやはり主人公だ。
最後に泣きながらもセレジアに攻撃したのは胸が痛んだ。
ラストに、セレジア。
カノンの葛藤は当たり前で、自分しか救えないという現実を受け入れるのは無理だろ。
そこをヒロインとして最後は自分でかたをつけたセリジアは凄い。
最後の願いも心に響く。
ここまで一人一人のキャラがしっかりしてるのはやはり全員が主人公だからなのかな。{/netabare}

20話の感想 ★★★★ 4.0
秘策の効果はいかに…
{netabare}
シリウスがあっさりと負けた。
情報の薄さなのか作画も適当に感じた。
あれも演出なのかな?
ラストには名言、
「嘘の嘘、それはくるりと裏返る」
も決まった。
まがねちゃんにいい所を持っていかれたよ。{/netabare}

21話の感想 ★★★★ 4.0
2人の会合
{netabare}
ようやくアルタイルを止めることが出来たけど…
何か消化不良だわ。
この結末が1番いいのかも知れないけど…
結局、2人はこの世界とは別の世界に行ったという認識でいいのかな?{/netabare}

22(最終)話の感想 ★★★★ 4.0
それぞれの決意
{netabare}
やはり松原さんは主人公だった。かっこよすぎだろ。
結局、みんな帰っちゃったな。
まぁ、メテオラは帰れなかったけどw
メテオラは絶対監督のお気に入りよなw
あと、被造物が帰還したあと、どの作者にもいい刺激になっていたようだ。まぁ、自分たちが描いた主人公たちに触れてれば、より真摯に向き合うようになるのは当たり前か。
どの創造主と被造物との別れはそれぞれ自分の色があって、相応しい別れ方だと思う。
真金は出なかったけど、あえて出さなかったと思うと納得できる。真金ちゃんはミステリアスだから言わない方が色々と想像が膨らむ。
平穏を取り戻し、そうたも少しは前に進めれたんじゃないか思う。いいラストだった。{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2020/05/23
♥ : 29

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

「承認力」というパワーワード(笑)とともに記憶されるだろう作品

メディアミックス展開はされましたが、原作無しのオリジナルTVアニメと言って良いと思います。

ストーリーへの賛否は分かれると思いますが、本作以後には「承認力」という言葉がアニメ、漫画、ライトノベルなどの感想や批評に普通に使われるようになることでしょう。

そして本作を通してみたとき、きっとあなたは颯太くんとは別の人物をもう一人の主人公、あるいは「真の主人公」と感じていることでしょう。

たぶん普段から創作について考えている人にとってこそ面白いお話であって、受け手に徹している人にはさほど響かないお話なんだろうと思います。悪い言い方をすると「業界内輪ウケ」という非難もついて回るような気がしますが、私は楽しく視聴できて満足です。

ということで評点についてはおそらく私は他の方のレビューにはない高評価だと思われますので、普段の私の評点とよほど意見の合う方以外は参考になさらないように(笑)。

余談: 食べ物を頬張って喋る、何を喋っているかわからないメテオラがメッチャかわいい。
(以上、2017.9.17全話視聴時記載。)

========= 以下は1話目視聴時点の記載 =========
アヴァンタイトルのあの女性を、作中キャラが探しているってことで良いのかな?
だとしたら、たぶんどちらの世界にも既に悲劇が起きていますね。

主人公以外のメインキャラクターの設定や能力は厨二バトルものっぽいけど、それはシナリオ上の必然で本筋自体はメタなお話っぽいからこれはかなり面白そう。

レビューを改めて書くのは、たぶん視聴終了後になります。
========= 以上が1話目視聴時点の記載 =========

2017.7.2追記:
放送終了後に更新のつもりでしたが、(予定された)総集編だった13話が面白過ぎて、思わず更新してしまいました。

今後の展開で予定されている作中のクロスオーバー企画に備えて各キャラの作中設定が掘り下げられました。

そして総集編のはずが過去映像が改変されていたり、ナレーションのメテオラの台詞がいつもの抑揚のない感じのまま、所々黒かったり、「メテオラ(妄想)」がでてきたり…。

「総集編だから観ない」とかはナシです。この「13話」(ナンバリングも正規)は、超絶面白かったです!

2017.7.24追記:
放送キー局である朝日放送が「テレビ朝日系列」としての番組編成でゴルフ全英オープン(7/22深夜)と世界水泳(7/23早朝)を中継するため、放送時間をずらすなどの対応も無理ということで第15話と第16話の間で1回休み。

他の放送局では水瀬いのり(メテオラ役)、小松未可子(セレジア役)、日笠陽子(アリステリア役)の3人による謎の穴埋め番組が放送されました。

たぶん内容はさておき、この特番を入れるスケジュールは当初から決まっていたと思います。なので公式HPとかで早めにアナウンスしても良かったと思うのですが、「万策尽きた」という誤解が一部に広まっている模様。

まあこういった事情での特番なので、13話と違ってこれを観なくても本編視聴に実害はないはずです。セル版の円盤の映像特典には入るかもしれません(笑)。

投稿 : 2020/05/23
♥ : 62

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

「記憶しておこうと思う。僕の身に起きた出来事を。」

この作品はオリジナル作品だったみたいですね。
今回この作品に食い付いた一番最初の理由は、アニメーション制作が「TROYCA」さんだったからです。
アルドノア・ゼロ、櫻子さんの足下には死体が埋まっているなど記憶に新しい作品を手掛けられたこの会社には「緻密かつ大胆」「真面目で正確」という印象を持っています。

一方、物語の内容ですが先に輩出された前2作はどちらもハッピーエンドという結末では無かったと記憶しています。
アルノドア・ゼロ…地球と火星の友好については好転したんだと思います。
でも、そのカードを手繰り寄せるアセイラム姫の決意はあまりに現実的過ぎたとしか思えません。
伊奈帆やスレインは本当に救われたのか…正直今でも疑問です。
櫻子さんに至っては、「俺たちの戦いはこれからだ!」の手前で終わってしまったので、評価し辛いですけれど…

だから、この作品に期待したのは大団円でのハッピーエンドです。
救われる人が多いほど好ましいと思いながら視聴を開始したのですが…

1話目から物語の迫力に圧倒されてしまいました。
特に1話から始まるドンパチの臨場感やキャラの動きが半端ないんです。
否が応でも2話以降の期待が高まる展開だったと思います。

物語の舞台は現代の日本…
この物語の主人公は、アニメやゲームが好きで将来クリエイターになる事を夢見ている高校1年生の水篠 颯太…
彼は自分でオリジナルの作品を手掛けようとしていた事からも、どれほどのめり込んでいたかが分かります。

そして物語は突然異様な形で動き始めるのです。
それはきっと誰もが想像し得なかった出来事…
颯太はアニメを見ていただけ…ただそれだけなのに、次の瞬間見ていたアニメのヒロインが突如目の前に現界したのです。

大好きなアニメのヒロインが…作品の設定通りの正義感や勇気を持ったヒロインがそのままの姿で目の前に現れたら、誰だって歓喜すると思います。
でも颯太にはその状況を楽しんだり、余韻に浸っている時間はただの一秒もありませんでした。
何故ならそのヒロインは軍服の姫君との交戦の真っ最中だったから…
そして次々と様々な作品から様々なキャラ…所謂被造物が現界する事態へと発展するまでそう時間は要しませんでした。

軍服の姫君は世の中の理に対する強い憎しみを抱いていました。
その憎しみの成れの果て…彼女の思考が行き着いた先には、不幸しか待っていませんでした。
世の中を不幸に引きずり落そうとする軍服の姫君と、その進行を食い止め世の中の理を守ろうとするモノ…
被造物は、自らの意志とこれまで背負ってきた運命の赴くまま、2つの陣営に分かれて争う事となり物語が動いていきます。

始まって直ぐに感じのは、誰もが本気であるという事…
軍服の姫君は、アニメやゲームの世界ではなく現実世界を本気で不幸に引きずり落そうとするんです。
本気の相手には、こちらも本気じゃないと止められない…
序盤から熱い展開が画面いっぱいに繰り広げられます。

「物語が作品の枠を超えて融合する」ときっとこの作品の様な感じになるんだと思います。
騎士、魔法使い、ロボット、武闘家、魔法少女、賞金稼ぎに美少女ゲームのヒロインと、様々なジャンルが寄り合っているこの作品…
それぞれのキャラ設定がそのまま被造物の長所であり、また短所でもある…
彼らを支えるのは、自分たちの世界でこれまで死に物狂いで頑張ってきたという自信…

だから誰もが絶対に負けられないんです…
もし負けたら…自分の世界、残してきた仲間、流してきた多くの血と涙が否定される事になるから…
だからといって、自分の信念を曲げる事はできません。
例えそれが絶対的不利な状況で…勝てる見込みが限りなくゼロに近いと分かっていたとしても…
だって、信念を曲げたら多くの人を裏切る事になるのを被造物のみんなは知っていたから…
きっとそれは自らの死より辛い事…

こんな世の中の危機的状況に作品を創作したクリエイターたちが黙って指を咥えているはずはありません。
クリエイターは、被造物と違って魔法も使えなければ、ロボットの操縦も…剣だってまともに扱えません。
被造物には被造物の…クリエイターにはクリエイターの勝負すべき場所があるんです。
だから、最悪の危機を回避すべく自らの在るべき場所で、できる精一杯の勝負を挑み続けるんです。
ある人はペンで…そしてまたある人は思考で…
そしてその直向きさは、世の中を不幸に叩き込もうとする陣営も一緒です。

物語のスタートラインはきっとみんな同じで最初の一歩から始まります。
ですが見解の相違…ボタンの掛け違い…、きっかけはほんの些細な事かもしれないけれど、歩み続けてふと後ろを振り返ってみると、もう元には戻せないほど遠くに行ってしまう事もありますよね…

自分を…自分の作品を見て貰いたいから頑張る…
けれど、評価を素直に受け入れられなかったり、他人を妬ましく思ったり自分の出来の悪さに辟易したり…
思いを込めれば込めるほど自分が嫌な人間になっていくのがはっきり自覚できる…
でも絶対に諦められない…
だって、モノづくりの先に何が待っているかをクリエイターなら知っているから…
それは長い産みの苦しみの先に、それを乗り越えてきた人にしか味わえないとっておきの極上…

クリエイターと被造物の様々な思いが交錯しながら物語は回を重ねていきます。
物語の中でとある作品同士のコラボポスターが飾られていました。
二人のヒロインが向き合ったポスターの、それぞれの台詞に釘付けになりました。
「お願い、笑って…」
「私は、お前のようになりたかったのかもしれない…」
二人がどの様な騎士道を歩んできたのか、どれほど自分に…周りに対して真摯であったか…
例えようもないほどの悔しさを味わったはずなのに、相手を思いやって、そして相手を賛辞する台詞が最初の一言なの…と思うと思わず目頭が熱くなってしまいました。

大団円のハッピーエンド…という訳では無かったと思います。
願ったのは、きっと少なからず代償が必要なことだとは理解していたつもりです…
けれど、流した血と涙は決して少なくありませんでした。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle & Gemieさんの「gravityWall」と「shØut」
エンディングテーマは、綾野ましろさんの「NEWLOOK」と三月のパンタシアさんの「ルビコン」
ポップで優しい感じのするエンディングも好きでしたが、圧倒的存在感を感じたのはオープニング…とりわけ2クール目の「shØut」はめちゃくちゃ格好良かったです。
仁王立ちしたセルジアのマントが風になびいて飛ばされたとき、何かとても凄い事が起こる予兆を感じさせてくれました。そのから先のオープニングもアニメとの融合はバッチリだったと思います。

2クール全22話の物語でした。
放送の途中で特別番組が入りましたが、その時ナレーターのコメントに「これは作品を落としたわけではなく、最初から狙ってやったことです」という感じの事を言っていましたが、まさか22話で終わるとは思っていませんでした。
でも、とても綺麗に物語が纏まっていたと思います。
この作品に登場した被造物…これからもそれぞれの作品の中で生き続けて是非自分と周りが納得する本懐を遂げて欲しい…そんな風に思います。

投稿 : 2020/05/23
♥ : 34

74.1 2 二次元アニメランキング2位
機動戦艦ナデシコ(TVアニメ動画)

1996年秋アニメ
★★★★☆ 3.8 (735)
3533人が棚に入れました
22世紀末。突如として木星方面より現れた謎の兵器群木星蜥蜴(もくせいとかげ)は、圧倒的な戦闘力で火星、月の裏側を次々に制圧。今や、地球各地にもチューリップと呼ばれる母艦を多数降下させるに至っていた。2196年。そんな中、木星蜥蜴の支配下に置かれた火星に残された人々を救うべく、民間企業ネルガル重工は「スキャパレリプロジェクト」を計画し、その要となる実験戦艦 ND-001 ナデシコの艤装を終了させていた。クルーには「能力が一流なら性格は問わない」と言う方針の下、一癖も二癖もある人物ばかりが揃えられた。ナデシコ発進の日、火星生まれの青年テンカワ・アキトは、偶然再会した幼なじみミスマル・ユリカを追って出港直前のナデシコに乗り込む。アキトはコックとしてナデシコのクルーに採用されるが、IFS処理をしていたため、人型機動兵器「エステバリス」のパイロットとしても戦っていくことになる。

声優・キャラクター
うえだゆうじ、桑島法子、伊藤健太郎、高野直子、岡本麻弥、南央美、飛田展男、関智一、小杉十郎太、小野健一、真殿光昭、一城みゆ希、田中信夫

大和撫子 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

すごく楽しいSFアニメ

宇宙戦艦ヤマトとガンダムにラブコメ・熱血などの要素を強く取り入れたような作品です。
OP曲は元気がでる曲として有名。
シリアスなシーンも結構あるが、ラブコメ要素がかなり強い為、SFアニメの中でも最も明るいアニメのひとつです。
戦闘シーンは見ているこちらまで叫びたくなるような高テンションになりました。
ヒロインのユリカ役の声優は絶大な人気を誇る桑島法子、天然のかわいい女艦長を演じ航海を楽しませてくれます。

投稿 : 2020/05/23
♥ : 8

ジョニー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

これが自分の原点かなぁ。

放送時期的にはエヴァの方が早いけど、実際テレビ放送をみたのはナデシコが先で、ハマったのもナデシコが先なので、これが私の原点と言っていい作品です。

この作品の良さは、『キャラの個性』ですね!
とにかく一人ひとり個性ありまくりです。
個性の塊ですw
そんなキャラがホントに沢山います。
そんな作品が面白くないワケがない!!

とはいえ、SFロボットアニメとして、設定やストーリーは、以外と重厚でふざけて笑ってばかりいたら、いつの間にか人が死んでいたりします。

たぶん、こんな昔の作品なのにこれだけのファンが居るのは、エンターテイメントとして求められる要素の多くを備えているからなんでしょう。
逆に言えば、今の作品に無いモノも感じると思います
私は今後も絶対この作品は忘れる事はないです。

追記 祝!やっとBDBOXゲット!(←どーでもいいw)

投稿 : 2020/05/23
♥ : 6

Jelly さんの感想・評価

★★★★★ 4.8

アニメが好きになったアニメ

これを観てロボットもの、戦艦ものが好きになりました。

全体的にドタバタのラブコメなのですが、
物語がしっかりしていて飽きませんし、
SFものにはありがちな専門用語の羅列も
それほど気にならず、解りやすく観やすい作品だと思います。

各キャラも個性的かつ魅力的で、
そのキャラ達が絡み合い、作り出す雰囲気や笑いは独特で
最近のアニメと比べてもいまだに見劣りはしません。

シリアスな部分と笑いの部分がバランス良く、
テンポ良く構成されており、
最後まで飽きることなく観れる良作だと思います。

特に最終話は感動的で、いい終わり方をしています。
個人的にはハズレの無い作品で、お勧めです。

投稿 : 2020/05/23
♥ : 10
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ