おすすめ交響曲人気アニメランキング 4

あにこれの全ユーザーが人気アニメの交響曲成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月20日の時点で一番の交響曲アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

67.7 1 のだめカンタービレ 巴里編(TVアニメ動画)

2008年秋アニメ
★★★★☆ 3.9 (355)
1974人が棚に入れました
千秋とのだめは、音楽留学のためパリへとやって来る。飛行機恐怖症を克服して、久しぶりに戻って来たパリに感慨深くなる千秋。
パリでの住処であるアパルトマンで二人を待っていたのは、のだめと同じ国立音楽大学ピアノ科に在籍するオタクのフランス人、フランクと派手な外見のロシアンギャル、ターニャだった。

声優・キャラクター
川澄綾子、関智一、松風雅也、大原さやか、伊藤静、浅沼晋太郎、日野聡、森川智之、清川元夢

ato00

★★★★★ 4.3

フランス語はアニメで習得できるらしい。

舞台は一転芸術の都パリ。
前作にくらべ、主要登場人物が少なく、落ち着いたストーリーとなっています。
その分面白味も少ないです。

のだめと千秋の距離は縮まり、信頼関係も徐々に深まります。
最終話あたりでのターニャのツンデレが気持ちいいです。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 33

◇fumi◆

★★★★★ 4.4

のだめ第二章は、花の巴里でのだめと千秋の夢が膨らむ留学生活。

2008年放送のテレビアニメ ノイタミナ枠 全11話

原作 二ノ宮知子 監督 今千秋 構成 榎戸洋司 キャラデザ 島村秀一
制作 J.C.STAFF

前年放送されたのだめカンタービレの続編でスタッフが変わって声優の変更はありません。
ベテランカサヰケンイチ監督は更迭ではなく、当時非常に多忙で監督作品が続いていたので、
新鋭女性監督に譲ったと推測します。

監督には「ひぐらしのなく頃に」「純情ロマンチカ」に続いて登板の今千秋さんです。
制作進行しながら絵コンテと演出を学んだ苦労人のようです。

と言うことで、前作は全話男性が演出ですが、今回は男女半々くらいになりました。
OPはゴスペラーズが歌う「Sky High」、EDは宮本笑里の「東京et巴里」
ですが、動画はちとダサいです。味があるのか?少女漫画チックではあります。

のだめの催眠術で千秋真一は飛行機恐怖症を克服し、
生まれ故郷でもあるフランスのパリへ留学しているところから物語は始まる。
一期ラスト、のだめが参加した「マラドーナピアノコンテスト」というので、
入賞は出来なかったものの、高名なピアニストに認められ、
フランスのコンセルヴァトワールに留学と言う運びになっています。

パリではのだめと千秋は同じアパルトメントの隣でほぼ恋人状態、
催眠術の恩義でしょうか。
パリでも高名ながらエロ親父の指揮者シュトレーゼマンがキーマンとして、
二人の音楽活動を支えていきます。
ライバルには気の優しい中国人天才ピアニスト「ソル・レイ」が登場、
のだめが意識してるだけで、ちょっと間抜けっぽい友達でした。

のだめ役の川澄綾子はfateのセイバー、夢使いの塔子、しおんの王の安岡紫音、
スカイガールズの桜野音羽、ひとひらの一ノ瀬野乃など枚挙にいとまがないほどの、
主役専門女性声優として絶好調でした。
現在も活躍中です。

女性的な感性で描かれたのだめカンタービレ第二期です。
一期よりもさらに音楽的用語が増えて本格的になり、舞台もパリと言うこともあり、
相当な研究のもと制作された労作であり、しかも文句なしに面白い。

一期二期三期で分割4クール作品として、ノイタミナの価値を決定付けた記念碑的な作品でもありました。

このレビューには感想らしきものは少ないんですが、
現在三期視聴中ですので、全編視聴後にしたいと思います。

リアルのだめとは?

作者にゴミ屋敷内でピアノを弾いている写真を送り付けた人物で、
本名は「野田恵」
作中の「おなら体操」を作曲したそうです。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 21

こたろう

★★★★★ 4.2

年貢を納めて変態の森に

舞台を日本から海外を移しての第2期。
のだめと千秋、2人の主人公の成長と進展を描いたクラシック音楽アニメです。
パリを拠点に指揮者としての名声を固めていく千秋と、真剣にピアノに向き合う事を決めたのだめの恋にも注目です。
人気を博したTVドラマは、アニメの1期にあたるところまで。(巴里編以降はTVスペシャル版と実写映画になっています。)
ヨーロッパでの活躍を詳しく描いたのは、アニメの2期、3期となります。


外国に舞台が移ったからといって、作風は変わらず「のだめカンタービレ」です。
コメディチックな雰囲気は崩さずも、その中で音楽家としての苦悩や成長を表現しているところは同じ。
生真面目で努力家、何でもソツなくやり遂げてしまう千秋と、持ち前の才能と行動力で前に進んでいくのだめの、イビツでありながら分かち難いいカップルが音楽家としてどう変わってくか。
その軌跡を辿っていくストーリー。
2人ともある種の天才なので、挫折や障害にぶちあたってヤキモキするのではなく、課題や難関をこの2人がどう突破していくか、そういうのを見るのが楽しい作品です。
天然なようで、色々感じたり考えたりしているのだめのキャラも際立ってきています。ただの変態じゃないッスねw

1期で残念だった作画も、この巴里編では改善されています。
ちゃんと演奏の動きが付けられたアニメーション。前作と違いオーケストラを描く機会が減って、ビアノ演奏の場面が増えたので、ラクになった・・・というのは失礼な言い草ですが、ちゃんとした動画を作る余裕ができたという事でしょうか。
少なくとも、「止め絵ばっかり目立つ」という印象は無くなりました。
オーケストラでも、ちゃんと演奏家のひとりひとりが”動いて”います。


恋の物語としても進展がちょっぴり。
既に相思相愛な状態で巴里に来ていた2人ですが、最初から女房気取りののだめの事はおいて置いて、いよいよ千秋が変態の嫁の尻に敷かれる覚悟を決めたお話・・・・といってもいいでしょうw
喧嘩しても、普通の少女マンガみたに深刻なドロドロにはならない。むしろ壮快に二人の絆が深まっていくので安心感があります。
恋愛物語として盛り上がりに欠けますが、恋のライバルっぽいのが現われても、まったくモノともしないのがむしろイイと思えます。この作品に限っては^^


それぞれの音楽に向き合う凸凹でお似合いな2人の物語。
1期に引き続き、歌うように楽しく(カンタービレで)ご視聴頂ける作品です。
オススメ!

投稿 : 2019/09/14
♥ : 15

61.6 2 Wake Up, Girls!続・劇場版 青春の影(アニメ映画)

2015年9月25日
★★★★☆ 3.7 (66)
278人が棚に入れました
七人目のメンバーとして元「I-1club」のセンター・島田真夢を加えた「Wake Up, Girls!」は、時にメンバー同士でぶつかり合いながら絆を深め、地元仙台での地道な活動を通して少しずつファンを増やし、ついにはアイドル界の登竜門イベント「アイドルの祭典」に東北代表として出場するまでになった。リーダー・七瀬佳乃の負傷というアクシデントを乗り越え、大会を終えた彼女たちを待っていたのは、メジャーレーベル・bvexからのメジャーデビューの誘いだった。「Wake Up, Girls!」のメンバーたちは、ヒットメーカー・早坂相が手がけた楽曲「7 Girls War」を引っさげて上京すると、アイドル文化の中心・東京での新たな挑戦と練習の日々をスタートさせる。一方、アイドル界の頂点である「I-1club」にも新たな動きが起こっていた。最新シングルがミリオン(100万枚)割れしたことを重く見たゼネラルマネージャー・白木は、「I-1club」に世代抗争という新たな嵐を呼びこむのだった。
ネタバレ

ato00

★★★★☆ 4.0

「青春の影」ってチューリップなのか?

WUGのおさらい。
劇場版(WUG結成秘話)→TV版(WUGの成長)→続劇場版(前編・後編)
青春の影は、続の前編です。
続を二つに分けたのは商業的な理由なのか。
私にはわかりません。

青春の影だけあって、鬱屈したストーリーです。
{netabare}東京でメジャーデビューするが、うまくいかない。
誰かが敷いたレールの上を走るのは違うような気がします。
WUGの魅力ゼロです。
早坂氏が考えるように、仙台発のおいもちゃんに魅力があるんですよね。{/netabare}

{netabare}ラストに早坂氏が暗闇の中から登場。
曲を提供して颯爽と去る。
いい所だけ持って行く早坂氏。
にくいねえ。
その場でその曲をダンス込みで完璧に仕上げるWUG。
くれぐれも、ツッコんであげないで下さいね。{/netabare}

後編への布石も打たれたし、有終の美へ期待大です。

<ちょっとした疑問>
芸能界って、あんなノリだけのお調子ものプロデューサーっているんだろうか。
一般社会で働いている身としたら、あまりの非常識にビックリ。
デフォルメされている気もするのだが・・・
誰か教えてくれませんか?

投稿 : 2019/09/14
♥ : 24

けみかけ

★★★★★ 4.9

休まない!愚痴らない!考えない!いつも感謝!

アニメキャラとリアルアイドルのハイパーリンク、虚実混濁の物語『Wake Up,Girls!』の続編


時系列も含めて現実とリンクしているので今作の舞台は2015年1月から始まります
前作にあたるテレビシリーズのラストで「アイドルの祭典」東北代表にまで上り詰めた“WUG!”の7人
そのステージを観ていた大手レコード会社、bvex(ビーベックス)エンターティメントから遂にメジャーデビューをすることが決まった
記念すべき1stシングルは早坂が手掛けた「7 Girls War」
まずまずの結果を残すことが出来たがその勢いは長くは続かなかった・・・
東京の壁の厚みに打ちのめされる7人
多忙のために地元、仙台の仕事も降板を余儀なくされる
一方の国民的アイドルユニット、I-1 clubでもセンター争奪戦が繰り広げられる
WUG!ちゃん達の明日はどっちだ!?


ローカルアイドルとしての頂点を極めつつも、やはり厚い東京の壁
思い起こせばWUG!ちゃん達はどん底からのスタートでしたが、東京ではまたも叩きのめされてしまう
なんでこう日本って国は東京がすべての基準なんですかねぇ、上京しないと何も始まらないっていう;この風潮がたまらなく嫌いだ・・・


徐々にWUGらしさを失っていく7人
そんな彼女たちを支え続ける社長、松田マネージャー、大田さんをはじめとするワグナー
それに応え、ヘコたれずひたむきに頑張る姿をトコトン泥臭く描く、これぞ『WUG!』ですよね


佳乃が心機一転、ショートカットになっていたり
奈々美が大人っぽく温厚になっていたり
キャラも少しずつ成長が感じられますが何よりキャストがみんな成長したことには、それこそ松田や大田さんと同じような気持ちになります
特に大田さん、ファンの側の心情を描いてるアイドルアニメは『WUG!』だけ
彼の存在が今作を単なるフィクションからモキュメンタリー風の作品へと変貌させています
てか、言いたいことはだいたい大田さんが作中で述べてくれてる(笑)
ホント、よくここまで頑張って来れたね・・・って


作画もめちゃくちゃ丁寧で、芝居に仕草に表情に実波の入浴シーンに(笑)
そしてやっぱり最後まで引っ張り続けるライブシーン
新キャラのカルロス鴨田は一瞬宮野真守かと思ったら島崎信長かー!?w
コイツ面白かったですw


これだけ濃厚な内容をわずか55分に詰めれる、流石ヤマカン!
『青春の影』って『武者の者』かよ!また黒澤明かよ!w
なんでこう最近の映画ってのは実写、アニメ問わず間延びしたものばっかりなんだ!
尺が!尺が!って二言目に言う人は是非にこの映画を観てほしいですね
ああ、もう完璧すぎてどうしようもないの!
深夜アニメの映画化としてここまで完璧なものは他に無いんじゃないでしょうかね!?
後編も楽しみですb

投稿 : 2019/09/14
♥ : 14
ネタバレ

根越 詠汰

★★★★☆ 4.0

プロデビューも大変だぁ

 TVの続きのお話だったです。ってTV最終回でも最後ちらっとやってましたねぇ。髪型変えた人、一人いたけど。

 東京でプロデビューするWUGなんだけど、勢いにのって進んでいくように見える前半。
{netabare} 東京を意識しすぎるWUG、調子のいいプロデューサーのノリというのかで2枚目の曲を出すけど、成果が出ないっていう展開。

 イベントに出ても歌を聴いてもらえないし、CDを路上で販売するまでの展開に!

 ライバルのI-1clubのほうはほうで、やや深刻な事態になっていたです。

 WUGの現在に業を煮やしたのか?早坂がそんな彼女たちの前に現れて、次の目標を授けて{/netabare}次回に続くってかです。

 TV放送よりもどこか成長してるのかなぁと見えたです。私には、TV放送でEDの歌とか聞くと、何か小中学生の合唱を思い浮かべてしまう感じの歌声の印象だったです。
 この劇場版のEDの歌は、Tシャツ姿で踊ってどこかすごく気合が入っているように見えたです。急に手ごたえをつかんだみたいです。曲をもらっていきなり振り付けもパッとできてしまうのも不思議だったですけど・・・。

 にしても、「夢を求めて何人も消えていく それが東京よ」ってだったか?東京都をどうイメージするのだろうか?私は、知らなかったです。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 9

69.8 3 ファンタジア(アニメ映画)

1955年9月23日
★★★★☆ 3.9 (13)
83人が棚に入れました
8つの異なる時代を8つの古典音楽にのせて描く、ファンタスティックなアニメーションによるバレエ劇。ミッキー・マウスが指揮者兼時の魔術師として登場。当時としては斬新な立体音響を採用した。収録曲はバッハの『トッカータとフーガ』、チャイコフスキーの『くるみ割り人形』、デュカスの『魔法使いの弟子』、ストラビンスキーの『春の祭典』、ベートーベンの『交響曲/田園』、ポンキエルリの『時の踊り』、ムソルグスキーの『はげ山の一夜』、シューベルトの『アベ・マリア』。

文葉

★★★★☆ 3.9

ディズニー製作 クラシック音楽とオムニバス

11月18日、『蒸気船ウィリー』が公開された日として
ミッキーの誕生日特集でディズニーチャンネルで放送してくれました。

ディズニー長編映画は殆ど観ましたが、
(およそ50作品中、他はボルトと1946年公開のメイク・マイン・ミュージックだけは観ていない)
ファンタジアは映像とクラシック音楽とオムニバスと聞き
ディズニーアニメ(特にアニメのハウスオブマウス)でもパロディされていましたが
中々観る機会がありませんでした。

Wikiによると、公開の部分が
アメリカ 1940年11月13日
日本   1955年9月23日
と、15年程空いており1940年当初は日米関係が悪化していたので一般公開がされずに
第二次世界大戦の終戦からおよそ10年後の1955年になってようやく公開されたそうです。

オムニバス×クラシック音楽×1940年のハイクオリティな映像美を考えると
当時には相当斬新な発想でディズニーの本気だと思った。
しかし、人に勧められるか・・?と言うと微妙。考えてしまう。

早速録画して本編を観るといきなり解説役のダンディなおじさまが出てきて
(アニメではなく実際の人物 調べてもよくわからなかったから指揮者かもしれない)
曲の解説などをしてくれて眠気・・いや、癒しを与えてくれます。

ちょうど観た時が夜勤明けで眠気がひどくて
すみません・・前半クラシック音楽の美しい音色が子守唄となってしまいました。
辛うじて起きて観た、ミッキーマウスが主人公の「魔法使いの弟子」と
ケンタウロスの可愛らしいカップル達やペガサス、全知全能の神ゼウスが出てくるギリシャ神話的な「田園交響曲」はお気に入りです。
「ハウスオブマウス」やディズニーアニメにパロディにされる
「はげ山の一夜」は魔王が怖い(なんかホラー的なものを召喚してくる)ので
お子様が泣いたりトラウマになる危険があるので一緒に鑑賞の際は飛ばしたほうが良いです。

「ファンタジア」を観るということは、
アニメを観ているというより、アートを見ている感覚です。
面白いとか起承転結のストーリーとはまた違うように感じます。

美術館に訪れて美しい絵画を見て見惚れるのと
「バレエ」を鑑賞するのと少し似ている気がしました。
眠れない夜に観るのも良いかもしれません。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 32
ネタバレ

前田定満

★★★★★ 4.2

クラシック音楽を聴くきっかけに!

ディズニー長編アニメ第3作。
1940年の作品です。
上映時間は約2時間。

自分的にはディズニーの映画で一番好きです。
それどころかおそらく全てのアニメーションを比較しても
この作品が一番好きです。

このアニメは普通のアニメではありません。
普通のアニメと違うところは音楽が主人公であることです。
普通のアニメにはお話があり画があり、それを盛り上げるために音楽が存在します。
しかしながらファンタジアはそれが逆になります。
もともとあるクラシック音楽に画をあてています。
別の言い方をすれば音楽を面白くするために画が存在するのです。

映画の構成としては世にも奇妙な物語のような感じです。
ファンタジアというタイトルの中で8つの作品に分かれており、
作品と作品の間には説明のナレーションが入ります。
指揮者は当時有名だったイギリスの指揮者レオポルド・ストコフスキーが勤めます。

声優が好きな方にはこの映画はオススメできません。理由は台詞がなく、画と音楽だけだからです。
しかしその分のエネルギーを作画にあてているため、画を楽しみたい方、クラシック音楽が好きな方、アニメーションを芸術として観ている方にはオススメです。
またクラシック音楽を聴いたことがない人も聴くきっかけになると思います。
約80年前も昔の作品とは思わない映像技術、作画技術をぜひ一度はご覧になるべきだと思います。

それでは簡単に各作品のご紹介です。
長いので読むの疲れます。
ご了承ください。


1作目はバッハの「トッカータとフーガ」。この曲はファンタジアのどの曲とも違い、ストーリー性がなく情景を表さない「絶対音楽」という音楽です。なので画もただ音を画に表したような抽象的なものです。
{netabare}
この作品はファンタジアのオープニングの役割をしています。
最初は単に本物のオーケストラの映像だけです。途中からバイオリンの弦が動く画が登場し、徐々に画(アニメーション)が増えて、最終的に壮大な画(アニメーション)になっていきます。
アニメーションと実写の融合作品。
まさに芸術作品という感じです。{/netabare}


2作目以降は絶対音楽とは真逆のストーリー性や情景を表す「標題音楽」です。
2作目はチャイコフスキーの「くるみ割り人形」。
{netabare}
くるみ割り人形はバレエ曲です。ファンタジアでは「序曲」と「行進曲」はありません。
順番に「こんぺい糖の踊り」、「中国の踊り」、「葦笛の踊り」、「アラビアの踊り」、「ロシアの踊り」、「花のワルツ」
くるみ割り人形ですが、ファンタジアの画にはくるみ割り人形は登場しません。
ファンタジアでは妖精や花やキノコや金魚が踊りを披露します。
特にアラビアの踊りの金魚は相当色っぽいです。
最後の花のワルツにおけるストコフスキーの指揮の締めが見事です。{/netabare}


3作目はデュカスの「魔法使いの弟子」
{netabare}
これはファンタジアの看板作品です。
魔法を覚えたばかりの弟子が解き方も知らずに魔法を使い
最終的に魔法が暴走してしまうというお話です。
画は実際の音楽のストーリーに忠実です。
弟子役はミッキーが勤めます。
魔法をかけうかれた弟子がうたた寝して夢を見るシーンは有名なシーンです。{/netabare}


4作目はストラヴィンスキーの「春の祭典」
{netabare}
画として一番好きな作品です。
元々はロシアのバレエ団のために作曲されたバレエの曲です。
しかしファンタジアでは別の解釈をして地球の歴史を描きました。

一部:地球誕生からマグマオーシャンを経て地球に海が現れるまでを描いています。
時代でいうと先カンブリア時代の冥王代の約46億年前から始生代の始め約40億年前まで。
マグマの画と海底火山の画が凄いです。

二部:生命誕生から恐竜絶滅までを描いています。
時代でいうと先カンブリアの真ん中の約35億年前から始生代、原生代、古生代と来て、
やっと中生代の恐竜時代です。
しびれるのはT-REXがステゴサウルスを狩るシーン。
恐竜の他にも海の最強爬虫類モササウルスも登場します。
しかしその後恐竜は干ばつにより死んでいきます。
現在は隕石の衝突とそれによる環境の変化で絶滅したというのが有力ですが、
上映された1940年のあたりでは干ばつにより絶滅したと考えられていました。
恐竜が絶滅したあと再び時代が変わり海が帰ってくるところでお話は終わります。

私が地学好きになるきっかけの作品です。

ただ作曲したストラヴィンスキーはこの映画ができたときまだ生きていました。
自身のイメージと違う画を観て衝撃を受けたようです。{/netabare}


5作目はベートーヴェンの交響曲第6番「田園」。
{netabare}
曲は一番好きです。
タイトル通り田舎の風景を描いた曲です。
それぞれの楽章のタイトルを紹介すると
1楽章は「田舎に着いたときの愉快な感情のめざめ」
2楽章は「小川のほとりの光景」
3楽章は「田舎の人々の楽しいつどい」
4楽章は「雷雨、嵐」
5楽章は「牧人の歌 嵐の後の喜びと感謝の感情」
タイトルはオーケストラスコアに載ってました。

画としてはかなり曲に近いですが、
ファンタジアではこれにギリシャ神話を加えています。
なのでキャラクターもペガサス、ケンタウルス、ユニコーン、ゼウスなどが登場します。
{/netabare}


6作目はポンキエッリの「時の踊り」。
{netabare}
バレエ音楽です。大変楽しい曲です。特に終盤付近から始まるメロディーはノリが良いです。
ここではいろいろな動物が登場してバレエを披露します。
ダチョウ、カバ、ゾウ。しかしみんな女役。
この3種類が可愛く色っぽく見えるのは不思議です。
これぞディズニーマジック!
中盤以降から男役のワニを交えて盛大に踊りは終わります。{/netabare}


7作目と8作目は繋がっています。
{netabare}
7作目はホラーです。ムソルグスキーの「はげ山の一夜」。
悪霊たちの夜の祭りを描いています。
お墓などから出てきた悪霊達が夜の世界で踊り狂います。
小さいときに観たときは怖かったです。
しかし悪霊たちの楽しい祭りも終わりを迎えます。
朝を迎えるのです。
教会の音と共にラストの8作目に続きます。
8作目はシューベルトの「アヴェ・マリア」。
踊り狂った悪霊たちの魂を巡礼者達がロウソクの光でしずめていくという演出です。
小さいときに観たときはつまらなかったですが、
大人になってみると非常に美しいなと思います。
そして太陽の光と共に全ての作品が終了します。{/netabare}




全曲について、映像に合わせるために編曲されているので、まんまではありません。

あといきなり全作品を通して観ようとするのは
やめた方がいいです。
作品ひとつひとつ分けて観ることをオススメします。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 8

イブわんわん

★★★★★ 4.6

初めて見たとき、カルチャーショックを受けたアニメ(400見終わった記念)

とは言え、タイトルが判らずまだ棚に移動していないアニメも多くあるが、区切りとしてこのアニメを選びました。

ご存知の方も多いと思うが、ディズニーではトップクラス(個人的)で、公開が70年以上前の芸術アニメ作品。

で、何にカルチャーショックを受けたかと言うと、音楽と映像との関係です。

それまでは、効果音的な立場のクラシック音楽(BGM)がメインになっており、映像と音楽が見事なまでに相乗効果をかもし出しております。

音楽のイメージをビジュアル化したこの作品を見たとき、とても感動した記憶があります。

また、「展覧会の絵」はこれとは逆に絵から受けたイメージを音で表現しています。
(ムソルグスキー作曲、後にラベルがオーケストレイションし有名になる)

特に「魔法使いの弟子」は今見てもその芸術性、エンターテイメント性には脱帽です。

ミッキーマウスの魔法使いの衣装はあまりにも有名ですよね♪(とんがり帽子に赤いマント)

最近では「かみひこうき」という台詞が全く無いモノクロの短編アニメを見たが、現在においては日本のアニメ文化の方ががかなり進んでいると思いました。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 7

計測不能 4 炎のアルペンローゼ ジュディ&ランディ(TVアニメ動画)

1985年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (4)
29人が棚に入れました
第二次世界大戦前夜のスイス。ランディ少年は、飛行機事故で奇跡的に生き残った少女を見つける。記憶を失っていた彼女は、「ジュディ」と名づけられ、育てられる。やがて6年後、町の病院で看護婦見習として働いていたジュディは、謎の男・グールモン伯爵との遭遇をきっかけに、ランディと共に、記憶を取り戻す旅に出る。はたして、「アルペンローゼ」という言葉に隠された謎とは……? 赤石路代作のマンガ『アルペンローゼ』を、タツノコプロがアニメ化(タツノコプロにとっては、初の少女マンガ原作作品となる)。アニメは全20話と短期で終了したため、原作のエピソードは中途までしか消化されなかった。

えたんだーる

★★★★☆ 3.8

タツノコプロの初「少女マンガ原作」アニメ

原作は赤石路代先生が描いた『アルペンローゼ』(「ちゃお」掲載)で、先生の代表作と言って良いかもしれません。たぶん唯一のアニメ化作品ですね。
(もう一つ代表作と言えるのはドラマ化された『P.A.プライベートアクトレス』でしょうか?)

全9巻のうち、アニメ化されたのはたぶん3巻のどこからへんかくらいまでです。ちなみに1~5巻が第1部です。

タイトルのジュディが主人公(女性)で、ランディがヒーローというかジュディの相手役というか、そんな感じの男性です。

原作の舞台はナチス政権下のオーストリア、あとは周辺のスイス、フランスあたりです。基本的にフィクションですが、作中のギザン将軍は同名の実在モデルがいます。アニメはたぶん打ち切られたんだと思いますが、多少強引な終盤以外は基本的には原作の通りに進んでいたように記憶しています。打ち切りをくらわなければ、おそらく1年間かけて第1部終了まで行く予定だったんじゃないかと想像しますが、ソースはありません。

タイトルにある「アルペンローゼ」はもちろん花の名前ですが、物語の中ではキーになる反戦歌のタイトルでもあります。つまりミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』における歌「エーデルワイス」みたいな感じでしょうか。

音楽は一応本作品のウリというか、ジブリ映画などでも有名な久石譲氏が担当しています。

アニメ化されたあたりでは記憶を失ったジュディ(仮名)とジュディを助けたランディが、「アルペンローゼ」というキーワードを手掛かりにジュディの記憶を取り戻し家族を探そうとするあたりがストーリーの軸になっています。

少女マンガとしては割と王道というか記憶喪失、出生の秘密、恋愛、三角関係、生き別れの兄弟、グールモン伯爵による陰謀、ナチスによるヨーロッパ動乱など各種要素てんこ盛りです。

そこそこちゃんとしたストーリーだと思いますし、原作もそれなりに売れたはずなのですが、TVアニメが打ち切られた感じなのはメインターゲットと考えていた当時の女の子たちに不評だったんでしょうかね?

ただ、放送当時に観ていたのであればともかくわざわざ改めて観ることをお勧めするほどの作品でもないですね。まあ、機会があったら原作マンガを読んでみると良いかもしれません。

投稿 : 2019/09/14
♥ : 12
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ