おすすめ伊波杏樹アニメ映画ランキング 3

あにこれの全ユーザーがアニメ映画の伊波杏樹成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月23日の時点で一番の伊波杏樹アニメ映画は何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

73.2 1 ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow(アニメ映画)

2019年1月4日
★★★★☆ 4.0 (53)
243人が棚に入れました
浦の星女学院のスクールアイドルとして参加する最後の「ラブライブ!」で見事優勝を果たしたAqours。
新たな学校への編入の準備を進める2年生、1年生の前に、想定外のトラブルが連発!?
さらに、卒業旅行へ向かった3年生が行方不明に!?
離れ離れになって初めて気づく、お互いの存在の大きさ。
新しい一歩を踏み出すために、Aqoursが辿り着いた答えとは——?

みんなで目指した輝きのその先へ!
未来へはばたく全ての人に贈る、最高のライブエンターテインメント・ムービー!

声優・キャラクター
伊波杏樹、逢田梨香子、諏訪ななか、小宮有紗、斉藤朱夏、小林愛香、高槻かなこ、鈴木愛奈、降幡愛
ネタバレ

根越 詠汰

★★★★★ 4.5

1からその先の未来へ 新生Aqours降臨か?? +++++++

 2019年最初に見たアニメ映画は、『ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow』に必然的になったです。初日、舞台挨拶付きライブビューイングで見たです。上映前、{netabare}スマホの電源要注意です。ユーフォ、中二病、Freeで毎回あった、京アニ映画によく{/netabare}ある展開になるのです。

 どこからのライブビューイングなのかは、言わずと知れたあの地のどっかの映画館のようだったです。上映が終わった数分後に見たです。{netabare}声優さん浦女制服姿、髪型もキャラに合わせて登場したです。和気あいあいだったです。{/netabare}

 2期の最後のあのシーンは、千歌の見た幻でなかったようです。物語は、そこから鞠莉、果南、ダイヤに託されたあることから進んでいくのです。μ'sとは、やっぱり違う選択をするんだなぁと思ったです。

 鞠莉たちは、卒業旅行と旅立ち、千歌たちの新しい毎日が始まるのです。陽に彼氏???登場その真相はいかに!です。Aqoursで、有終の美を飾って新しい学校生活が始まると思いきや、またもや千歌たちに試練が訪れるのです。何かこれ、いくら何でも展開だったです。

 Saint Snowも交え、海辺で悩める千歌たちの前に現れた人物とは!事態は急展開、舞台はイタリアに!です。
 鞠莉がらみにイタリアの有名そうな場所で、面白おかしくお話が進んだです。{netabare}鞠莉ママの声聞くと、ややかすれた野原しんのすけか?と思ったです。ヨハネアイや別なものに憑依?する善子が面白いです。{/netabare}鞠莉の家庭事情、大変だなぁです。

 この件が済むと最初の試練に対して千歌たちがどうするのか?{netabare}またSaint Snowの理亞は実はどうしているか?の話になってどこかシリアス??これらをどう解決するのかが、終盤に差し掛かるのです。それぞれの姉妹が、妹の姉離れともいうのか?も{/netabare}大きなポイントかもしれないです。

{netabare} その答えは舞台の中で非公開、AqoursとSaint Snowと関係者でのもしものラブライブへとつながり、これはなかなかだったです。千歌たち、理亞はそれから何を見つけ出すのか?注目です。

 最後、新生Aqours見れるのか?は、お楽しみです。私は見てみて結局9人だったようにしか見えなかったです。{/netabare}
 前半最初の作画どこか違和感があったです。それ過ぎてからは、作画良くなるんだけれどもです。

 花丸の眼鏡と洋服姿が、なんだか似合ってて良かったです。いろんなところで、バテるところやずらずら、突っ込みを入れてたのが面白いです。話が進んでいくうちにAqoursの髪型、陽とか変わっている気がしたです。

 Over the Rainbowなだけに{netabare}虹が出てくるです。ラブライブというと女性しか出てこないけど、これには沼津の地元の男性の方たちも声は出さないけど、少しところどころの登場も新鮮味があるです。{/netabare}
 なんだかんだ、μ'sのときのように何回も劇場に足を運ぶのかなぁと思うです。

2019.01.05 00:51


 7回見てきたです。

 一番最初に見た作画の違和感を確認したです。{netabare}最初の浦女体育館での陽、莉子、喜子、果南、ダイヤの顔のアングルの所為かもだけど、やや細い感じがしたです。ここを違和感にとらえてたです。これ過ぎた、明らかに沼津の紹介になった歌の場面からは、TV放送同様に良くなっていたです。

 小さな千歌と陽が、砂浜で紙飛行機を飛ばしたときに合った少女は、誰だかは分かるけど、最初見たときは理亜に似ていると思ったです。

 沼津紹介の場面で、いろいろな店や場所を歌に合わせて見せている中で、アーケードでAqours踊る背景に、一人実在する方なのか?おばさんが一瞬目立ってたです。

 鞠莉ママの名前って、ヘリコプターから名乗っていたけど、マリズマリ??と聞こえるけどそうなのかなぁ?です。

 渡辺 月の存在が、Aqoursをいざなっているようだったです。{/netabare}

 ミュージカル展開の多かった今作、私は好きです。

{netabare} 不思議に思うのは、歌う途中に服が衣装に突然代わる点、いつの間に用意してるのかなぁと思うです。(沼津駅周辺?場面や、、イタリアで3年生が歌う場面、一番最後のライブシーンで3年生が加わる所からなど)

 また音楽はあらゆるの場面で、どこからライブステージもないのに流しているのかなぁと素朴な疑問があるです。(沼津駅周辺?場面や、イタリアで3年生が歌う場面、イタリアの階段広場でAqoursが歌う場面、Saint Snowが洋館の前で歌う場面など)

 キャラの髪型が変わるなかで、印象に残るのは陽リボンを付け替えたり編んだりだたり、千歌の髪飾りが変わっていたりなかったり、ルビィ、ダイヤ、果南が結んだ中でルビィが目立ったと思うです。

 花丸の食事をする姿が、幸せそうだったです。

 パフォーマンスや歌は、{netabare}沼津駅周辺?場面、{/netabare}特に公開前の劇場CNやTVCNで一部流された、イタリアの階段広場、 {netabare}ラブライブ延長戦、ラストのライブステージなど{/netabare}私は良かったです。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 3
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.8

相変らずツッコミ所は多いが、ラブライブで描いて欲しかったことを今回はちゃんと描いてくれた

鑑賞前
前売りムビチケカードは購入済みで新年1/4に観に行くつもりなのだが…。
ラブライブ。2013年のアニメ以降、二次アイドルコンテンツをアイマスと二分する存在である。今日までの間、デレマスやWUGやバンドリと言った刺客が次々に現れたが、どれもアニメが微妙な出来であるためラブライブはガラパゴスな天下の座をずっと享受できていた。

がしかし、この総決算の劇場版上映を前にしてついに最強の敵・ゾンビランドサガが現れてしまった。
ゾンビランドサガは「アイドルとは何ぞや?」というテーマ性を追求した作品で、一躍人気作品の座に上り詰めた。
一方こちらのサンシャインは…上映一週間前となっても、ネットはさっぱり盛り上がらず…μ'sラブライブの劇場版前の熱気に比べると隔世の感がある。
ラブライブもμ'sの頃は矢澤にこパイセンという「アイドル思想家」がいたおかげでアイドルとは何ぞや?というテーマ性、主人公の穂乃果との思想的対立はしっかり描けていたのだが、Aquorsにはそのような思想家がいないため、教祖様の千歌がただ「輝きたい!」というお題目を唱えるだけの思考停止お花畑集団に成り果ててしまった。畑亜貴先生も明らかにネタギレで似たような曲ばかりのため、印象に残る曲は皆無である。
今サンシャインを「あ、そういえば映画やるんだな」と思い返しても、今や色褪せて輝きは失われ…いや最初から輝いていたとも思ってないがw
こんなお寒い状況で果たしてこの劇場版は成功できるのだろうか?どのラインを成功とするかという問題もあるが。

鑑賞後
今回の劇場版は、以下のようなラブライブにおいていままで避けていた描写に切り込んだので、新鮮味がある良い作品になったと思う。

{netabare}・3年組が抜けて今後6人でどうするのかという件
前作はμ'sを解散してもスクールアイドル自体は続けると真姫がTV版で言っていたものの、その後も本当に6人で続けたのか?という疑問しか感じなかった。しかし今回は6人でどうやっていくか、そして千歌が6人でやっていく方法を見つけたと今後への意気込みを見せて終わったのはとても良かった。ただラストライブは最初ちゃんと6人で始めたのに、途中から幻想世界になって9人になってしまったのはちょっと残念。
あと理亞が入るという話が途中で出たが、ルビィのそれは理亞の望むことではないはずだという反対は正論であるものの、本当に入って7人のライブも見てみたかったとも思う。{/netabare}でも今回はこういった議論や葛藤がちゃんと描けていて、TV版と違いストーリー性がある良い作品に仕上がったと思う。

{netabare}・ライバルのスクールアイドルではないレギュラーキャラの登場
ここにきて曜の従妹の渡辺月という新キャラを登場させたのは驚いた。前作の劇場版の穂乃果を導いたミュージシャンのような立ち位置と言える。統合する側の高校の味方で、イタリアにも詳しい子がいないと話が進められないという理由によるものだろう。

・男の存在
ラブライブにおいて男の存在はタブーであるが、今回は鞠莉の縁談の話が出てきて、思い切ったな…と感心した。まぁ速攻で破談で終わったのだが…月が最初男に見せかけたミスリードが伏線だったのかな。

・ライバルのスクールアイドルのクローズアップ
後半はSaint Snowの理亞が中心の話で、TV版の顛末のケリをつけたのは良かった。今まで飛ばしてきたSaint Snowの「二人だけの」ライブをフルでちゃんと見せたのもいい(観客からはSaint Snowのライブはいらんやろ…という空気を感じなくも無かったがw)。
前作の劇場版では一年組・二年組・三年組それぞれ3人のミュージカルシーンがあったが、今回はこれを入れたせいか三年組だけしかなかった。しかしストーリーを優先するという今回の構成は強く支持したい。
理亞と親しいルビィの活躍も描けて、千歌無き後のリーダーはルビィになるのではないかと感じられた。前作の凛ちゃんみたいなポジションだね。そのせいか花丸や果南は存在感が薄く感じたが。{/netabare}

最後に観客から拍手も沸いたので、TV版の汚名挽回をできた締めだったと思う。さすがはよりもい以後の花田先生である(まぁよりもい以前から制作しているだろうが)。
もちろんツッコミ所は多々あって、{netabare}仕方なく統合したのに向こうの高校から嫌がられてるのが今更で意味不明とか、渡辺月がイタリアに詳しいのはご都合主義に感じるとか、マリーママが簡単に改心しすぎるとかは気になったが、作品の出来を貶めるほどには感じなかった。
ただ声優陣がサプライズがあると言っていたが、それは別に何も無かった。μ'sのキャラが出てくるのかなと思ったら出てこないし、じゃあ新キャラの声優がμ'sなのかと思ったが、渡辺月は黒沢ともよでマリーママは矢島晶子さんだし。
あとラブライブサンシャインは静岡推しアニメだったはずだが、今回はイタリアっていい所だな…という感想で終わってしまった。序盤で沼津の実在店舗を片っ端から見せたのは聖地を作ろうという意図がミエミエでいやらしかったが。{/netabare}
それと上映前のフォトセッションはやめるべきだったと思う。スマホの電源を切ってくださいと言ってる側から「画面をスマホで撮ってSNSで拡散しよう!」とステマ指令するのってw
それから特典はスクフェスじゃなくて一週目から色紙にして欲しかった。まどかもガルパンも一週目から色紙だったのに。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 9

けみかけ

★★★★★ 4.7

もはや深夜のアイドルアニメというより『ラ・ラ・ランド』や『グレイテスト・ショーマン』の域に入ったとすら感じる音楽映画的傑作にしてアニメ表現の可能性の幅を示した意欲作

『ラブライブ』シリーズの2作目にして2016年夏期の第1期、2017年秋期の第2期テレビシリーズから地続きに繋がる劇場版


ラブライブ全国大会優勝を果たした浦の星女学院スクールアイドル部「Aqours(アクア)」だったが奮闘も虚しく浦の星女学院の廃校は決定した…
3年生メンバー3人の卒業を迎え、残る6人で新たな学校でのスクールアイドル活動を継続するも、部活に特に力を入れる編入先の静真高等学校の父兄からは元浦の星の生徒達は距離を置かれてしまう
沼津を訪れたSaintSnowの2人からも3年生を欠いたAqoursの弱さを指摘されてしまった
そんな最中に突如現れた鞠莉の母から、卒業旅行のイタリアで行方不明になった(笑)という3年生3人の捜索を依頼される


まずオイラはこの『ラブライブサンシャイン』(以下、『サンシャイン』)という作品を大変高く評価してます
とにかく絶賛される前シリーズ(以下、『無印』)の期待を遥か大きく上回っておきつつも、“同じことを繰り返さない”姿勢が大変素晴らしいと思うところです


冒頭、2期の最終話ラストシーケンスから地続きに始まるミュージカル風ライブシーケンス「僕らの走ってきた道は…」で聖地となる沼津や西浦の街並みに大量のモブキャラを含んだ複雑な構成、演出はこの時点でこれまでのどのライブシーケンスよりも難しいことをやっており、出し惜しみしない勢いを初っ端から感じさせ、映画の導入としては大変素晴らしいです
この自然な流れとその感動への引き込み方は深夜アニメのソレというより『ラ・ラ・ランド』とか『グレイテスト・ショーマン』に近いと思います


その後、静真高校との確執やSaintSnowの理亞ちゃんもまたAqoursと同じ悩みに苦しまされている、というシリアスで物語全体を引っ張る問題提起をしつつも、Aqoursのキャラ一人一人の際立った濃さで応酬される心地良いテンポの会話には幾度も幾度も笑わされてしまいます
特に善子ちゃんの空気の読めなさ(笑)に花丸ちゃんや梨子ちゃんが容赦なくツッコンでいくスタイルはμ'sには無いAqours独特の空気感だと思います
Aqoursの面白さって結構明白にメンバー間の格差、とまでは行かないまでも差別化、がされてるところなんですよね
鈴木愛奈、小林愛香、逢田梨香子の3人が“やたらと歌が上手い”ところとかも含めて、おまえらはなんでアイドルをやってるんだよwwwっていうのがね


このキャラの濃さってアニメが始まった頃にキャラを完成に近づけていった『無印』と違って、ある程度話作りやキャラ作りを計算して作り上げた『サンシャイン』の特徴だと思います
どのキャラも拾いこぼし無しに観どころを作った花田十輝先生には流石!と拍手です


その後イタリアのスペイン広場、という一大観光地でゲリラ的に繰り広げられる「Hop? Stop? Nonstop!」という楽曲のライブシーケンスですが、ここでも注目したいのは周辺に観光客がモブとして描かれていることです
https://youtu.be/6MtVoB9qhIs(←公式に無料公開されてるので是非チェックしながらお楽しみ下さい)
ライブシーケンスの作業量を減らす為にも、モブは描かない方が楽に決まっていますが、ゲリラライブってことでちゃんと観光客の姿が描かれているんです
しかも曲の冒頭では唖然としていたモブがサビになるとノリノリになっているのが細かい
それとこの曲は各々の私服でのパフォーマンスということでそれぞれの個性が良く出ているのも素晴らしい
普通はワンピースの女の子と革ジャンの女の子が一緒に踊ってるステージはありませんよねw


「Brightest Melody」という楽曲では曲の盛り上がりと同時に沼津の象徴とも言える愛鷹山の山頂から朝日が昇る、という普通に考えて現実では到底ありえない状況を演出します
これはアニメであって実写でもライブでも無いんだから何やっても良いんだよ、という表現方法を逆手に取った演出です
こーゆー演出は『無印』では「僕たちはひとつの光」ぐらいでしかやってませんが『サンシャイン』のライブシーケンスでは積極的に行っています
つまり、ずっと同じようなことをやっている様でも『サンシャイン』のライブシーケンスはだいぶ頭を捻ってよく考え出されているんですよ


そして「Believe again」や「Next SPARKLING!!」という2曲ともなると“もはや物理的にありえない”状況、心象風景などを映像化して演出に取り入れてきます
これは是非本編で確認頂きたいです!
なるほどそーきたか!と思わず唸ってしまいましたw
物理的な壁を取っ払えばクライマックスに相応しい凄まじく派手なステージを作れる…『プリパラ』の演出とかではよくあるんですけど
最初ではなくあえてクライマックスにこーゆー演出をするのが上手いですね
「Believe again」なんかCGに向かってプロジェクションマッピングを照射してますからね、すげぇ難しいことしてます;


それにライブ以外でも各々の衣装や髪型が頻繁に変わるのも可愛らしい
現実の女の子ならともかく、アニメで頻繁に衣装や髪型が変わるって設定の量が増えるので普通やらないんですけどね
それをやるんです!『サンシャイン』は!!
『アイカツスターズ』辺りからサンライズはこーゆーのやり始めましたよね
劇中でルビィちゃんが姉の手を離れ成長した姿を見せる盛り上がりどころがあるのですが、ここで決意を固めたルビィちゃんがいつもの子供らしいツーサイドアップから大人っぽいシニヨンになってたのが説得力を出す演出にも一役買ってました


一から十まで褒め称えたい今作ですが、実は結構課題も残しました;
封切りの1週間前になってやっと完パケしたという前代未聞に切迫した制作状況が室田さんのツイッターでは刻々と語られ、それに怒って暴徒と化したファンが酒井監督のリプ欄に誹謗中傷を投げつける等、とにかく制作状況の混迷さが酷かったようです
実際のところ本編は“普段なら作画で表現してる様なカットがCGのまま”だったりと恐らく今後の円盤化の際には修正が加えられると思しき箇所がいくつか観受けられました
もちろんそれらを踏まえた上で十分な完成度を誇っている、とオイラは評価しているのですがね
そもそも2期の完結から経った1年でこれだけ作業カロリーの高い劇場版を作るのは無理があるのは明白でした
作品を落とすことはとにかく最悪ですが、『ガルパン』や『このせか』が潔く公開を延期した様に、ここまで現場が修羅場になるぐらいならいっそ公開延期も視野に入れた方が良い、と製作者には英断をして欲しいと感じたのがこの作品でした

投稿 : 2019/09/21
♥ : 2

62.0 2 陽なたのアオシグレ(アニメ映画)

2013年11月9日
★★★★☆ 3.7 (56)
226人が棚に入れました
内気な小学4年生(ヒナタ)は、クラスで人気者の女の子(シグレ)のことが大好きな男の子。でもシグレと話をすることも出来ないヒナタは、彼女のことを思い描きながら妄想する日々を送っていた。そんなある日、突然シグレが転校してしまうことに…。悲しみに暮れるヒナタ、クラスメイトに見送られ去っていくシグレ。「僕はシグレちゃんに想いを伝えるんだ!」決心したヒナタは走り出す。

声優・キャラクター
伊波杏樹、早見沙織

offingbook

★★★★★ 4.6

恋のフシギ 生きた証

2013年11月に公開された短編アニメ映画。約18分。スタジオコロリド制作。
監督は『フミコの告白』や『ポレットのイス』の石田祐康監督。

小学四年生の内気な男の子・ヒナタは、同じクラスのシグレちゃんのことが大好き。
ささいなきっかけから少しずつ仲良くなっていくが、ある日シグレちゃんが転校することになってしまい…。
お別れの前にヒナタは、想いを伝えるためにシグレちゃんのもとへ走り出す。

ずーーっと前からとにかく観たくて観たくて、でも観れず、代わりに予告編をもう何十回と観てましたが(笑)
今回、スタジオコロリド最新作『台風のノルダ』と同時上映され、よ~やく観ることができました!

物語はほんとシンプルで、少年が少女に想いを伝えるため走り出す。ただ、それだけ。

だけどその、“ただ、それだけ”の中に、
恋も憧れも楽しさも淋しさも悲しさも全力も切なさも優しさも温かさも涙も笑顔も、
全部があふれるぐらいぎゅっとつまっていて、そのまっすぐでまぶしいピュアな輝きに、
僕はどうしようもなく胸打たれてしまいました!ほんともう、大好きな作品です!

『時をかける少女』や『あの夏で待ってる』なんかもそうですが、心の中にある強い想いを伝えるため、
全力で走り出す人が登場する作品に、どうやら僕は弱いようです。(笑)

石田監督が描く疾走感は今作でも健在。
現実と空想が入り交じる中、ヒナタが翔ける映像は圧巻です。

それを彩るスピッツの主題歌、そして草野さんの歌声も透明感があって、
ストーリーに勢いと純粋さを与えていて素晴らしかったです。

きっとこれから先、心に元気をちょっともらいたい時とか、何度も観ちゃうと思います。
くすんだ気持ちを、虹色の輝きにぬりかえてくれるような、そんなアニメの歓びがつまった作品です。

最後にどうでもいいんだけど、『フミコの告白』といい『ポレットのイス』といい、
そしてこの『陽なたのアオシグレ』といい、石田監督は女の子のパンツが好きなのかな?
いやどれもエッチさは全くないんだけどね。(笑)

投稿 : 2019/09/21
♥ : 34

◇fumi◆

★★★★☆ 3.5

ラッキースケベ陽向くんと可憐な時雨ちゃんの幼い恋は空の彼方まで

2013年公開の短編アニメーション映画 22分26秒

監督脚本 石田祐康 キャラデザ 新井陽次郎 音楽 市川淳 制作 スタジオコロリド

自主製作アニメで注目を浴びた石田裕康の初監督作品

陽向 伊波杏樹
時雨 早見沙織

自主製作では無いのでプロの声優を使っていますので安心して観れますね。
「フミコの告白」とツインになる物語ですが、タイトルが内容とあってませんね。
小学生の恋愛物語で前半はラッキースケベな日常が描かれます。
そんなに可愛い映像でもないんですが、二人だけでもプロの声優を使ったと言うことで、
自主制作だと思って観れば高レベルです。
ただし、自主製作ではないのです。

短いので楽しんだ人も多いでしょうが、プロのクリエイターの作品としては低評価になりました。
比べてはいけないんでしょうが、新海監督の「ほしのこえ」とは格が違いすぎますね。
あまり持ち上げすぎずに、名監督について学んだほうがいいと思うんですが皆さんはどう思うでしょう。

これだけメッセージ性が感じられないと不安になってしまいます。
アニメ以外のメディアの創作物の研究の必要性を感じました。
この作品は短いですしお勧めですが、今後の活動には充電期間が必要だと思います。

 

投稿 : 2019/09/21
♥ : 14
ネタバレ

このままじゃダメだ

★★★★★ 4.8

ペンギンハイウェイ面白かったー

過去のレビューを読み返したら、今の気持ちにピッタリだったので再UP。

ペンギンハイウェイを観て改めて思った。
コロリドチーム最高かよと
新井陽次郎さんのキャラも可愛いし、なんと言っても映像の疾走感と世界観が良い。

監督は石田祐康氏
学生の時に制作したフミコの告白で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を獲得した若手のアニメーターにして演出家。

この人の作品の良さはとにかく場面展開が気持ち良いところ。
設定の面白さや物語の深さに重きを置いている方は合わない可能性もある。
しかし、この気持ちの良さは、出そうと思っても簡単に出せるものでは無いし、観る人にちゃんと気持ち良いと感じさせるのは更に難しいはず。
それが出来てしまうのは、監督自身の鋭く磨かれた感性、そして研究の成果もあるだろうけれど、丁寧な作品作りがあってこそなんだ。と最近はわかるようになった。
これは短い作品だから出来た事かもしれないけれど、妥協することなく手間暇をかけて制作したからこその結果なのだと思う。

まさか、台風のノ○ダを目当てに観に行って、前座に再放映された此方で気持ち高ぶって号泣する羽目になるとは思わないじゃない。

フミコの告白から引き継がれたドジな主人公に、精一杯の走り描写。
最初は随分ませた小学生だなあなんて思っていたけれど、ひなたくんの一生懸命過ぎる想いに、次第に目が離せ無くなって、最後はボロ泣き。

涙脆くなったよなあ…前はそんなでも無かったのになあ…と思いつつ、放映終了後、速攻で円盤を買いに走った思い出。
そして限定版を持ってるのにも関わらず、ゲオでレンタル版を借りるという奇行に走った、それ程魅力ある作品だと思っている。

声優の演技力も凄いし、作画の演技力も高いし、スピッツの曲「不思議」もピッタリで感動する。
セリフの半分くらいを「ひなたくん」「しぐれちゃん!」で占めていても良いじゃない。ジョンレノンとオノヨーコだって二人の名前を呼びあうだけのCDを出してるし、語彙が無くても想いは伝わるものなの!


たった18分の物語。ゲオでもレンタル出来るし是非多くの方に見てもらいたい。


そういえば、物語の内容について{netabare}しぐれちゃんが行ってしまう時の演出で、なぜ電車が飛んでいるのだろう?鳥を魅せたいための演出かな?と勘ぐっていたら、もう一重重ねた設定になっていたのには驚かされた。{/netabare}
根幹は凄くシンプル。
しかし、さりげなく散りばめられたイベントが面白いかったり、盲点を突いていたりするから面白く感じるのかもしれない。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 20

計測不能 3 アニメガタリ(アニメ映画)

2015年4月17日
★★★★☆ 3.4 (4)
36人が棚に入れました
TOHOシネマズ新宿でのみ鑑賞可能。


東京の大学内アニメ研究会を舞台にしたショートアニメシリーズ。

魅力的なキャラクターたちが様々なアニメについて語り尽くす内容で、多彩なマシンガントークを楽しむことができる。

けみかけ

★★★★★ 4.4

【幕間を彩る劇場に足を運んだアニヲタのみに許される至福の時間】

TOHOシネマズ限定で本編前に予告編などを上映する、いわゆる“幕間”で流される短編
漫画家でもある新井ケンシロウが監督


憧れの先輩を追って大学のアニメサークルに入部した1年生のマヤ
しかし先輩や部員達は筋金入りのアニメヲタクだったがためアニヲタあるある的な会話がただただ繰り広げられ、一般人のマヤはそれに翻弄されていく・・・


とまあガチヲタにしか理解されないようなかな~り濃ゅい内容が新作映画の宣伝をかねて物凄いスピードで繰り広げられます
アニメ映画を観に来た人ならともかく、『海街diary』を観に来た人もコレを観せられると思うと苦笑するほか無いw


たまにyoutubeにうpされるようですが基本的には前述の通りTOHOシネマズで映画を観た人しか観れない
(2016年5月現在、1話と3話はyoutubeで継続して観れます
3話と4~最終話?まではテーマソングCDの初回限定版付属DVDに収録されました)


TOHOシネマズと言えばチケット予約難しい、ポップコーン不味い、スクリーンとの距離近過ぎ、とオイラは数あるシネコンの中でも最低レベルだと思っているんですが(爆)この『アニメガタリ』観たさにTOHOシネマズを選んじゃうこともしばしば


アニメ映画の魅力とはただ大スクリーンでアニメを観るというだけでなくて、一緒にそれを観た人と語り合うというのもステキな魅力だと思うのですよ、オイラは


ああ、チキンピタサンドは美味しいよw


以下、オイラが知る限りのまとめ
第1話 攻殻機動隊 新劇場版(2015/4~6)
第2話 No moreネタバレ タカシくん初登場(2015/6)
第3話 実写映画 進撃の巨人(2015/7~8)
第4話 心が叫びたがってるんだ。(2015/9~10)
第5話 自主制作アニメ 残酷な業界のせいで 魔法少女エリカ☆マヤカ(2015/11)
第6話 Wake Up,Girs! Beyond the bottom(2015/12)
再放映 No moreネタバレ(2016/1)
第7話 作画崩壊(2016/2~3)
最終話? テーマソングPV制作(2016/3~4)

投稿 : 2019/09/21
♥ : 15
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ