佐々木未来おすすめアニメランキング 10

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの佐々木未来成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年11月18日の時点で一番の佐々木未来おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

67.0 1 佐々木未来アニメランキング1位
探偵オペラ ミルキィホームズ(TVアニメ動画)

2010年秋アニメ
★★★★☆ 3.7 (758)
3372人が棚に入れました
架空の怪盗や探偵が活躍する近未来の世界を舞台としている。この世界では「トイズ」と呼ばれる特殊能力を持つ人間が存在し、トイズの力を振るう「探偵」と「怪盗」が互いに争いあっている。物語は将来探偵になることを目指す4人の少女「シャロ」「ネロ」「エリー」「コーデリア」を中心に展開される。

声優・キャラクター
三森すずこ、徳井青空、佐々木未来、橘田いずみ、明坂聡美、岸尾だいすけ、寺島拓篤、下野紘、南條愛乃、沢城みゆき、新谷良子、田村ゆかり

もちすい

★★★★☆ 4.0

吸いましょう!

アホなキャラばかりでてくるギャグアニメなのですが、特筆すべきは、作中にツッコミキャラがほぼいない、ということ。
そのくせ、ハイテンポな展開でハイテンポな面白いネタが押し寄せてくるので、観てる側としては、いちいちそれらを拾いたくなってしまう。
そして、そういう見方が意外と面白い。
しかし、1周するだけでは、とてもじゃないけど拾い切れないので何周も観てしまう。

あと、脚本がノリと勢いで好き放題やっているように見えて、実はものすごく計算されていてバランス感覚がいいですね。
シリーズ構成も上手いです。

1話は、説明回で、この作品本来のノリではないので2話からが本番です。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 4

たま。

★★★★★ 4.3

探偵とありますが・・・

探偵らしくありません。
ギャグアニメです。
それもハイテンションな。
ボケたおしです。
(よくギャラクシーエンジェルと比較されてます)。

2話、3話、4話、6話のギャグは必見で、特に4話にジブリパロディは抱腹絶倒です。アニメ見てて、こんなに濃いのは私は見たことありません。

まず1、2話まで見てみて下さい。
少しおかしいなと思った方は、3話、4話と見て下さい。
1話で切るには少し惜しい作品です。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 15

こあら

★★★★★ 4.4

まさに超一流のB級!!

やりたい放題過ぎてレビューに何を書けばいいやら…。
まぁ、メインの一人は『くず』と呼ばれています。でも、憎めないんです。『くずかわいい』とか言われてます。てか、そいつ以外も、登場人物はだいたい『くず』です。
そういうどうしようもない笑いが好きな人にはオススメです。

このサイトはギャグものに対する評価がちょっと厳しい気がします。一番とれるジャンルではないけど、ランキングの上位にあまりになさ過ぎるので…。けいおんとエヴァの採点基準が違うように、ギャグものにはギャグものなりの採点基準がある気がするのですが…。すいません。生意気なことを失礼しました。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 8

62.4 2 佐々木未来アニメランキング2位
探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕(TVアニメ動画)

2012年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (456)
2100人が棚に入れました
怪盗や探偵が「トイズ」と呼ばれる特殊能力を使って活躍する近未来の世界「偵都ヨコハマ」で、探偵を目指す4名の少女「ミルキィホームズ」を中心にした、パロディやギャグが展開される。原作はゲーム『探偵オペラ ミルキィホームズ』であるが、その設定を踏まえつつも独自のストーリー展開になっている。
第1期同様、トイズをなくしたミルキィホームズが、その力を取り戻そうと奮闘するドタバタコメディである。ただ、本作では、舞台となる偵都ヨコハマにて、「大探偵国際博覧会」(通称「探偵博」)が開催されるという新設定が加えられた。そのため、「大探偵国際博覧会」にまつわるさまざまなトラブルが発生するなど、「大探偵国際博覧会」が重要なファクターのひとつとなっている。また、ミルキィホームズは探偵を目指しているが、「探偵」という職業について内省する描写があるなど、「探偵」とは何なのかその意義について考える点が、主題のひとつとなっている。

声優・キャラクター
三森すずこ、徳井青空、佐々木未来、橘田いずみ、明坂聡美、岸尾だいすけ、寺島拓篤、下野紘、南條愛乃、新谷良子、田村ゆかり、沢城みゆき

Querl

★★★★☆ 3.8

相変わらずの、ぶっ飛んだ感じぃ(´ω`*)

正直な所、1期をみてもぅお腹一杯で、2期とかありえないって感じ

だったのだけれど、、、怖いもの見たさで観ちゃいましたねぇ(´ω`*)

で、あぁ・・・・・相変わらずぶっ飛んだままなのねって('ω'*)アハ♪

こういう雰囲気 好きな人にはたまらないのかもだけれど。。。

ワタシはちょっと。。。

とか言って 最終話まで観ちゃったけど。。。( ̄s ̄;

でもでも、EDの曲は意外と好きな感じでしたょ(´ω`*)

投稿 : 2019/11/16
♥ : 5

だわさ

★★★☆☆ 3.0

2012冬アニメ視聴前レビュー!今回も、もん!だい!かい!けつ!w

J.C.STAFF。
2期作品。
おバカアニメ。
1月5日~順次放送。
OP ナゾ!ナゾ?Happiness!!/ミルキィホームズ

※レビューは視聴後に☆評価と共に改編再投稿予定^^

以下コメント

アホでくだらないのに、なんでサクサク見れてしまうんだろう?という不思議な魅力を携え、2012冬に帰ってきた生粋のギャグ枠。
パロネタ自虐ネタ満載なんでもアリなギャグで新年アニメ初笑いをもっていく…か?…まあ下ネタはないだろうけどw

1期の勢いのままでどこまでいくか楽しみですね^^

あと、1期のOPはなかなか中毒性があってしばらくハマってしまったので、今回のOPにも注目!!!

投稿 : 2019/11/16
♥ : 6

Ballantine

★★★☆☆ 3.0

これも1話だけ取り敢えず

ふたりはミルキィホームズ1話を見たついでに一期1話も見たのでそのついででこれも1話を見てみました。
一期からベットが変わってない…だと!?
どしたんだよ個室はw
結局返してもらえなかったのか?
先生の乳首からなんか出てるww
なんか一期にましてギャグ増えてないか?
「たし ミルキーホームズに ぐ」なんで漢字読めないんだよw
「えろしってるか」何故横に読んだしw寝るのかよw
もう1話だけでツッコミ所満載すぎてこれは面白いってかかなりツボ!
あぁ一挙放送やらないかなぁ…

投稿 : 2019/11/16
♥ : 12

65.5 3 佐々木未来アニメランキング3位
BanG Dream!(バンドリ!)(TVアニメ動画)

2017年冬アニメ
★★★★☆ 3.3 (356)
1330人が棚に入れました
幼い頃、星空を見上げた時に聴こえた「星の鼓動」のように、キラキラでドキドキなことをずっと探していた、香澄。
高校に入学したばかりのある日、古びた質屋の蔵で出会った「星型のギター」に初めてのときめきを感じ、ずっと閉じ込めてきた気持ちが走り出す。
同じように、輝ける場所を探していた4人の少女とともに。
ひとりじゃ出せなかった音だって、5人ならきっと奏でられる。
絶対ここで、ライブします!
ネタバレ

noindex

★★★★☆ 3.3

1クールで良くなるのが10話からではあまりにスロースターターすぎた

女子高生ガールズバンドアニメ。
設定からどうしてもけいおんを彷彿とさせるが、声優を前面に出してスマホゲーと連動するメディアミックス手法からラブライブに近いコンテンツのように見える。
私は最初このアニメはオリジナルなのかと思っていたが、漫画が先行しているのでそれに沿った内容になるのかもしれない。
http://gekkan-bushi.com/comics/comic-bang-dream-km/
一話試し読みをしてみたが、{netabare}やはりけいおんに似ているという印象はぬぐえなかった。
主人公の戸山香澄には妹がいるし(ここで最初のバッシングが来るだろう。兄や姉とかにして差別化すりゃいいのに)、入学式から話が始まるし、全くの初心者からスタートするようだし。
主人公の性格は唯のようなヘタレではないが、今までモラトリアムしてたってのも似てる…。{/netabare}
まあここからどれだけオリジナリティを出せるかでしょう。

1話
なんつーか、一言で言うと「光輝くクソ」かなと。CM見ててもCDやらゲームやらのメディアミックスで儲けようというブシロードの鼻息のブオーって音が聞こえてくるというか…。
けいおん嫌いな俺が、けいおんは良かったと言いたくなるレベル。
1話はほんと退屈で、同じ脚本家のろこどるの1話のほうが100倍良かった。原作の差もあるだろうが。
けいおんと差別化したいのか知らんが{netabare}☆シールを追って(なんで貼られてたんだ?)質屋の蔵でギター見つけていきなりライブハウス行って「これだ!」とか{/netabare}支離滅裂な展開だし…。いかにけいおんの導入が自然だったかと再認識した。
作画はいいけどキラキラしすぎで暑苦しい。作品コンセプトだろうけど。
声優もなんかヘッタクソだし、もうどうしようもねーわ。
どうせ似るんだからけいおんやラブライブを良く研究しろと言いたい。何年アニメやってんだよブシロード。

ネットの意見見てると愛美の演技と声がダメだって人が多いね。俺もそう思う。新田恵美は偉大だった。
あと歌も良くない。5人のコーラスが綺麗じゃないんだよね。ぶっちゃけ汚い声。
ラブライブは9人のうち三森やナンジョルノやPileみたいな上手い人がいて、他は個性的な声だったから、そのコーラスが聴いていて楽しかった。
アマゾンランキングの円盤も低迷しているし、ここから上げてもたいした売上にはならない。
最後の希望のスマホゲーがダメだったらジ・エンドだね。出来る投資家なら素早く損切りする状況。

あと1話に「うんたん♪うんたん♪」や「ラブアローシュート!」のようなフックとなるネタが無いのが痛い。私はラブライブのレビューで書いたが、ヒットするためにはこういうネタが意外と重要なんだよね。

2話。
今回は良かった(手のひらクルー)。
やはり綾奈ゆにこ先生はダテにきんモザろこどるフリフラのシリーズ構成をやってない。女子同士のからみ書かせたらお手の物だ。
{netabare}前半は香澄の池沼っぷりがキツくて見ていて痛々しかったものの、有咲を攻略してギターを手に入れるまでを焦らずじっくり丁寧に描けていたと思う。
特筆すべきは、ギターを初めて鳴らした時の感動をしっかり見せていたこと。そこまでの溜めが出来ていた。けいおん一期はそこがダメだった。周りに心強い仲間が3人いてゆるい空気のまま割と簡単に達成してて重みが無かった。{/netabare}
けいおんとの差別化との戦いになると思うが、今後が楽しみになって来た。
あと有咲の中の人が過去にマミさんのコスプレをしていたのが気になる。

3話
{netabare}緊張するからステージに出られないベースの子ってけいおんの澪と同じやん…。
きらきら星で演奏の楽しさを知るのはユーフォ一期と同じやな。
カスタネット出てきた時うんたんうんたんをやるのかと期待してしまったw
でもバンドでは地味なベースにまず焦点当てるのはいいと思った。凄い寒い空気だったけどその寒さを見る側にも共有させる演出は…うーん難しいね。
香澄は一人でコードの練習してたけどあとどれくらいかかるんだろうか?{/netabare}

レギュラー五人の名前について…名字の戸山、市ヶ谷、牛込、山吹は東京に実在する地名で、花園は埼玉に存在する。
そして5つの地域とも(以下略)
それぞれの地域が今の時代に何がどうだということは無いのかもしれないが、そういう共通項で揃えてしまうのは極めてまずいんじゃないだろうか。
これが問題視されたらコンテンツ展開の中止、製作委員会の企業のトップの引責はもとより、深夜アニメ自体のモラルが社会から問われることになるんじゃないかと思う。
まあブシロの言い分としては「それらの地域に何が問題あるんですか?それについてとやかく言う方が問題じゃないですか?」かもしれないけど社会ではそんな言い分通らないのではないか。
それか、ひょっとするとブシロは社会への問題提起としてこの作品を作ったのだろうか。日本ハムが屠殺業を営んできた方々への偏見について啓蒙するページを自社サイトに掲載していたが、そのような意図があるのかもしれない。

4話
これはけいおん超えた!{netabare}けいおんは唯がいつのまにか弾けるようになっていて萎えたが、こっちはちゃんとコード練習してる!かつて4玄のウクレレを挫折した私としては、5玄のギターを弾けるのは偉い事だと思いますよ。
絶対音感という言葉が出てきたのはけいおん意識してる感はあるな。
今回のターゲットのたえは不思議ちゃん入ってて、香澄とちょっと波長が合わなくて苦戦したけど、またも攻略。しかしオーディション受けると聞いて「素人の分際で…」とカチンと来たようだね。
有咲が嫉妬し始めたりしてめんどくさくなってきた。{/netabare}ゆにこ脚本が冴えわたる。このギスギス感はやはり岡田マリーの後継者か。
でもたえの中の人ちょっと棒読みすぎるよね。

5話
一瞬けいおん超えたかと思ったけど全然ダメだった。
{netabare}香澄がろくに練習せずに弾けるようになった感あったね。天才設定なのかもしれないがどっちにしろ萎える。
あとこの手のジャンルって歌の練習全然してないのに歌えちゃってることが多いが、これも同様。{/netabare}
だめだこりゃ。ゆにこにはどこかで期待してたんだが…。

6話
{netabare}沙綾は過去に何かあってバンドをやろうとしない…というのがわかっただけだった。あとバンド名がポッピンパーティって名前に決まった。
香澄はギターの練習しろ!{/netabare}

7話
香澄たちがクズすぎる。
{netabare}沙綾は母親の体が弱いから参加は無理だと言いたくないことまで言ったのに、それでもドラムやれの一点張りとかありえん。
ラブライブ参加を見送ろうとした穂乃果や、ピアノ発表会がある梨子を見送った千歌なら絶対無理強いしない。{/netabare}
それに、{netabare}沙綾がドラムが出来ると知って明らかに態度豹変したから{/netabare}「打算」にしか見えないんだよね。
ゆにこはきんモザやろこどるの脚本やってそこから無償の友情を学ばなかったんだろうか?というかフリフラではそれは描けてたんだが。

なんでこんな脚本クソなんだろ…花田先生にはまだ及ばないとは言えゆにこがこんな酷い脚本書くとは思えん…原作か監督がクズなのか?

CMでねんどろいどが全キャラ分出るってやってたけど、ほんと、商売先行だよね。結構人気作品でもフィギュア化しないの多いのに。

8話
{netabare}母親もっと早く沙綾を学校に行かせるべきだよね。あの母親が優柔不断だから沙綾が苦しんでるんだが。あと沙綾がなし崩しに加入したけど母親の面倒みなきゃならないのは今後も同じ。まさか弟妹に任せるわけにいかんし。沙綾は天才ドラマーで練習必要無い?また天才設定でごまかすのか。香澄はろくに練習せずにバリバリ弾けてるし。{/netabare}
不思議ちゃんのおたえとかツンデレの有咲とかイカれてるそらまるキャラとか、それぞれのキャラは悪くないんだがそれらがうまく生かせてないんだよなあ…。
あと作画クソすぎ。こんな静止画ばかりの文化祭回初めて見たわ。ライブもCGしょぼいしここでも静止画使ってるし。

9話
{netabare}…あのー、沙綾の母親の病気どうなったの?沙綾もがっつり練習してるみたいだけど。{/netabare}
もうどうしようもねえなこれ。ただ、{netabare}オーディションの歌と曲はちゃんとトチって下手なようになってた{/netabare}のは良かった。

10話
おお良くなってきたじゃん!描いて欲しかったことをようやく見せてくれた。しかしもう10話…。
{netabare}「花園ランドを作ろう」→「作らせねーよ!」→「受かる気あるのか」→ひなちゃん登場→「もうデートじゃねえよ!」{/netabare}
この不思議ちゃん3人で有咲に畳みかける流れは芸術的ですらあった。さすがゆにこ。
そして練習もやっとしっかり描いてくれた。{netabare}香澄は怖いもの知らずだったけど、練習するにつれ自分が全然ダメなことが分かって来るんだよね。そして怖くなってしまった。{/netabare}
やっと、バンドアニメとして見たかった物を見せてくれた。だが遅い!
MXでは進撃二期の次の放送になってしまったのでもう切られまくってるだろうな…。

11話
おおおーいいじゃん!この手のアニメって歌を軽視していることが多いけど、終わりの{netabare}5人でつないで歌うシーンは凄く良かった。このアニメの声優って演技は微妙だけどその分歌は上手いね。最初から歌を分担すりゃよかったじゃんとは思ったけど。{/netabare}
前回と今回はけいおんを超えてラブライブに匹敵するくらいの完成度だと思う。いや~俺はゆにこはいつかやると思ってたよ!!
でも、もうみんな見てないよなw1クールアニメは仕掛け早くしないとだめだよ。
あと香澄の妹の声優がけもフレのサーバルの声優だから同じ声で笑ってしまった。この回でいきなり出番増えたから。

12話
{netabare}前半の不思議ちゃんワールド凄かったwwwおたえハウスは魔空間だねw母親もかなりキテるw
有咲のコミュ障っぷりも面白かった。有咲は勉強教えるのは下手そう。
そしてオーディションには感動。有咲もりみもミスったが、オーナーは技術を見ているのではなく頑張ったかどうかを見ている。
それは本人にしかわからないが、やりきったかの答えでオーナーがそれを確信できれば合格なんだろうね。{/netabare}
もっと早くこの展開にできてればなあ。

13話
{netabare}最後は無難に締めたね。ここまでの経緯からちょっと演奏が上手すぎる気がしたけど。二期やるとしたら次はプロを目指すのか?{/netabare}

【総評】
かなり不評な作品だが、自分の評価としては10話からはだいぶ良くなったと思う。けいおんとはまた違ったオーソドックスな女子高生バンド青春物として楽しめた。10話からは。
人によっては8話で感動したと言うだろうが、 {netabare}沙綾の病気の母親の件がなし崩しになったのは私は許容できなかった。{/netabare}

バンドリとあまり関係ないが、アイドルマスターシンデレラガールズがダメだったのは綾奈ゆにこのせいと言っている奴がいたので、自分の評価と照らし合わせてみた。
ゆにこ氏の担当回は、
5話 みくにゃんがストをする回→好きな回
10話 凸レーションが道に迷う回→まあまあ
13話 ライブ→良かった
18話 かな子と智恵理が取材をする回→まあまあ
24話 しまむーが立ち直る回→これは酷かった。ただそれ以前にこういうダメな流れにしたことが問題で後始末をやらされたと言える。
…そんな酷い仕事はしてはいないのだが。ゆにこのせいでデレマスが失敗したというのはデマってことで。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 33
ネタバレ

ezo

★★★☆☆ 2.9

青春と音楽ぅー、絆の物語ぃー♪

放送3ヶ月前くらいからやたらと宣伝していたアニメ。

気合いは入っているでしょうし、期待はしたい作品です。

1話~3話感想
{netabare}
とりあえず主人公落ち着こう。見ていてハラハラする。

ハイテンションなのはともかく、人の言うこと聞かないで勝手な行動ばかりしてるのはちょっと...。

そんな主人公になんだかんだ付き合ってる金髪の子は良いキャラ。

そして、3話のステージ上でのきらきら星は良くも悪くも印象に残りました。

見てるこっちが恥ずかしいとはこういうことなのかな。

今のところあまり良い印象はありませんが、良くなっていってほしいです。

OP曲は今期でも上位。
{/netabare}

4話目感想
{netabare}
今回もエンドレスきらきら星が発生。

主人公に対する「ちょっと変だけど全然変じゃないよ」はフォローになってないけど正しい。

成長スピードが割とゆっくりでリアル寄りなのは良い点。

宣伝していた割には、今のところは可もなく不可もない普通のバンドものといった印象です。
{/netabare}

5話目感想
{netabare}
内容的には今までで一番面白かったんですけど惜しい感じです。

この作品に限ったことではないですが、上達が急すぎるのがなんかなぁと思ってしまいました。(今期だと風夏もですかね)

4話までは主人公の上達スピードがかなりゆったりでそこがこの作品の良い部分でもあったのですが...。

ギターやったことないのでわかりませんが、コツとかを掴めば上手いかどうかは別としてとりあえずは弾けるようになるのかな?

ひたすら練習をする感じも好きなんですけど、どうしても映像的に地味になってしまう点が厳しいのかな。

一応「4期目までの服案は既にある」とのことですが、今作は全13話らしいので尺的にもここら辺で成長させないとやれる事が限られてしまうので仕方ないのでしょうかね。

微妙に上手くない歌い方はリアリティーがありましたが。

「私の心はチョココロネ」はタイトルから「私の恋はホッチキス」を連想しましたが、良い感じでした。
{/netabare}

6話目感想
{netabare}
文化祭が近付く中で香澄は文化祭実行委員会に。けど一番頑張ってるのは副委員の沙綾。

沙綾は自分に責任感じてバンドをやらないと決めたのか。

その沙綾は香澄はどうやってバンドに引き込むのか。

OPからして加入することは確定ですしね...。
{/netabare}

7話目感想
{netabare}
沙綾ちゃんはメインキャラの中では一番まともなんだけど真面目すぎるから色々抱え込んでしまっているのか...。

旧バンドメンバーはいい子だなぁ。こっちのほうが主人公チームより好感持てそう。

放送後、8話用のCMまで作っていたりとやたら次回に気合いを入れてるみたいだけど期待していいのかな?
{/netabare}

8話目感想
{netabare}
ハードルを上げていた割にはって感じでしたが、バンドリの中では普通に良い回だったとは思います。

若干下手な感じで歌っているのはライブ感があって良いですね。

一度聴いただけで合わせられる沙綾は天才なのかな。

それと、描いていないところで練習してるという事なんだとは思うけど香澄はちょっと上手くなりすぎてるような...。

細かいとこを突っ込むと色々粗が見えてきてしまいますが、あまり気にしなければそれなりには楽しめる感じかなぁ。
{/netabare}

投稿 : 2019/11/16
♥ : 8

えたんだーる

★★★★★ 4.1

朗報:私はこのアニメを楽しめます!(そして、無事完走!)→ Poppin' on買っちゃった!

※初回視聴時レビューからはいろいろ変わっています。

これまでのこの作品の見方が間違っていました。「シチュエーションコント:ロックバンドあるある」だったのですね!

妙にカリスマ性だけはある超マイペース、そして技術は確かだがそれにひけを取らないマイペースによる変態ツインギター(笑)!

引っ込み思案なくせに食いついたら妙に前に出てくるベース。

育ちが良く、気がついたらバンドの金蔓にされているお人好しなキーボード…。

ドラムはまだ加入してませんが、担当楽器とキャラクターのバインディングは素晴らしい。実にマッチしています。

普通の意味での「ストーリー」を求めなければ、今後「ロックバンドあるある」を期待できそうです。やあ、なんか楽しみになってきた…!

ただ、ごめんなさい。曲やゲームやライブを売りたいんだと思うんですけど、私はたぶんそこには一銭も払わないと思います…。

2017.3.12追記:
ドラマー加入。「ドラマーが一番の常識人で苦労人」っていうのも「わかってる」なあと思います。だから面白いのですが、「アニメが好きな層」にそこが訴求するかというと、別にそれはしないんだろうなあ…。

2017.2.14追記:
ここにきてようやくロックっぽいエピソード。演奏と関係ないはずなのに急に楽器を持ち出してセッション始めるのは、実にロックなエピソード!
(おたえちゃん、生粋のロッカー気質やねんな…。)

2017.4.23追記:
初心者からの上達曲線やブランクからの復帰速度にリアリティはあんまりなくて、また楽器演奏の手元を描かないなど「ロックバンドなめるな」とかの声も聞かれた本作品ですが、個人的にはけっこう楽しめました。冬アニメTOP 10入りこそ見切りましたけど、実はけっこう楽しんだかも。結局、最後まで疑問を感じ続けたのはライブハウスでのサイリウム使用くらいだったかも。

このアニメは、そこそこ幸せな青春時代を送った人の方が楽しいのかも。

音楽を独りでやってるとどこかで煮詰まったりするところを「バンドやったり合同セッションしたりすると楽しいよね」という感じのメッセージを勝手に受け取っていました。皆さんはいかがでしたでしょうか…。


[以下は過去に書いたもの:記録として残しておきます]
タイトル:あの星はなんなの?→ 話中で解決しましたが…→ ようやくロックなエピソード!

拾った場面で最初は星形のピックなのかと思ったのだが、良くわからん。

ダメだ、未だに質屋の蔵にあったギターにたどり着けた合理的な理由が理解できない…。
→ 2話で解決しましたが、本作品を楽しむためには運命論者である必要があるのかも…。

ライブハウスでサイリウム振ってたり、出演バンドがガールズオンリーはさておき観客も女性しかいなかったりするのも謎。

とりあえず「BanG Dream!(バンドリ)」はブシロードが絡んだメディアミックス作品で、「ラブライブ!」みたいにスマホアプリのゲームがあったりコミカライズされていたりします。

いまのところ評価できるのは、「キャストが本当にロックバンドとしてライブで演奏する」ってところくらいでしょうか…。

ロックバンド絡みの作品で言えば、SHOW BY ROCK!!の方が好みだなあ。キャラクター造形は横に置くと、エピソードや演出にはロックバンドやそのコンサートっぽいリアリティがあるもん…。
→やっぱり、「典型的なロックバンドのライブ」にはあまり期待できそうにありません。少なくともそこに関しては、『風夏』の方が期待できるのかも…。

2019.2.3追記:
下記の前言を翻して、Poppin' Partyのアルバム『Poppin'on』を買ってしまいました。

> ただ、ごめんなさい。曲やゲームやライブを売りたいんだと思うんですけど、私はたぶんそこには一銭も払わないと思います…。

2nd season 3話の破壊力に負けてしまったせいかも?

2019.2.8追記:
『Poppin'on』Disk 1の1曲目が「Yes! BanG_Dream!」なのですが、本作放送当時に番組提供に入っていたESPのCMでのギターリフがこの曲の間奏だということにアルバムを聞いていて初めて気がつきました。

『BanG Dream TV』とか『BanG Dream STATION』とかもちゃんと観てたら、ライブ演奏を聞いててもっと早くに気づいていたかもしれないのですが…。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 62

62.0 4 佐々木未来アニメランキング4位
探偵オペラ ミルキィホームズ 特別編(TVアニメ動画)

2011年夏アニメ
★★★★☆ 3.6 (150)
705人が棚に入れました
TVアニメ『探偵オペラ ミルキィホームズ』の夏特番。放送・配信・上映など方式については今後発表予定。監督、総作画監督以下メインスタッフはTVシリーズと同じ。内容はTVサイズ1本分を予定。

大和撫子

★★★★☆ 3.5

明智小衣がアイドルデビュー!?

小衣ちゃんがアイドル!!(*゚▽゚)ノ彡☆ ココロ!(*゚▽゚)ノ彡☆ココロ!
小衣ちゃん言うな!ピシッ! (*ー"ー)ノ☆)゚ロ゚)ノ グハッ!!

◆この作品の内容は・・・
24分程度の番外編。
警察の対怪盗事件捜査チームG4のリーダー明智小衣が成り行きからアイドルになってしまうお話。
そんな時に怪盗帝国が現れミルキィホームズや他のG4のメンバーはピンチに陥るが・・・。

◆パロディネタ満載です・・・
このアニメのサブタイトルは「さようなら、小衣ちゃん。ロング・グッドバイ・フォーエバーよ永遠に…」です。
なんというサブタイトルヾ(・ω・o) ォィォィ
ドラえもん?レイモンド・チャンドラー?うる星やつら?宇宙戦艦ヤマト?
いろんなアニメや小説のタイトルがごっちゃに混ざっていますね^^;
そして肝心のストーリーも、ドラえもんの最終回を筆頭に様々なパロディネタが散りばめられていますが、はたして皆さんはいくつそのネタがみつけられるかな?( ̄ω ̄;)エートォ...

◆総評・・・
パロディネタがなかなか面白く、夢や友情などがよく表現されていて意外にも感動?できるような内容でした。
さすがドラえもん最終回のパロディネタを使っただけの事はあります^^
また小衣ちゃんのライブ中の曲「ココロのエデン」がすごくカッコいい!!

◆最後に小衣ちゃんに見つからないようにボソっと一言・・・
よくよく考えてみると、明智小衣が警察にいてもいなくても怪盗との対決に影響がないような気がするのは私の気のせい?^^;

投稿 : 2019/11/16
♥ : 14

だわさ

★★★★☆ 3.7

サマー・スペシャル特別編という名の30分アニメ

特別編サマー・スペシャル。
30分。
J.C.STAFF。



以下感想
1期に直結してますし、1期視聴後についでに見ておく1話という感じでしょうか。相変わらずのおかしなテンションでコメディをやらかしてくれてます。得意のパロは健在。特にドラえもんのパロはクオリティー高かったですw
 
OPは1期と同じですが、EDや挿入歌で曲追加したのは特別編!な感じでした↓
ED  パーティーパーティー!
挿入歌 ココロのエデン

ここまで見れたということは、少なからずミルキィホームズの適正があると思います(´ω`*)2期を楽しみにしましょー(゜ー゜*)

投稿 : 2019/11/16
♥ : 4

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.8

「さようなら、小衣ちゃん。 ロング・グッドバイ・フォーエバーよ永遠に・・・」←このタイトルにはビックリしました^^;

今年の夏に3期が放送される予定の作品で・・・この物語は1期と2期の間に放送されたものです。

この物語の主人公は、飛び級でハーバード大学を卒業した13歳の明智 小衣(あけち こころ)ちゃんです。IQが1300と自己申告しているバリバリのキャリア官僚で、警察の組織である対怪盗事件捜査チームのリーダーとして活躍している・・・のかな?
まぁ、他のチームよりは真面目に仕事をしようという意志が垣間見えるので良い事にしましょう^^;

それだけに、この作品のタイトルにはビックリでした^^;
まだ2期、3期があるというのに・・・もうロング・グッドバイ・フォーエバーなんですか・・・?

でも、「序盤で消えていく生命」という設定の作品はいくらでもあるし・・・

この作品は「怪盗」「探偵」「警察」の『何となく三すくみ』という緩い状態が良かったのに・・・「怪盗」「探偵」だけの争いになったらどうなっちゃうんだろう・・・と少し心配になりました^^;

1話30分の作品なので、こんな事を考えていたらあっという間に視聴が終わってしまいました^^;
最後まで見て、少し安心しましたけど・・・^^

小衣ちゃんはやっぱりこころちゃんでした♪
次は2期を視聴したいと思います^^

投稿 : 2019/11/16
♥ : 15

52.9 5 佐々木未来アニメランキング5位
しばいぬ子さん(TVアニメ動画)

2012年春アニメ
★★★☆☆ 3.0 (133)
537人が棚に入れました
『しばいぬ子さん』は、竹書房「まんがくらぶオリジナル」で連載のうず作による4コマ漫画。2012年にTVアニメ化。

声優・キャラクター
鈴木美咲、佐々木未来、杉本みくる、丸塚香奈

takumi@

★★★★☆ 3.9

現代の女子中学生にはない魅力を持ったいぬ子さん

本来の犬の姿を気にしない、しばいぬ子さんを中心にした14歳中学生の日常。
原作は、うずによる4コマ漫画で、TVでは1話2分という短さで全26話。
主題歌入れての2分だから、ほんとうにあっという間。

初めて観た時は「いったい今の何が可笑しかったん?」と
もう一度つい観てしまったりした。
そのせいで、しばらく放置したまま観ていなかったのだけど
あらためて最後まで一気に観てみて、思うことはけっこうあった。

物語としては特別爆笑してしまうほどのものはなく、ごくありふれた日常を
淡々と描いているだけに見えて実は、しばいぬ子さんの魅力で溢れている。

いまさら中学生女子にこんな、おしとやかな言葉遣いと口調の子など
いるものか、と思わせる楚々とした物腰。
ぽっちゃりオチビでモフモフな毛並みはどう見ても癒し系w
時々やらかすドジぶりもご愛嬌、
それなのに声色だけはやけに色っぽいというギャップ(笑)
なるほど、そうかそうなのか。

彼女はどこまでも女の子なのだ。犬などではなく、
もはや忘れられてしまったような古風な日本女性そのもの。
その魅力に気づき、大いに愛でようじゃないか、という作品なのだ、きっとw
もちろん「どう見ても犬だろっ」とツッコミながら観るのもアリとは思う。

25分番組にしていくつかのオムニバス構成にする手法も
悪くはないと思うけれど、一回がこの短さだから観る気になり
クスッと笑って寝るのにちょうどいいような気がする。

ただし、放送時間の半分を占める主題歌は、しばいぬ子さんの
作詞作曲、歌なんでありますw
それだけは、もったいないような気もした。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 22

けみかけ

★★★★☆ 3.5

第7ワンから天地がひっくり返ったかと思うぐらい面白くなるよ!w

この資本主義の犬めっ!









しば犬なのにさもアタリマエのように女子中学生として生活している『しば犬子さん』に対して「だけど犬なんでしょ?」っというツッコミを入れるオチをひたすら繰り返す2分半アニメ
しかも内30秒はOPで消費されますw


最初始まったときは前代未聞のつまらなさに驚愕し(笑)竹書房まんがライフ系列誌の4コママンガ原作とはいえ、いくらなんでもこれは酷すぎる><;


と、思ったのも束の間
第7ワン(第7話)で主人公の女の子、茶子ちゃんがしば犬子さんの無自覚なウザさ(KYさ)に対して【キレてから】というもの、ソレまでが嘘かのように抜群に面白くなるw(マジでよw


茶子のしば犬子さんに対する態度がドンドンキツくなっていき、仕舞いには人として扱う気をまるで無くすんですw
シュールな笑いがツボに来ますねw


そしてまさかの2クール目へw


ってかなんでオイラさっきから「さん付け」してんのさ!w
あー馬鹿馬鹿しいw

投稿 : 2019/11/16
♥ : 10

大和撫子

★★★★☆ 3.5

犬がセーラー服!?気にしたら負け^^;

あの資本主義のしばいぬ子さんがアニメ化です^^;

◆この作品の内容は・・・
しばいぬ子さんのその容姿はセーラー服を着た柴犬。
しかしごく普通の女子中学生です(`・ω・´)キリッ
犬ではありません(`・ω・´)キリッ
えっ!?犬にしか見えないって?
いえいえ純粋な乙女の心を持った女の子です( ー`дー´)キリッ
そんなシュールなしばいぬ子さんの何気ない日常のアニメです。

◆視聴・・・
情報コーナー+OP曲で1分、本編のお話が1分の、1話=2分の超ショートアニメ。
この短さではお話なんてちょっとしたネタを描く事しかできませんが、しばいぬ子さんのインパクトあるその姿についつい和んでしまうような内容です。
とにかくしばいぬ子さんが可愛い^^
頭を撫でてみたくなります(>▽<)ノ
ぎゅっと抱きしめてモフモフしたくなります(≧∇≦)ノ
どう見ても犬にしか見えないのに自分の事を人間と思ってるしばいぬ子さん^^;
突っ込みを入れたくなるようなお話ばかりなのですが、セーラー服を着たしばいぬ子さんが可愛すぎるのでそこは温かく受け入れてあげましょうね^^;

◆しばいぬ子さんをよろしクゥ~ン・・・
4コマ漫画から始まり、『森田さんは無口。』や『リコーダーとランドセル』の情報コーナーで一躍有名。
単行本も出て、ついにはアニメ化。
さらにはCDデビュー、しかもその曲は50番まであるとか^^;
確実にフィールドを広げているしばいぬ子さん恐るべし^^;
劇場版や30分枠のTVアニメにも進出したいとしばいぬ子さんは言っていましたが、頑張ってほしいものですね^^;

◆声優陣は・・・
しばいぬ子さん : 佐々木未来(ミルキィホームズのエルキュール・バートン)
茶子        : 鈴木美咲
なほ        : 杉本みくる

◆最後に一言・・・
しばいぬ子さんの声を聞いた時、始めは『能登麻美子』さんと勘違いしてしまいました^^;

投稿 : 2019/11/16
♥ : 10

52.8 6 佐々木未来アニメランキング6位
ナゾトキネ(TVアニメ動画)

2016年秋アニメ
★★★☆☆ 2.9 (66)
246人が棚に入れました
私は、広告代理店TEN2で社長秘書をしている網野解音(あみのときね)。今日のお客様は、なんと有名アニメ会社の代表さん!お出迎えのために、はりきって会議室の掃除をしてたんだけど・・・急にあたりが光に包まれ、会議室から出られなくなっちゃった!?おまけにおばけみたいなのが出てきて謎を解けばこの場所から開放してやる。。なんて言ってるし!!もうよくわかんないけどとりあえず、解いてから考える!!

声優・キャラクター
原奈津子、徳井青空、松井恵理子、八島さらら、佐々木未来、鈴木愛奈、佐藤実季、齊藤佳央里、小島英樹
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 3.0

原奈津子&徳井青空アニメだけども

1話
JKめし、クレーンゲールと同じ枠の原奈津子&徳井青空を推しているアニメ。原さんの病気は大丈夫なんだろうか。
主人公の女の人が脱出するためにクイズを解く話らしい。導入だけで終わったけど。
ショートアニメなのにOPがやたらなげー。

2話
{netabare}絵とタイトルが違うのがある、くらいしか{/netabare}気づかなかったけども。
でも結構面白いような気がしてきたけども。
登場人物がOLというのが珍しいけども。

4話
2話で1問解くペースみたいだけども。
今回の問題は駅名を使ってるからわかりにくかったけども。
作画はJKめし・クレーンゲールよりずっといいしもっと流行ればいいと思うんだけども。
クイズアニメって希少だしけども。

5話
ヒロインたちの会話からおそらく全員非処女だけども。
深夜アニメでは珍しいけどこれじゃ人気でないけども。
それはどうでもいいけど、2話で1問解く(出題&回答)というのがテンポ悪すぎるけども。
一週間たったら問題を忘れてるけども。
時間を倍にして毎回問題を解くようにしなかったのは失敗だけども。
後から一気見したほうがいいと思うけども。
見てない人にはなんでこんな語尾なのか意味不明だけども(マスコットがこういう喋り方をする)。

6話
ショートアニメの短い時間で考えるのは無理があるけども。
{netabare}日本語でなく英語とかアルファベット順だとか気づくのはキツいけども。{/netabare}

12話
{netabare}ハッチンがクイズンという世界は現世の人間のひらめきが行き場を失って滞留して生まれた空間で、問題を解くのはそれを現世に戻すための行為だと説明。
そして解音に変化が訪れると予言して、ラストシーンで現世に戻った解音の目の前になぜかハッチンが表れて贈り物がある、Have a nicedayと言って終わり。{/netabare}

【総評だけども】
TVアニメでクイズをやるという発想は良かった。他に見当たらないし。…が、他がやって無いというのはそれはつまり、「TVアニメはクイズに向いていない」という真実があるということに他ならない。
週一の放送で出題と回答・解説を交互に繰り返すというのは、見てる側はついていけない。一週間たったら問題忘れているし。
録画して一時停止して考えつつ一気見するしかない作品だと言えよう。でもそれって正しいアニメの見方なの?と言えるわけで、やっぱりクイズはアニメに向いてないという結論になってしまう。

キャラデザはJKめし・クレーンゲールとは比較にならない位良いし、登場人物が大人のOLで元キャバ嬢の子も出てくるなど(おそらく全員非処女)、TVドラマっぽい設定で萌え系ではない作風は面白かったので、この作風でお仕事アニメでも作ればよかったのにと惜しまれる。
ただOPの歌がヘタクソすぎるのは何とかしてほしかった。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 6
ネタバレ

ato00

★★★★☆ 3.7

新感覚!謎解きアニメ。しかしてその実態は・・・

日本アニメ界に、謎解きショートアニメが颯爽と登場。
全12話×実質6分=72分間の世迷い言です。
2話完結だから、出題数6問。
あなたは何問解けるかな。

主人公は社長秘書解音(ときね)。
豚八の陰謀にはまり、謎解き空間へ幽閉されます。
豚八との小芝居の末、パズル的言葉遊び問題を解くはめに。
解音の運命は?豚八の思惑は?

解音の性格がスパッとしているのが幸いして、テンポのよい流れ。
謎解き空間での謎のコスチュームも潔い。
{netabare}変身シーンなんて魔法少女的。{/netabare}
いったいこのアニメの趣旨は何処に。

もっとも気になるのが豚八の口調。
語尾の「けども」、確実にイラっと来ます。
ほとんどの人間は豚八を丸焼きにしたいと思うはずです。

豚八の意味不にイラッ。
{netabare}ラストの思わせぶりにイラッ。{/netabare}
ホンマ、イラッてするアニメだけどもー。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 19

シャベール大佐

★★★★☆ 3.3

面白くはないけど嫌いではないです

広告代理店で社長秘書をしている主人公・網野解音(あみのときね)が、ときどき突然、謎の空間「クイズン」に引き込まれ、出題されるクイズもしくはパズルのような問題を解くことで脱出するショートアニメ。1話10分弱の作品です。
東京の立川市が舞台になっており、作品内にも多摩都市モノレールや昭和記念公園などが出てきて、ご当地アニメっぽい雰囲気もあります。別に観光地でもないのになぜ立川?とか思っていたら、この作品を制作した天狗工房という会社のスタジオが立川にあるからみたいです。
内容的には、出題される謎が興味深いというわけでもなく、謎解きを観るとすっきりするというほどでもなく、正直あまり面白くないです。ただ、解音を始め、登場人物のキャラデザが結構かわいくて、「クイズン」に入ったときのコスチュームが少しエロかったりしたのと(温泉回もあります)、ハッチンという謎の生命体を豚呼ばわりする解音の性格も嫌いではなかったので、普通に最後まで観てしまいました。
この作品が放送されていたのは、1時間の間にショートアニメばかり5~6本も立て続けに流していた枠の中だったのですが、その中で自分が最後まで観たのはこのナゾトキネだけで、面白くはないけれど、なんとなく嫌いではない作品でした。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 10

58.6 7 佐々木未来アニメランキング7位
まけるな!! あくのぐんだん!(TVアニメ動画)

2017年春アニメ
★★★★☆ 3.1 (37)
109人が棚に入れました
声優・漫画家の徳井青空が『月刊ブシロード』(ブシロードメディア)で3年にわたり連載している漫画が原作。

宇宙征服をたくらむドン様率いる「あくのぐんだん」が、手はじめにやってきた地球で繰り広げるドタバタコメディー。侵略しに来たものの、乗ってきた宇宙船が消失。どこか憎めないドン様たちは、偶然であった地球人の晴太の助けを借り、アルバイトに励みながらも、地球征服はあきめないでいる。

声優・キャラクター
玄田哲章、山口勝平、石田彰、巽悠衣子
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 2.9

豪華声優陣の無駄遣い…

1話
声優の徳井青空が描いた漫画が原作のアニメ。
内容はケロロ軍曹とか鷹の爪っぽい。1話では評価する要素無し。にこにー好きの俺でも。
{netabare}全ての人間を一カ所に集めても小さな島で十分足りるそうだが…{/netabare}そらまる先生は知らんのだろう。

2話
ここで脱落。1話よりはそこそこ笑えたし、サインペンみたいな手描きタッチの作画も面白いと思うが、いかんせん「侵略系ギャグ」はイカ娘やら鷹の爪やらで既視感がある。ラブライブは好きだがその関係者が作ってるのも内輪ウケ感があってひっかかる。
玄田哲章さん石田彰さんが好きな人は見るといいと思う。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 5
ネタバレ

ninin

★★★★☆ 3.1

ベテラン声優さんたちがはっちゃけていますw

原作未読 全12話 1話5分枠のショートアニメ

声優の徳井青空さんが原作の作品で、宇宙人であるドン様率いる「あくのぐんだん!」が地球征服のため侵略にいきますが、色々なことに巻き込まれなかなかうまくいかないところを描いたコミカルな作品です。

最初は地球侵略ぽく感じましたが、そのあとはどんどんスケールダウンして所帯じみてきますねw{netabare}(地球征服→コンビニ征服→商店街征服w){/netabare}

それと、何と言っても作中に出てくるメインキャラの声優さんが玄田哲章さん、山口勝平さん、石田彰さんと豪華でした。

内容はほのぼのとした作品なので、お気楽に観れる作品だと思います。

箸休めにどうぞ~

投稿 : 2019/11/16
♥ : 14

chariot

★★★★☆ 3.5

多くを望んではいけない。

漫画原作のショートアニメ、全12話。
ギャグ物です。


あらすじ。
地球を侵略しようとするドン様と手下のチクちゃんペプちゃんのお話。
あらすじなんて特に意味はない…


子供向けと言っても過言ではない作品。
最大の目玉は豪華声優陣。
ドン様に玄田哲章さん。
怖さも威厳もなくただただ可愛い玄田さんを堪能出来るのはこの作品ならでは!
ペプちゃんに山口勝平さん。
チクちゃんに石田彰さん。
その他千葉繁さんなども出演。
更にはナレーションが毎回変わるシステムで久保ユリカさんを始めとした女性声優陣も多彩。

EDは「ねばねばぎっぱー」も軽快で良い曲。
映像も凝ってて良い。

…お話はまあ……うん。。
時々くすっと笑えるかもしれない、です。
5分なので流していればすぐ終わる感じです。

個人的に石田推しなので観ましたが無理して観る必要は一切ないですね。。
ただ、これだけは言い切ります。
この石田キャスティングはナイスです。(笑)
そこここに僕の好きな石田色が出ていて満足でした。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 7

61.6 8 佐々木未来アニメランキング8位
フライングベイビーズ(TVアニメ動画)

2019年冬アニメ
★★★★☆ 3.1 (23)
67人が棚に入れました
「こりゃぁ、たまりませんなぁ」「まぁ、今日のところはいいんじゃね。問題点を把握したってことでさ。はぁ~しかし、この足湯最高だな」――いわきの温泉街の中学に通う1年生のすずとクラスメイトのふみは、思いつきでフラ部を結成するが、すぐに勢いが失せ、毎日ゆるーく過ごしていた。そんな彼女たちは、フィンランドからの転校生モナが入ったのをきっかけに仲間を集め、コンテストへ出るためフラダンスに青春をかける。

声優・キャラクター
佳村はるか、山口立花子、三森すずこ、佐々木未来、ブリドカットセーラ恵美、豊田萌絵、伊藤美来、うえだ星子、國米天麻美、春咲暖、八重畑由希音、和泉七瀬、大賀眞帆、廣瀬亜梨沙、冷水優果、祖山桃子、小堀友里絵
ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 2.5

福島を食べて応援、見て応援。あ~かるく陽気に行きましょう♪…とはいかなかった

1・2話
フラガールの萌えアニメ版だね。作中でも映画について触れている。
JC達がフラ部を立ち上げるために仲間を集める…というテンプレ展開。
絵がラクガキレベルでちょっとキツい…絵を見て状況が把握できないのは記号としてアカン。
ただEDがぴろきで毎話ネタが違うらしいのはポイント高い。笑点たまに見てるので知ってたw
あ~かるく陽気に行きましょう♪
あとみもりんキャラが目立っているのでみもりんファンは見るといいかも。

3話
{netabare}もう五人揃った。{/netabare}
このアニメは表現がアートすぎるだろ…物理法則無視しまくり。
やはりぴろきのネタの方が面白い。

4話
喋ってる時の口の動きが全く合ってないのがむしろ面白かった。

5話
福島にはじゃんがら念仏踊りというのがあるのか。豚骨ラーメンの九州じゃんがらと紛らわしい。

6話
フラダンスをしているところをちゃんとやれよ。

9話
一応ガイナックスなのでガイナ立ちとか稲妻キックとかやってた。
ぴろきのネタ娘ばっかりやなw

12話
{netabare}やっぱり最後も空を飛ぶシュール映像で逃げてごまかしたか。最後だけ超リアルな凄い作画のフラダンスシーンをやってくるかなと期待してたんだが…。最後はぴろきが実写で出てくるかなと思ったがそれも無かった。{/netabare}

【総評】
超シュールでアートでサイケでポップな映像で作ってドヤ顔している感にウンザリ。ただのしょぼくてヘタクソな落書きにしか感じられないんだが。ショートでも見なければよかった。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 2
ネタバレ

すがさ

★★★★☆ 3.1

明るく陽気に、いきましょう。

佳村はるかさんと三森すずこさんの演技がみたくて視聴し始めた4分台アニメだったんだけど、狂気の作画でビビった。

{netabare}
物 理 法 則 ガ ン 無 視

分 裂 す る 身 体

口 か ら 背 景
{/netabare}

作画崩壊しても絶対バレないじゃんw

でもキャラがいっぱい出てきたことで、途中から出てきたキャラが誰が誰だかわかんなくなっちゃった。

EDでネタを披露している芸人さんは、この作品の雰囲気とイイ感じにマッチしていて良かったと思う。

あとエンドロールで気づいた。
声優の伊藤美来さん、『五等分』の「三玖」と並行して、もうひとつ「みく」ってキャラ演ってらしたんですね。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 10

えたんだーる

★★★★☆ 3.6

くせのあるショートアニメ。とてもユルいです。

テレビ東京系で放送されていた「A応Pのあにむす」という番組内の1コーナーとして放送されていたショートアニメです。

舞台のモデルとなっているのはスパリゾートハワイアンズ(旧「常磐ハワイアンセンター」)があるいわき市。

作品の画像で想像はつくかもしれませんが、一応は中学生が部活としてフラダンスをやるというお話です。が、作中でまともにフラダンスを踊るシーンはほとんど描かれません。

とてもポップで色彩的に目に優しくない独特の絵柄なので、作画については評価しにくいため評点3.0としています。

ストーリーは一応部活物の王道を踏襲しているとは思うのですが、とにかく画面も会話の内容もユル過ぎてあまりまともに頭に入ってこないかもしれません。こういうファンシー文房具みたいなキャラクターデザインが好きなら観ても悪くはないかもしれません。

なお出演声優陣は、もしかしたら内容に不釣り合いと揶揄されかねないくらいに豪華です(笑)。

毎回きっちり流れるA応Pが歌うOP主題歌に対して、特定のED主題歌はなくてEDはウクレレ漫談みたいな奴なのですが、うっかりするとこれが一番面白かったりするかもしれません。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 14

計測不能 9 佐々木未来アニメランキング9位
カードファイト!! ヴァンガードG(TVアニメ動画)

2014年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (9)
64人が棚に入れました
世界のカードゲーム人口は数億人を超え、
人々の生活の一部として当たり前のようになっていた。

『カードファイト!!ヴァンガード』

世界で最も注目を集めているこのカードゲームを通じて、二人のカードファイター「先導アイチ」と「櫂トシキ」は、世界を救う先導者となった。

それから数年後ー。

幼い頃に両親を亡くし、自身の力のみで生きていこうとする主人公「新導クロノ」

フェンシングの英才教育を受けて育った、クラスの人気者の爽やかイケメン「騎場シオン」

容姿端麗・成績優秀な江戸っ子女子「安城トコハ」

3人の主人公を中心に、新たな物語が動き出す。

誰も見たことのない新クラン「ギアクロニクル」

この幻のデッキをクロノが手にしたことから、それまで交わることのなかった3人の運命が絡み出す!

ありえた未来、ありえた自分を意味する「ジェネレーション」

彼ら3人の未来を待ち受けるものは果たして・・・!?


声優・キャラクター
石井マーク、榎木淳弥、新田恵海、石川静、橘田いずみ
ネタバレ

yuugetu

★★★★★ 4.5

真面目で堅実なカードゲームアニメ

2014年10月~2015年9月放送のヴァンガードGシリーズ第1期。前シリーズ(ヴァンガード1期~4期)は未視聴です。
子ども向けカードゲームアニメとして堅実で安定した良作です。

なんだろう…カードを売りたいというより、ヴァンガードというゲームそのものを好きになって欲しいという制作陣の想いがすごく伝わってきた。そこが本作の一番好きな所かもしれません。
主人公の成長物語を軸に、ファイター同士の交流やカードゲームの楽しさに様々な角度から言及し、普及協会の様子なども丁寧に描いた非常にバランスの良い販促アニメ。描写の積み重ねが素晴らしかったです。

BGMは明快な曲が多くて、作風に合っていますし聞いていて気持ちがいいです。OPも良かったけどEDがどれもお気に入り。1クール毎に変わるのですが、どれも主人公チームをメインにストーリーの内容に合わせたものになっていて素晴らしかったです。

【物語】
中学2年生の新導クロノは、不良のような雰囲気と人付き合いの苦手さから誤解を受けやすい少年。ある日学校の下駄箱に入れられていたヴァンガードのデッキを手にしたことでヴァンガードに情熱を向けるようになり、同級生の綺場シオン、安城トコハとチームを結成し、次第に仲間を増やしていきます。

【キャラクターとストーリー】
{netabare}
無駄なキャラクターがおらず、それぞれの立場での努力や信念があること、キャラクターの行動が物語を動かしていく所が良かったです。
特にこのアニメ子どもが可愛くて凄い好きw

孤独だったクロノがヴァンガードを通して人と繋がり、デッキを大切にし、自分自身と向き合っていく過程が丁寧に描かれ、自分の未来に可能性を見いだしていく描写が堅実に積み重ねられていく。クロノが大切なものを手に入れて行くのが見てて良いなあと思います。
第1話の「俺たちは一人で戦うわけじゃない。仲間の力を借りればもっと強くなれる」というカムイの言葉、ラストの「自分の未来、もう一つの可能性。確かめたい、もっと」というクロノ自身の言葉、第14話でタケルから出会いに意味を持たせられるかどうかは自分次第と教えられたことが、ちゃんと最後まで繋がっていました。

シオンとトコハもそれぞれ悩みを抱えていて、三人が助け合いながら頑張っていて応援したくなりました。少しずつ仲良くなっていくのが和む。チーム結成までが波乱万丈で感情移入しやすいので、結成後に三人で色々な試練に立ち向かうのが胸熱でした。

ユナサン支部の最後の神崎戦ではクロノの人間関係を強調する演出、最後の伊吹戦ではデッキとの関係を強調する演出がされていたのも狙っていたんだろうなあ。

ディペンド・カードはファイトの中で強力なモンスターになるのかな?って思っていたんですが、グレード0のクロノ・ドランになってちょっと驚いた。でもヴァンガードの良さが強さだけじゃないこと、仲間の大切さを言い続けてきた本作なので、クロノに縁の深そうなユニットであることで大いに納得しました。

全体を通して、伊吹とクロノの3回のファイトがクロノの成長や物語の向かう方向を明確にしていて、きちんと考えられているなと。
あーもー伊吹さん不器用かよー。{/netabare}


【作画・演出】
{netabare}
子ども向けらしい全体的にシンプルなキャラデザと画面作りでとても見やすく、演出も安定していました。作画は不安定な時もありますが、大切な回には力を入れていて好印象。ドラマパートとファイトパートでコンテ・演出にはっきり差を付けています。

背景をしっかり作り込んでいて、それを物語や演出に活かすのが上手でした。
カードキャピタル2号店周辺(浅草からスカイツリーのある地域)は、クエストでクロノが色んな場所を歩き回る上にキャラクターの再登場率が高いので、本当に地元って感じですね。
第22話でクロノが悩んでいる時、見慣れた背景だけで堂々巡りしているのがすぐわかりますし、演出としても近代的な印象と下町のような風情・陰影の付け方がクロノの心理にしっかりリンクしています。
トライスリーの三人が夜景の中で団結したり、花火を見ながら胸の内を吐露するシーンがとても好き。{/netabare}


【カードゲームアニメとして】
{netabare}
全体として誠実な描き方をしていた印象です。
第26話でしっかりしたルール解説があり、新規ファンを視野に入れているのが良いですね。ただ私もしっかり理解できてないんですけど、ファイト序盤の盤面は描かれないことが多いのかな?

本作では子どもの世界と大人の世界にドラマ性があり、それが相互に影響し合う描写がヴァンガードを軸にしっかり描かれているのも良かったです。

トライスリーの三人がクエストやイベント、ファイトで小学校低学年くらいの小さな子とも仲良くなっているのも、キャラクター描写を深めるとともに、子ども視聴者を意識してる感じがして好き。

大会でのイカサマの一件はちょっと重いけどリアリティが感じられ、実際プレイする人の気持ちに寄り添う回なので評価したいです。
物語としても、クロノが自分の気持ちやデッキに向き合う大きなきっかけになり、また後のユナイテッドサンクチュアリ支部での騒動にも繋がる名エピソード。運営に携わるコウジの厳正な判断やマモル(ドラエン支部)の公正な優しさを描写するのもきちんと考えられているなあと。

後半で展開されたユナサン支部の事件とタイヨウの描き方ですごく感じたんですが、いわゆるエンジョイ勢とガチ勢のどちらもアニメで否定していない点は特に評価したいです。ユナサン支部の事後処理と再建にも言及してくれたため、とても良い印象で見終わることができました。{/netabare}

残った伏線からすると、次からは惑星クレイの物語になっていきそうかな。
ほのぼのとした内容が好きなので、この雰囲気は今まで通り楽しみたいですね。(2018.5.3)

投稿 : 2019/11/16
♥ : 3

計測不能 10 佐々木未来アニメランキング10位
とつぜん!猫の国 バニパルウィット(アニメ映画)

1995年6月10日
★★★★☆ 3.5 (2)
9人が棚に入れました
猫が支配する国を訪れた兄弟たちの冒険譚を描いた劇場用長編アニメーション作品。物語の舞台は、猫の国・バニパルウェット。主人公のトリヤスとミーコの兄弟は逃げた飼い犬のパパドールを探すために旅をしていく。無事にパパドールを見つけることができるのか? 二人の前に待ち受ける困難とは? 本作は、『ピーターパンの冒険』『アキラ』のなかむらたかしが監督・脚本を担当し、堀裕晶や佐々木未来、日高のり子、飯塚雅弓などの豪華声優陣が起用され、骨太な作りとなっている。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ