おすすめ信田かずお人気アニメランキング 5

あにこれの全ユーザーが人気アニメの信田かずお成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月21日の時点で一番の信田かずおアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

計測不能 1 思春期美少女合体ロボ ジーマイン(OVA)

1999年2月25日
★★★☆☆ 3.0 (2)
7人が棚に入れました
サンライズ初のオリジナル・ビデオ・アニメーション作品。美少女+メカを合体させた作品。浅草を舞台にした70年代の雰囲気を漂わせた世界観が印象的。また、ラブコメや家族愛などの人間ドラマ要素も随所に盛り込まれている。 西暦1976年。突如浅草に無機生命体オーガピエンスが出現。地球に対して攻撃を開始。彼らに対抗できるのは,月面で発見された「ジーデヴァイス」の設計図をもとに建造された巨大ロボット・ジーマインしかない。花川戸家の長女あやめは、謎の青年・甲児の導きによってジーマインを起動させ、見事これを撃破。かくしてオーガピエンスとの戦いの幕が上がるのだった。

天上しょーと♪♪

★★★★☆ 3.1

嵐を呼~ぶ♪ジーマイン~♪ おすすめはしないけどOPだけは聞いてほしい

全6話のOVA作品。

【良い点】
・思春期美少女合体というタイトルであるものの当時目線でも萌え系って感じの絵柄でもなく
一部視聴者に媚びたようなシーンがなかったことは評価できます。

・音楽
opedどっちも好きですが特にop曲の「乙女の祈り」は結構好きな曲です!
合体シーンで流れるopアレンジBGMもかっこいいです。

作画も良い方だしロボットも悪くない

【悪い点】
キャラクター、ストーリー共に薄味。
女性キャラがわりとみんな活発系だったことは良かったんだけど一人一人の個性は薄い。
母親と一番下の子の話とかは良かったので別に嫌いではなかったんだけど
最終回は酷いと思います。

【総合評価】
TVで勇者ライディーンが流れたり超電磁ヨーヨーとかあるのかしらみたいな台詞などなどがあったから
あの男の子の名前が甲児だったのはやっぱりマジンガー意識してたのかな?
まぁ微妙な作品ですねー。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 1

60.1 2 こみっくパーティー(TVアニメ動画)

2001年春アニメ
★★★★☆ 3.3 (54)
329人が棚に入れました
第1志望の美術大学に落ち目標を見失っていた千堂和樹は、幼馴染の九品仏大志に半ば強引に同人誌の世界へ引き込まれる。しかしその画才により、和樹は同人界でたちまち頭角を現していく。
ただ、創作意欲は人一倍だが私生活面はやや物臭な和樹になにかと世話を焼く高瀬瑞希や同人誌作家の猪名川由宇&大庭詠美、こみっくパーティースタッフの牧村南といったヒロインたちを巻き込んで、壮大かつコミカルな同人界のサクセスストーリーが展開する。
果たしてその先にあるのは…!?

声優・キャラクター
菊池正美、茶山莉子、茂呂田かおる、石川静、馬場澄江、山田美穂、園崎未恵、むたあきこ、遠近孝一、こおろぎさとみ、こやまきみこ、菊地由美、百々麻子

セメント

★★★★☆ 3.9

今こそ!共に同人誌を作ろうではないか !

やっぱオタ系アニメは良いですね、他のアニメにない親近感を感じます
まぁ設定はあくまでフィクションの域を出ませんが
コミケ他同人誌即売会に参加したことのある人もそうでない人も、十分に楽しめる作品だと思います


売る人買う人即売会、今作は「創作」をテーマに、同人活動に真髄に迫らんとする主人公:千堂和樹による、笑いあり涙ありの同人誌サクセスストーリーです
流石に、制作サイドが同人業界に精通しているだけあって、即売会取り巻く環境の描写は一見の価値があります
キャラクターのサークル名には、原作の原画担当のみつみ美里女史や甘露樹氏のサークル名が由来になってたり、その他同人用語が多く飛び交います
故、多少のこと同人知識があるとなお良いですね

後のドージンワークと同じく、創作オタ系アニメであり、
買い専が常の私としては共感半分といった具合なのですが
見てると、サークル参加って楽しそうだなぁと思わせてきます
コミケを基にした即売会が主軸に据えてあるわけですが
ところで、あの欲望と愛憎の渦巻く災禍の中心・コミックマーケットに参加されたことはありますか
毎夏毎冬、まとめサイトを大いに賑わせる
東館大手壁サークルに並ぶも結構、お気に入りの島サークルを渡り歩くも結構
同人誌漁りはもちろんのこと、一般参加者やサークルさんとの交流、諧謔に富んだスタッフの格言の数々、コスプレ広場や企業ブースも、待機列で見る有明の日の出さえ、筆舌に尽くしがたい
最近はマナー違反や徹夜組問題に加え、条例云々のこともあって雲行きの怪しいコミケ事情ですが
大志も熱弁を奮うように、オタクのシャングリラ、紙のコロッセオであるのがこのコミケ
その楽しさは折紙付きです、行ったことのない人は是非参加してほしい
暗黙知を了解しつつ、あるいは高度な情報戦に惑わされず、真の価値を見出す喜びを体感せよ

話が長くなってしまった
作画、声優については、まぁ2000年代初期にして、まぁ良かったんじゃないでしょうか
音楽はOPが良いですな、「君のままで/元田恵美」

キャラは良し!
そりゃまぁ現実の同人誌界とは乖離してますが、置いといて
ヒロイン:高瀬瑞希からしてレベルが高いわけですが
個人的オススメは、長谷部彩ちゃんと立川郁美ちゃんです
無口ッ娘さいこおおおお小学生ひゃっはああああああ

そして、アニメ史上最強にして最高のオタク、九品仏大志
同人誌で世界征服を企むキチg(ry究極超人
その情熱は他のオタク達の追随を許さず、今なお神話となり語り継がれるその発言の数々
彼を抜きにしてこのアニメは語れません
少年よ、大志を目指せ


なかなかに楽しませてくれました
これを見れば、あなたのリビドーも満たされる・・・?

投稿 : 2019/09/21
♥ : 6

ヒロ(4代目)

★★★★☆ 3.4

コミケ じゃなく こみパ だよ。

どんな 内容かというと。

美大に落ちた 千堂和樹 が 悪友の 大志 に
そそのかされ 同人業界(蛇の道)に突き進むお話です。

簡単に説明すると 同人からの 成り上がりストーリー。
こみパに参加する 女の子と仲良くなったりしながら
自らのスキルを磨いていくような 感じのお話。

ゲームがそっちの方面で結構人気あったので実際に
こみパが実施されたりと・・・。色々ありましたよね。

お気に入りのキャラは やっぱり 詠美ちゃん様です。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 4

saccho

★★★★☆ 3.1

感想

非オタの男子高校生がオタクの友達にそそのかされて同人誌作りを始めるお話です。いつくか同人誌作りを扱った作品のはあり,それらのほとんどがオタクをネタにしていますが,この作品はそうではありません。主人公は,同人誌を作る楽しみ,買って読んでもらえる喜びのため同人誌を作っています。同人誌作りをとおして,挫折しながらも主人公が成長していく姿が描かれています。ラブコメ度はあんまりありません。主人公がヒロインにデレませんので。古い作品で画質はそれなりですが,そこそこ楽しめましたので,興味がある方は見てください。それと,この作品を見る前に「ToHeart」を見ておくと第1話の冒頭シーンが楽しめると思います。

投稿 : 2019/09/21
♥ : 4

62.4 3 新ゲッターロボ(TVアニメ動画)

2004年春アニメ
★★★★☆ 3.5 (24)
140人が棚に入れました
突如、人類に牙を剥いた者達がいた。その姿は古来から伝わる伝説の生き物「鬼」そのものであった。ゲッター線研究の第一人者、早乙女は鬼たちに対抗するべくゲッター線を動力とする巨大ロボット、ゲッターロボを開発するが、試作型のゲッターロボでは鬼に太刀打ち出来なかった為、新型のゲッターロボの開発とそれを乗りこなせるパイロットの選定を急ぐ事にした。

一方、東京・新宿で借金の取り立てを相手に喧嘩に明け暮れる一人の男がいた。彼の名は流竜馬。後に自分がゲッターロボのパイロットとして鬼との壮絶な戦いに巻き込まれる事になろうとは、この時、まだ知る由も無かった…

計測不能 4 魔装機神サイバスター(TVアニメ動画)

1999年春アニメ
★★★☆☆ 2.8 (8)
73人が棚に入れました
 巨大ロボット・サイバスターと異世界ラ・ギアスを巡る戦いを描くロボットアクション。アニメのロボットヒーローたちが一堂に会して戦う人気ゲーム『スーパーロボット大戦』に登場したオリジナルロボット・サイバスターが、逆にアニメになって登場。ゲーム設定を踏襲しながらも、オリジナルな展開とキャラクターで話題を集めた。安藤ケンは、地球環境保護を訴える組織、DC――ディバインクルセイダースに入隊したばかりの青年だ。彼は作戦中に謎のロボット・サイバスターと遭遇するが…。

声優・キャラクター
織田優成、増田ゆき、永田亮子、武藤寿美、小林由美子、森田順平、小高三良、根岸朗、乃村健次、吉岡ふみお、三浦七緒子

計測不能 5 絆 ~恋のから騒ぎ~(OVA)

2001年1月1日
★★★★☆ 3.3 (3)
18人が棚に入れました
ボーイズラブ系コミックで定評のある漫画家こだか和麻の代表作のひとつ『KIZUNA-絆-』を約30分のOVA化。同作は90年代半ばにもOVAが2巻(制作は大映)作られたほどの人気コミックで、主人公のひとりである鮫島蘭丸はこの新作OVA版でも置鮎龍太郎が演じている。互いに強い絆で結ばれた美少年の鮫島蘭丸と円城寺圭。だがそんなふたりの間に波紋が生じる。圭がラブホテルのマッチを持って朝帰りし、さらには謎の女性=麗奈から圭に電話がかかってきたのだ。これを圭の浮気だと思った蘭丸は家を飛び出し、街をさまようことに。一方の圭もまた蘭丸を追うが、事件の真相は……。本作の実制作はゼクシズが担当。脚本/絵コンテ/演出/監督の要職をOVA『ぼくの地球を守って』などのやまざきかずおが手がけている。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ