2013年度の冨樫義博おすすめアニメランキング 2

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの2013年度の冨樫義博成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年11月22日の時点で一番の2013年度の冨樫義博おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

60.2 1 2013年度の冨樫義博アニメランキング1位
HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(アニメ映画)

2013年1月12日
★★★★☆ 3.5 (235)
1204人が棚に入れました
ゴン=フリークスと共に旅をしていたキルア=ゾルディックは兄のイルミ=ゾルディックに「お前には友達はできない」と迫られる夢にうなされていた。
しばらくして二人はマリオネットを操って路上ライブにいそしみ、ライブ終了後に投げ銭を受け取る人形師に出会う。人形師の名はレツといった。
一方、クラピカはレオリオとの道中、竪琴を弾く少年と出会う。少年は、かつて試験官が引き連れてきた者から同伴者を一人選んで行う試験で、競争相手であるはずの隣相手を選び、共に合格した程の仲である目の見えない少年、パイロだった。クラピカはレオリオに先を促して二人の時間を作った。
再会も束の間、クラピカはパイロに両の目を奪われてしまう。クラピカが病室で静養している中を幻影旅団No.4のヒソカが現れ、奪った相手が以前の幻影旅団No.4だった男である者だと語った。その男の名は……。

えええええええええw さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

冨樫先生えええええええええええええええええええええ!!!!!!

原作ファンなので見たんですが、
あんまりですね。

友達にオススメはできません。

そもそも冨樫先生は監修もなんにもしてないんですね。

通りで原作(漫画)に比べたら、
話も演出も薄っぺらいというか、
あんまり記憶に残りませんでした。

あと、
藤木直人さんの声優も微妙ですね。
臨場感もあったもんじゃありません。

俳優で活躍されてる方でも、
声優となると違うもんなんですね。

改めてプロの声優さんの凄さに気づきました。

おっと話がそれました(笑)

結論言うと、
全体的に悪くはないです。

ただ、
原作のクオリティーが高すぎるんですよね。

冨樫先生

復帰、
待ってます。゚(PД`q*)゚。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 6

ソーカー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

そもそも誰向けに作ったの?

うーん、まぁ一本のアニメ映画としては並みかなとは思う。
作画がイマイチ良くないのは仕方ないとして、それなりにまとめてあるし言われてるほど悪くはないかな。ただハンタファンが期待してたのはクルタ族の話であって、制作側もそれを分かって確信犯的に宣伝してたが、実際のところ内容のほとんどがキルアとゴンの友情だった。

もちろん原作においてもゴンとキルアの友情は重要ではあるけど・・・・
ゴンキル二人の友情は敢えて語らずとも分かってることだし、そこに熱量は必要とされてないんですよね。どちらかという念能力を用いた頭脳戦や伏線を楽しむのがハンタの醍醐味で、ゴンキルとオリキャラの絡みとかはそんなに求められてない。

とにかく、友情・仲間・友達・・・ずっとこればっかりですよ。ハンタ読者はキッズじゃないんだからさ、その辺もうちょっと考えて作ってほしいね。るろ剣の追憶編みたいな感じの作品が見たかったんだけどなぁ・・・この新ハンタスタッフでは無理なんだろうなぁ。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 12

Britannia さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.4

タイトルに期待して視聴

■またか
声優素人の役者は下手だなぁ
一言目ですぐ解るレベルを起用すんなよなぁ。

メインキャラだし、大人の事情・思い出作りじゃね~のよ
たいした作品じゃないから良いけど
名作だったら作品台無しもいいとこだ。


■wikiから引用
ストーリーは完全オリジナルとなる予定とされたが、
後に原作者の約10年前の未公開ネームを
元にした話になることが発表された。

↑うそでしょ?
富樫がこんなつまらない訳がない。


■映画館で見てたらシンドイな
大人が見るには幼稚だし、家族で見るには
設定知らないと解らんだろーし。

所詮、原作者が指揮してない金稼ぎの作品などこの程度だな。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 13

61.2 2 2013年度の冨樫義博アニメランキング2位
劇場版 HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION-(アニメ映画)

2013年12月27日
★★★★☆ 3.6 (137)
732人が棚に入れました
「かつて、ハンター協会には強大な力を持つハンターたちが存在した。彼らは《光》と《闇》に引き裂かれ、それぞれが選ぶ道へと進んだ―そして今、全てのハンターを抹殺する為に《闇》が動き出す。《闇》の猛攻により、傷つき倒れるキルア、死に瀕するクラピカ・・・。ハンターたちを追い詰める《闇》の真の目的とは?そして、明らかになるネテロとハンター協会の罪深き真実。全てを知ったゴンは、傷ついた仲間を助ける為の“力”を求め禁断の《闇》世界へ足を踏み入れてしまうのか・・・!?」
ネタバレ

Yulily さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

HUNTER×HUNTERの劇場版オリジナルストーリー。偉大なキルアの存在!

劇場版 HUNTER×HUNTER
-The LAST MISSION-
98分


全ハンターよ、真実(闇)と闘え
今、蘇る悪夢。それはハンター協会の闇の歴史
数十年前のあの日、全ての悲劇が始まった… 浮かび上がるハンター協会の
闇の歴史―そして、ネテロの隠された過去 ハンター VS ハンターの死闘が今、
始まる!!!

上記は本作のキャッチコピーです。インパクトがありますね映画を観る
きっかけになるし興行成績にかかわると言っても過言ではないですよね。


私、冨樫は幽遊白書が最盛期と思っています。原作ハンターハンターは
現在分迄は既読しています。
前作劇場版は映画館に行きましたが、今作はレンタルでの視聴。


劇場版オリジナルストーリー
天空闘技場を再び舞台にし、メインの4人(ゴン、キルア、クラピカ、レオリオ)や
ズシとウイングの師弟コンビ、久々に皆集結します。


{netabare}
今回の敵はジェド。かつてハンター協会の影の隊長だったジェドは過去に
ネテロによって壊滅させられた。報復のため動き出すジェドの末えいである
修羅(しゅら)、煉獄(れんごく)、餓鬼(がき)という劇場版のオリジナルキャラと
壮絶なバトルを繰り広げます。


念の設定は練られた設定のため扱うのに厄介であり非常にオリジナルが
作りにくいと思いますが本作は矛盾を感じさせない出来でしたね。
敵サイドを未知の強さを持つキャラと描くため念ではない怨という謎の能力を
使ったのはオリジナル設定として悪くはないです。

それからアクションシーン良かったです。技と技のぶつかりあい。
バトルはよく動きます。
ゴンの釣竿、キルアのスケボー、初めのハンター試験でしか観られなかった
アイテムが使用されているのもすごく良かったです。
ネテロ役を演じた永井一郎氏の劇場アニメ最後の出演作の百式観音も圧巻でした。
キルアの洞察力や機転の利かせ方もカッコイイです。
{/netabare}


強いて言うならあと少し原作のような「作戦と発想力の戦い」の要素があると
良かったかなと


個人的にゴンとキルアの友情も見せ場が沢山用意されていたのは満足。
ゴンの言葉に照れてるキルアの描写に大満足です。

冨樫的ストーリー構成なんて期待して観ているファンいないだろうし
限られた映画の時間枠を考えると健闘だと思います。

オリジナルでこれ以上は難しいのではないでしょうか。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 23

kai さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

劇場版ですもの、多くは求めるべからず

1時間37分(ぐらい)劇場版H×H


原作やアニメが大好きなファンのために作られる(と信じています)劇場版。
ハンター×ハンターの基本コンセプト『仲間』を前面に出した作品。

多くの劇場版がそうであるように、絶賛するほどのものではなかったのは確かですが、大好きなハンターハンターの番外編が1時間30分もみれるんだ!そう思えばいちファンの私には満足な作品でした。


寂しいので劇場版もずっと続けばいいのに。と思ってしました。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 1
ネタバレ

AKIRA さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

ハンター十か条其乃四「ハンターたる者同胞のハンターを標的にしてはいけない」

映画館にて見てきました。前作が結構ひどかったので今回こそはと思ってました。

結論からいうとまぁまぁでした。前作よりはかなり良くなってました。

時系列としてはG・I編の後ですかね。(ゴンの技などから推察)
天空闘技場が舞台になっているのですが {netabare} とりあえずバトルオリンピアのフロアマスター達しょぼい奴多すぎるw キャラデザも微妙だし…
{/netabare}

前回と違って {netabare} ヒソカを戦闘に参加させなかったのは良かったと思います。前回強すぎでしたしw ネテロはまぁああなるのは予想できましたが、それにしても煉獄出番少なすぎてびっくり{/netabare}

どのへんがThe LAST MISSIONかわからなかったりしたし、やっぱりHUNTER×HUNTERってこういう劇場版にはむいてないのかなぁと思いました。

投稿 : 2019/11/16
♥ : 3
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ