加藤優子おすすめアニメランキング 3

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの加藤優子成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2020年08月06日の時点で一番の加藤優子おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

動画配信サービスで絞り込む

63.8 1 加藤優子アニメランキング1位
GEAR戦士 電童(TVアニメ動画)

2000年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (63)
361人が棚に入れました
ある日、流星のごとく光る何かが宇宙より墜落し炎上、そこから6色の光が何処かへと飛び去った。その対岸の砂浜によろめきながら歩く蒼い髪の少女がいた。力尽き倒れたその傍らには2つの携帯端末が、そこへ助け寄る人影があった…
その17年後のある日、人類の抹殺を目論む機械生命体ガルファの巨大要塞螺旋城が月へと飛来した。要塞からは配下のロボット…機獣が地球へと進軍を開始する。星見町へ引越しして来た少年「草薙北斗」は、小学校の校庭で拳法の練習をする少年「出雲銀河」と出会う。その直後、迎撃衛星を取り込んだ何機もの機獣が飛来し、町への攻撃を始めるのだった。家族が心配になった二人は帰宅を急ぐが、途中で泣いている迷子の少女を見つけ、それを救おうとした。機獣が彼らに狙いを定め攻撃するその刹那、同時に床を割って巨大な青いロボットが現れ、驚く2人を自ら胸部のコクピットへと迎え入れた。それこそ人類の希望「GEAR戦士電童」である。

声優・キャラクター
松岡洋子、進藤尚美、石村知子、三石琴乃、西村知道、野島健児、芳野美樹、高戸靖広、加藤有生子、根谷美智子、一条和矢、岸野一彦、中田和宏、鈴村健一、速水奨
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

希望が僕らの最後のギアさー

【良い点】
・電童
タービンくるくる回るやつはやっぱりかっこいいと思う。
技が漢字表示なのもこうゆう系だとまぁまぁ珍しい?
データウェポンも{netabare}銀河たちが喧嘩した時に仲直りするようにしてくれたりとか
好きな人にメール届けてくれたりとか、{/netabare}
単なる装備に留まらないのがよかったです。

・銀河、北斗、エリスの日常の絡み
この作品で一番好きだったのはこうゆうところだったなー。
日常以外だと{netabare}北斗のお母さんがさらわれた時{/netabare}の
銀河の北斗へのセリフがかっこよかったかなぁ。

・その他
作画は安定していい感じ、音楽も結構いいです。特にED曲が好きです!

【悪い点】
・全体的なストーリーはあんまり面白くない。
序盤が一番楽しめた気がします。

・後半のエリスの影の薄さ
良い点に書いたように子供たち同士の絡みが
好きだったのでちょっとがっかりだったかなぁ。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 0

k-papa さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

EVの走り?

如何にも子供向けロボットアニメです。
結構面白いアニメですが、メインの監督、脚本があのガンダムSEEDの夫婦なんですね。
幸いメインの二人が男の子なので、当然変な関係にはなりません。
昔実写変身物の超人バロムワンみたいな優秀な男の子と体育系の男の子の友情ものに一応なっております。
謎の副指令が美人ママというのも面白かったですね。

それよりもロボットが電気動力でバッテリー切れになると
巨大な電池を交換するのが、今の電気自動車の走りみたいで
ちょっと笑えます。

一番魅力的な女性キャラが人妻というのも
子供番組には異例かも?

投稿 : 2020/08/01
♥ : 1

のらのら さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

なぜかはまったアニメ

知っている人は知っているロボット物です。
腕・足がローラーになって回しながら戦うという、普通だったら敵キャラに使うような設定を見事正義のロボットに落とし込んだと褒めたい。
戦い方がローラーを駆使して面白い戦い方をするので、見ていて楽しかったです。
後半敵との戦いの盛り上がりもかなり熱いものがありました。
これはもっと評価されていい作品だと思います。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 1

67.9 2 加藤優子アニメランキング2位
フィギュア17 つばさ&ヒカル(TVアニメ動画)

2001年春アニメ
★★★★☆ 3.9 (44)
235人が棚に入れました
『フィギュア17 つばさ&ヒカル』は2001-2002年まで13回にわたりアニメシアターXで放送された連続アニメ番組、またはそれを元にした漫画・小説作品。
【ストーリー】北海道を舞台に、宇宙からの侵略生命体に立ち向かう2人の少女の姿を描いた傑作SFアニメ。北海道の牧場に住む少女・椎名つばさが人間化したリベルスである少女・椎名ヒカルと共にフィギュア17に変身し、同じく宇宙から来た生物兵器マギュアを倒していく。
また、内気で内向的な少女であるつばさはヒカルとの生活やこれらの闘いの中で、精神面でも少しずつ成長していく。

声優・キャラクター
矢島晶子、折笠富美子、小山力也、井上喜久子、佐藤政道

ソーカー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

じっくりコトコト煮込んだ少女の成長記

主人公が変身して宇宙から来た怪物マギュアと戦っていくという非日常と、その影響を受けながらも保たれる日常の両面における、主人公の戦いと成長を描いたオリジナルSFアニメ・・・だそうだが、一話45分全13話の大半は緩やかな日常描写で、その懐かしさを覚える緻密な日常描写の中での主人公の「つばさ」の成長ぶりじっくり見守る楽しみ方が適当。つばさは内向的で何事にも消極的な少女ですが、自分と瓜二つでありながら快活なヒカルと過ごすうちに精神的に成長していく・・・というのがこの作品の根幹です。作画も美麗だし、音楽はTHE ALFEEで雰囲気は凄く良いです。

「北の国から」+「遊星からの物体X」を目指した作品らしい。
「北の国から」は真面目に見た事がないのでよく分からないですけど、美しい山や野原の情景、繊細に描かれた緩やかな日常、そのアニメらしからぬ雰囲気は似ているかも知れないです。
「遊星からの物体X」に関しては、ヒカルがつばさの複製であるという設定とマギュアのデザインはそれっぽいな・・・とは思います。モンスターデザインは確かに作風と不釣り合いなぐらい気持ち悪いですが、キモグロっていうほどではない。ましてや人に成りすましてギョエーみたいなホラー展開にはならないので、まぁそこら辺は全然違います。余裕がない!危機だ!と言われても実際起こったのは木が枯れるぐらいで、マギュアが全く日常を脅かす存在にもならなかったという点は、肩すかしに感じられるかも知れません。日常と非日常、現実と非現実が融合した作品がお好みな私には不満の残った作品でした。バトルも終盤こそ盛り上がるけど、それまでは何処か作業的でモンハンみたい(笑)

まぁ、やはりこの作品の良さは人物描写と日常描写なのです。小学生の何でもない日常があまりにもリアル。北海道を舞台にした美しい山々や野原の情景とともに、各々の登場人物を丁寧に描いています。瓜二つなのですが、つばさとヒカルの表情の違いは見てればすぐ分かる。もう一人の自分、理想の自分が常に傍にいると絶対辛いこともあると思うんですが、その辺も妥協せずに真っ直ぐに描いてました。少女の内面の成長をガチンコで描いたという一点のみでも十分評価に値すると思います。尺の長い日常シーンの退屈さ、あと微妙に説教臭い点はアレですが、その積み重ねが終盤に活きてくるような作品なので、何か感じるものがあれば・・・最後まで見る事をオススメします。どうでもいいですが、つばさとヒカルが合体してフィギュア17に変身したときの姿が「鉄腕バーディー」にちょっと似てるんですよね、二心同体って意味でもちょっと似てる・・・です。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 9

ビスケット1号 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8

「今の自分は好きですか?」

これは良いです!
オススメです!

2001年なので絵柄とか古い感じもするかもしれませんし
派手さもないアニメですがすっごく丁寧に作られています
このレビューのタイトルは第1話のサブタイトルです
作り手が何を大事にして作られたのかがよくわかります

主人公は北海道に引っ越してきた小学4年生の少女です
そこで異星人と偶然出会い事件に巻き込まれ…という物語
私は北海道生まれなので舞台というだけでも弱いんですが
でもロリではないし(^_^;) かつそういう要素は皆無です

「北の国から」+「遊星からの物体X」を目指したという
監督のトンデモ企画を意図して作られたらしいんですが
これがなんとまぁ、見事に大成功して傑作になってますw

「自分自身が嫌い」「住んでいる場所が嫌い」…っていう
主人公=つばさが、もうひとりの自分=ヒカルに出会って
少しずつ変わっていくというリアルな感じの小学生の話と
他の惑星から来た異星人の必死な戦いが並行して進みます

どちらも人物たちの気持ちがしっかり追いかけられて
もともと各話1時間という珍しい枠で作られたせいか
早い展開ではないのでもしかしたら大人のヒト向けかもです


これを観て、「ヒドゥン」というSF映画を思い出しました
近所のレンタル屋のホントの隅っこにあったのを見つけて
名前が「hidden」なんて…これがホントの隠れた名作か?
なんて2〜3年前に借りて観たんですが本当にそうでしたw

かなり古い映画で 今ググったら1987年の制作だとのこと
おそらくかなーりの低予算で作られたと思うんですが
見事にSFしていてドラマとしてメチャメチャ面白いです
一部ではとても高評価なちょっとカルト的映画なのかも

何故思い出したのか?…というか、2作の共通点としては
・異星人が人間に紛れ込み”隠れて”生きている
・とても地味ながらSF的設が細かくストーリーに活きている
・「ヒトの気持ち」「動機」のリアリティが素晴らしい
・「愛」がある (^_^;)
というところでしょうか。


このアニメはdアニメストアで観られます
月額400円払ってでも観る価値ありと思います
・・・まわしものではないですよ! (^_^;)

投稿 : 2020/08/01
♥ : 10
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

タイトルなし

宇宙怪獣マギュアとの戦いと、
日常パートを1話47分×13話分で丁寧に作られた作品。

内気な少女、つばさちゃんは対象的に明るく元気なヒカルちゃんと
過ごしてくうちにゆっくりと成長を重ねていきます。

最後にどんな感じの結末を迎えるのかは序盤の時点で読めるので
意外性のある終わり方はしないもののそれでも最後まで楽しく見れたし
なんならぼろぼろに泣きまくっちゃったのは
描き方が素晴らしい証拠だと思います!
締めのお父さんとの会話でもう一回涙腺やられましたw

子供たちのなんとも言えない関係性がリアル。
最初は小学生にしては捻くれてるの多いなぁなんて思うんだけど
そんな子でも好きな子には積極的だったり、
なんだかんだ気にかけて優しくしたりと
見ていくうちに、ああ・・・こんな感じだったかなーなんて思えちゃう。
なんだかこのクラスに自分が一緒にいるような感覚というか
思い入れまで覚えて・・・
{netabare}だからこそメインキャラほどたくさん出番があったわけじゃない
あの子の死でもみんなと同じように泣きまくってしまったなー。
気になった所は強いてあげるなら弱ってるとはいえつばさが
ヒカルちゃんは人間じゃないもん!まで言ってしまった時は
さすがに言いすぎ・・・って思うけどその後の
ヒカルの言葉からの流れがすごく良いから気にならない。 {/netabare}


昨今この作品以上に日常をメインとする作品が多いものの
ここまで入り込める作品はなかなかないと思います。

投稿 : 2020/08/01
♥ : 2

計測不能 3 加藤優子アニメランキング3位
爆球連発!!スーパービーダマン(TVアニメ動画)

1999年冬アニメ
★★★★☆ 3.1 (4)
40人が棚に入れました
小学生のタマゴこと戸坂玉悟は、対戦大好きなビー玉戦士(ビーダー)。トップビーダーになるため、日々友人たちと腕を磨いていた。ある日、転校してきた早撃ちが得意なスナイパーガンマこと西部丸馬と出会い意気投合。お互いをライバルと認め合う仲となる。さらに留学中のアラブの石油王の息子・魔術師サラーがバトルを挑んできた。サラーは障害物を避ける脅威のスネークショットを連発。一方タマゴたちは障害物が邪魔で大ピンチに追いこまれてしまう。果たして、タマゴに起死回生の一発は出るのか?

声優・キャラクター
瀧本富士子、芝原チヤコ、今井由香、渡辺久美子、私市淳、優希比呂、夏樹リオ
ページの先頭へ