おすすめ原田知世人気アニメランキング 8

あにこれの全ユーザーが人気アニメの原田知世成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年08月23日の時点で一番の原田知世アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

65.1 1 おまえうまそうだな(アニメ映画)

2010年10月4日
★★★★☆ 3.8 (38)
153人が棚に入れました
草食恐竜・マイアサウラのお母さんはある日、川で流れてきた卵を拾い、家で自分の卵とともにいっしょに育てることにした。そして拾った卵の殻を破って出てきたのは肉食恐竜・ティラノサウルスの子供だった。お母さんはその子を「ハート」と名づけを自分の子「ライト」と同じように育てるが、ハートは「母と自分の姿が全然違う」とショックを受け家を飛び出してしまう。

声優・キャラクター
原田知世、加藤清史郎、山口勝平、別所哲也

ソーカー

★★★★☆ 4.0

殿堂入り泣けるアニメ

絵本はかなり知名度高いですよね。
ファミリー向け・子供向けだけど侮れない感動作です。

食物連鎖の中で捕食者と被捕食者の愛情を描くのは元々無理があるけど、意外と普通に見れてしまうんです。勿論無理はあるんですが、食物連鎖・本能・自然の摂理から逃げようとはしてなかった点は大きかった。捕食者と被捕食者の関係はどう足掻こうが変えられないことだが、主人公のハートはそれを自覚した上で自身を受け容れようと努力していた。お子様でも見れるようにデフォルメはされているものの厳しい現実を隠さず見せた上で、段階を踏んで違いを違いとして個性を認めていく力強さと優しさに勇気づけられます。

感動のさせ方が卑怯、と思いつつ見てもホロリと来るんですよね。
親子が違う生き物って気づかされる時期や、自分と親を重ね合わせる時期って現実にもあるわけじゃないですか、そういう心の機微がとてもよく表現されているんです。そんな息子の立派な成長を悟り間違いではなかったと泣く母親(CV:原田知世)にもらい泣き。子供・父親・母親、どの視点でもキッチリ感動出来るように計算しつくされていて、その完成度の高さに驚いた。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 18

レッツマゲマゲ

★★★★☆ 4.0

油断した~泣かされた~!

子供っぽい絵柄だし物凄い期待感もなく見始めたんです。

難しい話の作りでない分最後はどうなるんだろうと単純に興味をひきつけられはしました。

物語って凄く気をてらってなくてもいいし、伝えたい事を表現するのにやはり物凄い画力も必要なく、素直にストーリーが入ってきて見やすくわかりやすく、そしてなんといっても見終わった後に「良かった」って思えるって最高ですよね。

今の家庭環境とかご時世を考えるとこのような作風って受けるのかな?って思わなくはないですが、シチュエーションよりも登場人物(恐竜たち)の心の動きやそれからなる行動に着眼点をおいてほしいですね。

決して悪い気分にはなりませんし、お子さんのいるご家庭なら是非一緒に観て頂きたい作品だと思いました。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 2

NANA

★★★★★ 4.8

キャラデザの子供っぽさで侮ってはいけない。隠れた名作

以前TVでやっていたのをたまたま見付けたのですが、最初はキャラデザといい誰向けなのだろうと不思議に思っていました。
でも、段々と魅きつけられて見終えた後はこの作品に出会えたことに感謝すら覚えました。
マイナー作品ですが隠れた名作だと思うので、もっと多くの人に知って欲しいです。

絵本が原作で、アニメから醸し出す独特な世界観と雰囲気が新鮮です。絵は漫画チックでキャラクターもコミカルな感じなのに、描かれている物語が深くて心に残る作品でした。

子役タレントの吹き替えって苦手なのですが、加藤 清史郎君の声はキャラクターのイメージに合っていたと思います。平原 綾香さんの主題歌も良かったです。

物語は、草食恐竜に育てられた肉食恐竜ハートの成長物語です。気が弱く心優しいハートはやがて自分が肉食恐竜だと知り酷く傷付きます。悩み苦しんで彼が選んだ道は…そして新たな出会い。家族のあり方を考えさせられるアニメです。ハートがとても格好良かったです。
このデフォルメなのにアニメーションの動きも良くて、戦闘シーンも意外と迫力がありました。魅せ方が上手いのでしょうね。

子供から大人まで楽しめて、すごくメッセージ性の高い作品です。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 3

65.5 2 幻魔大戦(アニメ映画)

1983年3月12日
★★★★☆ 3.6 (105)
510人が棚に入れました
 原作=平井和正、石ノ森章太郎、アニメキャラクターデザイン=大友克洋、音楽監督=キース・エマーソン、監督=りんたろうというそうそうたる顔ぶれで製作された、超能力バトル・アクション。角川映画劇場用アニメ第1回製作作品でもある。大宇宙の破壊者 “幻魔”が地球に接近しつつあった。宇宙の意識体“フロイ”のメッセージを受け取った、トランシルバニアの王女にしてエスパーの“ルナ”は、やはり幻魔と戦っているというサイボーグ兵“ベガ”と共に地球を守る戦いを開始する。ルナは全世界のサイオニクサー(超能力者)を集め、幻魔に対抗しようと考える。そのうちのひとり、高校生の東丈は自分の能力にまったく気付いていなかったが、ベガの挑発によって超能力を開花させる。しかし、精神的に幼い彼は、宇宙を守る戦いに参加するよう説得するルナに対して心を閉ざしてしまう。そんな彼の元にも敵は容赦なく現れ…。

声優・キャラクター
古谷徹、小山茉美、江守徹、池田昌子、美輪明宏、佐藤正治、穂積隆信、永井一郎、滝口順平、潘恵子、塩沢兼人、原田知世、槐柳二、田中秀幸、林泰文

maruo

★★★★☆ 3.6

テーマ曲に魅了された B+

この作品が公開された当時は小学生で、劇場に見に行ったのを覚えています。

非常に感動して、余韻に浸りながら映画館を出たように記憶していたのですが、数年前にレンタルで借りて見たところ、当時の感動が蘇ってきません。

仲間を集めて、超能力バトルして、「うおー」ってな感じになって、ハイ終わりです。

こんな映画だったっけか~?と不思議にすら思えましたが、エンディングになってその理由が分かりました。
テーマ曲に完全に魅了されてしまっていたんです。

テーマ曲は、ローズマリー・バトラーの「光の天使(CHILDREN OF THE LIGHT)」。
全て英語の歌詞で、当時は「アニメなのに歌に日本語がない!」とまず衝撃を受けました(笑
独特の高揚感を持つメロディーで、摩訶不思議な音色が混じっていたのですが、当時はそれがシンセサイザーだとは知らずにいました。

このテーマ曲は、その後ラジオで流れていたのを録音し、何百回と聞き返すほど気に入りました。
そのうちに映画の曲としてではなく、単独の曲としてとらえるようになっていました。
ただ、あまりに聞きすぎたために、曲に対する感動も少しずつ冷めていき、曲の感動が映画の感動と結びついていたのをわすれていました。
それが、映画を見返して、「あー、この曲に感動していたのか!」と気付かされたのです。
皮肉なことですが(笑

まだ続きがあります。
この曲を作った人を最近知ってびっくりしました。
作曲は、キース・エマーソン。
エマーソン・レイク・アンド・パーマー(ELP)というプログレッシブロックバンドの大御所のメンバーです。
プログレには明るくない私でも名前を知っている、超が付くほどの有名人でした。

当時の私に本物を聞き分ける耳があったかどうか分かりませんが(無論今でも無いと思いますがw)、「良くぞこの曲を好きになった」と褒めてやりたい気持ちです。

アニソン好きの方だけでなく、広く音楽好きの方にお勧めできる曲ですので、機会があればぜひ聞いてみてください。

えーと、肝心の映画の中身ですが、最初に書いたとおりです(笑
古い作品だけに、映像的に見ると最近のアニメを見慣れた人にはちょっと厳しいかなと思います。
それでも、ストーリー的に面白ければお勧めするのですが、残念ですが余り惹きつけるものがありません。

それでも、当時の映画館ではスクリーンに釘付けになって見入ってしまったのは、当時は娯楽が少なかったからでしょうか。

殆ど曲に対する思い入れになってしまいました・・・。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 14

キリン 

★★★★★ 4.1

超能力者の方は観てください

古い作品のアニメ映画です。

小学生の頃に何度か夏休みにTVで放送していたのを
観た記憶があります。

それを25年ぶりくらいでしょうか
改めて視聴してみました。

簡単に言えば
宇宙を破壊しようとしている『幻魔』を
なんとかしないといけないストーリーです。

ま、世界中の超能力者を集めて頑張るんですが、
ごく普通の少年が能力に目覚めて・・・
みたいな感じです。

今でこそ新鮮味に欠ける内容と思われるかもしれませんが
私にとっては、超能力をここまで現実的な描写で
アニメにしたのは、これが初めてでした。

仲間にソニーという名前の
アーノルド坊や(分かるかな~?)
みたいなクソガ・・・じゃなくて子供がいるんですが、
昔は、けっこう好きなキャラだったのに
今観ると、なんか腹立つキャラです。

原作は平井和正先生と
石森章太郎(石ノ森章太郎)先生の共作です。
1967年の『少年マガジン』で連載スタートらしいので
全然、私も産まれる前の作品です。

私の近所のレンタルショップだけかもしれませんが
本作品のDVDは『石ノ森章太郎コーナー』ではなく
『大友克洋コーナー』に置かれています。
絵を見ればお分かりと思いますがキャラデザ担当なので。

他にも監督はりんたろう監督
美術は男鹿和雄さん
声優も大御所メンバー

昔の作品を観ると、いつも思うんですが、
錚々(そうそう)たるメンバーに驚かされます。

子供の頃って、エンディングクレジットを
そんなに注意してチェックしていませんでした。
絵ばっか観てましたね。

真っ黒のバックに白字のエンドロールなんかは
片目つむって人差し指を目の前に出し
指の先端が字にぶつからないように
避けながら進む
ぶつかったら“死ぬ”という
命懸けの縦スクロールゲームをしていましたので
名前チェックどころではありません!

なんとなく『タツノコプロ』って言うのを憶えた程度です。

きっと現在のアニメスタッフも
何年後かに観たら
「凄いメンバーで制作してたんだ!」
ってことになるんでしょうか。


色々忘れていましたが
音楽は何年たっても
バッチリ憶えてましたね。
とても印象的な音楽でした。

大友先生ファンなら、一応は観ておきたい作品ですね。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 24
ネタバレ

底辺生活者

★★☆☆☆ 1.8

【昭和時代のアニメ映画】テレビCMなどは派手にやってたのに、恐ろしく面白くなかったアニメ映画

当時、「素晴らしい大作ができた!」とばかりに【幻魔大戦】のCMがテレビで流れていた。アニメ雑誌でも、大きくとりあげられていたと思う。

映画館には見に行かなかったが、しばらくしてレンタルで借りて視聴したら・・・・内容にメリハリがなく、ダラダラと物語が進行し、まったく面白くなかった…と記憶している。

原作者は「石森章太郎」、監督は「りんたろう」、キャラデザは「大友克洋」というビッグ揃いであるし、タイトルも「幻魔大戦」だなんて、すごいタイトルだし、CMも多かったし…だから、「さぞや面白いのだろうな!」と期待してた私は、視聴後、とても落胆した。

【唯一の見せ場】
{netabare}超能力が発動するとき、体から光るモヤモヤが出るシーン。これだけ。{/netabare}

投稿 : 2019/08/17
♥ : 0

65.6 3 やさいのようせい(TVアニメ動画)

2007年春アニメ
★★★★☆ 3.9 (16)
109人が棚に入れました
NHK教育テレビ「おかあさんといっしょ あそびだいすき!」内で放映、世界的有名なイラストレーター・天野喜孝原作の5分1話完結の3Dアニメーション。N.Y.のとあるキッチンを舞台に、次々と目を覚ました有機野菜の妖精たちが楽しい遊びや冒険の物語を繰り広げる。

takumi@

★★★★★ 4.1

天野喜孝氏が繊細に描いた野菜のファンタジー

2007年の放送当時、天野喜孝さんの絵というだけで飛びついて観ていた。
時々流れる静かなナレーションと音楽のみ、というのが目と耳にとても心地良い。

原作は『やさいのようせい N.Y.SALAD』
天野喜孝の画集「N.Y.SALAD」をアニメ化した、1話15分・全26話の作品。

舞台はニューヨークのとあるキッチン。
人間達が寝静まった真夜中、広々としたキッチンに、
どこからともなく次々と現れる野菜の妖精たち。
そんな彼らの日常をメルヘンチックに描いている。
一応は声を発しているものの、妖精たちは人間がわかる言語を持っていない。
それでも、表情がすごく豊かなので何を言っているのか
その気持ちはとても伝わってくるのでわかりやすい。
そこに原田知世さんのナレーションが入るので充分かも。

鉛筆素描風の繊細な描線と、淡くやさしい色彩が
野菜を主体としたこのアニメにすごくマッチしている。

登場するのは、主人公的存在の芽キャベツくんと、ガーリック。
そのほか、おしとやかなレタスや、ひょうひょうとした白なす。
また、どこかで見たような?と思わせるサニーレタスのおばさんや
正義感の強いプチトマト、いつもつるんでいるニンジンとジャガイモなど。
まだまだ他にも多彩な顔ぶれがいっぱい。
それぞれの性格がまた、その野菜のイメージに合っていて楽しい。

小さなお子さんから大人まで、幅広い世代で安心して観られる
とても良い作品だと思います。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 38

夜。

★★★★★ 4.6

絵本の中をのぞき見している感覚に陥る。

イラストレーター天野喜孝氏の画集「N.Y.SALAD」原作
癒しのファンタジーショートアニメ。

ニューヨークのとあるキッチンを舞台に
野菜の妖精たちが冒険を繰り広げる

やさしい淡い色彩のイラスト
背景はスッキリとした白に省略されている

言葉じゃなくて…
ふわふわ・ぴょこぴょこ・とことこ…など
個性や性格を表現する可愛らしい動きと
豊かな表情と行動で気持ちを表す妖精たちの仕草を
たまらなく愛おしく見られる

妖精たちを見守っているお月さま目線の
原田知世のナレーションも素敵にマッチしていて
絵本の中をのぞき見している感覚に陥る

この可愛らしい妖精達のお話を
ちびっこと一緒に見ると
違う発見もさせられそうで面白いだろうなぁ…そう思った。


【memo】

《やさいのようせい N.Y.SALAD》
http://yasainoyousei.jp/

《N.Y. Salad, The World Of Vegetable Fairies》
https://www.youtube.com/watch?v=FJir2QB5pk8&index=2&list=PLBBFD2AF185A98B3B

投稿 : 2019/08/17
♥ : 4

計測不能 4 少年ケニヤ(アニメ映画)

1984年3月10日
★★★☆☆ 2.7 (9)
34人が棚に入れました
 1949年から連載され、戦後の少年少女たちから熱狂的な支持を受けた山川惣治の同名の絵物語を原作に、角川映画の1本として制作された。「時を駆ける少女」の大林宣彦が初めて商業アニメを監督、声優に高柳良一と原田知世を起用、また主題歌を渡辺典子が歌うなど、話題の多い作品だった。1941年11月、父親の仕事についてアフリカに来ていた村上ワタルは、ケニヤの奥地でサイに襲われ、父親と離ればなれになってしまう。途方に暮れていたワタルだったが、ふとしたことで原始マサイ族の大酋長ゼガを助け、行動を共にすることに。ワタルに恩を感じたゼガは、酋長の座を息子に譲り、父親探しを手伝おうと決意する。

ひげ

★★★☆☆ 3.0

口移しにメルヘンください・・

幻魔大戦とならんで角川がアニメ映画に覚醒しちゃった作品
ロードスやらスレイヤーズやら・・で消失とかか・・思えば遠くに来たもんだ・・。

我が家に眠る古代のVHSアニメのひとつ。だから見れない。
子供の頃に死ぬほど見た。擦り切れちゃうからパパがダビングしてたな・・。とりあえずターザンなんだよ・・でもラストがカオス・・。

あまりに映像がすごくて・・
でなぜかいまだに主題歌の2番が歌える。普通に2番いい歌詞だしなぁ。

そのイミフなデキと結末のせいで原作、ドラマなオジサマ世代は許せないらしい。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 8

カミカゼ

★★☆☆☆ 1.7

ええEEEE。

昔の作品だなあって感じ。

作品の評価としては微妙の下の下ぐらいかな。自分にはあまり合わなかったかな。恋愛作品ってあるけれどもそれはたぶん間違いないのだけれども女の子(ヒロイン、なまえわすれた)が落ちるの早すぎない?最近のアニメとかでは主人公が頑張ってヒロインたちを落としているのに・・・。もしかしたらそれに慣れ過ぎた自分に原因があるのかも。あと、自分的には声優さんのセリフというか演技がちょっと酷かったような気がする。まあ、今の声優さんがすごすぎるのかもしれない。

 キッズステーションか何かで視聴。

 自分的にはあまりお勧めはできないかな?  (>_<)

(この作品のファンの方がいたらすいません!)m(__)m

投稿 : 2019/08/17
♥ : 18
ネタバレ

天上しょーと♪♪

★★★☆☆ 2.9

蛇がイケメン

大自然広がるケニヤで主人公ワタルは父親と離れ離れになってしまい
動物、凶悪な民族といった様々なピンチを乗り越えながら父親を探すお話。

ゼガをはじめとした協力してくれる現地の人との
人種を超えた優しさがあるシーンは好き。

{netabare}結構助けてくれる人多いなーと思ったら実は爆弾を作らせようとしてる
悪い人だったりと単純と思いきや多少捻ってるとこも良い。
その悪人を博士が鍵で閉じ込めて共に爆弾で
吹き飛ばそうとする所{/netabare}まではそんなに悪くなかったです。

ただその直後からは見ててポカーンとしてしまうくらい酷い。
{netabare}父親その距離で爆発から逃げられてるの?はともかく、
なぜ最後の電車にワタルたちより早く着いてるのか
なぜ連絡手段ないのに母親が丁度いいタイミングで来てるのか
そしてあの急に出てきた恐竜たちはなんなのかな ってことです。{/netabare}
あと最後の実写映像なにしてるのかはだいたい想像できるけどいらないと思う。

全般的に言うなら時々白黒になる演出余計だと思う。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 1

計測不能 5 プリンス&プリンセス(アニメ映画)

2004年8月7日
★★★★☆ 3.2 (3)
10人が棚に入れました
アフリカの伝承民話を力強いタッチでアニメ化した「キリクと魔女」で注目を集めたミッシェル・オスロ監督が手掛けた全6話のオムニバス・アニメ。オスロ監督が89年に「もしもの映画」と題するTVシリーズとして制作した短編アニメから王子と王女をめぐる物語を厳選、99年に本国フランスで劇場公開された。素朴な影絵をベースにしつつも様々な技法を取り込んだ斬新なスタイルで、エスプリの効いたユニークなおとぎ話の世界をイマジネーション豊かに鮮やかに表現。日本語版では原田知世と松尾貴史が吹替を担当。 「プリンセスとダイアモンド」――魔法にかけられ囚われの身となったプリンセスを助けるため、一人のプリンスが従者を連れやって来るが…。「少年といちじく」――貧しいけれど心優しい青年は、季節外れに実った立派ないちじくを手に入れると、ファラオとなったプリンセスに食べてもらおうとそれを届けに行くのだが…。「魔女」――成功すればプリンセスの夫に迎えられると、多くのプリンスが挑みながら失敗に終わった魔女退治に丸腰で挑む青年が現われ…。「泥棒と老婆」――葛飾北斎が活躍したむかしの日本。一人で夜道を歩く老婆に、一人の青年が声を掛け、自宅まで背負って送り届けてあげると言うのだが…。「冷酷なプリンセス」――西暦3000年の未来。巨大レーダーと死の光線で求婚者の命を奪い楽しむプリンセス。ある日彼女は美しい声で鳴くウタドリに心奪われるが…。「プリンス&プリンセス」――ロマンティックな庭園でプリンスとプリンセスは永遠の愛を誓い合って熱烈なキスを交わすのだが…。

計測不能 6 宮西達也劇場 おまえうまそうだな(TVアニメ動画)

2010年秋アニメ
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
2人が棚に入れました
原作は宮西達也の人気の絵本“ティラノサウルス・シリーズ"。肉食恐竜と草食恐竜の不思議な愛情を描いた4作品を各5話、全20話で構成したテレビシリーズ。偶然見つけた卵から生まれた草食恐竜アンキロサウルスの子供達に父親と勘違いされ、食べることができなくなり育てるティラノサウルス。草食恐竜マイアサウラに育てられたティラノサウルスのハートは、母親を狙う肉食恐竜と自分の姿が同じことに愕然としながらも、必死に追い払うが‥。肉食恐竜と草食恐竜との、切なくも心温まる物語。

計測不能 7 生徒諸君! 心に緑のネッカチーフを(TVアニメ動画)

1986年冬アニメ
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
1人が棚に入れました
21世紀の現在もなお世代を超えて愛される漫画家・庄司陽子の代表的学園漫画をアニメ化。2時間弱のテレフィーチャーとして放送。主人公をアイドル女優の原田知世が演じた。転校生の北城尚子はナッキーの愛称を持つ中学2年生。奔放な明るさをそなえて規律に縛られることを嫌うナッキーは、今を精一杯生きようと声高に主張する。そんな彼女に賛同した男女5人とともに一同は「悪たれ団」を結成。だが、明朗快活に見えたナッキーには、生まれつき心臓を煩った双子の姉・真理子がいた……。本作の制作は東宝と葦プロダクションだが、実制作には『星のカービィ』などを後に手がけるスタジオザインらが参加していた。

計測不能 8 やさいのようせい N.Y.SALAD The Movie 3D(アニメ映画)

2010年2月13日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
イラストレーター天野喜孝の原作を基にしたNHK教育テレビで放映の人気アニメの劇場版。ニューヨークのとあるキッチンを舞台に、かわいい野菜の妖精たちが夜な夜な繰り広げるゆかいな遊びや無邪気な冒険の数々がメルヘンチックに綴られる。テレビ放映時の人気エピソード3話と3D版オリジナルストーリー1話を上映。ナレーションは原田知世が担当。

声優・キャラクター
原田知世
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ