1999年度の古沢徹おすすめアニメランキング 3

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの1999年度の古沢徹成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月11日の時点で一番の1999年度の古沢徹おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

計測不能 1 1999年度の古沢徹アニメランキング1位
A.D.POLICE-アドバンスドポリス[エーディーポリス](TVアニメ動画)

1999年春アニメ
★★★★☆ 3.1 (3)
52人が棚に入れました
1999年に東京都心を大地震が襲い、東京は廃墟と化してしまうが、ゲノムコーポレーションの開発したアンドロイド・ブーマによって飛躍的な復興を遂げる。しかし、東京には以後もブーマが住み着き、また、経済的な面ではゲノム社が支配的なシェアを占める事になり、東京はゲノム・シティと化していった。そんな中、次第にブーマが故障により原因不明の暴走をはじめる事件や、それを利用した凶悪犯罪が多発し深刻な問題となったため、国はブーマが関係する事件のみを専門的に扱う警察組織「AD.POLICE」を設立する。西暦2027年、メガTOKYO。ブーマの氾濫に対し軍隊並の武装を持った特殊警察機構AD.ポリスが設立された。新人のAD.ポリス隊員であるレオンは、連日ブーマ狩りやテロ鎮圧に出動していた。

しげ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3

いまいち

石原に規制される前の作品。なので微エロと強烈なグロがある。グロがダメな人には絶対に薦められないw

バブルガムクライシスの外伝と謳っているが、主役がバブルガムでは脇役だったADポリスになっていてバブルガムでは主役であるナイトセイバーズのお姉さま方は登場しない。

内容は、刑事対悪党の戦いです。悪党がブーマーと呼ばれるサイボーグなので、その凶悪さも戦車並み。被害者はバラバラスプラッターとなるわけで。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

65.3 2 1999年度の古沢徹アニメランキング2位
サイボーグクロちゃん(TVアニメ動画)

1999年秋アニメ
★★★★☆ 3.6 (37)
311人が棚に入れました
雑種の黒猫「クロ」は生意気な暴れん坊だが、飼い主の老夫婦への恩返しを忘れない、忠義な猫でもあった。しかし悪の科学者ドクター剛がクロを使って世界征服をしようとたくらみ、勝手にサイボーグにしてしまう。それから次々と一癖も二癖もあるキャラクターがでてきて、クロをトラブルに巻き込んだり、逆に巻き込まれたりしていく。そんな毎日をうんざりしたり楽しんだりしながら、サイボーグクロちゃんは今日も暴れ回る。

声優・キャラクター
坂本千夏、手塚ちはる、古澤徹、小松里歌、大本眞基子

葉都 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

「面白かった!」と文句なしに言えるギャグアニメ

とても幼い頃に何度か見たきりでしたが、なんとなくで見返してみると凄くハマってしまいました。昔ハマらなかったのは幼すぎて内容が把握できてなかったせいかと思います。

主人公クロちゃんやミーくん、マタタビなどの猫達が格好良すぎて、猫なのにとても人間が出来ていて非常に魅力的です。
サイボーグに改造されてしまったクロちゃんがマシンガン片手に大暴れ!というハチャメチャなギャグが話のメインになるのですが、ふとした瞬間にこぼれる名言の数々には大人もどきりとさせられてしまいます。

「子供向けのアニメでここまでやるのか!」というブラックなギャグや暴力表現もまかり通る良い時代に、スタッフが愛と熱意を存分に込めて作ったんだなーと自然に思える素晴らしいアニメです。

「サイボーグクロちゃん」というタイトルを聞いたことがない若い世代の人にこそ、是非一度見て貰いたい作品です。
本当に面白いですよ!おすすめです!

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

ナベワタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

タイトルなし

私の大好きなギャグアニメです。主人公のクロちゃんはトラブルを解決したり、敵だった奴らと一緒につるんでいたり、デパート壊したりとハチャメチャですが、飼い主のおじいさんおばあさんには優しいところ、なんだかんだで面倒見がいいところが気に入っているキャラクターです。敵に関しては当初の目的、世界征服が趣味にまで降格していたりと、個性豊かなキャラクターばかり、見どころ沢山の見ていて飽きない作品です。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

Dkn さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

タイトルなし

パラパラクロちゃんかわいい

原作後半のストーリーは
ボンボン作品でも一二を争うシリアスで
アニメ版も暗いストーリーはいくつかあった

確か朝アニメだったはずなので
子供の頃のクロちゃんのストーリーを
朝からやったのかと思うと
子どもたちはどんな気持ちで見ていたのか
知りたいところ

昔のアニメはシリアス多かった
流行らないとわかってから
年々シリアスが排除されていっているのは悲しい

投稿 : 2019/12/07
♥ : 2

59.3 3 1999年度の古沢徹アニメランキング3位
小さな巨人ミクロマン(TVアニメ動画)

1999年冬アニメ
★★★★☆ 3.2 (10)
79人が棚に入れました
 ある日、小学生の『久慈 耕平(くじ こうへい)』のもとに小包が届けられた。 開けてみると中には、5体の小さな人形が。そして驚いたことに突然、人形たちが動き出し、しゃべり出したのだ。実は彼らこそ、はるか宇宙の『ミクロアース』からやってきた『ミクロマン』たちだった。ミクロマンは、宇宙征服を企む『アクロイヤー』から地球を救うため訪れたのだという。 そんなとき、アクロイヤーの放った『自動車暴走電波』のために街の人々が危機にさらされる。
ネタバレ

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8

良い部分も小さい

地球を狙う敵を倒すというストーリーはキッズアニメでは基本ですが
小さいという物珍しさの割にはストーリーに
これといった面白さが無かったなー・・・。

{netabare}一寸法師が過去に来たミクロマンという設定{/netabare}とか
全52話あるのでたまーにこの話の
この部分は良いと思えるとこもある。

キャラクターは敵キャラが良い感じ。
特に3馬鹿は最後まで敵だったのがちょっとがっかりしたくらい。

ミクロマン達もまぁ良いかな。
特にウォルトとエジソンの関係性は良いと思いました!

子供たちはほぼ毎回出てるのにそれぞれの個性が薄いです。
3人まとめていい子ちゃんって感じ。
途中でほんのちょっとだけ入ってた麻実ちゃんが耕平のことを
ちょっと意識しちゃう みたいなとこを広げてくれればよかったのになー。

チェンジトルーパーズも喋り方が濃い奴以外薄い。

マグネタイタンズに関しては嫌いなキャラに入っちゃいます。
俺たちは盗みはしても殺しはしない?
みたいなことを誇りに思ってる海賊なのですが
ねずみ小僧的なものではなく、
{netabare}結構大変な状況の小さな子供からも物を取り上げている{/netabare}
という初登場からろくでもないエピソードを引っ提げての登場。
{netabare}その後も敵に騙されて攻撃→その事を謝りもしないとか
また騙された迷惑を掛けたうえで協力→戦闘後報酬要求{/netabare}など
最後まで全然好きになれないキャラでした。

グレイもちょっと扱い可哀相かな。
{netabare}最終回前でのサポートが一応最後の登場だけど
最後のメイン回では前のメイン回で反省し戦士として
成長したと思いきや、やらかしちゃう感じだったので。{/netabare}

{netabare}安易にアーサー無事生還!
じゃなくて大人になった耕平たちがサポート側になって
新しい子供たちとミクロマンの初めての出会いを覗いてたら
アーサーが!で子供の頃に戻ったかのように
駆け出していく{/netabare}って締め方は好きだけどー
全体の評価だと不評になるー

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ