古田信幸おすすめアニメランキング 19

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの古田信幸成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月07日の時点で一番の古田信幸おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

計測不能 1 古田信幸アニメランキング1位
白雪姫の伝説(TVアニメ動画)

1994年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (1)
15人が棚に入れました
元気で前向きな女子高生・淡雪姫乃は、小説家の父・薫と貧乏暮らしをしていたが、父の作品のファンで富豪の未亡人・夏江が父と再婚したことにより生活が一転、メイドたちに傅かれる日々が始まる。不慣れな豪邸暮らしに加え、夏江の連れ子・繭根と真綿も心を開いてくれず、シンデレラさながらの日々を過ごす。そんなある日、姫乃の前にリーフェナイツと名乗る7人の美少年が現れる。「災妃(さいひ)」のために世界が危機に陥っており、姫乃こそが世界を救う伝説の戦士「プリーティア」であると言う彼らに協力を求められた姫乃は、戸惑いながらも、戦いに足を踏み入れていく。

計測不能 2 古田信幸アニメランキング2位
ヤマトタケル(TVアニメ動画)

1994年春アニメ
★★★★☆ 3.1 (9)
63人が棚に入れました
時は25世紀。新天地を求めて地球を出発した恒星間移民船は、ブラックホールを抜ける旅の果てに、惑星イズモに到達した。地球人たちはそこで入植を開始し、イズモ人たちと共存する平和な村落が発達し始めていた。それから12年後、ヤマタノオロチの復活を目論むツクヨミの配下が平和な村を襲いはじめる。地球人入植者ヤマト夫妻の子、少年ヤマトタケルは、戦火の中で偶然に魔空戦神スサノオを発見する。スサノオに乗り込んだタケルはツクヨミの配下を撃退したものの、暴走するスサノオは開拓村まで焼き払ってしまう。村を追放されたタケルは、ツクヨミの野望を阻止するため、スサノオに導かれるように仲間たちと冒険の旅に出発するのだった。

声優・キャラクター
亀井芳子、緒方恵美、かないみか、茶風林、森川智之、喜田あゆ美、石田彰、古田信幸、堀内賢雄

らび・ナイトメア© さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

GLAYの黒歴史。

OP曲好きだったんだけどなぁ

その昔GLAYが好きだと言う子がいたので
うんうん知ってるよとか言ったら大きな<?>を浮かべていました
確かソフト版には収録されてないんだったかな?

放送時土曜日(曖昧)は正座で見てたよ。

オトちゃんかわいい。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

計測不能 3 古田信幸アニメランキング3位
BAD BOYS(OVA)

1993年9月25日
★★★★☆ 3.4 (4)
35人が棚に入れました
累計2000万部以上のベストセラーとなった、人気漫画家・田中宏の代表作のOVA化。その第一弾。 広島市では、数百に及ぶ暴走族チームが覇権を掛けて争っていた。そんな折、金持ちの息子・桐木司はぬるま湯のような日々から脱却するため、暴走族の世界に飛び込む。そこで司が出会ったのは、それぞれ一匹狼のライダー・石見エイジ、川中陽二、中村寿雄たち、そして不良少女の由本久美だった。族の抗争の中、人質にされた久美を救出に行ったり、次々と窮地を潜り抜けていく司。そんな彼の中で、秘められた凶暴性と常人を超えたケンカの強さが、次第に目覚めようとしていた。 先行のOVAシリーズ『湘南爆走族』の大ヒットを背景に、東映ビデオが企画制作した同路線作品。監督は、サンライズのロボットアニメ諸作で各話演出などを担当した関田修が務める。

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5

ヤンキーのしあがり系

広島ヤンキー漫画のアニメ化。暴走族の仲間の青春や抗争が中心で、この時代のやんちゃが熱い時代の作品。
OVA5作で評価もトータル評価。

富豪の主人公が不良になって、暴走族のリーダーになり、暴走族チームのトップになっていく。
最近アニメでなく、映画ドラマ等実写になってる事より、当時視聴していた世代の年齢が高くなった為かなぁと思う所が強い。

やんちゃ物が時代と共に錆びれたが、当時はそれなりに人気あった作品の一つ。

100点中50点

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

計測不能 4 古田信幸アニメランキング4位
からくり剣豪伝ムサシロード(TVアニメ動画)

1990年秋アニメ
★★★★☆ 3.5 (2)
27人が棚に入れました
意思を持つSDの機械生命体“からくり人"たちの活躍を描く時代劇アニメ。デザインには「ガンダム」の大河原邦男やゲーム「スーパーロボット大戦」の青木健太らも参加。時は戦国乱世、からくり人と人間が共存する国ジパング。オカヤーマの田舎ミヤモト村で暮らすガキ大将のからくり人ムサシには、国一番の武芸者になる夢があった。ある日、美貌のからくり剣士コジローと出あったムサシは彼を生涯のライバルと認める。城下町へ赴いたムサシを待つものは。

声優・キャラクター
野沢雅子、伊倉一恵、松井菜桜子、水谷優子、速水奨、山口勝平、難波圭一、辻谷耕史、山口健、大塚芳忠、古田信幸

計測不能 5 古田信幸アニメランキング5位
あしたへフリーキック(TVアニメ動画)

1992年春アニメ
★★★★☆ 3.4 (5)
26人が棚に入れました
原作もののアニメが隆盛だった1992年春季に登場した、その時期には珍しかった、非SFもののオリジナル作品であるサッカーアニメ。政財界にも影響する伍代財閥と欧州名門フェリーニ家の血を引く貴公子然とした美少年・伍代隼(しゅん)。彼ははとこで親友のロベルトとともに、ビジネスの勉強をするため母の故郷である某国へやってきた。だがそこで隼は、偶然にプロサッカー界のスーパースター・ベッケンの超人的なプレーを目撃する。その時、彼の中に湧き上がるいいようのないサッカーへの関心。だが隼の母方の曾祖父は、なぜか隼の心がサッカーに向かうのを固く禁じた! アニメ制作は葦プロが担当。21世紀の新作『蒼穹のファフナー』『魔法先生ネギま』などで監督職も務める才人アニメーター・はばらのぶよしが、さわやかな男子女子のキャラクターデザインを用意。放映開始前から各アニメ誌では応援記事が組まれる当時の話題作だった。物語の舞台は、意識的に無国籍な世界が用意されている。

声優・キャラクター
草尾毅、佐々木望、天野由梨、折笠愛、松本保典、玉川砂記子、山口勝平、菊池正美、高木渉、石野竜三、飯塚昭三、滝沢久美子、西原久美子、子安武人、渡辺美佐、白鳥由里

皆人 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

個人的は最高のサッカーアニメ

サッカーアニメと言えば、個人的にはこの作品、
サッカーだけでなく、人との交流や経済、親子関係なども描かれたアニメだった。そのせいで良い意味でも悪い意味でもサッカーアニメの枠から外れた怪作になっている。
あと、自分が知る中で最も声優が豪華だったアニメの一つ
是非、検索して見てください、驚愕すると思いますよw

投稿 : 2019/12/07
♥ : 2

天上しょーと♪♪ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

its time to kick off

最初のほうはそんなでもないけど回を追うごとに面白くなっていき
それぞれのキャラの魅力も増していきます。

この作品の主人公の隼くんは変わった人で
不思議な魅力で周りの人を惹きつけていくのですが
見てる側のこっちも隼くんや他のキャラ、この作品自体に
どんどん惹きつけられました。
最後まで嫌な印象で終わるキャラってのがほとんどいなくて
(バレーの相手くらい?
見てて気持ちのいい性格してるキャラが多かったです。

スポーツアニメだけど熱血という感じではない珍しい感じです。
いや ちゃんと熱いところは熱いんですけどねっ!

あと二人して一緒に笑いだすようなシーンが
よくあったけどつられて笑っちゃいますねw。

強いて悪い所をあげるなら次回予告がわりと手抜きってことですねー。
アニメの1シーンそのまま切り取ってるだけなので
まぁこの作品っぽさはあったからそんなに気にはなりませんでしたけどねー。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

計測不能 6 古田信幸アニメランキング6位
トッポ・ジージョ(TVアニメ動画)

1988年春アニメ
★★★★☆ 3.6 (1)
21人が棚に入れました
1960年代に人形劇で大人気を呼んだネズミのキャラクター、トッポ・ジージョを主人公にした新設定のTVアニメーション。時は24世紀。人類とネズミ族は高度な文明を共有し、対等の立場にあった。そんな中、ネズミ族の英雄トッポ・ジージョは宇宙ロケット操縦の任務に就く。だが着陸艇のトラブルから、ジージョは時空を超えて400年前のカサリナタウンに不時着してしまう。24世紀の親友ネズミの先祖アルノールに救われたジージョは、さらに人間の少女ジーナ・ハーネスとも知り合い、この時代=1988年の世界で元気に生きていこうと考える。制作は日本アニメーション。キャラクターデザインは同社制作のアニメ諸作で活躍の白梅進が担当し、1960年代の人形ジージョの資料写真をもとに綿密なデザインの推敲が繰り返された。番組の内容はオリジナルのSF設定をもとに、メルヘン調のものから社会派ドラマ風のものまで幅広い広がりを見せる。

計測不能 7 古田信幸アニメランキング7位
BAD BOYS2(OVA)

1994年9月21日
★★★☆☆ 2.8 (2)
16人が棚に入れました
暴走族同士の抗争を題材としたアクション漫画『BAD BOYS』のOVA第2弾。原作者の田中宏自身がアニメ用のキャラクターデザインを手がけている。 ケンカとは無縁のお坊ちゃまだった昔を捨て、さらに暴走グループ極楽蝶の八代目ヘッドとして名を上げていく高校生・桐木司。ある日、司のガールフレンドの由本久美が広島最大の暴走族・威斗(ビースト)の頭・段野の恋人カオリから目をつけられる。この結果、極楽蝶と威斗の一大抗争が勃発。3千人を超える威斗の勢力の前に極楽蝶は負傷者を出しながらも果敢に挑む。ついに桐木と段野による一大対決の時を迎えたが……。 本作の実制作はJ.C.STAFFが担当。この第2巻のキーキャラクター段野は玄田哲章が演じた。

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5

ヤンキーのしあがり系

広島ヤンキー漫画のアニメ化。暴走族の仲間の青春や抗争が中心で、この時代のやんちゃが熱い時代の作品。
OVA5作で評価もトータル評価。

富豪の主人公が不良になって、暴走族のリーダーになり、暴走族チームのトップになっていく。
最近アニメでなく、映画ドラマ等実写になってる事より、当時視聴していた世代の年齢が高くなった為かなぁと思う所が強い。

やんちゃ物が時代と共に錆びれたが、当時はそれなりに人気あった作品の一つ。

100点中50点

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

計測不能 8 古田信幸アニメランキング8位
新・キャプテン翼(OVA)

1989年1月1日
★★★☆☆ 3.0 (3)
13人が棚に入れました
80年代半ばのアニメファンを熱中させた高橋陽一原作の少年サッカーアニメ『キャプテン翼』。そのTV版の放送終了およそ3年後に作られた続編的趣向のOVAシリーズ。キャラクターデザインはTV版と同じく岡迫亘弘が担当した。 全日本Jr.ユースメンバーに選ばれた少年・大空翼。だが彼は中学生大会での負傷が尾を引いており、ヨーロッパ遠征に参加できないため仲間を見送りにくる。そんな翼に見上監督は二週間後の国際Jr.ユース大会までに体調を整えておくよう伝えた。岬太郎に翼というゴールデンコンビこそが本当の意味での勝利の要だった。一方、猛虎の異名を持つ日向小次郎ら全日本のメンバーは第一戦でシュナイダーたち西ドイツのハンブルグと激突。サッカーの本場であるハンブルグにはさらに強豪の若林源三がいたため、全日本は苦戦を強いられてしまう……。 TV版が原作の途中で終了したこともあり、本OVAはコミックスの第25巻以降の物語を映像化。声優陣もTV版のキャストが基本的に継承されている。

声優・キャラクター
日比野朱里、山田栄子、鈴置洋孝、橋本晃一、飛田展男、溝口綾、一龍斎貞友、坂本千夏、飯塚昭三、難波圭一、田中秀幸、広中雅志、丸山裕子、大塚芳忠、堀川りょう、中原茂、上村典子、古田信幸、山口勝平

計測不能 9 古田信幸アニメランキング9位
ザ・ボーグマン ラストバトル(アニメ映画)

1989年9月16日
★★★★☆ 3.8 (2)
13人が棚に入れました
 菊池通隆がキャラクターデザインをつとめて人気を集めた1988年放映の同名TVシリーズの続編で、OVAとして製作された。2030年、東京湾上に建設されたメガロシティに妖魔が襲来。響リョウ、チャック・スェーガー、アニス・ファームの3人はサイボーグ戦士“ボーグマン”となり、長い戦いの末、敵を撃退した。それから3年……。ようやく平穏な日々を取り戻したメガロシティに、新たなる魔手が伸びる。ボーグマンたちの最後の戦いの行方は?

ヌンサ(亢宿) さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

予想外の完成度

テレビシリーズは突っ込みどころ満載でしたが、今作は見違えるほどストーリー構成がしっかりしていました。
各キャラクターの掘り下げがよくされていて、この作品のおかげでみんなの魅力が増しました。
あと、山寺宏一さんが歌う主題歌もポイントです。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

計測不能 10 古田信幸アニメランキング10位
学園便利屋シリーズ Antique Heart アンティークハート(OVA)

1988年6月5日
★★★★☆ 3.1 (2)
12人が棚に入れました
片山愁の漫画『学園便利屋』シリーズが原作のOVA。本作の副題である「アンティークハート」は脚本家の渡辺麻美によってつけられたもので、登場する妖精・沙姫も本作のためのオリジナルキャラクターである。アニメの実制作はJ.C.スタッフ。 頭脳面を担うリーダー格の鈴木斉、単純明快な本田高弘そしてクールさが特徴の川崎亨。彼ら3人は揉め事から代返まで何でもこなす学園の便利屋だ。そんな一同は体育館の新築に伴う旧校舎の取り壊しが決定する中、そこの整理をはじめるが、やがて内部に住みついている妖精の長・沙姫が出現。古くから存在する器物に宿った古き物の心「アンティークハート」の精霊たちを守るため、心優しい沙姫は豹変して人間と戦おうとするが。 本作は2007年に逝去した演出家わたなべぢゅんいちの初監督作品(それまでの同氏はOVAのモンスターデザインなどが主な仕事だった)。本OVAの特色は原作で一番の人気だったクールな性格の亨をあえてメインにせず、頭よりも身体で考えるタイプの高弘を中心にすることでスタッフはバランスを保ったという。

rJnPP12474 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2

おもしろい!

魅力が十分に伝わる作品

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

計測不能 11 古田信幸アニメランキング11位
COMPILER「陽の章」(OVA)

1994年10月5日
★★★☆☆ 3.0 (3)
8人が棚に入れました
前作の人気を受け、続編がOV化。監督もTV版「ロックマンエグゼ」を手がけた加戸誉夫に変わり、前作の落ち着いた話から笑い満載の展開にシフトしている。相変わらず、同じようなラブコメを繰り返す淑とアセンブラとそんな生活に満足感いっぱいのコンパイラ。そんな一行は暇をつぶすために大阪に出かけた。しかし、その二人をデリートするためにお笑い芸人に扮したアップロードとダウンロードが二人を狙う…。

計測不能 12 古田信幸アニメランキング12位
がんばれ!盲導犬サーブ(TVアニメ動画)

1988年秋アニメ
★★★☆☆ 3.0 (1)
8人が棚に入れました
岐阜県の田舎に住む亀山さん夫婦の盲導犬となったシェパードのサーブ。ある大雪の日、サーブはスリップした車から主人を守り、左前足を失う重傷を負う……。実話を元にしたアニメだが、オリジナルの要素として幼いサーブを里親として育てた一家が設定され、一家の2人の子どもとサーブとの関わりで物語をふくらませている。中部盲導犬協会の協力により、盲導犬の訓練の様子なども丁寧に描かれている。監督は1963年の『鉄人28号』以来、アニメ業界で活躍してきたベテラン・奥田誠治。また「世界名作劇場」のキャラクターデザインを多数手がけた関修一が本作のキャラクターデザインも担当している。

計測不能 13 古田信幸アニメランキング13位
アル・カラルの遺産(OVA)

1993年2月25日
★★★☆☆ 2.9 (1)
1人が棚に入れました
『銀河英雄伝説』のコミック版などで知られる漫画家・道原かつみ原作の外宇宙SFコミックをおよそ70分の長編OVA化。26世紀の未来。人類が宇宙へと散らばって長い歳月が過ぎた。そんな時、ついに人類は異星人文明とのコンタクトに成功する。この一報に多くの人々が沸く中、宇宙船リディア号で運び屋をする船長ハーマーのもと、弱小プロダクションのTVドキュメント取材チームは異星文明の遺跡が残る惑星へと向かう。そんな取材チームの中にいる不思議な少女シャナ・Tの行動にハーマーは振り回されながらも、次第に彼女のことが気になっていく。だがその一方では、異文明との友好的接触を題目とする財団が遺跡発掘を進め、密かに異星人=金目人トリューンを捕獲していた……。本作の実制作は『楽しいムーミン一家』『スパイラルゾーン』などのビジュアル80が担当。

計測不能 14 古田信幸アニメランキング14位
特攻服(とっぷく)凶走曲(OVA)

1996年6月28日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
「COMIC NIGHTY」連載の人気ヤンキー漫画を原作にしたオリジナルビデオアニメの第1弾。埼玉の浦和をテリトリーにする暴走族「死異悶鬼威」の頭・香川と特攻隊長・加茂の青春バトルライフを描いている。 エロビデオが大好きだが、いつもまがい物ばかりをつかまされていた加茂。あるとき、死異悶鬼威の頭・香川たちは解散のかかっている次の集会について話し合っていると、そこにかつて加茂によってボコボコにされた男・仙堂がやってくることがわかる。顔を合わせたらヤバイと考えた香川は、加茂に集会を一日ずらすことを伝えたが……。加茂と仙堂が顔を合わすとき、何が起こるのか!

計測不能 16 古田信幸アニメランキング16位
笑劇 新選組(OVA)

1989年5月21日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
幕末の時代を駆け抜けた「新選組」を主人公にしたほのぼのコメディタッチの単発オリジナルOVA作品。嘉永6年。日本に異国の黒船が来航。これにより幕末の争乱が引き起こされた時代。安政の大獄、桜田門外の変といった歴史上の変遷を経て、策士・清川八郎のペテンを契機に、京都に幕府側の警護職・新選組が結成された。そんな新選組の主体となったのは、大きな顔で饅頭が好きな試衛館道場の主・近藤勇、剣術に長けてダイコンを切るのもうまい土方歳三、甘えん坊だが働き者の若者・沖田総司、それにウンチク好きな山南敬介ほか、試衛館に集う八人の猛者だった……。史実の流れを丁寧に追いながらも、トイレットの前で順番を争う試衛館の面々とか、怪獣のような赤ら顔で酒を飲む芹沢鴨など、ぶっとんだ演出や作画が満載のコミカル史実アニメ。演出は東映動画(現・東映アニメーション)の諸作品でも活躍した川田武範。

計測不能 17 古田信幸アニメランキング17位
ドン 極道水滸伝 怒濤編(OVA)

1992年9月9日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
原作・本宮ひろ志の極道マンガのオリジナルアニメーション第2弾。喧嘩自慢で豪放磊落名性格の主人公・伊達武吉は、気ままな旅を続けていた。故郷の四国・松山に帰った武吉は、松山伊達一家の親分である父の死を知る。その死は廃業寸前の状態ながらも名門ということで頼られ、ヤクザの抗争に関わった結果の出来事でもあった。四国進出の野望に燃える播堂組の室戸正一と、一晩で四国をまとめ上げた武吉の対決のときが迫る。室戸は武吉を倒すべく刺客を差し向けていた。両者の対決は思わぬ形で最終局面を迎える。後年、『男樹』シリーズを生むきっかけとなった極道マンガの完結編のアニメ版。

計測不能 18 古田信幸アニメランキング18位
ドン 極道水滸伝(OVA)

1992年7月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
極道の熱い男たちの生き様を描いた、原作・本宮ひろ志のマンガのオリジナルアニメーション。主人公は江戸時代から続く名門、松山伊達一家の出身の伊達武吉。ケンカが強く、能天気な武吉は、たった一人でダイナマイトを使ってヤクザの組を潰してしまう。その事件が原因で送られた旭日刑務所は、暴力団に一匹狼で立ち向かった犯罪者だけが集められるという特殊な刑務所だった。一方、武吉の生涯のライバルである室戸正一は、陰謀の限りを尽くして下関播堂組の三代目を襲名し、着々と勢力を伸ばしていく。日本のヤクザ組織をまとめ上げるのは、果たしてどちらになるのか……。

79.4 19 古田信幸アニメランキング19位
機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争(OVA)

1989年3月25日
★★★★☆ 3.9 (683)
3234人が棚に入れました
『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』は、ガンダムシリーズの1989年製作のOVA作品。一年戦争末期、地球連邦軍が新型ガンダムを開発しているという情報を掴んだジオン公国軍の特殊部隊「サイクロプス」は、機体を奪取すべく北極の連邦軍基地を襲撃する。しかし作戦は失敗、目標物は宇宙へと飛び立ってしまう。
その後、偶然入手した情報により、新型ガンダムが中立コロニーのサイド6に運び込まれていると知ったジオン軍はサイクロプス隊をサイド6に送り込み、再び新型ガンダムの奪取の任務に就かせるルビコン計画を発動するのだった…。
サイド6のリボーコロニーに住む小学生アルフレッド・イズルハ(アル)とサイド6に潜入したサイクロプス隊の新兵バーナード・ワイズマン(バーニィ)を軸に物語りは展開する。

声優・キャラクター
浪川大輔、辻谷耕史、林原めぐみ、鈴木健、丸尾知子、吉田小南美、秋元羊介、島田敏、島香裕、稲葉実、増岡弘、折笠愛、榊原良子
ネタバレ

renton000 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

ガンダム初心者でも大丈夫でした

あらすじは他の方のレビュー等をご参照ください。

 初見でした。全6話。
 ファーストガンダムは雰囲気を知っている程度です。連邦とジオンが戦争をしていたとか、一部のキャラクターの名前とか、本当にその程度。設定に不明な部分はもちろんありましたが、それが大きな阻害要因にはなりませんでした。むしろ、そのおかげで謎の描写も割り切ることができて、物語にどっぷり浸かれたのかもしれません。もちろん知っていれば別の楽しみ方があったのでしょうけどね。

 全6話の構成ですが、序盤中盤終盤とメリハリがあるので、連続した1本の2時間作品である必要もなかったのだと感じました。
 この構成のおかげで価値が出たポイントの一つとして、サブタイトルがあると思います。第1話のサブタイトルは「戦場までは何マイル?」、そして、第6話のサブタイトルは「ポケットの中の戦争」です。途中のタイトルは「戦」の文字が入っておらず、各話の場面を描いたものだと思われますが、最初と最後だけは「戦」に関連させた主人公アルの精神性を示しているようで、とても印象に残りました。

 終盤は、自分の感情処理に追われて、あまり描写に注目することが出来なかったのですが、この作品をどう見るかという方向性はオープニングで既に定まっていました。オープニングだけでここまで見方が定まる作品は珍しいので、その辺について少しだけ述べておきます。


全体構造:{netabare}
 オープニングは奇襲から始まります。最初にインパクトを持ってくる作品というのは、実写映画も含めて結構多いですよね。これは視聴者を飽きさせない工夫でもあるのですが、ここの構造でその後の展開の骨子を作るという狙いもあります。この作品で提示されたのは「奇襲=失敗+犠牲」でした。

 中盤、再度奇襲が計画されます。決行直前に視聴者に与えられたキーワードは、「クリスマス」「シドニー」「夏」でした。この矛盾した言葉によって強烈に嫌な予感を感じました。敵兵士によってご丁寧に解説が加えられた時点で予感はほぼ確信に。結果、予感が実現し「奇襲=失敗+犠牲」という構造が繰り返されることになりました。
 終盤、バーニィは一人での奇襲の実行を計画します。単騎では成功の可能性がほぼ見えませんでした。同じ構造が繰り返される予感に再度襲われ、私のメンタルはここをピークにしてエンディングまで高止まり状態でした。
 一番きつかったのは、アルとバーニィのケンカシーンですかね。エンディングにおいて、アルが二人の友人に慰められるシーンもきつかったですが、そのシーンが長く続く感じですね。子供の無邪気さと残酷さが本当に辛かった。あまり先読みし過ぎなければ幾分楽だったとは思うのですが、こればっかりは性分なんで仕方ないですね。
 アイキャッチも序盤中盤終盤と全く違う印象でした。特に5・6話はアイキャッチにもダメージを受ける始末。サブタイトルと同じく、戦争に対する無知から現実への転換を見てしまいました。同じアイキャッチのはずなんですけどね。
 まぁ個人的な感情はともかく、三段階で繰り返される構造美はあったと思います。この構造美が感情を揺さぶったのも間違いありません。{/netabare}


キャラクター:{netabare}
 この作品は、キャラクターに注目すべき作品だと思うのですが、これを意識させてくれるきっかけのシーンも、オープニング直後にありました。
 それはアルのお父さんが登場するシーンです。このシーンではなかなかお父さんの顔が写らない。早く写してよと思うのですが、ひたすら手元で遊ぶ落ち着きのないアルの所作が写るのみです。そのうちアルの成績に会話が移って、お父さんのやさしさを垣間見れるのですが、アルのお願いの直後に厳格なお父さんの顔が唐突に写ります。つまり、会話から想像するイメージと実際のイメージがかなり違う。顔を早々に写していたら、表情の変化しか描けません。この特異なカメラワークからも、「キャラクターに注目」というメッセージをもらった気がしました。

 そうは言っても、個々のキャラクターは結構ステレオタイプに描かれている。バーニィの上官に当たる3人の人物は、女・酒・煙草と「大人の男、三種の神器」を携えています。翻って、アルとバーニィは稚拙なウソを繰り返す子供感が徹底的に繰り返されます。大人と子供の対比構造がしっかりしている。アルとバーニィの成長も嘘において描かれますからね。嘘の付き方とか、嘘の内容とか。この作品は、アルとバーニィの成長譚が中心に据えられていたと見ていいと思います。

 で、クリス。まごうことなきヒロインポジションですが、大人と子供の対比に加えられるのは結構終盤なんですよね。序中盤はやさしいお姉さんくらいにしか描かれていなくて、終盤に突如として強い大人感をアピールしてきます。
 この描き方からは2つの狙いが見て取れました。一つ目は、アルとバーニィの成長譚であることを視聴者に理解してもらうため。二つ目は、バーニィとクリスを大人と子供で対比させたくなかったため。どっちかなぁと悩んでいたのですが、おそらく両方ですね。
 前者の狙いは、もちろん作品のテーマを明確にするためです。クリスの主張が強くなり過ぎないようするためには、彼女のキャラクターの固定化を遅らせる必要がありました。クリスはストーリー上は超重要キャラクターですが、テーマ上の重要性は高くなかったと思います。成長も描かれませんからね。
 後者の狙いは、バーニィとクリスの恋愛を前面に出すためです。大人と子供で早々に対比させては恋愛感が乏しくなって、違和感が残ってしまいますからね。

 最後に。どうでもいいことなんですけど、日常風景を写すために同じカットを使っていますよね。3回だったかな?同じ街並みを写していたと思います。そこで、カフェかお店か分からないのですが、おじさんが出てきていたと思ったんですけど、最後は出てこなかったですよね?あのおじさん亡くなっちゃったんですかねぇ。日常が壊れる描写は、がれきの捜索シーンがあるんですけど、それ以上におじさんがいないのがズシンと来ました。いないと思うと突然、日常の全てを背負っていたかのような重量を感じてしまいました。見間違いだといいんですけど。せめて怪我くらいで済んでいれば。。。{/netabare}


 ガンダム作品の宿命としてか、戦闘シーンを描かなければいけないという制約はあると思います。ただ、それを感じさせないほどの卓越した構成力とキャラクター描写で、非常に楽しめました。特に上で述べたクリスの描き方は、非常に興味深かったです。

対象年齢等:
 やや分かりづらいのですが、思春期以上ですかね。恋愛要素もありまし。
 必ずしもガンダムファン向けってわけではないと思います。ガンダムという冠を気にせずに、多くの人に見て欲しいです。大人にもおすすめです。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 10
ネタバレ

シス子 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

懲りずに観てしまったロボ物:第3弾

ファーストガンダムは未視聴

個人的にはロボ物3作目です
ちなみに
1作目は「マクロスF」
2作目は「インフィニットストラトス」です


ガンダムシリーズの中では初の視聴完了作品です

シリーズの中では比較的初心者向け作品であるという情報を入手し
早速
視聴しました


評判どおりのストーリー重視の作品でした

ちょっぴり反抗期で不安定な家庭に育った少年「アル」と
ジオン軍の青年パイロットの「バーニィ」

そんな二人が
コロニー内での戦闘で出会い絆を深めていく
友情ストーリーです

なんだか
最後は涙を誘うような終わり方だったんですが

ストーリーはイマイチでした

なんといいますか
お話は戦争というスケールから見たら局所的なものなのに
物語に
ガンダムの世界観を盛り込こもうとしているためなのか
やたらと難しい言葉や
政治的な小難しいお話などが
所々に挟まれていて
結果的に
本筋の友情ストーリーが
ちょっと薄くなってる感じでした

そして
ついつい
余計なことまで考えてしまう内容でした

多分これ
{netabare}友情ストーリーとともに
地球連邦軍の女性パイロット「クリス」とバーニィとの恋愛ストーリーも
もっと進展させたかったのでは?{/netabare}

それが
前述のてんこ盛りストーリーやら
話数の関係やらで(全6話です)
うまく進展させることが出来なかったんじゃないか
なんて
いろいろ想像してしまいました

{netabare}こちらのお話はなんだか中途半端で
なかなか恋愛といえるところまで発展しませんでした

お互いがビミョーに意識してるな~
っていうのは充分伝わってきているのですが{/netabare}

これってわざとじらしてるの?

とか

{netabare}いっそ恋愛ストーリーだけにして
「ロミオとジュリエット」みたいに
ドロロ君的展開にしたほうがよかったんじゃないの?{/netabare}

なんて勝手に思ったり

って
そう思うってことは
けっこう感情移入してるのかなぁ


それよりも
この作品
ロボット(モビルスーツ)の描写が見ものでした

ほとんどがコロニー内部での戦闘シーンで
人間目線で見たモビルスーツがとてもリアルに感じられました

超低空で建物の上を飛ぶ機体

下から見上げたときの迫力

近くで見たときの生々しい傷の跡

モビルスーツがすごく丁寧に
そして
「カッコよく」描かれています

アルが好奇心に押されて
墜落した「ザク」に近づいたときのシーンは
とても印象的でした

手を伸ばしたら触れることが
出来る非日常

モビルスーツという「兵器」

「怖い」より
「カッコイイ」という感情が勝ってしまう
男の子の
心理がとてもよく伝わってきます

{netabare}まだ熱を帯びている機体に不注意に触ってしまって
「あっちっちぃ」ってなったり(そんなふうには言ってませんが){/netabare}
そんな
「男の子」らしい行動もとてもリアルに描かれてます

私事ですが
何年か前に
地元の陸上自衛隊のお祭りに見学にいって
戦車を間近で見たときのことを
思い出しました^^

そのとき
戦車が空砲を撃ったときの轟音に怯えて
周りのちびっ子達がみんな泣き出したことも
思い出しました^^

これが現実かも^^


そして
特によかったのは
モビルスーツの動きが
{netabare}「そんなに速くない」{/netabare}ことでした^^

ロボ物が苦手な私でも充分についていけました
でも"スピード感"は充分に伝わってきてました

種類や数もそんなに多くなかったし^^


以外にも
ストーリーより
メカキャラのほうが印象的な作品でした


余談で

ガンダムシリーズはこの作品が初の"視聴完了"ということは
前述したとおりなのですが

実は
現在「ゼータ」を視聴中なのです(ア○マッ○スです)


{netabare}ゼータがなかなか終わらないし(50話あります)
なにより
設定がちょっと難しくて

こりゃ
2、3回見ないと理解できね~{/netabare}

ってことで

本作の視聴となってしまいました

正直
これ先に観て
正解でした^^

次もガンダムかな?

投稿 : 2019/12/07
♥ : 24

papa0080 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8

戦争と少年

ガンダムシリーズの外伝作品

今作はガンダムという作品ながら戦闘シーンは控えめで人間ドラマに重きを置いている
中立の立場にあり戦争の悲惨さ、現実を知らない少年が戦争を体験し精神的成長をする物語
少年はまだ児童と呼ばれる幼いながらも高学年の物心の付く小学生

物語は平和な中立コロニーでの少年とジオン兵士との出会い、その関わりによって進行する
少年にとって戦争は祭りのような考えであったがこれにより戦争の現実と向き合う事になる

平和なコロニーで生活している子供、大人に至るまで「戦争」を実感する者は少ない
この事情の中で少年だけ、とは言わないものの本当の戦争を体験する事になる
数少ない人間となる少年にどのような変化をもたらすのか

人間ドラマはとても良く出来ており退屈な場面もあるがどれも重要な物となっている
そういった中でも多くの脇役キャラが耳に残る名言を持ってたり
印象深いシーンがあるのはかなり良い出来で今でもどんなシーンか思い出せます

ガンダムとしてやはりかかせない戦闘は少ないながらも1話のシーン等は名シーンと言える
このシーンは戦闘時間が少ないながらもガンダムゲームで
CG化されるのが少ない作品の中にも入るのが納得の出来

登場MSもデザインがシャープになっており見た目の格好良さはガンダム、ザク、ジム、ゲルググ等の元のデザインを残しつつ非常に良く出来上がっている

1stガンダムのMSは今の時代には格好悪いと思われてしまう事もあるけれど
この作品に出てくるMSは最新のガンダムに出しても遜色ないと思います
(注)この作品が大好きな人間のあくまで個人的な意見であります

前半は少々退屈に思われるかもしれないが後半になるにつれ
キャラクターの心情、物語の展開どれも盛り上がりを見せてくれる

5話から6話の人物達の心情は非常に人間臭いものであると同時に
かなり印象深くその言葉がすぐに思い出せるほど本当に良く出来ている
最終話で少年があるビデオレターを見る場面はガンダム史の中でも屈指の名シーン

初めて真剣に見たガンダムがこれだった自分にガンダムにはまるきっかけを作った
ガンダムとしては話数も少な目で是非入門用に見て欲しい作品
最終話では予想出来た展開ながらどういう結末になるか目が離せない

最終話がクリスマスシーズンのため1人寂しいクリスマスは
これと東京ゴッドファーザーズ(こちらもクリスマスシーズン)を見て過ごします
1人寂しいクリスマスの人はこれを見て寂しく楽しく過ごしましょう・・・

投稿 : 2019/12/07
♥ : 3
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ