吉岡秀隆おすすめアニメランキング 7

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの吉岡秀隆成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月12日の時点で一番の吉岡秀隆おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

70.5 1 吉岡秀隆アニメランキング1位
雲のむこう、約束の場所(アニメ映画)

2004年11月20日
★★★★☆ 3.7 (790)
4359人が棚に入れました
日本が津軽海峡を挟んで南北に分割占領された、別の戦後の世界が舞台。
1996年、北海道は「ユニオン」に占領され、「蝦夷」(えぞ)と名前を変えていた。ユニオンは蝦夷に天高くそびえ立つ、謎の「ユニオンの塔」と呼ばれる塔を建設し、その存在はアメリカとユニオンの間に軍事的緊張をもたらしていた。
青森に住む中学3年生の藤沢浩紀と白川拓也は、津軽海峡の向こうにそびえ立つ塔にあこがれ、「ヴェラシーラ(白い翼の意)」と名づけた真っ白な飛行機を自力で組立て、いつかそれに乗って塔まで飛ぶことを夢見ていた。また2人は同級生の沢渡佐由理に恋心を抱いており、飛行機作りに興味を持った彼女にヴェラシーラを見せ、いつの日にか自分たちの作った飛行機で、佐由理を塔まで連れて行くことを約束する。
しかし、突然佐由理は何の連絡も無いまま2人の前から姿を消してしまう。

声優・キャラクター
吉岡秀隆、萩原聖人、南里侑香、石塚運昇、井上和彦、水野理紗

ジャーファル♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

【ネタバレ有】「切なさと物足りなさの両方を感じる、“発展途上の”新海作品!」

 

 新海監督の代表作の一つであり、新海監督の3作目にして、“初の劇場長編作品”である。


 この作品も、「ほしのこえ」や「秒速5センチメートル」同様、主人公とヒロインの“心の距離”と、その
“距離感の変化の速さ”をテーマとしているため―、

 ―今作においても、“主人公・浩紀(ひろき)”、“親友の拓也(たくや)”、“ヒロイン・佐由理(さゆり)”の3人が、“物理的な距離”を置くことで、彼らの“心も”また、以前とは違った距離感へと変わっていく…そんな関係を描いており、今日の新海作品に見られる“絶妙な心の距離感”は、こうして培われてきたんだと思わされる…、そんな“成長途中の未完成さ”を感じる作品となっている―。



 では早速、レビューへと移るが、新海作品(=新海誠監督の作品)の中でも、これほど“評価が二分される”作品は珍しいだろう―。


 (まずは否定的な意見から書かせてもらうと…)

 前述したとおり、この作品は、新海誠が今に至るまでの“軌跡(の一部)”のような作品であり、成長途中であるが故に、まだまだ完成度は低い。

 作画も今の新海作品に比べれば、“風景描写の緻密さや色合い”もまだまだで、欠点が見つからない最近の新海作品とは違い、「監督自身が伝えたいことは何なのか…」を理解することの方が難しい。


 また、全く情報の無いままこの作品を観た人からすれば、(といってもほとんどの人がそうだろうが…)、何かと“理解しづらい設定”で(…複雑なのに、詳しい説明もないため)、頭に何度も疑問符が浮かんだ人も少なくないだろう。


 その中でも、最もピンとこなかったのが、“ユニオンの塔”(=あらゆることの象徴であり、その本質は軍事兵器)に関連する設定だろう―。


 例えば、作中では、ユニオンの塔と関連して“平行宇宙”という言葉が使われるが、これは現実世界でも使われる、いわゆる“パラレルワールド”のことで―、
 ―「自分たちがいるこの世界とは、別の世界が存在している―」という概念であり仮説である…、のだが、そういった知識がないと、作中での会話や内容を理解するのは難しい―。


 また、ユニオンの塔の本当の目的である「平行宇宙との位相変換により、世界を書き換えること―」のくだりでは、その活動能力を抑制しているのが“佐由理”であり、そのせいで佐由理はずっと眠ったままである…、という説明があったが―、

 ―この2つを結びつけるのは、「佐由理の祖父が塔の設計者」ということだけであり、“アバウトに世界観全体を観れる人”には十分納得できる理由かもしれないが、そうでない人には、全く意味の分からない結びつけ方であり、それが尾を引いてしまったかもしれない(…が、そこを掘り下げるのは“野暮”だと感じたりもする…)。


 他にも、作中に登場する“蝦夷(えぞ)”だが、現実世界の“北海道の古称”としての蝦夷ではなく、“現実とは別の世界の”戦後を舞台にしたこの作品内での、北海道のことを指している。

 なので、作中にも1999年などの“西暦”が表れるが、今より以前の日本と同一視してしまうと、話がよく分からなくなってしまう。
 なぜなら、学校の校舎や町の感じを見る限りでは、少し前の日本の風景なのに、“ユニオンの塔”と呼ばれる建造物や、後半の戦闘シーンでは“ステルス機”のようなものが登場しており、明らかに、現実世界の今よりも科学が発達している。

 そのため、この世界は、“現実とは全くの別物”で、かつ“西暦とは全くつながらない”科学の進んだ世界だと認識して、この作品を観ないとついていけない。



 と言ったあたりが、「よく分からなかった」という内容の、よく見かける“否定的な”意見の理由であり、
“現実味がないストーリー”や、“論理的に成り立っていない設定”に辟易(へきえき)した人もいるのだろう―。


 新海作品を崇拝し、個々の作品に対してではなく、“新海誠監督の作品が”好きだ、という人達からすれば、この作品もまた名作なのだろう―。

 自分は、新海誠さんを、宮崎駿さん、細田守さんらと同じく、“今のアニメ映画界の中心的な人物”だと考えている…、が、逆に言えば、あくまでアニメ映画という大きな枠の中の、“一(いち)監督”だとも思っている(新海監督に限らず、宮崎、細田両監督含め)。

 言いたいことは、つまり、同じ新海作品でも「秒速5センチメートル」や「言の葉の庭」は、アニメ映画という枠の中でも、“名作”だが、この作品は“それほど大きなウエイトを占めてはいない”のではないか…、ということである―。

 なので、「とにかく新海作品の世界観(作画含め)が好きだ」という人の、この作品の評価に対して、口をはさむつもりはないが、他のアニメ映画作品と“相対的に”比べれば、この作品はまだまだ“未完成”で、上にあげた2つの作品もしくは、他の名作アニメ映画とは、世辞にも“同格”とは言えない…。



 …と言うのが、この作品を“観終わってすぐ”の感想であった―。

 なので、ここまでの評価を見る限り、どこが評価が二分されているのか、と思うかもしれないが、次に挙げる点こそが、この作品の評価を二分する理由であり、ここまで批判的な事ばかり書いておいてあれだが、これこそがこの作品の“本質”だと確信している―。


 確かに、この作品を“観終わってすぐ”の感想は、SF的設定の内容云々(うんぬん)ではなく、主人公たちの“心情の変化”や“お互いの関係性”から、いろいろと視聴者に感じてほしいのだろうが―、
 ―やはりどうしても今の新海作品と比べると、その描き方も、“発展途上感”を感じずにはいられない、というのが本音であった。

 それでいて、それ以外の要素も、全く“答えを得ることが出来ないまま”終わる訳だから、いかに“完結の仕方”が大切か(例えば、「言の葉の庭」で言えば、最後に2人が進むべき方向へと向かっている様子が描かれている…)を感じさせられる内容になってしまっているな、と感じた。


 現実味がないストーリーや、論理的に成り立っていない設定に、否定的な意見がよく見られ、自分も最初は同じようなことを感じてはいた。

 しかし、こうしてレビューを書きながら、改めてこの作品を振り返ってみると、“視点を変えて”観てみれば、それほど気になることでもないと思わされる。

 つまりは、この作品の最も本質的な、“孤独感”の中を生きる3人の心の有り様や、それを映し出しているかのような、“緻密で美しい風景描写”、“背景色の淡さ”に注目してこの作品を観ることで、この作品の“良さ”というものが見えてくる―。


 この作品が上映されていた頃の自分なら、間違いなく、多くの人が言っている、「意味が分からない」というような感想を持っただろう―。

 しかし今の自分なら…、長い人生の中には、誰しもが必ず、“孤独感を感じる瞬間がある”ことを知っている今の自分なら、まだまだ未完成な部分は感じながらも、上で挙げたようなこの作品の“本質”を、十分に理解することが出来る―。



 また、この作品や前作の「ほしのこえ」でもそうだが、実は新海監督はこういった“SF世界もの”を描くのが好きなのだろうと思う。

 まぁしかし、皮肉にも、新海監督の“才能の開花”は、より“現実的な世界観”を描くことで現れた訳だが…(確かに、新海作品の一番の特徴であり長所である風景描写の美しさは、SF的世界を描くことよりも、現実の“どこにでもある”風景の美しさを、観ている自分たちが“再認識させられる”ところに、その魅力と意味があるように感じる…)。

 実は、新海監督の作品を“逆にたどった”自分としては、この頃の作品に見られるこのSF的要素が、新海監督の違う一面を垣間見ることができ、実に“新鮮だ”と感じて良かった。



 また、この作品は“音楽”が素晴らしい―。

 作中でも主人公たちが“バイオリン”を弾いているからか、主題歌の「きみのこえ」のイントロ部分でもバイオリンが使われ、その“重低音”が心に響く。

 それでいて、歌っている“川嶋あいさん”の声が、とても澄んだ優しい声で、それが歌詞にも重なり、すごく“儚い”気持ちにさせられ、その気持ちのまま、この作品を観終わることが出来る―。



 すでに“成熟した作品”を観てしまうと、どうしてもその監督がもともとこのレベルの作品を作れる人間なんだと“錯覚”してしまうことがあるが―、この作品を観れば、誰しも昔は、まだまだ“手探り状態”みたいな時期があったんだなと、改めて感じさせられる―。


 この作品は、今の新海作品を支える“礎”であり、“粗削りさ”を感じる中にも、今の新海作品に通ずる
“何か”が確かにある―。

 それを感じることが出来た人たちにとっては“名作”であり、自分は運よく、それを感じることが出来たのだろう―。
 なので、この作品も、また一つ心に刻まれた作品となった―。

 (終)

投稿 : 2019/12/07
♥ : 5
ネタバレ

offingbook さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

雲のむこうにあったもの

2004年公開。約1時間半。監督・脚本は新海誠監督。

初めて新海誠監督にちゃんと触れた作品。
初めて一人で映画館に行き鑑賞した作品。

なので(好きな映画ですが)好き嫌いというものそれ以前に、それ以上に、
自分にとっては思い出深く、思い入れのあるアニメです。

今観返すと内容、映像共に粗さが目立ちますが(それでも充分映像は美しいですが)
おそらく当時の新海監督のやりたいこと、やれることが嘘偽りなくすべてつまっている…
そんな熱意が感じられる初長編映画。

内容はSFが混在する青春もの。そのSF部分が分かりづらいという意見もありますが、
その辺は漠然とした理解で充分だと思います。

二人の男の子が、一人の女の子との約束を叶えようとする…
{netabare} ただし、その約束が叶ってしまうと、世界が崩壊してしまう。 {/netabare}
そんぐらいのあらすじ認識でOK。

若者の瑞々しさと心に秘め持つ喪失感の描写。
聴いていて質感を伴って切なくなるような詩的な言葉の数々。
そして何より作品を観終わった後、いつもの光景がいつも以上に美しく見えるような作品の映像美。

前作『ほしのこえ』よりも社会や世界の広がりを持つ今作ですが、
新海監督が得意とする部分の描かれ方は変わりませんね。大好きです。

『秒速5センチメートル』や『言の葉の庭』を観た人が今現在『雲のむこう、約束の場所』を観ても
おそらく作中の節々に物足りなさを感じると思うので、あまり自信を持ってオススメは出来ませんが、
新海誠監督の辿ってきた軌跡の一端に興味がある方はぜひ。

新海監督の“熱”を感じられる一作だと思います。

…そして以下は秒速のレビューの時同様、自分が雲のむこう~に感じたことや知ってる雑学を乱雑に、
激しくネタバレしつつ書いていったり…。(笑)長いからスルー推奨。

{netabare}
・線路の上をバランスを取りながら歩くサユリの姿は、監督が中学生の頃ちょっと好きだった
 女の子が同じように線路の上を歩く姿を目撃し、それをモデルにしたらしい。

・ちなみにサユリのモデルは監督の初恋の人…というわけではないらしい。

・監督いわく今作は「ヒロキとタクヤの成長物語にしよう」と決め、それを心掛けていた。

・高校生になり上京したヒロキの、孤独を感じる言葉の数々は、実際に監督が上京してきて感じたこと。

・ちなみにヒロキの人物像は監督の“経験”。タクヤの人物像は監督の“理想”が含まれているらしい。

・物語の中盤、夢の中の暗く廃墟と化した学校をサユリが彷徨う場面。
 あれは現実の世界でヒロキが通っている東京の高校。夢の中で唯一、温かな光に
 つつまれている机は、現実の教室でヒロキが使っている机。
 …分かりづらいよね。(笑)

・新海作品は映像の美しさに定評がある。その映像の美しさには光が効果的に使われている。
 しかしその光でキャラの感情表現や状況説明を演出していることはあまり知られていない。
 (まぁ、使われるのはごく稀になんですが…)
 例えば今作では物語の中盤、倉庫でヒロキとタクヤがぶつかり合うシーン。
 この時ヒロキを照らす光源は背後の青い投光機の光。そしてタクヤを照らすのは横にある
 ストーブの光で、それぞれ別々の光源に照らされている。
 これは二人の考えの違いを差別化する光の演出。

・塔に向かう前、ヒロキがタクヤの前で弾いたバイオリンは3年前サユリと最後に会った日、
 サユリが忘れていったバイオリン。
 3年前サユリが忘れたバイオリンをヒロキが弾くっていうのも、何だか感慨深いものがありますね。

・ちなみにヒロキが弾くバイオリンは男性の方が、
 サユリが弾くバイオリンは女性のバイオリニストが演奏している。

・もっとちなみに言えば、ヒロキはこの3年間、
 独学でバイオリンを練習した。…独学で上手くなり過ぎだろ。ヒロキ(笑)

・ヒロキやタクヤ達にとって『塔』は憧れの存在だが、南北分断で奥さんと離れることになった
 岡部にとっては『塔』は兵器であり、戦争の象徴。世代によって『塔』の見方も異なるようです。

・作中のバックグラウンドストーリーとして岡部と富澤と後に岡部の奥さんになる女性は同級生。
 岡部と富澤は昔、自作飛行機を作りあった仲間。岡部は女性と結婚するが南北分断で離ればなれに。
 そんな岡部だからこそ『塔』に対する思いもまた違うのでしょうね…。

・サユリが夢から目覚めるラストシーン。サユリは夢の中では「ヒロキくん」と言っているのに、
 目が覚めた現実では「藤沢くん」と呼んでいる。失いたくなかった何か、大切な想いを
 目覚めと引き替えに忘れてしまったサユリの喪失感を表現しているのでしょうか。

・同じくラストシーン。サユリに「好き」と言わせるかどうか監督は迷ったそうですが、
 結局監督自身が聞きたいからセリフに入れたそうです。(笑)

・監督いわく、映画のヒロキの最後の言葉が、この映画を観る人へ伝えたいメッセージ。

・エンディング曲は歌手の川嶋あいさんが『♡』という歌手名義で歌唱を担当。
 何故川嶋さんが起用されたのか調べてみましたが…よくわかりませんでした。(笑)
 ご存知の方はぜひ教えて下さい。

・もう一つわからないことが。作中『塔』のある場所、
 つまり北海道は『蝦夷』と呼ばれているんですが、何故かサユリが一度だけ
 はっきりと「北海道」と呼ぶシーンがあります。ここの意図もわからない…。
 眠りにつく前に何かを予見したのか…。これの理由もご存じの方はぜひご連絡を。(笑)

…ふーはー。好き勝手書き過ぎた~^^;

新海作品はどれも好きなんですが、その好きの理由をいつもうまく説明できないので、
こうやって雑学を好き勝手に書きまくる方が、何だか楽しくて気持ちいいんです。(笑)

{/netabare}

投稿 : 2019/12/07
♥ : 37

. さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

宇宙も夢を見るのだそうでございます。

本作品は語ります。宇宙も夢を見るのだそうでございます。宇宙の見る夢は様々な可能性を表した別世界。これを並行世界と呼ぶのだそうです。そしてその並行世界を人は無意識の内に夢等の形で見ているのかも知れないと・・・。とてもロマンチックなお話でございますね。


本作品は”新海誠”様の3作目の監督作品でございます。4作目が「秒速5センチメートル」になりますので、1作品前と言う事になります。「秒速5センチメートル」がどなたにでもお勧め出来る作品なのに対し、本作品は残念ながら少々人を選ぶ作品かと思われます。それ故、冒頭にて少しだけお断りをさせていただきたいと存じます。

先ずパッケージ絵の印象に反し、舞台はリアルな現代では無く、仮想世界の物語となっております。但し荒唐無稽なSF世界と言う事ではなく、日本を舞台とした別の世界と言う設定でございます。
ワタクシの物語に対する評価は☆3.5。少々厳しめでございます。これは壮大なストーリーで有るが故に、世界設定に対する説明、登場人物の感情の変化、心情の描写が少々足りていないと感じたからでございます。また全体時間も長すぎました。良い作品ではございますが、中だるみ感を感じてしまった点が大変残念でございます。これら残念な点を見事に克服し、そして”新海誠”様の本当に描きたかった主題を描いた作品が「秒速5センチメートル」では無いかとワタクシは”勝手”に思っております。

ワタクシ個人の意見で大変恐縮ではございますが、この作品における最大の問題点はOPでの回想描写かと思われます。小説に忠実であるが故の描写かと思われますが、正直この描写は小説を読んでいない方には混乱を招く要因でしかございません。よって、これが有る故にエンディングの解釈をあやふやにしてしまう可能性があると思われます。この点、本当に残念でございます。少々辛口な事を申し上げましたが、ワタクシはこの作品が大好きでございます。それ故にこの作品が酷評を受ける機会を少しでも少なくいたしたく、先にお断りをさせていただきました次第でございます。


それでは本題に参りましょう。
2004年の作品でございますが、今でも十分にトップレベルの作画クオリティーを持っております。さすがに次作品である「秒速5センチメートル」には一歩及びませんが、それでも息を呑むほどの突出した背景描写の美しさ。正に芸術の域では無いかと思うほどでございます。
「秒速5センチメートル」でも印象的でしたが、本作でも”駅の描写”、”電車の中の風景描写”、”草原と風の描写”等がとても印象深く、そして幻想的に描かれておりました。又、本作では飛行機が空を舞う描写が特に素敵でした。静寂な空間を滑るように飛ぶ浮遊感・・・。本当にお見事と言うしかございません。美しい風景描写の中で、3人の青年の追い求める夢と揺れ動く心情を背景に見事に重ね合わせ、とてもファンタジックな作品に仕上がっております。音楽も素敵でございますね。要所×2で掛かるBGMは大変作画にマッチしており、雰囲気を盛り上げてくれます。ED曲の『きみのこえ』も大変印象的な曲でございました。


冒頭で宇宙の夢についてお話させていただきましたが、本作では3人の青年達の叶えたい夢と、人が眠りの中で見る夢をかけている様でございます。
主人公の”藤沢 浩紀”様と”ヒロインの”沢渡 佐由理”はお互いが惹かれあい、そしてその思いはいつしか恋心へと変わっていきます。しかし無情にも2人は引き裂かれてしまう。”藤沢 浩紀”様が”沢渡 佐由理”様を思い、心を詰まらせていく描写。正に「秒速5センチメートル」の主人公を彷彿とさせます。

離ればなれになった2人はお互いを眠りの中で夢見続けます。現実世界では逢う事が叶わない2人。でもお互いが探し合い、激しく求め合うことでいつしか2人の夢はシンクロしていくのです・・・。
2人が交わしたあの日の約束。叶えることの出来なかった夢。
主人公は決意をします。一度は破れた夢だけど、一度は果たすことが出来なかった約束だけど。夢を現実にしようと。あの日の約束を叶えようと・・・。


「雲の向こうのあの場所にいこう。あの日交わした約束を果たしにいこう」 物語は大きく動き出します。
どうぞ2人の夢を、2人の恋を・・・応援してあげて下さい。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 20

58.0 2 吉岡秀隆アニメランキング2位
手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく(アニメ映画)

2011年5月28日
★★★★☆ 3.3 (32)
135人が棚に入れました
手塚治虫が10年の歳月をかけて描きあげた名作コミック「ブッダ」をアニメ映画化した全3部作の第1弾。声優陣には吉岡秀隆、吉永小百合、堺雅人ら豪華俳優が結集する。舞台は2500年前のインド。世界の王になると予言されたシャカ国の王子シッダールタは、思春期を迎え、厳しい階級社会に疑問を抱くようになる。そんなとき、強大なコーサラ国がシャカ国に侵攻してくる。そこでシッダールタは、コーサラ国一の勇者と呼ばれる青年チャプラと出会う。

じぇりー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

東京中央銀行さん!(違

「この」タイミングで見てしまった。

すなわち、続編となる第2部が今週末公開で…
そして、メインキャストには昨年の流行語大賞を取られたあの方がいて…

この第一部に於いて、ほぼ主人公格となるチャプラ役の堺雅人さんは、以前からずっと好きな俳優さんで、ドラマ・映画と色々見てきたので、ずっと見たいとは思っていた作品だった。Gyaoさんありがとう。でもこれ第2部のためのプロモも兼ねてるんでしょうね。

第一声が聞こえた瞬間、その台詞の力強さと勢いに「まんま半沢や!」と思ってしまった。

どうでもいい長い前置きになってしまったが、この作品は何といってもまず映像が素晴らしい。
手塚治虫さんの絵のタッチを再現しつつも、現代風の作画を取り入れているように感じる。
生き生きと動く人物や、背景の描写の繊細さ、色彩の美しさ。
見ているだけで、当時のインドの世界観に浸ることができる。

「ブッダ」とはご存じの通り仏教の開祖であり、作品自体もフィクション織り交ぜつつブッダの生涯を描いたものであることは有名だが、特にこの第一部に関してはフィクション部分となっているストーリーが主軸になっており、2国間で繰り広げられる壮大な戦乱と、その戦乱に翻弄され、カースト制度に苦しみつつも懸命に自らの成すべきことを、時に命を賭してまで遂げようとするキャラクターたちのヒューマンドラマとして見ることができる。

終盤で、シッダールタ(ブッダ)がある決心に辿り着いた時に流れる吉永小百合さんのナレーションは胸に突き刺さるようだった。

このナレーションに込められたメッセージだけを取っても、十分この作品を見た価値はあったと思えるほど、手塚治虫さんが遺した「生きる」ということへの一つの考え方に触れることができたような気がした。

「生まれてくるということ」「生きるということ」「死んでいくということ」…人はいつでも苦しみを抱えて生きている。

やはり手塚治虫ワールドは深遠だ。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 6

Zel さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5

赤い砂漠よ!美しく

2011年劇場公開作品

舞台は今から2000年以上前のインド
人々はカーストと呼ばれる4段階の身分のもと暮らしていた
カピラ城の王子ゴータマ・シッダルタはクシャトリヤの身分として何不自由のない生活を送っていた
しかし幼い頃よりシッダルタは「なぜ人は死ぬのか」「同じ人間なのになぜ身分があるのか」などの疑問を常に抱えていた
そして息子が生まれた日、シッダルタは遂に僧としての道を歩み始めた

劇場にて鑑賞しました
残念ながら個人的には面白いと感じませんでした
手塚治虫先生原作なので私に合わなかっただけで、観る人が観れば素晴らしい作品なのかもしれません
声優に芸能人起用していたのもマイナスに感じます
ただ作画はとても綺麗でよかったです

2014年に第二幕が公開されるようですが、私は鑑賞しません

投稿 : 2019/12/07
♥ : 8

まだ初心者 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

声優が…

説明不要の超有名漫画が原作のアニメ映画です。
作品自体が素晴らしいのは言うまでもないのですが、主要キャラの声優に俳優を使ってるので台無しになってます。特にひどいのがブッダの父ちゃん役の声優で、下手すぎて一気に観る気が失せます。ものすごく偉い人みたいですがこういう仕事は断った方がいいです。誰も得しません。
アニメ映画の声優に俳優を使う場合はちょい役とかに限定した方が良いような気がします。(それか神木くんクラスを使うか。)
他の俳優もキャラと声が全然合ってなくてひどかったです。(吉岡さんとか堺さんとか俳優自体は素晴らしいのですがキャラと合ってなかったです。)

ストーリーは素晴らしいので声優とか気にしない人は視聴してみてください。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

計測不能 3 吉岡秀隆アニメランキング3位
BUDDHA2 手塚治虫のブッダ-終わりなき旅-(アニメ映画)

2014年2月8日
★★★★☆ 3.6 (7)
48人が棚に入れました
出家したシャカ国の王子シッダールタは、片目のデーパと、予知能力を持つ少年アッサジとともに、苦行林へと向かう。そこで、病に侵され死を待つばかりのかつての恋人ミゲーラを盗賊タッタと共に救うが、それは、怒りと悲しみに満ちた彼らの心をも救うことになった。アッサジ少年は、飢えたオオカミの家族に自ら自分の体を与えて、死ぬ。その壮絶な死を前に、狂気の苦行を行い、死の淵で、大いなる自然の摂理・魂のつながりを知るシッダールタだが、デーパにより、シャカ国がルリ王子率いるコーサラ国に滅ぼされ、家族の安否も不明の事態を知る。思い悩むシッダールタに、傷心の巨人ヤタラが問う。人はなぜ苦しむのか? 人は何故生きるのか?

けみかけ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

全体的にパワーダウン感が否めないが真木よう子目当てで観るのは真面目にアリですb

純粋に前作からの続きであり特にダイジェストも無いので予習が必要不可欠です
また、前作との間にいくつか端折ったエピソードもあるので初見さんは基本的にお断りとなっています


前作のラストで実質的な主役であった「チャプラ」が壮絶な死を遂げ、恋人との仲を裂かれた悲しみと戦争の悲惨な現実を目の当たりにしたことで王子の身分を捨てて出家することを決めた「シッダールタ」
今作では彼が修行の果てに悟りを開くところまでを描きます


苦行を積むことで徳を得る、苦行こそが絶対の道だと信じる先輩僧の「デーパ」
シッダールタに王として立ち上がってもらいたいと望む義賊、「タッタ」
かつての恋仲であった「ミゲーラ」との再会
そして、自分の死を予言しておきながら穏やかに過ごす少年「アッサジ」
数々の修行、人々との出会い、そして別れを経て、遂にシッダールタは『目覚めた人=ブッダ』となる・・・


前作がチャプラを主役としたピカレスクロマンだったのに対し(実際に原作の初期がそうなので)、今作はより説教くさい内容になるので少し好みの分かれるところ


シッダールタが悟りを開くまでの過程を進行する一方で、敵国側では王子でありながら奴隷の子であるという苦しみを抱える「ルリ王子」のエピソードが同時に展開されます


今作最大の注目ポイントはこのルリ王子でしょう、このドラマティックなキャラクターを演じるのはなんと【真木よう子】
めちゃくちゃ上手いです、『ミチコとハッチン』の時とは比べ物にならない
水樹奈々、沢城みゆき、藤原啓治とまあ一流声優がごったがやす中でも全く埋もれていない
もうこのまま本格的に声優やった方がいいと思います


監督が交代したので前作のオリジナル構成で多少矛盾が生じたタッタの年齢のズレなどを修正してきました
ただ前作のようなアクションシークエンスも減ったため、作画的な見どころは「ヤタラ」の『おっかぁ救出劇』ぐらいになってしまいました
全体的な見どころは薄くなってしまった感は否めません
ただ登場人物はほとんど揃いましたから最終3部作目へと期待をしたいところです
なんども言いますが真木よう子は今作のベストキャストですb

投稿 : 2019/12/07
♥ : 5

まだ初心者 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

苦行おもしろい

1作目同様の評価です。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

計測不能 4 吉岡秀隆アニメランキング4位
スキマの国のポルタ(TVアニメ動画)

2012年春アニメ
★★★☆☆ 3.0 (4)
15人が棚に入れました
絵本作家の荒井良二の原作にした、NHK教育のCGアニメーション作品。世界と世界の間に存在する、のんびりとしたスキマの国が舞台。そこにいる優しいポルタは女の子のアッチェルからの仕事を請け、相棒のロバロバといっしょに各地へ大切なお届けものを配達していく。優しいポルタは困っている人を見捨てることができず、時としてお届け先の弱りごとにも力を貸すことだってあるのだ。本作は2005年9月に第1話が放映されて以降、不定期に新エピソードを放送。第2~5話が2006年、第6~13話が2007年に放映された。

ツッキー♥ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

これ

なんだろう?

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0

計測不能 6 吉岡秀隆アニメランキング6位
白い犬のジェイク(OVA)

2005年1月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
絵本作家・葉祥明のシンボルキャラクタージェイクをモチーフにしたファンタジーアニメーション。本作は、世界8カ国で出版された絵本の世界を、そのままにCGアニメとして再現している。オリジナルのショートメルヘンストーリー全6話はどれもあたたかく癒されるものばかり。そこには、子どもにも大人にも大切なやさしさがたくさん詰まっている。また、実力派俳優の吉岡秀隆による自然体で子どもに語りかけるようなナレーションもさすがと言わざるを得ない。

計測不能 7 吉岡秀隆アニメランキング7位
白い犬のジェイク ジェイク空へ!(OVA)

2006年1月1日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
絵本作家の葉祥明のシンボルキャラクターとなる『ジェイク』。世界8カ国で出版された絵本の世界をそのままにCGアニメーションにしたファンタジー作品の第2弾。オリジナルのショートメルヘンストーリー全7話は、どれもあたたかく癒されるものばかり。そこには、子どもにも大人にも大切な優しさがたくさん詰まっている。パッケージは第3話「ジェイク 空へ!」がモチーフになっていて、紙飛行機で空中散歩を楽しむジェイクが印象的。ナレーションは前作から引き続き、吉岡秀隆が担当している。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ