名物おすすめアニメランキング 6

あにこれの全ユーザーがおすすめアニメの名物成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年12月08日の時点で一番の名物おすすめアニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

66.7 1 名物アニメランキング1位
へうげもの(TVアニメ動画)

2011年春アニメ
★★★★☆ 3.8 (229)
1164人が棚に入れました
時は戦国乱世。織田信長が今まさに天下を獲らんとするその陰に、茶の湯と物欲に魂を奪われた一人の武将がいた。
のちに数奇者として天下に名を轟かせる「古田左介(織部)」である。
「出世」と「物」、二つの欲の間で葛藤と悶絶を繰り返す日々の中、時代は大きく揺れ動く。やがて左介は「数奇者」としての天下獲りを心に決め、「へうげもの」への道をひた走る。
天才・信長から壮大な世界性を、茶聖・千利休から深遠な精神性を学び、戦国時代を駆け抜けた男/知られざる傑物の物語。

声優・キャラクター
大倉孝二、小山力也、江原正士、田中信夫、田中秀幸、鶴見辰吾

にゃんた さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7

感性類似判断のメルクマール

『侘び数奇とは?』

これを、アニメ作品全体で体現している。

作画、声優、BGM、演出、どれもこれも気に入らない部分が少しずつある。
「完璧」とはいえない。
どこか欠落している。

しかし、それが・・・なんとも「面白い」。

他のアニメ作品も素晴らしいのだが、完璧になろうなろうとして、
どこか力み過ぎている。みていて疲れる。
面白いように見えるけれども、なんだか面白くない。

そんな境地に達しているアニメ数寄者には、心地よいアニメになるのではないか。



アニメ数寄者の皆様は、これ以降をお読み頂く必要はございません。
蛇足というべきものにて。





~~以下蛇足~~

このアニメを「面白い」と感じる人とは感性が近いと思う。
その辺の嗜好を判断する良いメルクマールになるだろう。


よく知られている、織田信長らが活躍していた戦国時代。
この時代に、血縁ではなく、軍事力でもなく、経済でもなく、人と人を結びつけ、勢力構造に影響を及ぼしたファクターがあった。

「文化」である。

ここにスポットを当て、
それがどのように人々を結びつけ、成長させ、変化させ、破滅させていったか。
その点について、さすがNHKともいうべき、奥深い人物描写がなされている。

しかし、この作品、それらの表現がどことなく垢抜けない。ちょっとカッコ悪い。
だがそれがいい。

有名な画家の描いた風景画を見てみるとわかると思うが、山にしろ人物にしろ、決して主題となる対象物をキャンバスの中央に描かない。
中央に書かれているように見えるかもしれないが、必ず少しだけ左右にズレて描いている。

キッチリし過ぎは美しくない。
そういうこと。

キッチリした方が美しく見えるって?
気にしないことです。
それもまた「あなた」なのですから。







~~~以下、6話までの感想~~~

主人公は戦国時代に文化人としても生きた実在の武将。作中では使番(敵軍への使者)の任務をこなす。

冠婚葬祭など、ピーンとした緊張感が張り詰めた場所で、俗物的で場違いなことを考えたり、したりすると、無性におかしくなる気持ち、お分かり頂けるだろうか。
この作品、この種の笑いを描いていると思う。
これがハマる人にはハマるだろうし、ダメな人は全くダメだろう。
ただ、この笑いはおそらくメインではない。
茶の湯のシーンや有名武将同士の駆け引きなど、心のやりとりはとても深く、かつ緊迫感があって楽しませてもらった。
このような心理描写がメインだと思われる。

歴史モノは大好物なので、ここは文化面のみならず、その時代の作法、生活、合戦の状況など、細かい設定にまでこだわって描いて欲しい。
初回、丁寧な説明を省いて、いきなりストーリーが開始される。
なので、ある程度戦国史の知識がないと入りづらいと思う(「松永久秀の信貴山城篭城」と聞いて、すぐ把握できる方ならば大丈夫だろう)。

所々気になる部分はあるものの、現段階では、史実に沿ったストーリー展開、描写。
それでも、時代設定を維持したまま、ギリギリのところで笑いを取っている。
今後は、このラインを維持していって欲しい。
全39話が予定されているようだが、同じNHK放送の「十二国記」並みの好物アニメになるかもしれない。期待が高まる。

・・・しかし、秀吉のCVに江原正士さんは、ちょっと違和感がある。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 22

アジェル さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

実は3回目の見直しでしたが、やはり良い作品です☆彡

感想タイトルにある通り、実はこの作品を観るのは3回目に
なります。何回見ても面白さを感じられる作品であり、ご存
知の方はアレですが、私の前の登録キャラ時代のレビューが
多くの方に評価されてましたので、今回は新しくした今の私
のキャラとして、内容は同じですが宣伝の意味を込めてまた
このレビューを書く事に致します(-^〇^-)

まずこの作品は、日本歴史の中でも人気の高い戦国時代をモ
チーフに書かれております。織田信長、豊臣秀吉などの天下
取りに名を馳せた大名や、伊達正宗、徳川家康などの後の世
で拡大してきた大名、はたまた福島正則、加藤清正、前田慶
次、真田幸村などと言った人気的な武将などが・・・
登場してくる!?のですが、主人公ではありません@@;

【古田織部】【千利休】皆様ご存知でしょうか?
利休に関しましてはそれ相応の大茶人としてゲーム、小説、
ドラマに映画と様々なメディアに名前を聞く人物です。
しかし、もう一方の古田左介・・・織部!?
ご存知の方は、なかなかの戦国通ですよ(笑)
そうなんです。その作品の主人公は、【古田左介】こと、
のちの従五位下織部正という官職を持たれた有名な方なの
です。また大茶人である利休の弟子の中でも筆頭とされ、
利休死後はその後を任された人物でもあります。

さて、本作品はこの【古田織部】を主人公として、【数寄】
についてを語る物語でございます。
【数寄】とは簡単に言いますと、本来「好き」の意味であり
特殊な当て字として流布しています。古くは「すきもの」と
は和歌を作ることに執心な人物をいい、桃山時代になってか
ら連歌から茶の湯へと意味を変えています。江戸時代には、
数寄のための家「数寄屋」も茶室の別称としてています。
この数寄者による、天下の裏事情というものが題材にされた
新しいジャンルの物語になっております。

その他にも、豪商、大名、有名武将など、茶の湯を心得た人
物を中心として、天下の形成について分かり合ってきた人物
達の違った方向からのせめぎ合い、または裏事情、交渉事、
実は・・・歴史はこうだったのではないかという通説などを
うまく組みう合わせたフィクションで構成されています。

ここだけの話、ネタバレではありませんが「利休」役の声優
様は「田中信夫」さんです。ご存じの通り「トリビアの泉」
「さんまのスーパーからくりTV」などでお馴染みのナレーシ
ョンをされている名優様です。
聞いていてなんだか説得力があると言いますか、なかなかの
しっくり具合に別の意味での感動を覚えます。

その他にも作画やグラフィック等においては、CG合成的な部
分や書き込み具合、織り込み等に関して、なかなか良い方か
と思われます。古い美術品におけるアニメ的な作画の再現力
やグラフィックとしては、数寄を題材にしているだけあり、
なかなかの魅力ある仕上がりになっている方だと感じます。
また登場キャラに関しても、面白系、コミカル系、おふざけ
的キャラ、本格派などの様々な人物が描かれており、作画も
さることながら、それぞれのセリフや口癖にも注意して観る
となかなか面白く仕上がっております。


今回も簡単なさわり部分のコメントだけに留めさせて頂きま
したが、是非ご覧になってみてください。
この作品は、総合的な評価こそまぁまぁな数値ではあります
が、戦国時代を愛する方や、芸術、文学を愛する方が観ても
悪い気はせず、楽しく見る事が出来る作品かと思われます。

それでは、また次回デビューにて^^

投稿 : 2019/12/07
♥ : 8

じぇりー さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

この物語は限りなくノンフィクションにて候

① 明智光秀 「敵は本能寺にあり!」

② 織田信長 「・・・是非もなし」

③ 信長、自分の首を明智に取らせないために、部下(大抵の場合、森蘭丸)に、本能寺に火を放つよう命じる

④ 信長、敦盛を舞う "人間五〇年~"

⑤ 信長、炎の中に消えていく、あるいは自害する

・・・というのが、同じNHKの大河ドラマで戦国モノだった場合の「本能寺の変」のお決まりの流れである。
今年の軍士官兵衛でも恐らくそうなるであろう。
要は、この決まりきった流れを、どの役者がどういう演出の元行うか、みたいなのが見所になってしまっている。

本作の序盤の見所も、やはり本能寺の変と「三日天下」と言われた明智のその後になってくるが、上記のようなテンプレ本能寺ではなく、実にオリジナリティーに溢れている。これは原作が良いのであろう。

本能寺の変は、陰謀説・真の黒幕が誰であったのか、など日本の歴史上最大の大事件として、様々な解釈がなされている。
「へうげもの」における、本能寺の変の顛末は実にこの作品らしさが出ていて面白く、その後の展開にも上手く繋がっていくので、実に巧妙である。

さて、この作品の登場人物はごく一部を除き、主人公・古田織部を始めとして殆どが歴史上実在した人物である。さらに、それぞれの人物が成したことや、政治や戦の時期・内容もほぼ史実の通りである。

フィクションとなっている部分の大半は、歴史的にはあまり知られていない主人公・古田織部の人柄や行動の部分であろう。
古田は決して、善人ではない。武人である前に「数奇者(すきしゃ)」(茶道や茶道具に熱心な人)としての己を高めることに飽くなき探究心を燃やし、時に他人の持つ名器をネコババしたり、狡猾な行動を取ることも厭わない。当然だが、イケメンでもない。

しかし、どうにもそんな彼のキャラクターが憎めないのだ。
血なまぐさい戦国の世にあって、武人として生きながらも、美しいものや、茶道のわびさびに傾倒する古田の姿は、一種の救いのようにも感じられる。

しかし、冒頭から最後まで時に古田以上に圧倒的な存在感を放っていた千利休がまた、このアニメに程よい緊張感を与えている。

しいて言うなら、「数奇の戦 in 茶室」と言ったところであろうか。戦国の世の様々な出来事や謀は、茶室から生まれたのではないかと思わせる程に、この作品における利休の怪しさが怖い。

豊臣秀吉がなぜ、一介の茶人でしかなかった千利休に切腹という重い刑を下したのか・・・というのは、理屈では分かっていても、理解し難く思っていた。
しかし、本作ではフィクションとはいえ、そのプロセスが精巧かつ、納得のいくように描かれており、非常に興味深かった。

さて、★に関しては全体的に過大評価と思われるかもしれないので、一応今回は理由を:

① 作画:私自身、茶道は嗜まないものの、陶器収集が趣味の「チョッピリ数奇者」である。その観点から、それぞれの茶道具や名器のもつ色合い、つや感、質感などが実によく再現されていた思う。あとは、ギャグ要素の多いこのアニメらしく、古田を始めとしたキャラクターの見せる変顔もGood!

② 声優:俳優・ナレーター・吹き替え声優・アニメ声優とごった煮状態であるにも関わらず、ほとんど違和感がなかった。主人公・古田を演じた大倉孝二さんも、主に舞台やTVドラマで活躍する役者さんのようだが、この人以外に古田は演じられないのではないかというくらい、ハマっていた。具志堅用高はちょっちゅねー・・・だが、そこも愛嬌に思えてくるほど、どのキャストも役にピッタリ合いすぎている。これが本来のキャスティングというやつなのだと思った次第。

③ 音楽:EDテーマの斉藤由貴が歌う「KIZUNA」は、歌詞から明らかに、登場回数は少ないが古田にとっては重要な人物である妻のおせんの心情を歌った内容だ。一見この曲の歌詞は、おせんのように、男にとっては実に物分かりの良い大和撫子的な女が、愛しい相手を陰から応援しているように表面上は受け取れるが、どうにも私にはその裏に、「私をほったらかしにして、数奇にばかり興じて!コラ!!」という恨み節が見え隠れして仕方がない。このこっそりと皮肉を込める感じが素敵★

本作で利休が投げかけ、それにより古田が迷走するきっかけとなる「創意ある侘び数奇」がこの作品にはある。歴史モノでギャグ満載なのに、どことなくハードボイルド感もあって、カッコいい。

歴史的事実をできる限り踏襲しつつ、創意・・・つまりオリジナリティーある解釈とエピソードを足すことで彩られたこの作品は、39話と長いが、観る価値は十分にあると思う。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 13

55.7 2 名物アニメランキング2位
洲崎西 THE ANIMATION(TVアニメ動画)

2015年夏アニメ
★★★★☆ 3.2 (150)
647人が棚に入れました
都内にある某高校。ある日、ふたりの転入生がやってきた。真面目だけど天然で、言動が読めない洲崎綾。天真爛漫の笑い上戸、ボケ・ツッコミが冴える西明日香。時に戸惑い、時に爆笑しながら、明日香と綾は今日も楽しく学校生活を送っていたが…。文化放送超A&Gで好評配信中のラジオ番組『洲崎西』がアニメーション化。ラジオ同様、無軌道、予測不可能なテイストをそのままに描くハイテンション・コメディ作品。

声優・キャラクター
洲崎綾、西明日香

ふの人 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

「ラジオのアニメ」ですよ!

アニメ作品がラジオになるというのはもはやアニメ界の常識みたいな感じで、
むしろ最近はラジオみたいなアニメ作品が有ったり色々と繋がりのある業界ですが
ついにラジオそのものがアニメになるという時代になってしまいました。

最初始まった辺りでは、2人ともなんだかキャラクターを演じている感じがあって
台詞そのものもなんとなく「読んでいる」感がとても強かったのですが、
話が進むにつれて所謂普段ラジオでやっている洲崎西の雰囲気というか、
素の2人がようやく出てきてくれた感じがしてちょっとホッとしました。

つみくんとかまいちん、チョッピーやパパっぺみたいにラジオ中で度々話題になる
名物キャラが出てきたのでなかなかお話も広がって良かったのではないでしょうか。
キャラクターとして植木さんとかふかわ氏とかが出てきても良かったのかなとも思いましたが。

それにしてもリスナーだった自分には、「あのエピソードが動画になってる…!」
という事だけでもう笑いを堪えられなかったりすることが多々あったのですが、
非リスナーの方々にはどのように映ったんでしょうね?
なんとなく身内で盛り上がってる感じもしてて置いてけぼり感もあったのではないでしょうか。

2人が転校生という謎設定も必要だったのかなと思ったりもしたのですが、
その辺のベタベタでグダグダな感じが洲崎西らしいというかなんというか…w

投稿 : 2019/12/07
♥ : 2

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9

ホント仲良しの二人・・・見ていて微笑ましいです^^

この作品・・・ラジオ番組が基になっているみたいですね^^
ラジオって、ハマると面白いんですよね〜 

ある日、とある高校に洲崎 綾と西 明日香が同じ日に転校してきて、それがきっかけであっという間に打ち解けて仲良くなった二人の日常を描いた作品です。

まず、1話から二人共テンションMAXです^^
この作品はラジオ番組のノリをアニメで再現しているそうなので、普段のラジオでのトークが容易に想像できます。

2人の掛け合いは「あやっぺ」がボケて、「あすか」が突っ込む、若しくは笑い飛ばす、といった基本的な形が基本となっているのですが、2人を見ていると本当に面白いのと・・・本当にお互いがお互いの事を大切に思っているんだなぁ・・・という気持ちが伝わってきます。

それにストーリーはフィクションだと思うのですが、物語の中でお互いの実家や今の住んでいる所を行き来する場面があるのですが、妙にリアリティがあるんですよね^^
もし、この二人が高校生だったら・・・間違いなくこんな事してるんだろうなぁ・・・と思うと、昔が懐かしくなります。

友達の家に行って卒業アルバム・・・見せて貰いましたよね^^
    〃     秘密の宝物探し・・・やりましたよね^^

そんなあるあるネタが物語の中に散りばめられているので、面白さのレベルは高いと思います^^
こんな掛け合いが毎週ラジオで展開されているのを知ると・・・やっぱり気になっちゃいますよね^^
中々時間が取れないのが少し残念です^^;

主題歌は、洲崎西の「Smile☆Revolution」
明るい曲調で作品のイメージにピッタリだったと思います^^

1クール12話の5分枠ショート作品でしたが実質1話は5分無かったと思います。
視聴を悩むくらいだったら是非見ることをお薦めできる作品です。
二人の明るさから元気を分けて貰えたような気がしました^^

投稿 : 2019/12/07
♥ : 18
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5

これも声優!

1話。
ラジオの洲崎西は全然知らないけどまぁまぁ面白いと思った。
キャラのデフォルメ等身がちょっと気持ち悪い気もするが慣れる。
しかし今季はショートアニメ何本あるんや。

2話。
実話ベースらしいがそれだけに他のギャグアニメと違った予想外感はある。
あと安定している作画力をミリオンドールに分けてあげたい。

洲崎綾がこういうキャラなのは知らなくて、だからキルラキルのマコとかやってるのかーと思ったが…デレマスの新田美波もやってんだよね。
それにショックを感じたことで、俺は美波が好きだったのだと気づいた。
まぁ杏ちゃん、みくにゃんの次だけど。

3話。
このアニメのおかげで金沢弁を知った。

6話。
石川県の観光案内アニメと化してるぞいや!浦和の調ちゃんもこういうのやればよかったまっしー。

8話。
明日香のあやっぷぇのぷぇが癖になる。
今回も凄く面白かったが世にはあまり受け入れられてないような。
どうも俺のギャグセンスはずれているようだな(やっと悟ったのか)。
このアニメやあいまいみーやさばげぶっ!などがツボに来る人間は世の中少ないってことなんだろう。

11話。
内山夕実登場。うっちーまでヨゴレになるのかと心配したがそれは無かった。さばげぶ部長や風先輩や陽子が汚れなくてよかったぜ…。新田美波は手遅れだけど。

12話。「これも声優!」ってタイトルパロすんなw
しかも{netabare}遊園地で遊んだだけで声優要素ゼロwでも今回は洲崎がおしとやかだったので新田美波の中の人でも許せると思った。{/netabare}
あれ?終わりなのか(公式Twitterで確認)。

【総評】
ラジオは全く知らなかったけど、あいまいみーやてーきゅうが好きな人なら同じ感覚で楽しめると思う。
ただ、洲崎綾が演じてるキャラのイメージが壊れるのも確かなので、デレマスの新田美波のPとかは見ない方がいいかもしれない。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 8

60.4 3 名物アニメランキング3位
お前はまだグンマを知らない(TVアニメ動画)

2018年春アニメ
★★★☆☆ 3.0 (92)
384人が棚に入れました
新潮社のWebマンガサイト・くらげバンチにて連載されている「お前はまだグンマを知らない」は、北カントウ地方西部に位置する謎多き土地・グンマのご当地ネタを題材にしたコメディ。チバ県から転校してきた男子高校生・神月紀の視点から、グンマ独特の文化や、異常にグンマ愛の強い住民の行動をシリアスなタッチで描いていく。

声優・キャラクター
梶原岳人、笠間淳、内田彩、小倉唯、杉田智和、バッキー木場

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

たしかに上毛かるたを語る時の群馬人は熱を帯びる

原作既読


郷土をディスりそして愛でる。魔夜峰央先生『翔んで埼玉』から30年余。原作はご当地パロディの力作です。
5分枠のショートアニメとなりますが、CMやらなんやらで本編は実質2,3分といったところでしょうか。週に一度の一発芸を堪能しました。

親の転勤でチバからグンマへ転学となる高校生神月紀(かみつきのりと読むらしい)が主人公。グンマ在住の幼馴染にメッセで挨拶したところ、返ってきた反応が、

 「……来るな」「グンマに来て……生きて帰った者はいない」

どんなところ?グンマって(笑)
表のおどろおどろしさが笑いに消化されていて、ギャグに笑うというより群馬に限らない地方あるあるに共感するようなエピソードが多かった気がします。
絵や音は期待できません。日曜朝の戦隊もの見慣れた後にご当地戦隊ものを見るようなチープな感じは出ちゃってますね。

・群馬県に所縁のある方はもちろん
・『翔んで埼玉』『秘密のケンミンSHOW』などご当地パロディが好きな方
・え!? 2,3分ならサクッと観るわ~な方

こんな方にお勧めです。ストーリーはあるようでない。一話毎に群馬の名産品や観光名所そして風習などにまつわる群馬あるあるを「んなわけあるかーい!」というくらい過剰にパロディ化したその潔さに敬意を表すべき作品です。


「2時間くらいで東京に着くんですよ。高崎、すごくないですか?」by内田彩

私は他県出身ですが、うっちーのこの感覚わかるわかる。
地方と東京。憧れと拒絶。地元を愛すること。でも自信がなかったり。ことさら地元愛を強調したり。隣の県には負けないと思ってたり。地方在住ないし地方出身者なら共感できる部分は多いはず。


なおこの作品。原作読んでた私は2018年春アニメのラインナップにこの作品があってちょっとばかりアガったのも束の間、放送局が群馬テレビのみだったような気がします。自分の居住地ではNET配信だったらって感じでした。どこまでグンマ愛貫くつもりなのか、けっこう粋なことするなぁと感心した記憶があります。
遅れて半年後。今度は永遠のライバル!?栃木県のローカル局とちぎテレビでの放送開始と殴り込みをかける仕掛け。近隣諸国を制圧してから満を持しての2019年1月に上きょ…いや東京進出を果たしました。
キャストの内田彩さん小倉唯さんらが群馬出身で、しかも群馬至上主義軍団の構成員役だったりします。聞けばスタッフも同県出身者が多いとのこと。
本編の内容とは関係ありませんが、こうした遊び心をこちらも感じながら堪能したい一品でしょう。


さてさて群馬県。
10年以上前になりますが、勤め先で同期(高崎)・後輩(太田)・上司(前橋)とグンマーに囲まれたことがあります。この組み合わせでよく飲みにいってた時に「上毛かるた」の存在を知りました。
目の前で、お互いの土地をディスった挙句、夜が更ける頃には県民同士結束する。同郷ってやはりいいものですね。

そして現在。同じく群馬出身の方に「『お前はまだグンマを知らない』って知ってます?」と問う。答えて曰く、
「もちろん知ってます。」とニヤリ。


峠の釜めしでも食べに行こうかしら…



-----
2019.08.19追記
《配点を修正》-0.1

視聴時期:2019年1~3月



2019.03.31 初稿
2019.08.19 配点修正

投稿 : 2019/12/07
♥ : 27
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9

ぐんまけん!小倉唯!

Gyaoで視聴。
群馬ネタギャグアニメはすでに戦隊ヒーロースキヤキフォースがあるからネタかぶりしているのだが…。
スキヤキフォースと違ってこっちは群馬をこの世の果ての魔界みたいに描いてネタにする路線のようだ。
こち亀で千葉県を秘境のように描いてたけどそれと同じノリだね。

1話
{netabare}グンマこえー。
田舎の車両のドアは押しボタン式だよなw
EDの高崎白衣大観音は大谷観音かと思ったw
作画が悪いな…ヒロインの顔がぐにゃってる。
最後にまさかの高崎市長登場wwww全面協力しすぎだろwwww{/netabare}

2話
{netabare}本当に起立注目礼って言ってるの?
ひもかわうどん幅ひろっ!{/netabare}

3話
{netabare}やっとヒロイン登場か。内田彩は群馬出身なんだよなw
上毛かるたも焼きまんじゅうもスキヤキフォースで既出だなあ…{/netabare}
それにしてもこうも多くの作品でネタにされていると焼きまんじゅうとやらを無性に食べてみたくなる。

4話
{netabare}焼きまんじゅう食えれば群馬人なのかw意外と敷居低い。
千葉県民だったから激甘マックスコーヒーで鍛えられていたのかな。{/netabare}

5話
{netabare}今度は前橋市長かよ。{/netabare}

6話
{netabare}ようやくうっちー登場。群馬出身であることはあまり意識してないようだw{/netabare}

7話
{netabare}群馬県庁舎は日本一高いそうだがさすがまどかに出てきただけあるわ。
干芋って茨城名物じゃないの。ガルパンで見た。{/netabare}

8話
{netabare}みのるくん恐ろしい子!やっぱ見てると「ぷりぷり県」を思い出すな…
シャンゴ風見た目あんま良くないwつかこれただのCMでは。{/netabare}
みのる君の声は(群馬出身の)小倉唯なんだね。最近は今までと違うような役をやるようになったが意外と上手い。

9話
{netabare}紅組白組じゃないとか本当なのかなあ…あまり鵜呑みにしたくないわー。
イエティーは(群馬出身の)小倉唯か…みのる君と同じやんw{/netabare}

10話
作画酷すぎ。メルヘンメドヘンといい勝負だったぞ?
{netabare}こんにゃくゼリー{/netabare}はそういうのは名物と言わないだろ。

11話
{netabare}食事系の自販機と言えばグーテンバーガー好きだったわ。{/netabare}

12話
{netabare}最後はラスボス群馬県知事登場w{/netabare}

【総評】
内容がかぶっている「戦隊ヒーロースキヤキフォース ぐんまの平和を願うシーズン」の方が面白かった。
「ぷりぷり県」のぷりぷり県を群馬県に置き換えただけの内容にも感じた。
つーか群馬県民にとってのソウルアニメって永遠に「日常」だよね?

ブリッ子キャラばかりだった小倉唯が最近はこうやって低い声の役や男の子役をやっているのは感慨深い。

なお「魔法少女まどか☆マギカ」は群馬が舞台だと誤解されているが違う。ただし見滝原市が海無し県にあることはドラマCDで明らかになっている。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 10

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6

「心にググっとグンマ県」

この作品の原作は未読です。
私は完走してwikiをチラ見するまで知らなかったのですが、この作品…テレビドラマや映画にもなっていたそうです。

「…来るな、グンマに来て生きて帰った者はいない」
冒頭、いきなりこんな台詞からこの物語は始まります。

物語は主人公が親の転勤の都合で千葉県からグンマに引っ越してきて、普通に学校生活を送ろうとするのですが、学校の生徒が主人公をスパイ容疑があるとかでいきなり拘束されてしまうんです。

グンマの人間じゃないから…
トチギとの戦争の真っただ中だったから…
転校生は珍しいから…

転校生を受け入れる側からすると拘束する理由はいくつかあったようですが、転校生からしてみれば、たまったモノではありません。
でも…雰囲気が怖いんです。

何をも寄せ付けない雰囲気がそこら中に漂っているんです。
みんな異常なほどグンマ愛に溢れている雰囲気…
あの雰囲気だったら引くのも頷けます。

視聴を進めるとグンマの事を色々と知る事ができます。
ですが、物語の中で結構重要な役割を担っていた上毛かるたと焼きまんじゅう…
私はどちらも知りませんでしたけれど…^^;
個人的には運動会がツボでした。
私の知っている運動会と概念そのものが異なっていたので…

それと、グンマ県庁についてはナレーターが色々と語っていました。
何でも日本で一番高層の庁舎であるとか、六本木ヒルズとの共通点とか…

色々気になったのでグンマ県のHPを覗いてみました。
タイトルにも記載した「心にググっとグンマ県」は公式HPに記載されていたものです。
公式HPには「グンマちゃんモード」にもなるよう趣向が凝らされていました。

内容を見て気になったのはGUNMAマンガ。アニメフェスタの情報でしょうか。
毎年2月頃に開催されているイベントのようですが、各種イベントが県庁の庁舎内で行われているんです。
県庁舎で同人誌やアニメグッズが販売される…
考えてみると中々お目にかかれない光景のような気がします。

エンディングテーマは、内田彩さんの「So Happy」

もう一つ、声優さんの起用には気合いが感じられました。
主人公の神月にブラック・クローバーのアスタ役を演じている梶原岳人さん、それに内田彩さんや唯ちゃんが出演しているんですよ。
凄いなぁ…と思ったら、内田さん、唯ちゃんとも群馬県出身だったんですね。
なるほど…この起用にも納得です。

果たしてこの作品はグンマ県の町興し的作品になったのでしょうか?
グンマ愛に溢れる方には堪らない作品なんだと思います。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 13

63.3 4 名物アニメランキング4位
47都道府犬(TVアニメ動画)

2011年春アニメ
★★★★☆ 3.8 (31)
151人が棚に入れました
47匹の犬たちが繰り広げるちょっと斜め上でシュールなショートアニメ!
日本全国各都道府県を代表するご当地アイテムが犬となって登場。
さらにその声を方言で演じるのは、ご当地出身47名の人気声優陣。

テレビ愛知制作の声優バラエティー番組「声優バラエティー SAY!YOU!SAY!ME!」内で放送されたフラッシュ・ショートアニメ。

takumi@ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

ご当地名産・ご当地声優・なんちゃって方言 +犬

47都道府県の「県」を「犬」としたダジャレなタイトル。
各都道府県の名産品や名所などに顔をつけて犬っぽくしやキャラクターが
それぞれ織り成すショートアニメ。

『ヘタリア』とかこの手のギャグアニメ、個人的にツボで好きです。

また、各都道府県のその土地出身の声優が演じており、
口調にはそれぞれのなんちゃって方言も取り込んでいて
なおかつ、そのキャラは外見だけでなく、その土地の人柄なんかも
多少匂わせている話もあって面白かった。

1話30秒という短さなので、各犬主役の47話+おまけの5話の
52話構成でもあっという間に観終わってしまう。

いつもお酒飲んで酔っている新潟犬(広橋涼)や、
人をからかってすまし顔の京都犬(雪野五月)
おっとりしているようで意外な一面のある奈良犬(白石涼子)
なんかもキャラが濃くて大笑いしたけれど、基本・・全員面白いですw
ちなみにメインキャラクターは、エビフライの愛知犬(戸松遥)
みかんの愛媛犬(水樹奈々)、お茶の入った湯のみの静岡犬(増田ゆき)
ぶどうの山梨犬(志村由美)明太子の福岡犬(阿澄佳奈)。

短いからピンポイント的に面白いし笑った後がスッキリするのかもだけれど
これだけ豪華な顔ぶれだとついつい、もったいない気がしてきて
せめて1話10分くらいか、または話数を1県につき2話ずつにするとか
欲が出てきてしまう。つまりそのくらいほのぼのできるし
毎日少しずつ、ずーっと観続けていたくなる作品ってことです(笑)

投稿 : 2019/12/07
♥ : 19

ニャンキチ君 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8

愛知犬なのに名古屋犬ww

 キャッチの方のレビューを見て視聴しました。ありがとうございました。

 いろんな都道府県の名物キャラ犬が登場。さらにCVは出身地の方が…。 もう豪華です。

 いじられキャラとの絡みがまた笑えます。^^

 皆さんの所のCVは誰かな どんなキャラになっているのかなど お楽しみです。うちは わさび犬になっていました。^^

 1話30秒でサクッと観れます。^^

投稿 : 2019/12/07
♥ : 10
ネタバレ

けみかけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6

オイラが知る限りこの世で最もキャスティングが豪華な痛快ショートギャグ!

某声優バラエティ番組内の企画から生まれた1話30秒のショートアニメ


日本の各47都道府県からご当地名産品をモチーフにして犬のキャラクター化させたゆるかわなコメディになっています


しかしながらwほとんどの犬が食べ物であるため、お互いを食ったり食われたりの微妙にグロい話がほとんどですw


愛知県+エビフライ=愛知犬、大阪府+たこ焼き=大阪犬、北海道+じゃがいも=北海道犬といった感じですw
東京都=・・・これはまあ見てのお楽しみで^q^


さらに声優バラエティらしく、47匹の犬達に声を当てるのはご当地出身の声優さん
これがまた信じられないほど豪華^q^
これ以上は絶対に無い!と確信出来るほど納得の素晴らしいキャスティングです
(詳しくは成分タグのページをご覧下さい)


せっかくのご当地出身声優ながら、キャラを濃くする為に無理矢理とって付けたような方言はほとんどの方がテキトーw
その点はご愛嬌でw


47匹分の各ご当地犬のエピソード47話+他の犬によく絡むメインキャラ犬のおまけエピソード5話=全52話
ですが、前述の通り1話30秒なので全話通しで観てもたったの26分


どの犬にしてもどのエピソードにしても、超面白くて爆笑必至です!
声ヲタはモチロン、ドツキ漫才やブラックユーモア好きにもオススメでございます!
オイラは暫し笑い転げていましたわwww










~声ヲタ用ネタバレ防止キャスト表~


※使い方※

①お手元にDVDプレーヤーまたはDVDドライブと本編DVDをご用意下さい

②DVDをセットし、本編をスタートさせて下さい

③下記表は1~47話までの登場犬順に並んでいます、本編に合わせて開示することでネタバレを気にせずお楽しみいただけ、尚且つ出演者のチェックが出来ます

④手早く出演者をチェックしたい方は公式かウィペディアへ

⑤上級者はクイズ形式でどうぞ



愛知犬:{netabare}戸松遥{/netabare}

愛媛犬:{netabare}水樹奈々{/netabare}

静岡犬:{netabare}増田ゆき{/netabare}

山梨犬:{netabare}志村由美{/netabare}

高知犬:{netabare}小野大輔{/netabare}

佐賀犬:{netabare}井上剛{/netabare}

宮崎犬:{netabare}咲野俊介{/netabare}

新潟犬:{netabare}広橋涼{/netabare}

福岡犬:{netabare}阿澄佳奈{/netabare}

奈良犬:{netabare}白石涼子{/netabare}

北海道犬:{netabare}水橋かおり{/netabare}

京都犬:{netabare}雪野五月{/netabare}

宮城犬:{netabare}佐藤聡美{/netabare}

岩手犬:{netabare}桑島法子{/netabare}

石川犬:{netabare}新谷良子{/netabare}

兵庫犬:{netabare}寿美菜子{/netabare}

岡山犬:{netabare}金元寿子{/netabare}

埼玉犬:{netabare}竹達彩奈{/netabare}

長野犬:{netabare}伊藤かな恵{/netabare}

富山犬:{netabare}谷井あすか{/netabare}

鳥取犬:{netabare}下田麻美{/netabare}

大分犬:{netabare}岩男潤子{/netabare}

福井犬:{netabare}石塚運昇{/netabare}

秋田犬:{netabare}あおきさやか{/netabare}

三重犬:{netabare}水田わさび{/netabare}

群馬犬:{netabare}田中敦子{/netabare}

茨城犬:{netabare}飛田辰男{/netabare}

鹿児島犬:{netabare}大川透{/netabare}

大阪犬:{netabare}小野坂昌也{/netabare}

熊本犬:{netabare}釘宮理恵{/netabare}

島根犬:{netabare}成瀬誠{/netabare}

福島犬:{netabare}保志総一郎{/netabare}

青森犬:{netabare}勝生真沙子{/netabare}

山口犬:{netabare}若本規夫{/netabare}

滋賀犬:{netabare}間宮くるみ{/netabare}

栃木犬:{netabare}緑川光{/netabare}

神奈川犬:{netabare}日笠陽子{/netabare}

岐阜犬:{netabare}立花慎之介{/netabare}

徳島犬:{netabare}豊崎愛生{/netabare}←イチオシですw可愛すぎるw

山形犬:{netabare}遠藤綾{/netabare}

和歌山犬:{netabare}小西克幸{/netabare}

長崎犬:{netabare}立木文彦{/netabare}

香川犬:{netabare}中村悠一{/netabare}

沖縄犬:{netabare}新垣樽助{/netabare}

千葉犬:{netabare}吉野裕行{/netabare}

広島犬:{netabare}細谷佳正{/netabare}

東京{netabare}兎:野沢雅子{/netabare}←出身者が多いため一番配役に悩んだそうです

投稿 : 2019/12/07
♥ : 15

54.7 5 名物アニメランキング5位
ごきチャ(Webアニメ)

2012年9月14日
★★★★☆ 3.1 (14)
52人が棚に入れました
人間とお友達になりたいと願う、心優しい少女“ごきチャ"。
けれど、みんなから嫌われているゴキ○リがゆえに…。
人間の青年との出会い。ゴキ仲間“ちゃば"との友情。
健気で可愛い“ごきチャ"目線で描かれるハートフルストーリー。
……あなたはお友達になってくれますか?

三五十五 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

オレが友達になってやんよ!!

ハイ、原作推しです
ニコ動で配信されたアニメ故でしょうか
絵がナンか違うんですよねー
でも世界観は原作そのまま
ちゃばとの出逢いなど原作とは異なったオリジナルストーリー
しかも声は能登&釘宮と超豪華

もともとキルミーが大好きでキャラット読むようになったのがキッカケ
真っ直ぐな性格の主人公や登場人物が極端に少ないとこなど、キルミーと作風が似てるからでしょう
一目見てファンになっちゃいました

原作寄りの絵に修正してTVアニメ化して欲しい

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

イカちゃん☆休止中 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

☆面白い♪

能登麻美子さんと釘宮理恵さんが主役のゴキブリです。


擬人化されたコミカルな内容です。

以外に二人の魅力がつまった内容でした☆(*^^*)♪

4コマ「まんがタイムきららキャラット」芳文社連載中

アニメのベースは同人誌版

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

椛もみもみわんわんお さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0

禁断の擬人化

アニメを見てこんな気持ちになったのは初めてだよ


罪悪感とよく分からない負の感情が混ざりあった様な

投稿 : 2019/12/07
♥ : 1

計測不能 6 名物アニメランキング6位
戦隊ヒーロー スキヤキフォース - ぐんまの平和を願うシーズン -(TVアニメ動画)

2017年冬アニメ
★★★☆☆ 2.2 (7)
26人が棚に入れました
平成26年に「すべての食材を県内産でまかなえる<すき焼き自給率100%>」を前面に「すき焼き応援県」宣言を打ち出した群馬県の「ぐんま・すき焼きアクション」を応援し、群馬県の魅力が結晶された「すき焼き」を全国に向けて発信するため、「戦隊ヒーロー スキヤキフォース -ぐんまの平和を願うシーズン- 」として制作された。
ネタバレ

noindex さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4

群馬名物紹介アニメ。もう少し人気あってもいいような…

1話
すき焼きがテーマのアニメらしい。群馬が舞台らしいけど群馬ってすき焼きが名物なの?
記者会見のグダグダトークで終わったが次はバトルがあるのかな?

2話
{netabare}決めセリフ二度失敗するのが{/netabare}ちょっと面白かったwこんなんで吹くとか悔しい…

3話
{netabare}伊香保温泉行きたい。{/netabare}
なんでこれ全然人気無いんだろう?Studio4℃なのに。

4話
ギャグはベタだけどテンポいいし(ショートでもテンポ悪く感じるアニメはある)結構面白いと思うんだが。秘密結社鷹の爪に似ているとは思う。

6話
笑ったwちゃんと群馬県をネタにしているのがいい。
もっと評価されるべき…悪いけど「通知する」で更新!
超少年探偵団NEOと同じくらいの微妙な人気があってもいいと思うんだが…。

7話
なんかしらたきが優遇されてるな。

14話
いつまで続けるんだろうなこれ。群馬だけでよくネタが持つと思うけど。
群馬テレビとニコ動でしかやってないからマイナーなんだよね。

15話
{netabare}日本のへそ争いがマニアックすぎるwぷりぷり県思い出す。{/netabare}

17話
{netabare}孤独のグルメに出てきたから知名度は結構高い焼きまんじゅうだ。一度食べてみたいな。でも他県に広まらないってことはそういうことなんだろうか。{/netabare}

18話
{netabare}ここにきて恋愛要素を入れてくるとはw和牛はイケメンに見えるのか?ただの牛やん。{/netabare}

22話
{netabare}富岡製糸場…行く機会はあるまい。{/netabare}

23話
{netabare}ヤマダ電機が協力してるw{/netabare}これいつ終わるんだろ。

24話
Wikipediaに全24話って書いてあるから終わりだな!

【総評】
正義のヒーロー対悪の秘密結社なノリで群馬の名所や名物を紹介する県アニメ。秘密結社鷹の爪みたいにオタクアニメっぽくないノリで結構笑えた。群馬テレビとニコ動でしかやってないのでとてもマイナーな存在で終わってしまったのが残念。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 6

Robbie さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0

群馬県民も観なくてイイよ

自分は群馬県民だがが、こんなもん存在する価値ない。
群馬県が恥かくだけ。

投稿 : 2019/12/07
♥ : 0
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ