知らないと損する和楽器バンドアニメランキング

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

おすすめ和楽器バンドアニメランキング

検索結果:1件
アニメを並び替え:
総合得点 56.7 感想・評価 165 棚に入れた人 1326
★★★☆☆ 3.1   物語 : 3.1  作画 : 3.1  声優 : 3.2  音楽 : 3.2  キャラ : 3.1

ケガレを祓い清める最強の陰陽師をかつて目指していたがある事件を機に陰陽師になることを拒んでいた中学生の少年・焔魔堂ろくろが、代々有名な陰陽師を輩出してきた家系の娘で禍野に直接入ってケガレ祓いをすることができる少女・化野紅緒と出会ったことで、一緒に力を合わせてケガレとの戦いに挑んでいく物語が描かれている。

このアニメを観た人のおすすめ口コミ

Y

子供向けかと思っていたが
寧ろ大人向け、と言うか子供も大人も楽しめるアニメ。成長/熱血/葛藤/絆/鬱展開/ほんのり恋愛/ギャグもあり
ジャンプスクエア×studioぴえろ

①何よりストーリーのテンポが良い。
緩急激しい内容でどんどん進むから
飽きさせない。唐突な鬱展開の大波小波や変化球が本当に楽しめる。

②謎もキャラも てんこ盛りなので
予備知識無しで観るべき。

③回想のシーンや決め技の字が画面一杯に出る演出が良い。

④キャラクターが豊富(思わぬところで大御所・中堅声優さんが出演されています)
キャラ自体は他アニメで見たような既視感がある。(多分狙っての事?)
灰汁の強いキャラばかり=解りやすいキャラ判別が出来ると思って騙されて観てほしい。

以上の理由から
ちらっと観たら最後までノンストップ
(※途中変態パンツ男が登場してからの言動で そっち系の軽い内容の作品かと思って 一旦観るのを辞めたが、オープニングの和楽器が素敵で やたらと気になって再視聴して本当に良かった。OPだけ観てピンときたら観て損は無いと思います。
個人的には「ブリガドーンまりんとめらん」や「うたかた」等の視聴時と同様のショックを受けた)


以下主要人物
焔魔堂 ろくろ 声/ 花江夏樹
主人公の陰陽師の少年で歯がギザギザ
幼少期に陰陽師として高い資質が有り周囲の評価もやる気(志しや目標)も高く前向きな人。→ある事件で後ろ向きに挫折。→紅緒と出会い、かつての自分を取り戻す様は素直に応援したくなる。ヒロインと同様、顔が赤く染まると 可愛らしい&微笑ましい。

化野 紅緒 声/ 潘めぐみ
メインヒロインで おはぎでできている人。一言一言句切って喋る負けん気の強い陰陽師
見た目はひぐらしのリカちゃん的
声優さんのボソリ具合が良い。
キャラも熱血/天然/強さ/弱さ/葛藤する様々な面があり、描写が丁寧だから凄く気持ちが伝わってくる。

音海 繭良 声/ 芹澤優
二人目のヒロイン(巨乳で幼馴染みのしっかり且つオットリな人)
恋愛モノにはあまり興味が無いが
緩い三角関係は好感が持てる。

サエちゃん 声/ 咲々木瞳
謎の幼女(服装や髪型がラーゼフォン的でカタコトで喋る)
このキャラの登場でほっこり親子路線に。そこがまた良い。小さい子どもが好きな方やクラナド系の作品が好きな方なら観て損は無いと思われる。

きなこ 声/ 福山潤
ヒロイン紅緒にくっついてる式神
見た目コギツネで中身関西弁芸人
車化した際に好きなキャラno1に格上げされます。作中紅緒との出会いの回想話も丁寧に描かれていて良かった。
流暢な関西弁を喋る声優さんだと思い調べたら大阪府高槻育ちだそうな。
無理の無い自然な関西弁は好感が持てる。

石鏡 悠斗 声/ 村瀬歩
主人公の幼馴染みの少年
声優さんは良い演じかたしている
女性かと思っていたが男性声優だった。自分の中の力量のある好きな声優さんが 1人増えて嬉しい。

椥辻 亮悟 声 /前野智昭
主人公の兄ちゃん的な存在の人
この人の目線があっての この作品

ーマイナス要素ー
といっても、もう個人的なキャラの好き嫌いになる。つまり私が嫌いでも他の方はとても好きだという可能性はある。ギャグ系/エロ系アニメは苦手な方なら納得して頂けると思います。

土御門 有馬こと「変態パンツ男」
声/ 浪川大輔
登場する度に観る気が失せる
何故か作品に集中出来なくなる
もっと渋い重鎮キャラの方が良いのではなかろうか。

御幣島すばる 声/ 沢城みゆき
ヒロイン紅緒の師
はんなりと京都弁を喋る常に目を閉じてる系のキャラは元々好かない
更に序盤での言動にイライラさせられた。この人物に限らずこの作品には頭の沸いた脳内お花畑な成人女性しか居らず残念に思えた。

珠洲 敵側のラップを歌い踊るギャル?の必要性
(敵と言っても人間同様、色んな考えを持っている事を強調する意味はあったが)
一緒に主人公達が踊りだしたシーンは意味不明で正直ドン引きました。
流行らせたかった感が隠れない。
※各声優さんは好きなのだが、苦手なキャラはやはり苦手だった という新しい発見が出来ました。
キャラクターの個人的嗜好で意見や評価が割れそうなアニメだが昭和世代のアニメを観て育った方なら受け入れられそうだ。

<< 前へ 次へ >>
この成分はこれ以上絞り込めないにゅよ!
他の成分からアニメをさがしなおすにゅよ!
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。