おすすめ2010年度の堺雅人人気アニメランキング 1

あにこれの全ユーザーが人気アニメの2010年度の堺雅人成分を投票してランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年09月19日の時点で一番の2010年度の堺雅人アニメは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

計測不能 1 青い文学シリーズ 地獄変(TVアニメ動画)

2010年冬アニメ
★★★★☆ 3.2 (7)
58人が棚に入れました
日本の文豪たちによる物語を原作としたオムニバスアニメ『青い文学』の最終話(第12話)で、太宰治の『地獄変』をアニメ化。集英社文庫の「ナツイチ」キャンペーンの一環で行われた、著名漫画家による各小説のジャケット画が本アニメのビジュアルイメージに用いられ、この『地獄変』は『BLEACH』の久保帯人がキャラクター原案を担当。 稀代の天才的な絵師・良秀。彼は国王からも賞賛される実力を持っていたが、当の国王自身は人々を苦しめる圧政を強いていた。この事実を目の当たりにしている良秀に対し、国王は自らの国がいかに繁栄しているかを絵画にしろと指示。これを受けた良秀が狂気に取り付かれたごとく描きあげたものは、貴族が栄えて貧民が虐げられる地獄図だった……。 本作は実制作をマッドハウスが担当した。同じ太宰治の『蜘蛛の糸』とともに1時間スペシャルで放送された本作は『蜘蛛の糸』とほぼ同様のスタッフで作られている。

声優・キャラクター
堺雅人、浪川大輔、遠藤綾
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ